ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

カテゴリ:ウルトラ5番目の使い魔( 77 )

今日はウル魔の最新エピソードを読みましたので、その事について書きます。
a0265223_1944423.jpg

ストーリー
ヴィットーリオとジュリオの陰謀で、才人は遥か遠い昔のハルケギニアへと飛ばされてしまった。
彼はそこでサーシャと、偉大な魔法使いとして後世にその名を遺す事になるブリミルと出会い仲良くなるが、ヴァリヤーグという魔物に憑りつかれた怪獣が襲い掛かって来た!!
リドリアスがこれを止める為に立ち向かうが、この頃はまだ若くて未熟な為追い詰められてしまう。
だがそのピンチを救ったのは、何とウルトラマンコスモスだった。
彼のおかげで怪獣は元の穏やかな性格に戻り、大人しく帰って行った。
この時代に来たのは偶然ではなく運命だと感じた才人は、帰れる日が来るまでここで暮らす事にしたのだった。


レビュー
今回で分かった事ですが、どうやら才人は本当に過去の時代に飛ばされてしまったようです。
後に偉大な魔法使いとして歴史にその名を残すブリミルが登場したのですが、サーシャとのやりとりはルイズと才人を思わせ、実に人間臭い人でした。
でも歴史上の人物って、案外そういうもんですよね。
功績や名を遺したからという理由で神格化されて、人間を超えたような存在になってしまっただけであって。
ドラえもんなどにある学習物の漫画を見ていても、まるで神様みたいに描かれていて、ちっとも人間に見えません。あんな人いるわけないよ。
彼らだって同じ人間で当然弱い所や、変わった所が1つぐらいあったはずですから、今回のブリミルみたいに「えっ!?この人が!?」と言いたくなってしまう人の方が好感や共感が得られますし、親近感が湧きます。
「トリビアの泉」で石川啄木はエッチな日記を嫁さんに読まれたくないからローマ字で書いていたり、水戸黄門は思春期の頃かなりグレていたなどの話を知った時、正直ホッとしたぐらいです(笑)。
動物にだって、妙に人間臭くてコミカルな一面がある奴がいるぐらいですから(笑)。
さてこのエピソードで才人は第3の人生を歩む事になったのですが、本当才人の人生ってハチャメチャしています(笑)。
けど彼ならどんな世界でも、十分生きていけそうな気がします(笑)。



カオスヘッダー(CV:服巻浩司)
a0265223_19494023.jpg

ヴァリヤーグという名前で、6000年前のハルケギニアを荒らしていた魔物。
ドルバに憑りついて、カオスドルバに変えてしまった。



ドルバ(スーツアクター:横尾和則)
恐竜のような姿をした怪獣。
大人しい性格だが、カオスヘッダーに憑りつかれて凶暴化してしまう。



カオスドルバ(スーツアクター:横尾和則)
ドルバの変わり果てた姿。
最後はウルトラマンコスモスの活躍で、元の姿に戻る。


※残念ながらドルバとカオスドルバは画像がありませんでしたので、これで勘弁してください。




1枚目:ゼロの使い魔F 第1話 感想 毎度のツンデレもこのシーズンで見納めか… アニメとゲームな日常
2枚目:カオスヘッダー - 怪獣wiki特撮大百科事典 - Seesaa Wiki(ウィキ)
参考:カオスヘッダーとは【ピクシブ百科事典】ウルトラマンコスモスの登場怪獣 - Wikipedia
本編:あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第三部-20
[PR]
by asabatyou | 2014-05-30 18:58 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(1)
今日はウル魔の最新エピソードを読みましたので、その事について書きます。
a0265223_1911198.jpg
a0265223_1952521.jpg

ストーリー
ヴィットーリオとジュリオの陰謀によって、才人とルイズは別々の世界に飛ばされてしまい、離れ離れになってしまった。
何とか生きていた才人はあるエルフに助けられるが、そこで彼は衝撃の事実を知る事になる。


レビュー
前回の続きです。
前半はハルケギニアを描いていたのですが、後半は才人がいる異世界が舞台となって話が進みました。
さてこの才人がいる異世界についてなのですが、もしかして大昔のハルケギニアに飛ばされてしまった事になるのでしょうか?
元々ウル魔は色んな世界が登場し、そこを行ったり来たりする事があるのですが、まさか過去の時代にまで行ってしまうとは・・・。本当にとことんスケールのデカいお話です。
しかしもし本当に過去の時代だったら、これってマズイ事になるのではないでしょうか?
だって本来その時代にいないはずの才人がいるわけですから、歴史が変わってしまい色々と大変な事になるのでは?
後ルイズは一体どこへ行ってしまったのか?ヴィットーリオ達が残ったミシェル達を始末する為に、新たな敵を連れて来るみたいですが、果たしてそれは一体何なのか?気になる事だらけです。
また久々にやりますが、今回のエピソードに合った曲がありましたので、その紹介をしたいと思います↓

