ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

カテゴリ:アニメ( 159 )

昨日は今月の19日に買ったDVD、「ポパイ お化け騒動」を見ましたので、その事について書きます。
ポパイはカートゥーン ネットワークで放送しているのを、偶然見た事があるのですが、まともに見るのは今回が初めてです。


a0265223_19485363.jpg
a0265223_2014661.jpg

スタッフ
監督:シーモア・ナイテル、イサドール・スパーバー ほか


キャスト(全てノンクレジット)
ポパイ:ジャック・マーサー
オリーブ・オイル:メエ・ケステル
ブルート(ブルータス)、バトラー:ジャクソン・ベック


ストーリー
ハロウィン前夜、ブルートがオリーブにお化けのイタズラを仕掛ける!
ポパイは、怖がるオリーブを助けに行くが・・・。


レビュー
ポパイのアニメ、8話を収録したDVD。
ストーリー自体は「トムとジェリー」や、「ルーニー・テューンズ」のトゥイーティーやシルベスター・キャットが登場するエピソードの人間版といった感じで、完全なドタバタギャグです。
ただ「トムとジェリー」が良きライバルで喧嘩仲間であるのに対し、こちらはポパイと乱暴者のブルート(ブルータス)が、ヒロインのオリーブに惚れているので、その奪い合いがメインであり、まさに恋敵関係です(ただブルートは根っからの悪人ではなく、第2次大戦中で作られたプロパガンダアニメでは、ポパイと協力して日本軍のスパイを一掃するというエピソードがあるとの事。逆に日本でも漫画でアメリカ海軍に見立てたブルートを、日本兵が倒すというものがあるようだ)。
オリーブをめぐる所は、彼女の声優がベティ・ブープと同じメエ・ケステルなので、何処かこのエピソードを思わせます実際、ベティとポパイは共演した事がある)。
ポパイ以外のお馴染みのキャラが登場しない時は、ポパイの生活を邪魔する動物との戦いが描かれているのですが、「白ありの総攻撃」はともかく、「もぐら君のいたずら」では単なる敵キャラではなく、最後は改心してポパイを助けるというエンディングだったので、後味が良かったです。
背景も綺麗でキャラにも嫌味がなく、私は楽しめました。
ただ子供を飽きさせない為か、展開が早く進み過ぎな気はしました。
これは他のカートゥーンにも、同じ事が言えますが。


収録されているエピソードの1話です↓

さてポパイといいましたら、ほうれん草を食べてパワーアップするというのはあまりにも有名で、すっかりお約束となっています。
あれは子供達の野菜嫌いが問題になっていたので、それを何とかする為だったと言われていますが(なおこの作品が制作された当時、ほうれん草の缶詰は製造されていなかったとか)、実際はポパイ自身が元々全米ベジタリアン協会という組織の、「宣伝キャラ」だったそうです。
菜食主義を全米に広める為には、大衆に親しまれるのが 一番、というわけで、会員の実業家達が資金を出し合って、多くの漫画家やイラストレーターに、作品を試作させ、その結果生まれたのがあのポパイという事だそうです。
最初はキャベツだったのだが、意外ですが。
ちなみに後年、本当にほうれん草には筋肉増強効果がある事が発覚し、ポパイは正しかった事が証明されました。



出典↓
画像1:ポパイ お化け騒動 AAS-304 [DVD]
画像2:Popeye Cartoons (formerly Popeye Animators)_ November 2007.html

参考サイト↓
ポパイ - Wikipedia.html
Fright to the Finish (1954) - IMDb.html
Private Eye Popeye (1954) - IMDb.html
Gopher Spinach (1954) - IMDb.html
Cookin' with Gags (1955) - IMDb.html
Popeye for President (1956) - IMDb.html
Out to Punch (1956) - IMDb.html
Assault and Flattery (1956) - IMDb.html
Insect to Injury (1956) - IMDb.html
ポパイとは【ピクシブ百科事典】.html
ポパイの「ホウレンソウの缶詰」って実際はどんな見た目なの?.html
ポパイは正しかった!ホウレンソウに含まれる硝酸塩に筋肉増強効果 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.html
[PR]
by asabatyou | 2015-09-22 18:11 | アニメ | Comments(0)
昨日は借りたDVDの「インタールード」を見ましたので、その事について書きます。
前から見てみたいと思っていたのですが、中々見つかりませんでした。
ですが、やっと見つけました。


