ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

カテゴリ:Magic Town ~ 映画をつくろう( 14 )

今月の2日ですが、私がボランティアスタッフとして参加した、「Magic Town ~ 映画をつくろう」の試写会をやりましたので、その事について書きます。


a0265223_19153709.jpg
a0265223_19184864.png

スタッフ                         
監督 : 池田千尋
プロデューサー : 岡林修平
演出 : 山口淳太
助監督 : 二宮崇
パペット演出 : 飯塚貴士
音楽 : 茂野雅道


キャスト
池田千尋
白畑天悠
浅羽桃子
三ヶ尻光孝(クレジットでは、ミカジリソラ)


内容
袋井市出身の映画監督である池田千尋に、袋井市からある依頼が来た。
「袋井市民と共に、袋井市の映画を作ってください」
「袋井市に生きる子どもたち」をテーマに、袋井市民映画の製作がスタートし、大勢の子供達やボランティアスタッフが集結した。
一般から集めた数多くの袋井市の自慢や魅力を基に、子供達が映画作りを開始するが、そこには数多くの問題やトラブルが待ち構えていた・・・。
         

レビュー  
「東南角部屋二階の女」や「先輩と彼女」の池田千尋監督が、自分の出身地である静岡県袋井市を舞台にしたドキュメンタリー映画。
といいましても、子供達が袋井市を題材にした映画を作っている様を描いているので、メイキング映像に近いです。
私もボランティアスタッフや「ふくろい自慢のタネ」の提供者として参加しており、その時の様子はこちらで書きました↓


以前から問題はあったという話は聞いていましたが、実際見てみたら想像以上でした。

1人はやる気があるけど、他のみんなはそうじゃないので、中々進まない。
考えや意見が合わずに、対立する。
1人だけやる気がなかったり体調を崩したり、それが原因で他のメンバーが苛立ってその子に怒ったり、ボランティアスタッフの1人が和解させようとしたけど裏目に出てしまい、「何でその子ばっかり庇うの!?」と余計に怒らせてしまう。
せっかく映画を作ったけど、大人側のミスで全部消えて、最初から全部やり直さなくてはいけなくなった。

もう怒ったり怒鳴ったり号泣するなど、感情的になってとにかく凄まじく、見ているこっちが痛々しくなってしまうほど・・・。
私が担当したチームはそんな事がなかったので、いかに楽な環境にいたかがはっきりと分かりました。
私はこういうギスギスしているのが苦手なので、多分耐えられないです。
その事を考えますと、何があっても子供達を支えて尽くしたボランティアスタッフの方は本当に見事で、最後は無事乗り越えて完成させましたから、素晴らしいとしか言いようがありません。


ドキュメンタリーではありますが、ストーリー性があり見所やインパクトもあるので、私が思うに池田監督の映画の中では一番面白くて楽しめました。
この映画の製作に関われた事に、心から感謝しています。
本当に楽しくて充実した時間を、ありがとうございました!!



「ふくろい自慢のタネ」を募集する時の映像と、予告編、三ヶ尻さんがラップで本作を紹介した映像です。
三ヶ尻さんは、私と同じくボランティアスタッフとして参加した人ですが、主役の1人とも言える大活躍をしていました↓




私もほんの少しではありましたが出演しており、エンディングでもちゃんと本名の鈴木啓史でクレジットされていました(こちらでも書きましたが、私の本名が既にネットで見られるので)。



出典


参考サイト


参考文献
この映画のパンフレット

[PR]
by asabatyou | 2017-04-05 18:21 | Magic Town ~ 映画をつくろう | Comments(5)
今日は池田千尋監督の袋井市を舞台にしたドキュメンタリー映画、「映画をつくろう」で作られた全10本の作品の上映をしました。
a0265223_1781338.jpg
a0265223_1783226.jpg

最初の部分です。
すでに他の方々が集まって、色々準備していました。
9時半開場で10時開演だったのですが、大勢のお客様がいました。


上映された作品については、基本どれもこれも独特な雰囲気があって良かったですが、私が気に入ったのは、A-1とA-2、B-1、B-3の作品です。

A-1は主人公が夏休みの作文をどうしようかと悩んでいる時、一緒にいた友達の転んだ姿を見て笑った事が原因で嫌われてしまいます。
しかし主人公が謝った事で和解し、一緒にバーベキューを楽しんでいるうちに、自分達が暮らしている袋井の住人の優しさや人柄の良さを改めて知り、それを作文に書こうというものでした。