モーツァルトが作曲した「レクイエム 涙の日」です。
デルフリンガーの死とその後のミシェルの行動を読んだ時、「この曲が一番良い」と真っ先に思い浮かびました。
ちょうど「それを最後に、もう二度とデルフリンガーからはなんの声も響くことはなかった。」から、「だが、その道のりは果てしなく、足取りは鉛のように重い。」までがそうです。


1枚目:アニメ「ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜 第1話」 朱家の隠れ家
2枚目:勝手にウルトラ検定 俺とあいつは天敵さ!
本編:あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第三部-19
[PR]
by asabatyou | 2014-05-23 19:20 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(2)
今日はウル魔の最新エピソードを読みましたので、その事について書きます。


ストーリー
敵の船に乗り込んだ才人とルイズ。
2人は事件を起こした張本人であるヴィットーリオとジュリオと会い、彼らと対決する。
死闘の末奴らを追い詰めたが、ヴィットーリオは次元ゲートを使って、2人を別の世界へ飛ばしてしまった。
そのせいでルイズと離れ離れになってしまった才人は、ある女性に助けられるが・・・。


レビュー
前回の続きです。
今回の敵は、完全にエコテロリストそのものですね。
自然や動物を大事にするようにみたいな事を言っているくせに、人間の事はまるでどうでも良いように扱っていますから、どっかの誰かさんみたいです。
でも奴らも己の正義に従っていますから、一方的に悪とは言えませんが・・・。
才人達とヴィットーリオ達の戦いは、ゲームのボス戦みたいで中々燃える展開でした。
後「ビキニ環礁での核実験は生き延びていた古代恐竜を変異凶暴化させ、その猛威によって、ようやく戦後から復興を遂げていた東京は再度灰燼に帰すことになった。」という文章があったのですが、これって完全に最初のゴジラですね(笑)。
まぁゴジラが誕生した1950年代といいましたらモンスター映画の全盛期で、放射能や核実験などが原因で様々な生物が怪獣となって猛威を振るっていましたから、世界中に怪獣が出現した時代と言えますね。
a0265223_18334050.jpg



シルバゴン
a0265223_1837460.jpg

見知らぬ世界に生息している怪獣。
才人を見つけて襲い掛かるが・・・。


1枚目:特撮の軌跡 ゼロの使い魔双月の騎士第3話「聖職者の剣」
2枚目:ウルトラマンティガ 第26話 「虹の怪獣魔境」 あれ?ブログってこれで合ってるのかな?|yaplog!(ヤプログ!)byGMO
本編:あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第三部-18
[PR]
by asabatyou | 2014-04-04 17:58 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(3)
今日はウル魔の最新エピソードを読みましたので、その事について書きます。


ストーリー
逃げ遅れた親子を救う為に向かった才人とルイズ。
だがそんな時、とっくに失われていたはずの変身能力が戻り、2人は再びウルトラマンエースになる事が出来た。
エースは問題の巨大クラゲに立ち向かうが、やはり奴にダメージを与える事は出来なかった。
しかしそんな彼を見つめている怪しい者がいた・・・。


レビュー
久々のウルトラ5番目の使い魔です。
今回で巨大クラゲを倒す巨大な天使か女神が登場するのですが、作中のセリフを読んだ限りでは、どうやら味方ではないようです。
何だか「ソウルキャリバー5」のエリュシオンか、「ウルトラQ」のルパーツ星人みたいですな。こういう奴らが、正直一番厄介な気がする。
カルト教団みたいな連中も出てきたのですが、もしかしてまだハルケギニアに残っているキリエル人なのでしょうか?宗教臭い事を言って、人々を自分達の信者にしようとしている所がそっくりです。しかもせっかく和解した人間とエルフの仲を引き裂こうとしているみたいですし、これは下手すりゃヤプール以上に恐ろしい敵かもしれません。
今はまだ分かりませんが、やがて分かるようになるでしょう。
a0265223_1943042.jpg
a0265223_19584093.jpg