a0265223_944557.jpg
a0265223_911015.jpg

スタッフ
監督:長峯達也
原作:ロングショット、NECインターチャネル
脚本、シリーズ構成:面出明美
音楽:亀山耕一郎


キャスト
相沢尚也:森田成一
和辻綾:桑島法子
玉城麻衣子:田村ゆかり
丸藤泉美:金月真美
三枝睦月:大谷育江
冬木イクオ:郷田ほづみ


ストーリー
高校生の相沢尚也は、幼馴染の玉城麻衣子に振り回されたり、通学中は痴漢から助けた事で知り合った噂の巨乳美女・丸藤泉美が気になる毎日を送っていた。
だがそんな彼の日常は、謎の少女の和辻綾と出会った事で少しずつ崩壊していくのであった。


レビュー
同名のゲームを全3話のOVAとして、アニメ化したもの。
一応主人公が色んな世界へ行ったり来たり様を描いているようですが、いかんせん説明不足のせいか、ストーリーや設定などが分かりにくく、どうも楽しめなくて入り込めませんでした。
展開やテンポも悪いので、見終った途端忘れてしまう程です。
結局あれは、全部夢か嘘だったという事でしょうか?
冒頭とエンディングで、キャラクターが舞台に立って何か喋ったりするのですが、あれをやる意味も分かりません。
正直楽しみにしていたのですが、期待外れでした。


EDです↓

他にも敵の怪物を狩っている変な2人組のハンターが登場するのですが、彼らも何だったのかが分かりません。
最終話には登場せず、その後の消息は不明でした。



出典↓
画像1:インタールード VOL.1.html
画像2:Animemaniacs Magazine Online (2005) Аниме Обзор. Interlude..html

参考サイト↓
インタールード-東映アニメーション-.html
インタールード (ゲーム) - Wikipedia.html
Amazon.co.jp_ インタールード_ DVD.html
[PR]
by asabatyou | 2015-09-21 09:31 | アニメ | Comments(0)
昨日は録画した「眠れる森の美女」を見ましたので、その事について書きます。
「アナと雪の女王」のレビューをやった時でも思った事ですが、相手があのディズニーなので、やっていて気を遣いました。
レビューしたい気持ちはあるのですが、その一方で「これ本当にやっちゃって良いのかな?」とも思いましたので複雑でした。
これ書いている時も、他の方が書いたブログを参考の為によく見たりしていました。


a0265223_19205910.jpg
a0265223_19301377.jpg

スタッフ
原作:シャルル・ペロー
監督:クライド・ジェロニミ


声の出演
オーロラ姫/ブライア・ローズ:メアリー・コスタ
フィリップ王子:ビル・シャーレイ
マレフィセント:エレノア・オードリー(ロトスコープでの、動きの演技もやっている)


ストーリー
ステファン王が治める、とある国に待望のオーロラ姫が誕生し、盛大に祝福の宴が催された。隣国を治めるヒューバート王にはフィリップという息子がおり、古い友人であるステファンとヒューバートは、オーロラが16歳になったとき、オーロラとフィリップを結婚させると約束した。三人の善い妖精も祝いに駆けつけ、一人目のフローラが「美しさ」を、二人目のフォーナが「歌声」を贈り物としてオーロラに授けた。
しかし、そこへ悪の妖精マレフィセントが現れ、誕生会に呼ばれなかったことを理由に「16歳の誕生日に糸車の針に刺されて死ぬ」という呪いをオーロラにかけ、去っていった。三人目の善い妖精メリーウェザーは、「死ぬのではなく眠るだけで、愛する者のキスで目が覚める」と呪いを変える魔法をかけた。それでも心配であったステファン王は、国中の糸車を焼き捨てる。三人の善い妖精は相談の結果、オーロラ姫を森の小屋にかくまい、農家の娘として育てることにした。
オーロラ姫は自分の身分を知らないまま、ブライア・ローズとして育つ。そして15年の月日が経った。
森で馬を走らせていたフィリップ王子は、偶然にも動物たちと戯れていたローズと再会する。お互いの素性を知らないまま二人は恋に落ちるが、その日はローズがオーロラ姫として城に戻る16歳の誕生日だった。
一方、三人の善い妖精たちは、ローズのためにささやかな誕生日祝いを準備していたが、長年封じていた魔法を使ってしまったため、マレフィセントの手下に感づかれてしまう。


