ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

<   2013年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

a0265223_21453871.jpg

今日は静岡に行く予定があった事もあって、「それが声優!EX2」の最新作を買いました。いやぁ~、この日をどれだけ待っていた事か(笑)!!
表紙の絵についてですが、何だかキャラの顔が前と違っています。少し可愛げがなくなったというか、ちょっとのっぺりしちゃったというか…。
何だか不安になってしまったのですが、本編を見たら今までと変わっていませんでしたので安心しました。
絵も今までは同じ絵の使い回しが目立っていたのですが、今回は殆どありませんでした。
4コマの部分がいつもより少なめで、通常の漫画の部分が多かった気がしたのですが、これも過去作品との差別化なのかもしれません。
ストーリーは鈴ちゃんこと小花鈴が主役で、フタフタこと一ノ瀬双葉(この物語の主人公)と、チゴチゴこと萌咲いちごといったお馴染みの仲間とユニットを組んで、CDデビューする事が決まったんだけど、センターに選ばれてしまい、自分には個性がないから「どうしよう…」と悩む姿が描かれていました。
鈴ちゃんが弱みを見せる所は今までありませんでしたので、結構新鮮味がありました。1作目ではフタフタが「私は鈴ちゃんみたいに芸達者でもないし…、いちごみたいな得意技もない(ツンデレと思いっきり書いてあったのですが、釘宮理恵さんを意識しているんでしょうか(笑)?)・・・」と悩むシーンがあったのですが、それと同じような事がまた起きるとは…。
それでも「実は私達も不安なんだよ。だからみんなで一緒に頑張ろう」と、お互い励まし合ってユニット活動に力を入れていく所が凄く良かったです。
俺はこの3人が大活躍する姿を、物凄く見たい!!
しかし音楽活動ですか。まぁ今声優が歌を歌ったりするのは珍しい事ではありませんし、実際歌のレッスンもあるらしいですからね。高橋和枝さんも「快獣ブースカ」で歌をやっていましたから。
またサインを紹介したページで「なばた」と書いてるのがあったのですが、あれはやはり生天目仁美さんの物でした。他にも堀江由衣さんや白石涼子さんのサインがあったのですが、みんなハヤテ関連の人ばっかりだ(笑)。きっとその方が、色んな意味でやりやすいからでしょう。


画像:コミックとらのあな|店内ギャラリー|『それが声優!EX02』「あさのますみ」先生&「畑健二郎」先生サイン入りポスター店内で展示中!
[PR]
by asabatyou | 2013-08-25 21:47 | 同人誌 | Comments(0)

今日の夜、いわた夏まつり花火大会2013をやりました。
場所の関係もあって、袋井の花火よりもはっきりと見えました。
今回は映像のみで、写真は1枚も撮りませんでした。前回で懲りましたので(笑)。
[PR]
by asabatyou | 2013-08-24 22:22 | 観光、イベント | Comments(2)





18日の日曜日だったと思いますが、「MEN IN SUITS」の存在を知りました。
どうやらスーツアクターのドキュメンタリーらしいですが、映像でこういう事をやるのは初めてではないでしょうか?今までは破李拳竜さんの「ザ・スーツアクター 特撮ヒーローを演じた男たち」や、きくち英一さんの「ウルトラマンダンディー 帰ってきたウルトラマンを演った男」といった本ぐらいしかなかった気がします。
まぁそれはともかく、着ぐるみモンスターやそれを演じたスーツアクターにスポットを当てたのは、大変嬉しく思っています。
やはり着ぐるみは、映画の時代がまだサイレントの頃から使われている伝統的な特撮技術で、それを使った名作や名キャラクターも沢山いるので、モンスター映画や怪獣映画には絶対に欠かせないものであり、これが作られたのは当然の結果でしょう。
出演者もブライアン・スティールやダグ・ジョーンズやトム・ウッドラフ・Jrといったお馴染みの方々で、さらにあの中島春雄さんも出演するなど、夢の共演が描かれているそうなので(せっかくウルトラマンにも触れているのに、古谷敏さんは出演していないそうです。スケジュールの関係なのか、知名度の関係なのかどうかは不明です)、ファンならきっと楽しめるのではないかと思います。
本当は物凄く観たいのですが日本でも公開する、またはDVDやブルーレイを出すという話が何もないので、観られる日が来るのかどうかが分からないのが、非常に残念です。