1枚目:ゼロの使い魔F 01話 1クールらしいけど、果たしてどこまで消化するのか。 ブログ名なんて無かった
2枚目:ウルトラマンエース DVD第1巻 - よし、虚無ろう
本編:あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第三部-17
[PR]
by asabatyou | 2014-02-20 18:05 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(3)
今日はウル魔の最新エピソードを読みましたので、その事について書きます。


ストーリー
シェフィールドとの戦いからすでに3日経った。
だがそんな時、クラゲに似た謎の生物が現れた。
クラゲ型の生物はどんな攻撃も通用せず、全てすり抜けてしまった。
きっとあれは幻なんだと思ったが、次の瞬間奴は才人達に向かって光弾を発射してきたのだった。
一旦逃げようと思ったが、何と子供と老女が逃げ遅れていた。
才人とルイズは2人を助けようとするが、そこにクラゲ型生物の魔の手が迫る!!


レビュー
ラストでウルトラマンエースが久々に登場する事になったみたいですが、もう才人に何も悩みはないという事でしょう。何だか熱い展開になりそうです。これならキリエロイドと再び戦う日が来たとしても、きっと大丈夫でしょう。
またメザードについてちょっと調べてみたのですが、見た目がアニメやゲームに出てきそうな怪獣ですね。
何だかモンスターやクリーチャーといった方が、しっくりきます。
a0265223_14442488.jpg




波動生命体
a0265223_15124772.jpg

今回の事件を起こした張本人。
逃げ遅れた老女と子供、そして2人を助けようとしたルイズと才人に襲い掛かるが…。


1枚目:TVアニメ『ゼロの使い魔』シリーズがいよいよ完結!「ゼロの使い魔F」最新情報!! EnterJam - エンタジャム - 映画・アニメ・ゲームの総合エンタメサイト
2枚目:陰湿クラゲ怪獣 - Nの怪獣いろいろ。 - Yahoo!ブログ
参考:ウルトラマンガイアの登場怪獣 - Wikipedia
本編:あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第三部-16
[PR]
by asabatyou | 2014-01-18 14:22 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(1)
今月の15日の話ですが、ウル魔の最新エピソードを読みましたので、そのことについて書きます。


ストーリー
ちょうど今から30年前、若き日のティファニアの母親ティリーは、ウルトラマンダイナことアスカ・シンと一緒に旅を続けている途中で、金属生命体アルギュロスの襲撃を受ける。
アスカはダイナになってアルギュロスと戦うが、奴はダイナに変身し技や威力も本物と変わらない為、大苦戦してしまう。
死闘の末アルギュロスを倒したのは良かったが、奴はブラックホールを残していた為、ダイナはそれに吸い込まれてしまい、姿を消してしまった…。


レビュー
今回でダイナとアルギュロスの戦いに決着はつきましたが、まさかこうなってしまうとは思いませんでした。
せっかく敵を倒したのに負けたも同然ですが、これはこれでありかなと思います。
ダイナが吸い込まれてしまう時、「またいつか必ず帰ってくるからよ」と言ったのですが、思わずシュワちゃんを思い出してしまいました。
もしこれが英語だったら、きっと「I'll Be Back!」になっているでしょう。
さて一番気になったことは、教皇ですね。だって30年前からずっと老けずに、若いままでいる人なんて普通ありえませんし、どう考えても怪しいです。
ひょっとしたら、ヤプール以上の脅威になりそうな気がするのですが、今のところは分かりません。
a0265223_19383785.jpg



ニセウルトラマンダイナ
a0265223_1946158.jpg

CV:宮坂ひろし
スーツアクター:清水一彦


アルギュロスが、ウルトラマンダイナに変身した姿。
見た目だけでなく、本物と同じ技を使用することが出来、威力も変わらない為、ダイナを大苦戦させる。
グレゴール人が変身した偽物と違って、目が赤くて悪人面であることを考えると、ニセウルトラマンアグルに近いと思われる。




1枚目:TVアニメ『ゼロの使い魔』シリーズがいよいよ完結!「ゼロの使い魔F」最新情報!! EnterJam - エンタジャム - 映画・アニメ・ゲームの総合エンタメサイト
2枚目:円谷ジャングル!|レジェンド オブ ウルトラマン(^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ
参考:ウルトラマンダイナの登場怪獣 - Wikipediaニセウルトラマンダイナ - 怪獣wiki特撮大百科事典 - Seesaa Wiki(ウィキ)
本編:あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第三部-15
[PR]
by asabatyou | 2013-12-18 19:13 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(0)
昨日はウル魔を読みましたので、そのことについて書きます。
長い間新しいエピソードが投稿されることがありませんでしたので、本当に久しぶりです。