レビュー
同名の童話を、ディズニーが長編アニメ映画化したもの。
「動く絵本」にしたいというウォルトの意向により、陰影が少なく、直線を多用した、モダンアート風の絵柄が特徴的です。
また音楽は、チャイコフスキーの同名バレエ楽曲を基にしています。
ちなみにこれは、ウォルト存命中のディズニー映画としては最後の童話原作となりました。
タイトルからしてオーロラ姫が主役のような印象を受けますが、実際は育ての親と言えるフローラ、フォーナ、メリーウェザーという3人の妖精達中心で話が進んでいますので、オーロラ姫の影が思ったより薄いです(途中でラスボスであるマレフィセントの呪いでずっと眠りっぱなしなので、終わり頃は殆ど出番なし)。
なので彼女達が、本当の主人公と言えます。
さて本作はモンスター映画という視点で見ますと、マレフィセントが巨大な黒いドラゴンに変身し、フィリップ王子と戦うシーンが見所です。
炎を出したりフィリップ王子が持っている盾を吹っ飛ばしたりして、良い感じで追い詰めるのですが、意外とあっさり倒されてしまうので、ちょっとガッカリ。
変身するシーンは、鳥肌が立つ程カッコいいのに。
ジョン・ランディス監督によりますと、ディズニーランド・パリにある城の地下には、オーディオ・アニマトロニクスで動く実物大のドラゴンが潜んでいるけど、その城とドラゴンはこれをベースにしているそうです。


予告編です↓

これを見て思ったのですが、「シンバッド七回目の航海」のモノマネ映画で有名な「ジャックと悪魔の国」は、本作の影響も強く受けている事がよく分かりました。
マレフィセントの城のデザインや、フィリップ王子が妖精達の助けを得ながら困難を乗り越えたり、マレフィセントがドラゴンに変身したりなど、後半が殆ど同じです。
冒頭でマレフィセントがオーロラ姫のいる城に現れるところと、剣に魔法をかけてもらってドラゴンを倒すシーンは、後のバート・I・ゴードン監督の「魔法の剣」に似ていました。
ラスボスがドラゴンに変身するところは、同じディズニー映画の「魔法にかけられて」にもありました。


1枚目:うまねんblog_ 『白雪姫』と『眠れる森の美女』.html
2枚目:Image - Sleeping-beauty-disneyscreencaps com-8135.jpg - Disney Wiki.html

参考↓
眠れる森の美女 とは【ピクシブ百科事典】.html
眠れる森の美女 (アニメ映画) - Wikipedia.html
モンスター大図鑑
Nemureru mori no bijo (1959) - IMDb.html
眠れる森の美女(ディズニー)|倉希あさしのブログ.html
[PR]
by asabatyou | 2015-08-10 18:03 | アニメ | Comments(0)
昨日は借りたDVDの「NEXT A-Class」を見ましたので、その事について書きます。
自分が今まで見てきた殆どのアニメと同じように、レンタルで偶然見かけて知って以来、「面白そうだな」と思って興味がありました。


a0265223_1035629.jpg
a0265223_10385833.jpg

スタッフ
キャラクターデザイン:貞本義行
作画:黄瀬和哉
音楽:川井憲次
演出:西久保瑞穂


キャスト
甲斐クニコ(ニコ):沢城みゆき
我那覇穀(ガツ):津田健次郎
粕谷マキト(マキト):鈴村健一


ストーリー
近未来の東京。ニコは映画館の帰り、ネットで噂になっていた幻のラーメン屋台のトラックを見つけ追いかけ始める。同じ頃、ガツとマキトはAクラスに乗って移動中、暴走していく幻のラーメン屋台を見つけた。ガツはトラックがトランスポーター54であったことから追跡しようとすると、同じ屋台を追いかけていたニコに出くわす。こうして3人は出会い、幻のラーメンを食べるために屋台を追いかけ始めたのだった。