詳しくはこちら→Ceron.jp - MEN IN SUITS - Monster Suit Performer Documentary TRAILER by Wyrd Studios - YouTubeMen in Suits - A documentary on the unsung heroes INSIDE your favorite monsters Stan Winston School of Character ArtsMen in Suits (Video 2012) - IMDb
[PR]
by asabatyou | 2013-08-23 19:49 | 声優、スーツアクター | Comments(1)
今日はウル魔の最新エピソードが投稿されていましたので、それを読みました。


ストーリー
ギーシュやミシェルといったお馴染みの仲間達は今、シェフィールド率いるヨルムンガント軍団に捕まってしまった。
そうシェフィールドが付けている片眼鏡には、複数の映像を同時に見る事が出来るだけでなく、一体ごとに通常の視界から、生き物の体温に反応するもの、動く物だけを映し出すもの、魔法力の反応を投影するものと様々に分かれているという優れ物だったので、ギーシュ達の行動は最初から丸見えだったのだ。
ミシェルはシェフィールドに怒りをぶつけるが、ジョゼフを侮辱した為に彼女の逆鱗に触れてしまい、無残に殺されそうになってしまう。
だがそんな時ミシェル達のピンチを救ったのが、メーサー殺獣光線車に乗ってやって来た才人とルイズだった。
シェフィールドは困惑しつつも、ヨルムンガント軍団でメーサー殺獣光線車を始末しようとするが、あっという間に殆どのものが破壊されてしまった。
もう自分が乗っている一体しか残っておらず、とうとう後がなくなってしまったシェフィールドはサラマンドラを呼んだ。
奴の登場に本当ならエースに変身したい所だが、ウルトラリングは光らず、エースの声も聞こえなくなっていた。
こうなったら、もうこのままで戦うしかない。
メーサー殺獣光線車vs怪獣サラマンドラ。
才人vsシェフィールド。
ハルケギニアの明日を賭け、避けられない戦いの火蓋が、今切って落とされた!!


レビュー
今回はシェフィールドの冷酷非道さが全面していました。
まるで楽しんでいるかのようにギーシュ達を甚振り、ミシェルがジョゼフを侮辱した途端にブチ切れて、たっぷりと苦痛を与えてから殺そうとするのですから、完全に悪魔です。
でもそんなクソッタレも、最後はメーサー殺獣光線車無双でフルボッコにされるんですから、これ程スカッとするものはありません。いいぞもっとやれ!!
この戦いではウルトラマンが出てくる可能性が低いですが、それもそれでありかもしれません。人間の底力見せてやろうではありませんか!!↓

「進撃の巨人」の歌詞は、ウルトラマンやウル魔の世界観や雰囲気に合う気がします。
元々原作者が特撮オタクらしいので、当然の結果でしょう。
それはともかくサラマンドラの対処法ですが、弱点が「どうぞ撃ってください」と言わんばかりに丸見えなので、そこさえやってしまえば楽勝でしょう。
ただ相手が、避けたり防御しなければの話ですが…。
メーサー車は4両いるのでまず3両が敵を足留めし、残りの1両が気を取られている隙を見て、一気に弱点目掛けて発射すれば勝てると思います。
a0265223_2231155.jpg
a0265223_2211430.jpg




最後になりますが、このエピソードに合いそうな曲がありましたので、それを紹介します↓

「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」で初めて使われて、その後も「ゴジラvsデストロイア」にも使用された「メーサーマーチ」(L作戦マーチ)です。
「その瞬間、メーサー砲のパラポラが白熱光に包まれ、中央部から収束された稲妻状の光線がいっせいに放たれた。」から、「四両のメーサー車が再びそれぞれ一機ずつのヨルムンガントをくず鉄と土くれに変え、ここに三分と経たずしてシェフィールドのヨルムンガント部隊は壊滅した。」までに使うのが良いと思います。
やはりメーサー車なら、この曲しか考えられないと思いましたので。
メーサー車が森に逃げたヨルムンガントを攻撃する所は、「サンダ対ガイラ」へのオマージュでしょうか?