ストーリー
才人達の活躍で、サラマンドラとヨルムンガント軍団は倒された。
しかしティファニアは教皇に恐怖心を抱いており、才人も彼のことが気に入っていなかった。
ティファニアは才人に話があると言い出したが…。


レビュー
サラマンドラやヨルムンガント軍団を倒し、何とか一件落着といったところです。
しかしまた新たな脅威が迫りつつあるようですが…。何だか良からぬことが起きそうです。
でもティファニア、あんな大人しそうなルックスで才人とミシェルが結婚して、赤ちゃんが生まれることを想像したりなど、意外とキツイこと言ったりするんですね(笑)。
才人がルイズと結ばれるのか、それともミシェルと結ばれるのかは誰にも分かりませんが、今はどうなるのかを楽しんで見ることにしましょう。
ところでキリエロイドとの決着は、いつつくんでしょうか?この調子だと、まだ先の話になりそうです。
a0265223_1216260.jpg



アルギュロス(スーツアクター:三宅敏夫)
a0265223_12235118.jpg

旅をしているアスカとティリーの前に現れた金属生命体。
巨人の姿になった後、アスカと勝負をしたいようだが…。
あくまで回想の部分に登場しただけであって、本当に出てきたわけではない。
見た目が「ガイバー/ダークヒーロー」の回想シーンに登場した、黄色いガイバーに似ている気がするのだが、多分偶然であろう。


1枚目:ヴィットーリオ・セレヴァレ - Zero no Tsukaima F - アニキャラベー
2枚目:勝手にウルトラ検定 自由自在に形を変えて・・・
参考:ウルトラマンガイアの登場怪獣 - Wikipediaアルギュロス - 怪獣wiki特撮大百科事典 - Seesaa Wiki(ウィキ)
本編:第十四話 戦い終わって、はじまりへ
[PR]
by asabatyou | 2013-12-15 11:37 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(1)
今日はウル魔の最新エピソードを読みましたので、その事について書きます。


ストーリー
サラマンドラとメーサー殺獣光線車の戦いは、こうして始まった。
サラマンドラは赤くなっている喉が弱点な為、そこさえ潰してしまえばどうって事ないが、奴は自分の弱点を知っている為、当然喉を見せようとしない。
その事もあって才人達は苦しい立場に置かれ、メーサー車の1両がやられてしまった。
ギーシュ達は才人達を救う為に空を飛んで、サラマンドラの近くを飛び回った。
このお蔭でサラマンドラの弱点を撃つチャンスが出来たが、シェフィールドが最後の1体となったヨルムンガントを使って妨害し、残りのメーサー殺獣光線車を次々と破壊し始めたのだった。
脱出しないと危ない状況だが、ここで逃げてしまったらサラマンドラを倒せるチャンスはもう絶対にない。
どうする!?才人!!ルイズ!!


レビュー
前回の続きで、サラマンドラ編(と言うべきか?)のラストです。いや~長かった(笑)。
一体どうなるんだろうと思っていましたが、ウルトラマンに頼る事なく人間の力で怪獣を倒すのは非常に良かったです。
これはこのエピソードのメインであるメーサー殺獣光線車の元々の登場作品が、ウルトラマンのようなヒーローキャラがいない作品なので、敬意を払ってそれで決着をつけたかったのかもしれません。
特にメーサー車がサラマンドラの弱点を撃つ時、「ゴジラvsスペースゴジラ」でモゲラがスペースゴジラの結晶体を破壊するシーンを思わせました↓

そういえばラストに登場した奴って、もしかしてキリエル人ですかね?妙に胡散臭い奴でしたし…。
キリエル人との決着はついていませんから、次の対戦相手は彼で間違いないでしょう。
a0265223_2127692.jpg
a0265223_21341979.jpg




本作に合ったBGMがありましたので、それを紹介したいと思います。

「ゴジラvsモスラ」で使用された時の、メーサーマーチです。
曲自体は「サンダ対ガイラ」で使われたオリジナルとそんなに変わりませんが、少しテンポが速めです。
始まり方が中々良いので僕としては、「四両のメーサー車のパラボラから、いっせいに白色の収束マイクロ波が放たれてサラマンドラに突き刺さる。」から、「ガリア艦隊の将兵たちは、力の免罪符であったヨルムンガントと怪獣がいっぺんに倒されてしまったことで浮き足立ち、シェフィールドもまた、最後の切り札の喪失に蒼白となった。」までに使うのが良いと思います。