レビュー
車でお馴染みのメルセデス・ベンツが、新型車のプロモーション目的で公開したアニメ。
ストーリーはとてもシンプルで、お気に入りのラーメン屋を探す主人公と、それに巻き込まれた男性2人組の冒険を描いたものです。
とても短く6分ぐらいで終わってしまいますが、世界観や雰囲気やキャラが結構良い感じだったので、何だか勿体ないです(ラストも新しい出会いや刺激を求めて、再び冒険の旅に出るので希望に溢れていた)。
元々プロモーション目的で作られた事を考えますと仕方ない気もしますが、出来ればもう少し長くやってほしかったです。


TVCMです↓

キャラクターデザインが「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な貞本義行さんですが、あまりそれらしく見えません。
言われてみれば、確かにそうかなという気はしますが。


1枚目:200万再生を突破した「NEXT A-Class」の世界を体感!:旬ネタ|日刊カーセンサー.html
2枚目:Une pub en anime pour la Classe A au Japon _ le blog auto.html

参考↓
メルセデス・ベンツ何やってんの…アニメ「Next A-class」がすごい - NAVER まとめ.html
メルセデス・ベンツ・Aクラス - Wikipedia.html
NEXT A-Class|メルセデス・ベンツ日本公式サイト.html
[PR]
by asabatyou | 2015-08-09 10:50 | アニメ | Comments(0)
昨日で今まで借りていた「イリヤの空、UFOの夏」を全部見終りましたので、その事について書きます。
夏をテーマにしたアニメを見ていたと思っていた時に、弟に「こういうのがあるよ」と教えられて興味を持ち、見てみる事にしました。


a0265223_1819121.jpg
a0265223_18241522.jpg

スタッフ
原作:秋山瑞人
キャラクター原案:駒都えーじ
監督:伊藤尚往
音楽:高木洋
アニメーション制作:東映アニメーション


キャスト
浅羽直之:浪川大輔
伊里野加奈:野中藍
須藤晶穂:千葉紗子
水前寺邦博:神谷浩史
榎本:井上和彦
椎名真由美:桑島法子


ストーリー
夏休み最後の夜、学校のプールに忍び込んだ浅羽直之は、手首に銀色の球体を埋め込んだ不思議な少女「伊里野加奈」と出会う。
新学期、伊里野は浅羽のクラスに転校してきた。
他人とのコミュニケーションを苦手にしているらしい伊里野だったが、浅羽には心を開き、学校生活を通じ、親密になっていく。しかし頻繁に校内放送で呼び出され、時に不思議な「反応」を起こす・・・。
その現場にいつも現れ、窮地を救う謎の黒服の男・榎本。伊里野は逃れられない宿命と重大な任務を背っているのか・・・!?
やがて、軍事基地拠点都市「園原」と、新聞部が解明を目指すUFO騒動は、特殊戦闘機「ブラックマンタ」とその操縦士および護衛部隊の存在を通じ、解明されていく・・・。
いま、伊里野と浅羽のせつない“UFOの夏”は始まった・・・。


レビュー
同名のライトノベルをOVA化したもの(全6話)。
最初こそちょっぴり不思議な雰囲気がある青春物や学園物といった感じで、じっくり進んでいきますが、やはり6話だけでまとめるのは無理があったせいか、5話と最終話が詰め詰め状態でさらっと終わらせてしまったと言わざるを得ない出来でした。
もう少し長くやればちょうど良い感じに出来たのかもしれないのにと思うと、いささか残念です。
伊里野や榎本が、最後どうなってしまったのかが分かないのも不満です。
ただ基本はずっとシリアスで、普通じゃ男のスケベ心を刺激する為だけで終わってしまいがちなお色気シーンも、変にギャグに走る事が一切なかったのは好感が持てました(例えば伊里野が浅羽を裸にしようとするシーンがあるが、あれは彼に付いていた発信機を取りたいだけで悪気はない)。


OPです↓

また伊里野と晶穂が大食いで勝負している時、伊里野が途中で鼻血出して倒れてしまい、その料理に血が付いてどんどん広がっていくシーンや、伊里野が口から血と泡と出して苦しみ出すシーンが、妙にグロかったです。
特に前者の食事シーンは漫画的ではなく、完全にリアルにやっていましたから、余計生々しかったです。
本作は鼻血が出るシーンが多いのですが、こんなにグロく見えたのはこれが初めてです。