1枚目:アニメ「ゼロの使い魔〜三美姫の輪舞〜 第1話」 朱家の隠れ家
2枚目:★メーサー殺獣光線車、、色々。★ - 特撮フィギュア 館 - Yahoo!ブログ
本編:あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第三部-12
[PR]
by asabatyou | 2013-08-19 19:29 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(3)
今日は高校の同窓会に行ってきました。
本当は一緒に行きたかった人がいたのですが、その人はもう結婚して子供がいるので参加が出来ない事が明らかになったり(思わず「えっ!?うわぁ…」となってしまった)、さらに参加する許可を得た時に来た封筒に、「なかなか若い人達の出席がないのが現状です」と書いてあったのを見て、やる気が失せてしまい(もう取り消しは不可能になっていたから尚更)、最初は「これで良かったんだろうか?」と思っていました。
実際会場もまったく知らない人ばっかりで、場違いのような感じがしてしまい、途中で帰ってもOKだった事からそうするつもりでした。
しかし今年入ったばかりの若手の先生が、僕と同じかなりの特撮/映画オタクであった事から、その人とすっかり仲良くなりました(笑)。
所謂平成ゴジラシリーズ世代らしく、ビオランテでハマってそれから色々観るようになったそうです。さらに「ゴジラvsメカゴジラ」(1993年版)では、エキストラとして出演していたらしいです(逃げている人々の1人だとか)!!
好きな怪獣はガイガンで、「モスラ対ゴジラ」を観た時幼虫モスラを動かしているローラーが見えている事に気付いちゃったんだとか(笑)。
他にもウィリス・オブライエンやレイ・ハリーハウゼンの事もご存じのようで、ハリーハウゼンの作品では「タイタンの戦い」が好きらしく、好きなキャラは「アルゴ探検隊の大冒険」の骸骨兵士みたいです。
サイレント映画も好きなようで、チャップリンの映画では「キッド」がお気に入りで、それ以外では「ロスト・ワールド」(1925年版)らしいです(初めはピングーのような物を想像していた為、実際観た時「なんじゃこりゃ!?ピングーとは違うぞ!?」と驚いたらしい)。
ピーター・ジャクソンのファンで彼の映画を観たり色々と調べてみた結果、キング・コングの存在を知って観てみたら「これすげぇ!!」と衝撃を受けたそうです。
今はトランポリン部を担当しているそうですが、その教え子がアクション系やスーツアクターを目指しているんだとか…。
いやぁ~人生って何が起こるのか、本当に分からないですね!!
今思えば、参加して良かったと本当に思っています。
自分にとって今回の同窓会は、同窓会というより新たな出会いと発見でした。もはや運命ですね。
a0265223_17472038.jpg

これはチアダンスをやっている人達がいたのですが、最後にみんなで踊りましょうという事になって、その時にもらった物です。
また図書室で働いている人と会ったのですが、その人曰く僕は不思議な子だったみたいです。あぁ、なるほど(笑)。
[PR]
by asabatyou | 2013-08-18 17:47 | 観光、イベント | Comments(0)
今日は前から観たかった「Yellow Star(イエロースター)」をYouTubeで観ましたので、その事について書きます。


ストーリー
悪徳刑事の藤沢哲明は、「イエロースター」という麻薬を使って再婚相手の娘である彩奈の自由を奪い、性欲のはけ口として良いように利用していた。
最初はされるがままだった彩奈だが、とうとう我慢出来なくなり藤沢に復讐しようとする。


レビュー
「クール・ディバイシス」の第7巻として発売されたアダルトアニメ。
「A KITE」や「MEZZO FORTE」でお馴染みの梅津泰臣さんが参加していますが、前者の2本と比べますとあまりストーリー性がなく、イマイチ盛り上がりや迫力に欠けている気がするのですが、これは梅津さんがエロティック・ヴァイオレンス・アクションアニメを作った最初の作品で、手探り状態だったからでしょうか?監督が別人な為、それも理由かもしれませんが…。
ですが刑事や強い美少女が登場する所は後の作品でも見られ、ある意味「A KITE」や「MEZZO FORTE」の原点やプロトタイプとも言えるので、梅津さんのファンなら一見の価値がある作品です。
しかし梅津さんが描くエッチシーンって、必ずと言って良いほど美少女×おっさんなのですが、これって梅津さんの趣味なんでしょうか(笑)?
おまけに出演している声優も藤沢はどう聴いても大友龍三郎さんで、彩奈も名前は分かりませんがどこかで聞いた事がある声でしたし(笑)。
まぁこれについては、声優が偽名やノンクレジットでアダルトコンテンツの作品に出演するのは当たり前なので、今更驚く事ではないんですけどね(笑)。
a0265223_1938558.jpg
a0265223_19385120.jpg