「メカゴジラの逆襲」で使用された、メカゴジラとチタノザウルスが暴れ回るシーンで使われたBGMです。
曲自体の作りがシリアスで、尚且つ敵キャラが有利になっている感じが出ていますので、もし使うとしたら「なによ、ええっ!?」 から、「人間だけの力で怪獣に立ち向かう。口で言うのはたやすいが、実際にやってみるとなんと難しいことだろうか。」までに使うのが良いと思います。



「ゴジラvsビオランテ」で使用された、スーパーX2のテーマです。
主役側が有利で希望に溢れた作りになっているので、僕としては「すぐそこまで迫ってきているサラマンドラを相手に、『フライ』の魔法で空を飛んでいる仲間たちが魔法を撃って攻撃しているではないか。」から、「ここまできたら、もう互いに選択肢はほとんどない。」に使うのが良いと思います。
本当は同じくビオゴジで使われた、ゴジラとスーパーX2の死闘の音楽もどうかと思ったのですが、合う所がないかなと思いましたのでやめました。


1枚目:ゼロの使い魔F 第3話 「無能王の乱心」 リリカルマジカルSS
2枚目:あるダイスオージャの愉快ないたずら ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル(怪獣)
本編:あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第三部-13


しかしシェフィールドが思ったよりあっけなかったので、ちょっと意外でした。
けどこれで少しは、腐ったガスが抜けた事でしょう。
[PR]
by asabatyou | 2013-09-23 19:31 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(7)
今日はウル魔の最新エピソードが投稿されていましたので、それを読みました。


ストーリー
ギーシュやミシェルといったお馴染みの仲間達は今、シェフィールド率いるヨルムンガント軍団に捕まってしまった。
そうシェフィールドが付けている片眼鏡には、複数の映像を同時に見る事が出来るだけでなく、一体ごとに通常の視界から、生き物の体温に反応するもの、動く物だけを映し出すもの、魔法力の反応を投影するものと様々に分かれているという優れ物だったので、ギーシュ達の行動は最初から丸見えだったのだ。
ミシェルはシェフィールドに怒りをぶつけるが、ジョゼフを侮辱した為に彼女の逆鱗に触れてしまい、無残に殺されそうになってしまう。
だがそんな時ミシェル達のピンチを救ったのが、メーサー殺獣光線車に乗ってやって来た才人とルイズだった。
シェフィールドは困惑しつつも、ヨルムンガント軍団でメーサー殺獣光線車を始末しようとするが、あっという間に殆どのものが破壊されてしまった。
もう自分が乗っている一体しか残っておらず、とうとう後がなくなってしまったシェフィールドはサラマンドラを呼んだ。
奴の登場に本当ならエースに変身したい所だが、ウルトラリングは光らず、エースの声も聞こえなくなっていた。
こうなったら、もうこのままで戦うしかない。
メーサー殺獣光線車vs怪獣サラマンドラ。
才人vsシェフィールド。
ハルケギニアの明日を賭け、避けられない戦いの火蓋が、今切って落とされた!!


レビュー
今回はシェフィールドの冷酷非道さが全面していました。
まるで楽しんでいるかのようにギーシュ達を甚振り、ミシェルがジョゼフを侮辱した途端にブチ切れて、たっぷりと苦痛を与えてから殺そうとするのですから、完全に悪魔です。
でもそんなクソッタレも、最後はメーサー殺獣光線車無双でフルボッコにされるんですから、これ程スカッとするものはありません。いいぞもっとやれ!!
この戦いではウルトラマンが出てくる可能性が低いですが、それもそれでありかもしれません。人間の底力見せてやろうではありませんか!!↓

「進撃の巨人」の歌詞は、ウルトラマンやウル魔の世界観や雰囲気に合う気がします。
元々原作者が特撮オタクらしいので、当然の結果でしょう。
それはともかくサラマンドラの対処法ですが、弱点が「どうぞ撃ってください」と言わんばかりに丸見えなので、そこさえやってしまえば楽勝でしょう。
ただ相手が、避けたり防御しなければの話ですが…。
メーサー車は4両いるのでまず3両が敵を足留めし、残りの1両が気を取られている隙を見て、一気に弱点目掛けて発射すれば勝てると思います。
a0265223_2231155.jpg
a0265223_2211430.jpg