1枚目:イリヤの空、UFOの夏壁紙 - アニメとゲームの壁紙.html
2枚目:イリヤの空、UFOの夏 - 詳細表示 - アニメ二次元壁紙弐号館 - Yahoo!ブログ.html

参考↓
-イリヤの空、UFOの夏- 東映アニメーション.html
イリヤの空、UFOの夏 - Wikipedia.html
イリヤの空、UFOの夏とは - ニコニコ大百科.html
[PR]
by asabatyou | 2015-07-29 18:34 | アニメ | Comments(0)
今月の22日ですが、今まで借りて見ていた「夏のあらし!」を見終りましたので、その事について書きます。
大好きな夏が来ましたから、夏がテーマのアニメがどうしても見たかったからです。


a0265223_18122932.jpg
a0265223_19265849.jpg

スタッフ
原作:小林尽
監督:新房昭之
音楽:ken sato
アニメーション制作:シャフト


キャスト
嵐山小夜子:白石涼子
八坂一:三瓶由布子


ストーリー
夏休みを利用して横浜の祖父の家に泊まりに来た八坂一。彼はたまたま涼みに入った喫茶店の従業員・嵐山小夜子に一目惚れをしてしまう。とあるきっかけで小夜子が一に触れた瞬間、2人の間に雷のような衝撃が走る。あらしは「通じた!」と声を漏らすと、驚いた一を外へ連れ出す。そのまま2人で裏山を駆け抜けると、目の前には現代の日本だとは思えない風景が広がっていた・・・。


レビュー
同名の漫画をアニメ化したもの。
所謂タイムトラベルもので、主人公の少年と不思議な力を持つ少女が、現代や過去を行ったり来たりする様を描いています。
「千と千尋の神隠し」や「水夏」などみたいに、夏がテーマになっているファンタジーものでもあり期待していたのですが、正直あまり面白くなかったです。
最初こそ幻想的な雰囲気やストーリー性があったのですが、後になればなるほど他のアニメや特撮のパロディネタが多くなり、肝心の本編が疎かになっている感じがしました。
もう終わり頃になりますと、一度見終った途端どれもこれも忘れてしまいそうなものばかりで、殆ど印象に残っていませんし、ちっとも引き込まれませんでした。
一応第2期も作られたそうですが、果たしてどうなんだろう・・・。


OPです↓

私が唯一楽しめたのは、EDの「キラリフタリ」ですね。カッコ良くてスタイリッシュでしたし(OPは、何故か歌詞が下ネタ)。
ちなみに原作はシリアスだそうですが、そうした方が面白かったような気もします。


1枚目:夏のあらし!_春夏冬中_ 2期 12話 感想 - (笑) - あにわらっ!-.html
2枚目:夏のあらし!_春夏冬中_ 2期 7話 感想 - (笑) - あにわらっ!-.html

参考↓
夏のあらし! - Wikipedia.html
StarChild_夏のあらし!.html
夏のあらし!とは - ニコニコ大百科.html
[PR]
by asabatyou | 2015-07-24 18:44 | アニメ | Comments(0)
昨日は借りたDVDの1枚「一騎当千 Extravaganza Epoch」を見ましたので、その事について書きます。
「一騎当千」はまた見てみたいと思っていましたので、ちょうど良かったです。


a0265223_19474482.jpg
a0265223_19492998.jpg

スタッフ
原作:塩崎雄二
監督:工藤昌史
キャラクターデザイン:りんしん
制作:アームス


キャスト
孫策伯符:浅野真澄
呂蒙子明:甲斐田裕子
関羽雲長:生天目仁美


ストーリー
ようやく束の間の平和が訪れた関東だったが、関西闘士たちが勾玉狩りを目的に関東にやってきた。その対策として、「斬龍」を鍛え直しに鎌倉にきている趙雲と落ち合うために、劉備たちも鎌倉へと向かう。
そこに「関羽、敗れる」の知らせが入る。関羽は敵の調査のため単独行動をしていたが、連絡がつかない。真偽がわからないまま、約束した境内で待つ劉備一行。
一方、趙雲は、関西からの刺客、特Aランク闘士柳生三厳と「死合い」を繰り広げていた。