A-2は主人公達がひょんな事から宝の地図を拾い、宝物を手に入れる旅をします。
途中で同じ理由で宝を探している子供達が仲間に加わり、一緒に旅を続けますが、綺麗な茶畑や夕日と空があるのみで、中々それらしき物と出会いません。
そこで主人公達は、もしかしてこの茶畑や夕日と空こそが宝物ではないか?と気付くのでした。

B-1はある人が恩人である女性に法多山の団子を食べさせたのは良いけど、それが原因で女性が死んでしまった。
刑事2人と思われる人物が調べた結果、その団子は精霊の化身だった(?)みたいな感じです。
刑事2人組と犯人が会話するシーンでは、空や場所が良い雰囲気を出していて、絵になっていました。

B-3はひょんな事から死んでしまい、幽霊になってしまった3人組。
だが成仏出来ず、お坊さんに追われる日々を送っていた。
しかしちょうど近くにあったかさんぼこに入った事で、やっと天国へ行けるというものでした。


A-1とA-2の作品は、ストーリーも分かりやすく伝えたい事もはっきりしていると同時に、袋井の自慢出来る事を紹介するようにという注文にもちゃんと答えています。
実は最近私ピクシブ小説をやってみようかと思い、色々と考えているところですが、良い参考になりました。

私は参加していない時がいくつかありましたので、全部は分かりませんが、やっている時は途中で喧嘩したり揉めたりした事もあったそうです(中には本人はやる気ないのに、親の命令で仕方なくやっていて、何をしたら良いのか分からなくて困った子もいたという)。
ですが最後はちゃんと終わる事が出来ましたから、本当に良かったです。

実はこの上映会が始まる前に招待状が来た事があったのですが、子供達からも感謝の言葉がありました(私が「ふくろい自慢のタネ」で「さわやか」を紹介したのですが、それが選ばれる事になり、B-2がそれを基にした映画を作った為)。
あの時は本当に嬉しかったですし、やって良かったと思いました。

それと終わった後ではありますが、お祭りでよく合う方と再会しました(7月17日にやった、ワークショップ2日目以来)。
どうやらこのブログを知っているようで、「面白い事が書いてある」とおっしゃっていました。
お子さんが「ふくろい自慢のタネ」をやっていたらしく、その関係です。

長かったようで、あっという間に終わった「映画をつくろう」。

池田千尋監督、カメラマンの皆様、私と同じくボランティアスタッフや「ふくろい自慢のタネ」をやった皆様、取材に協力してくださった皆様、主役のお子様方、そしてこの映画の製作に関わった全ての皆様に感謝いたします。
本当に、ありがとうございました。


まだこの後も池田監督達が、映画を作っている様子を編集して1本の映画にしなくてはいけないので、未完成状態です。
話によりますと、来年の3月か4月に公開するんだとか。



詳しくはこちら↓
ふくろい映画撮影にっき+・`ω・´)b.html
― 子供たちの姿を描くドキュメンタリー映画 ―「映画をつくろう」 _ ふくろい市民映画製作プロジェクト.html
ふくろい市民映画製作プロジェクト _ Facebook.html
ふくろい市民映画製作プロジェクト/袋井市ホームページ.html
[PR]
by asabatyou | 2016-09-11 19:16 | Magic Town ~ 映画をつくろう | Comments(1)
a0265223_13114581.jpg
a0265223_1312223.jpg

今月の21日ですが、池田千尋監督の袋井市を舞台にしたドキュメンタリー映画、「映画をつくろう」のワークショップがありましたので、それに参加しました。

今回やったのは今まで作った作品の編集とポスター作りで、A班が10:00~14:00(昼食込み)まで、B班が14:30~17:30までやりました。
なので場所は、ずっと月見の里学遊館でした。

最初はA4につきまして、編集の様子を見たりポスター作りの手伝いをしました。

休憩時間で1人の子供とちょっとだけですが、遊んだりしました。
その子が「エクソシスト」みたいに、スパイダーウォークやっていたのが印象に残りました。

後半は、B4につきました。
この時は、殆どポスター作りのアシスタントをやっていました。
私としては、午前中よりは午後の方が印象に残りました。
絵を描くのに随分力を入れていましたから、時間はかかりましたが、そこまでやった甲斐がありました。
立っている事が多かったので、思ったより疲れました。


a0265223_13335636.jpg

帰る時に、見た猫です。
しばらく一緒にいたのですが、自転車か何かの音で、どこかへ行ってしまいました。


a0265223_13355290.jpg

ボランティアスタッフ専用Tシャツを、もらいました。
私は7月23日を最後に参加していなかったので、いつなのかは知りませんが、どうやら7月30日に作られたそうです。