最後になりますが、このエピソードに合いそうな曲がありましたので、それを紹介します↓

「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」で初めて使われて、その後も「ゴジラvsデストロイア」にも使用された「メーサーマーチ」(L作戦マーチ)です。
「その瞬間、メーサー砲のパラポラが白熱光に包まれ、中央部から収束された稲妻状の光線がいっせいに放たれた。」から、「四両のメーサー車が再びそれぞれ一機ずつのヨルムンガントをくず鉄と土くれに変え、ここに三分と経たずしてシェフィールドのヨルムンガント部隊は壊滅した。」までに使うのが良いと思います。
やはりメーサー車なら、この曲しか考えられないと思いましたので。
メーサー車が森に逃げたヨルムンガントを攻撃する所は、「サンダ対ガイラ」へのオマージュでしょうか?



1枚目:アニメ「ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜 第1話」 朱家の隠れ家
2枚目:★メーサー殺獣光線車、、色々。★ - 特撮フィギュア 館 - Yahoo!ブログ
本編:あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第三部-12
[PR]
by asabatyou | 2013-08-19 19:29 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(3)
今日は15日に読んだ、ウル魔の事について書きます。


ストーリー
才人達がジュリオの案内で目にした物は、何と全部地球の戦車ばかりであり、その中にはあの六六式メーサー殺獣光線車まであった。
才人達はこれに乗って、みんなを救う為に出動しようとするが…。


レビュー
才人達が目にした幻の兵器は、やっぱりメーサー殺獣光線車でした。
ゼロ戦やスピットファイアのような戦闘機が沢山あった時も思ったのですが、ハルケギニアって何だか何でもありって感じです。一体何処で手に入れたんだ?と言いたくなりますが、それは後のエピソードで明らかになるでしょう。
しかし前にも言いましたが、メーサー殺獣光線車は東宝の特撮映画に登場した兵器であって、ウルトラマンシリーズとは世界観が違うのに当たり前のように登場するだなんて、どういうことなの…。まぁそもそも、ウルトラマンとゼロ魔のキャラが共演している時点でおかしいのですから、こまけぇこたぁいいんだよ!!って事なのでしょう。仕方ないね。
多分次回でサラマンドラとの決着がつくと思いますが、ひょっとしてその後すぐにキリエロイドが再登場するかもしれません。
後今日ジュリオのフルネームを知ったのですが、チェザーレっていうのですね。
僕はチェザーレという名前を聞くと、どうしてもサイレント映画の「カリガリ博士」に登場した方を思い出してしまいます(笑)。ジュリオは見ての通りのイケメーン?wwwですが、カリガリ博士のチェザーレはゾンビかフランケンシュタインの怪物みたいで、化け物染みています。チェザーレ怖いでしょう…。
a0265223_1934229.jpg
a0265223_19405591.jpg



おまけですが、同じウルトラマンという事で、これをどうぞ↓

それと15日に「宇宙船」を観た時に、ウルトラマンギンガのスーツアクター達が明らかになりました。
ギンガは寺井大介さんで、ジャンキラーは桑原義樹さんという方です。
今まで宇宙船ではウルトラマンのスーツアクターの名前が書かれる事は一切なかったので、今回が初めてではないかと思います(これは円谷プロというところ自体が、「ウルトラマンに中の人間などいません、ウルトラマンはウルトラマンです」というポリシーの会社である事が理由だと思われる)。
寺井さんは平成ウルトラマンシリーズの殆どの作品で主役をやっていますから、大体想像していた通りです。岩田栄慶さんがいないのは意外ですが。
しかしサーガの時も思いましたが、知らない名前が増えましたね。横尾和則さんや末永博志さんといったお馴染みの方もいるにはいるのですが、かなり少ないです。世代交代って奴なんですかね?
ここに書いた事と同じになるかもしれませんが、やはり横尾和則さん、寺井大介さん、岩田栄慶さんの3人は主役が多いですから、円谷系のスーツアクターの中では別格だと思っています。
寺井さんについては、「寺井祭」というイベントまで作られたらしいですし。


1枚目:第38回「ゼロの使い魔~双月の騎士~アフレコレポート」 - シマゾウ・レポート
2枚目:新世紀合金 東宝メカニック 66式メーサー殺獣光線車ミニカー・フィギュア・ラジコン買うなら会員価格でお得に買い物!Kauking
本編:あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第三部-11
[PR]
by asabatyou | 2013-07-18 18:59 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(4)