レビュー
「一騎当千」シリーズの最新作で、全2話のOVA。
一応お馴染みのキャラ達は登場していますが、実際は敵役の宝蔵院胤舜中心で話が進んでおり、若干影が薄かったです。
相変わらずお約束のエロティックな戦闘シーンは健在なので、そちらばかり気を取られてしまいがちですが、メインとなっている宝蔵院胤舜が強さと実力があったにも関わらず、それが原因で周りから疎まれてしまい、歪んだ性格になってしまった様を描いています。
後半になりますと、強大な力を持っているが為に中々周囲に馴染めなかった味方キャラの劉備玄徳との絡みもありますので、中々ストーリー性があります。
1話はただドンパチしているだけでそんなに面白くなかったですが、2話は楽しめました。
私は「一騎当千」といいますと、「集鍔闘士血風録」を見たのが最初ですが、あれはよりはこちらの方が完成度が高いと思いました。
しかし孫策伯符、主役であるにも関わらず影が薄いです(笑)。
出番も少ないし、出てきてもたいして活躍しないし、本当にあれで主人公なんだろうか(笑)?
これで良いのか!?伯符(笑)!!


PVです↓



ちなみに龍が出てくるシーンがあったのですが、鳴き声がラドンでした(少し低めだったから、「S.F.第7惑星の謎」に登場した1つ目怪獣に近かった)。
またたかはし智秋さんも出演しているそうですが、あの人のイメージにぴったり合っている作品だと思う(笑)。



画像:『一騎当千』シリーズのOVA第2弾『一騎当千Extravaganza Epoch』の発売日が決定! _ 声旬!.html
参考:アニメ「一騎当千 Extravaganza Epoch」公式サイト.html一騎当千 - Wikipedia.html
[PR]
by asabatyou | 2015-06-29 18:15 | アニメ | Comments(0)
昨日は「アニメーション監督が調べた日本のくらし/戦時の日常生活」に、行って来ました。
これは「BLACK LAGOON」では監督をやり、「名探偵ホームズ」や「魔女の宅急便」といったジブリ作品にも関わった片渕須直さんという方が、こうの史代さんという方の「この世界の片隅に」という漫画を劇場アニメ化しようとしており、それを基にして戦時中当時の人々が、どんな食生活を送っていたのかを語るトークショーでした。
「この世界の片隅に」自体食べ物がメインになっているお話だそうですが、登場する食べ物は作者自身が考えたものであって、当時の物を再現したわけではないようです(実際、作ったりしたようだ)。
当時の状況を再現する為に、写真などを集めたりしたそうですが、モノクロなので本当の色が分からなくて苦労しているそうです。
他にも雰囲気を出す為に、当時の飲み物(?)や写真などが沢山飾られていたりしていました。
これがその一部です(4枚目はトークショーの終了後にもらった物ですが、撮った場所は自宅です)↓
a0265223_14254868.jpg
a0265223_14261044.jpg
a0265223_14263678.jpg
a0265223_14315987.jpg

ヒーローズアカデミーのボイトレがありまして、終了後はすぐにそこを離れたのですが、その後にやった飲み会には迷わず参加しました。
「TIGER & BUNNY」が好きな人もいれば、焼津や大阪から来ている人もいて盛り上がっていました。
ちなみに「この世界の片隅に」は、来年の秋頃に公開するそうです。


勿論これらは、ちゃんとご本人達の許可を得てやっていますので、どうかご安心ください。
これで少しでも宣伝になってくださったら、嬉しいです。


他でもこれらの事を書いている方がいますので、もし宜しければどうぞ↓

すず(^▽^)ぽん
浜松ここ・い~ら 片渕須直監督パネルトーク「アニメーション映画監督が調べた 日本のくらし/戦時の日常生活」 - このセカ応援団 私設ぷちポータル.html
CINEMA e-ra(シネマイーラ)応援隊 湖西支部 _ Facebook.html
[PR]
by asabatyou | 2015-06-21 14:46 | アニメ | Comments(1)
今月の14日ですが、借りたDVDの1枚「旦那が何を言っているかわからない件」を見ましたので、その事について書きます。
やはり他のアニメと同じでレンタルで偶然見かけて知って、興味を持ちました。


a0265223_18164964.jpg
a0265223_18273319.jpg

スタッフ
原作:クール教信者
監督、脚本:永居慎平
音楽:G-angle


キャスト
カオル:田村ゆかり
ハジメ:鈴村健一
樹瀬リノ:釘宮理恵
樹瀬望:坂井俊文
田中さん:新谷良子
山田:外崎大輔
マヨタマ:堀野紗也加
三木さん:清水香里