この「映画をつくろう」についてですが、7月30日からは泊まったり食事の用意もしないといけないなどと書いてあり、流石に自分の出来る範囲を超えていると思ったので、参加するのを断ったのです(24日は「楽隊のうさぎ」を見たくて、そちらを優先させたかったから参加していません)。
でも今思えば午後からの参加も可能だったので、もっとやれば良かったなと後悔しています。
そうすれば夏休みシーズン、もっと充実出来たかもしれませんし。


詳しくはこちら↓
ふくろい市民映画製作プロジェクト/袋井市ホームページ.html
ふくろい市民映画製作プロジェクト _ Facebook.html
― 子供たちの姿を描くドキュメンタリー映画 ―「映画をつくろう」 _ ふくろい市民映画製作プロジェクト.html
ふくろい映画撮影にっき+・`ω・´)b.html
[PR]
by asabatyou | 2016-08-23 13:42 | Magic Town ~ 映画をつくろう | Comments(0)
a0265223_16211028.jpg

今月の23日の話になりますが、池田千尋監督が作ろうとしている袋井市を舞台にしたドキュメンタリー映画、「映画をつくろう」の製作に参加してきました。
色んなグループに分かれて行動しましたが、私はA-4に付きましてマーチング(袋井南小)と、どんきち山に行きました。
今回のメインとなっている場所は、メロープラザです。


a0265223_1625182.jpg
a0265223_16252383.jpg
a0265223_16255139.jpg
a0265223_16263089.jpg
a0265223_1627618.jpg
a0265223_16273215.jpg

これが袋井南小で、マーチングを見た時のものです。
動きの練習が殆どでしたので、実際曲を演奏することはそんなになかったです。
こちらが終わった後、どんきち山に行こうかという話もありましたが、時間が時間でしたので、コンビニで昼食を買い、メロープラザに戻って済ませました。


a0265223_16363926.jpg
a0265223_1642435.jpg
a0265223_16422566.jpg
a0265223_16424637.jpg
a0265223_16434244.jpg
a0265223_16441298.jpg
a0265223_16443265.jpg

昼食が終わった後、どんきち山に行きました。
実は私幼稚園児だった頃、幼稚園の授業(?)の関係でそこへ何度も行って遊んだことがあります。
まさか大人になって、またどんきち山へ行くことになるとは思ってもみませんでした。
人生何が起こるか、本当に分からないものです。
ある程度車で移動した後、どんきち山まで歩いて移動しました。
山や田んぼといった緑や自然豊かな場所に囲まれている状態で、セミ達が鳴り響いているところを、みんなでワイワイしながら移動するところが、いかにも夏、夏休みらしさが出ていて、非常にテンションが上がり嬉しかったです。
何だか「夏影」「Summer」が聞こえてきそうでした(山の中では、「せつなさのなか」が聞こえてきそうでした)。
時と場合によっては、「あの夏へ」や「とおり道」も合うかもしれません。
帰る時近くに住んでいる人とお話することになったのですが、どうやら夏のどんきち山はハチが出るようで、そこに入る人はいないようです。
黒い物に反応したり、偵察している個体がいたり、襲う時は必ず後ろからだとか・・・。
マムシ注意の看板もありましたが、それよりはハチの方に注意した方が良いみたいです。


メロープラザに戻った後、どういう映画にしようかという話し合いになりました。
私としてはどんきち山と宇刈の手掘り隧道トンネルを合わせれば、中々面白そうな作品が作れるような気がします。
緑や自然豊かな所で、神秘的で空想的な起こるみたいな感じでね。



詳しくはこちら↓
ふくろい映画撮影にっき+・`ω・´)b.html
― 子供たちの姿を描くドキュメンタリー映画 ―「映画をつくろう」 _ ふくろい市民映画製作プロジェクト.html
ふくろい市民映画製作プロジェクト _ Facebook.html
ふくろい市民映画製作プロジェクト/袋井市ホームページ.html
[PR]
by asabatyou | 2016-07-30 16:48 | Magic Town ~ 映画をつくろう | Comments(0)
今月の22日の話ですが、池田千尋監督が作ろうとしている、袋井市を舞台にしたドキュメンタリー映画「映画をつくろう」についての集まりがありましたので、それに行って来ました。
a0265223_19105734.jpg

今回の舞台は、メロープラザです。
過去に何度か入ったことがありますが、まさか体育館のようにできるとは思いませんでした↓
a0265223_19151478.jpg
a0265223_19154043.jpg