ストーリー
オタクの若者であるハジメと、ごく普通の一般人である妻のカオル。
お互い分かり合えない部分があるものの、それでもラブラブな新婚生活を送っている2人であった。


レビュー
同名の4コマ漫画を、テレビアニメ化したもの。
ですが通常の30分ぐらいのものではなく、「トムとジェリー」やフライシャーのスーパーマンといった古典アニメみたいに、5分ぐらいの短編アニメなのが特徴です。
基本これといってストーリーと言えるストーリーはなく、ただ主人公2人組の日常生活を描いているのですが、あまりにもあっさりし過ぎており、一瞬で終わってしまいます。
なので古典アニメみたいなノリを期待してしまうと、ちょっとガッカリしてしまうかもしれません。
元が4コマ漫画ですから、仕方ないのかな?
主人公達の親戚の子供が出てくるのですが、棒読みで演技が下手糞で悪い意味で印象に残ってしまいました。何だか「宮河家の空腹」みたいでした。
ただキャラは立っていますから、例え見えない所でも「このキャラは、こんな事やってるんじゃないかな?」というのが想像出来るのが、救いと言えるでしょう。


PVです↓

夫役が鈴村健一さんですが、嫁役が坂本真綾さんだったら、もっと面白かったかな(笑)?
田村ゆかりさんでも悪くはないんですけどね(笑)。
ちなみに2作目ではたてかべ和也さんも出演していたそうですが、残念ながらそれが遺作となってしまったそうです。



1枚目:旦那が何を言っているかわからない件 [第1話無料] - ニコニコチャンネル_アニメ.html(参考にも使った)
2枚目:旦那が何を言っているかわからない件 - ep01 - 画像 #020 - Ik` Ilote 4.html
参考:旦那が何を言っているかわからない件 - Wikipedia.html旦那が何を言っているかわからない件 Youtubeアニメ無料動画+.html
[PR]
by asabatyou | 2015-06-19 18:44 | アニメ | Comments(0)
昨日は借りたDVDの1枚「タトゥーン★マスター」を見ましたので、その事について書きます。


a0265223_19254983.jpg
a0265223_19303178.png

スタッフ
原作:矢也晶久
監督:広川和之
脚本:黒田洋介


キャスト
ニマ:國府田マリ子
日比野火々雄:上田裕司(現:うえだゆうじ)
藤松:こおろぎさとみ


ストーリー
日比野火々雄は喧嘩は強いが女嫌いで、家事が得意な少年だった。
だがそんな時、火々雄の前にニマという謎の少女が現れて・・・。


レビュー
同名の漫画を、OVA化したもの。
ストーリー自体はよくありがちな気がしますが、主人公が喧嘩っ早い性格で、「何でこんな奴がモテるの?」みたいな感じではなかったのが良かったです。
原作では14話あるようで、それを2話で終わらせるのは難しかったのではないかと思うのですが(当時、何話まで作られていたのかは知りませんが)、特に変な所もなく良い感じにまとまっていたのではないかと思います。
シリアスな部分もありますが基本コミカルタッチで、主人公をめぐって2人のヒロインが争うなど(片方がこおろぎさとみさんが演じているのですが、普段の声とあまりにも違い過ぎていて、未だにこおろぎさんがやってるとは思えません)、娯楽性の強い内容になっています。
非常に面白いというわけでもなければ、つまらないわけでもなく、半々といった感じです。


ニコニコ動画に、本編がありました↓



後主人公が、どうも少し成長した浦飯幽助に見えてしまいました。
声がうえだゆうじさんですが、これでもし佐々木望さんだったら、本当に幽助になっていたかも(笑)。
実際不良少年が主役で、コメディもあればバトルもあるところは、「幽☆遊☆白書」を思わせます。それプラス「うる星やつら」といった感じでしょうか。


1枚目:タトゥーン☆マスター
2枚目:タトゥーンマスター _ dアニメストア.html
参考:タトゥーン★マスター - Wikipedia.htmlオリジナルビデオ アニメ タトゥーン★マスター - allcinema.html
[PR]
by asabatyou | 2015-06-15 18:06 | アニメ | Comments(0)