イスを平らにした状態です。
そこで働いている人が仕掛けをしますと、音楽が流れて少しずつこうなっていきました。
おそらく冗談だとは思いますが、ダイヤモンドが落ちているから探してほしいみたいなことをおっしゃっている人がいました。
この時階段に付いている柵や、階段の一部も外したりしました。


a0265223_1928816.jpg
a0265223_19592210.jpg
a0265223_19595273.jpg
a0265223_2011777.jpg
a0265223_203205.jpg
a0265223_20548.jpg

全てのイスが後ろに行った後、下の方に入って行きました。
手を近づけますと、指を切断される可能性がありますので、近づけないように注意されました。


a0265223_21214515.jpg

最後は完全に、体育館状態になりました。
柵も結構残っていましたので、それも片付けたりしました。
全ては、23日と24日の為です。

今回はメロープラザの今まで知らなかったことを知ることができて、ちょっと得した気分でした。


詳しくはこちら↓
ふくろい市民映画製作プロジェクト/袋井市ホームページ.html
ふくろい市民映画製作プロジェクト _ Facebook.html
ふくろい映画撮影にっき+・`ω・´)b.html
[PR]
by asabatyou | 2016-07-25 20:29 | Magic Town ~ 映画をつくろう | Comments(0)
a0265223_16494626.jpg

今月の17日ですが、池田千尋監督が作ろうとしている、袋井を舞台にしたドキュメンタリー映画「映画をつくろう」の2日目の撮影がありました。

今回は「ふくろい自慢のタネ」の発表ということで、私が送った「さわやか」が採用されましたので、それを担当しました。
一応台本も作っておきましたが、いざ本番になりましたら一切使用せず、自分で作った資料を見てその場の勢いに任せて喋りました。
私が今回の発表で一番気に入ったのは、宇刈の手堀り隊道トンネルです。
自然豊かな場所であると同時に、少し現実離れした雰囲気があり、もし機会があればそこに行ってみたいです(何だか「千と千尋の神隠し」や「水夏」のBGMが合いそうです)。

それが終わった後はお昼の休憩で、その次がどのチームがどのタネを題材にした映画を作るかを決めて、決まった後はどういう話にするかの話し合いになりました。

ちょうどこの時、「さわやか」で実際働いている方をゲスト出演させ、その方と一緒に子供達の取材を受けてほしいということで、それをやりました。
ですが、実際私は「さわやか」で働いているわけではありませんから、殆ど喋ることはありませんでした。

やはりこの時も眠れなかったせいか、頭がズキズキと痛みました・・・。

17日は、こんな感じで終了しました。



詳しくはこちら↓
ふくろい映画撮影にっき+・`ω・´)b.html
ふくろい市民映画製作プロジェクト _ Facebook.html
ふくろい市民映画製作プロジェクト/袋井市ホームページ.html
袋井の良さを映画に 「自慢のタネ」選ぶ_静岡_中日新聞(CHUNICHI Web).html
映画作り 小中生が挑戦 「袋井の自慢」を撮影|静岡新聞アットエス.html
[PR]
by asabatyou | 2016-07-21 18:13 | Magic Town ~ 映画をつくろう | Comments(0)
a0265223_12333613.jpg

今月の16日ですが、池田千尋監督の映画「映画をつくろう」の撮影が始まりました。

まず最初は主役である子供達のスチール撮影や、「袋井市についてどう思っているのか」質問して動画撮影、平行して子供達を自由に遊ばせながら様子を見るというものだったので、ボランティアスタッフとして参加していた私は、他のボランティアスタッフと色々話をしていました。

それが終わった後、「ありがとう」をテーマに舞台となっている月見の里学遊館のみ使って撮影してほしいという話になりました。
2組に別れた後、使って良い場所はここですよという事で、我々ボランティアスタッフも同行して歩き回ったのですが、その時何とカミキリムシがいました↓
a0265223_12504571.jpg

まさかカミキリムシがいるとは、思いませんでした。
見たのは本当に久しぶりで、おそらく90年代の時以来な気がします。
これを捕まえた子供もいましたが、すぐに逃げられてしまいました。
ロケハンが終わった後でお昼の時間になりましたので、昼食をしました。

昼食の後は、さらに細かくチームに分けて、早速撮影が始まりました。
子供達があれこれ知恵を出し合いながら映画を作っていき、我々ボランティアスタッフはその様子を見ていてほしいとの事でした。

終わった後は、みんなで自分達が作った作品を見たのですが、この時眠れない日が多かった事もあって眠くてウトウトしてしまいました。

袋井市を舞台にしたドキュメンタリー映画という事もあって、常にカメラマンがいて撮影していました。
今回のワークショップも、本編で使用されるでしょう。



詳しくはこちら↓
ふくろい市民映画製作プロジェクト/袋井市ホームページ.html
ふくろい市民映画製作プロジェクト _ Facebook.html
ふくろい映画撮影にっき+・`ω・´)b.html
[PR]
by asabatyou | 2016-07-20 13:45 | Magic Town ~ 映画をつくろう | Comments(0)
a0265223_1016074.jpg

昨日は池田千尋監督が作ろうとしている袋井市を舞台にしたドキュメンタリー映画、「映画をつくろう」についての集まりがありました。
今回やったのは、今月の17日にやる「ふくろい自慢のタネ」を発表する時のことです。

発表者についてですが、小中学生ばかりで大人が私も入れてたった2人だけだったのが驚きでした。
本番で我々がみんなの前で発表し、その中から子供達がどれか選び、それを基にして子供達が映画を作るということだそうです。

この発表をしているところも本編で使用されるとのことですが、全部使われるわけではないそうです。
なので私の出演シーンも、カットされる可能性があります。

一応7月5から6日まで、簡単な台本や資料を作ったりしたのですが、資料を基にしてやってほしいとのことです。
今日から練習をやらなくては・・・。


詳しくはこちら↓
ふくろい映画撮影にっき+・`ω・´)b.html
ふくろい市民映画製作プロジェクト _ Facebook.html
ふくろい市民映画製作プロジェクト/袋井市ホームページ.html
[PR]
by asabatyou | 2016-07-14 11:02 | Magic Town ~ 映画をつくろう | Comments(0)
a0265223_1225269.jpg

昨日は池田千尋監督が作ろうとしている、袋井を舞台にしたドキュメンタリー映画「映画をつくろう」について話し合いがありましたので、行って来ました。

今回はチームごとに分かれて、どの日に誰が参加できて誰が参加できないのかをチェックしたり、17日をどうやっていくかの打ち合わせをしました。
池田監督やプロの映画スタッフの方々が不参加の状態でしたが、ご都合が悪かったのでしょう。

17日のことですが、私が「ふくろい自慢のタネ」用に送ったネタの1つが採用されて、それを発表してほしいだけでなく、主役である子供達が私に取材することまで決まりました。
なのでボランティアスタッフとして参加しているだけでなく、本人役で出演するかもしれません。
また何か分かりましたら、こうして書きます。

実は「ふくろい自慢のタネ」の発表で着ぐるみのキャラが3人登場することになり、中の人を募集していました。
こういう機会はないでしょうしやりたかったのですが、スケジュールの関係で無理でしたので(自分の発表が終わった後、着ぐるみキャラの出番な為)仕方なく断念しました。


今日は自慢のタネ発表の事前相談がありますので、それに参加します。


詳しくはこちら↓
ふくろい映画撮影にっき+・`ω・´)b.html
ふくろい市民映画製作プロジェクト _ Facebook.html
ふくろい市民映画製作プロジェクト/袋井市ホームページ.html
[PR]
by asabatyou | 2016-07-13 13:11 | Magic Town ~ 映画をつくろう | Comments(0)
a0265223_20441923.jpg

今日は池田千尋監督が作ろうとしている、袋井市を舞台にしたドキュメンタリー映画「映画をつくろう」についての話し合い、第5回ふくろい市民映画製作委員会に参加しました。

やった事は参加者が決まった事もあって、チーム事に分かれて本番参加出来る日はあるかをチェックするというものでした。

ですが今回初めて参加した人がいたり、チーム分けしたら若い人達だらけや年配の方だらけがいたりなど、バランスが悪かったので、もう一度やる事になりました。
それは、また次の集まりでやる事になったそうです。

それと「ふくろい自慢のタネ」ですが、私が書いた物の中の1つが選ばれたようで、7月17日にそのプレゼンテーションをやってほしいと頼まれました。
まだどうなるかは分かりませんが、分かりましたら、こうして書きます。

色々あると思いますが、今年は忘れられない夏になりそうです。
何だか「はままつ映画祭2014」の、作品作りをした時の事を思い出します。
あの時もとても楽しくて、充実していました。


余談ですが、帰りに見た景色です↓
a0265223_21272393.jpg
a0265223_21273920.jpg

肉眼では問題ないのに、写真ではどうも良い感じで撮れないので、正直不満です。



詳しくはこちら↓
ふくろい映画撮影にっき+・`ω・´)b.html
ふくろい市民映画製作プロジェクト.html
ふくろい市民映画の概要/袋井市ホームページ.html
[PR]
by asabatyou | 2016-06-26 21:59 | Magic Town ~ 映画をつくろう | Comments(0)