スタッフ
監督:松田寛
原作、キャラクターデザイン、絵コンテ、脚本:梅津泰臣


本編はこちら(エロシーンをカットした短縮版なので、ご安心を)↓



画像:黄色星星,Yellow Star,イエロースター,Yasuomi Umetsu,梅津泰臣,Anime,动画,截图 #10244
参考:梅津泰臣 YELLOW STAR - DVD・VHS・コミック通販のばいうるおすすめアニメ: OVA梅津泰臣 - Wikipedia



それとこれを書いている時に知ったのですが、どうやら梅津さんの最新作が来年放送されるそうです。
相変わらず可愛い女の子が制服で銃をぶっ放す作品だそうですが、ファンタジー要素があるみたいです。
う~ん合ってるような合ってないような(笑)。
個人的には今までの作品や「爆裂天使」みたいに、SF要素があるガン・アクションの方が良いかな。
それに梅津さんの一般向けの作品は、表現規制もあって18禁作品と比べてしまうと、どうしても面白味がありませんからね…。「KITE LIBERATOR」(続編は、いつ作られるんだろうか?)や「MEZZO -メゾ-」だってそうでしたし…。
これがPVです↓

詳しくはこちら→【アニメ】梅津泰臣原案「ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル」 2014年放送開始
[PR]
by asabatyou | 2013-08-14 18:28 | アニメ | Comments(1)





今年の袋井の花火を、ニコニコ動画に投稿しました。
2本目と3本目は家の近くにあるデパートで撮りましたが、1本目は少し離れた所で撮影しました。
3本目は僕と弟の声が冒頭で少し入ってしまい、「どうしよう」と思ったのですが、いざ見てみたらそんなに気になるレベルではありませんでしたので、安心しました。
[PR]
by asabatyou | 2013-08-13 12:24 | 観光、イベント | Comments(3)





以前作ったキャラ達ですが、どうも本物と違う所があって不満でしたので、僕と弟で色々と編集しました。
個人的にブルース・リーの方は本物に似てきましたので、結構気に入っています。
しかし前から思っていたのですが、阿部さんとドナルドの戦いはMUGENを思わせます(笑)↓





やっぱり阿部さんとドナルドは、やり合う運命なのかも(笑)。
[PR]
by asabatyou | 2013-08-12 10:51 | ゲーム | Comments(0)
a0265223_10112576.jpg
a0265223_10114321.jpg

昨日は袋井の花火を見に行ってきました。
ここんとこ家の目の前にある公園で見る事が多かったので、家から離れて見たのは久しぶりです。
ただ場所の関係もありまして、見える時と見えない時がありましたが(笑)。
今回はちゃんと写真や映像で撮りたいと最初から思っていましたので、カメラを用意したのですが、映像で撮るなら問題はなくても、写真の場合どうしてもタイミングがずれてしまい、まともに撮れていたのはこの2枚だけでした。花火は難しい…。
映像の方は、近い内にYouTubeかニコニコ動画に投稿するつもりでいます。
[PR]
by asabatyou | 2013-08-11 10:11 | 観光、イベント | Comments(0)
今日は今更ですが、今年の6月2日に買ったケータイの画像を、テストとして貼りたいと思います。
a0265223_12213228.jpg
a0265223_1222677.jpg
a0265223_12224721.jpg
a0265223_12232747.jpg
a0265223_12241685.jpg
a0265223_1225938.jpg
a0265223_12255260.jpg
a0265223_12263859.jpg
a0265223_12273379.jpg

画像は全て7月27日と28日に、静岡県の下田市へ行った時の物です。
本当はもっと早くやってしまいたかったのですが、画像が全然送れなくて困っていたら、単に自分のメールアドレスのURLが間違っているだけだった事に、今月の8日の木曜日ぐらいに気付いたからです(笑)。だらしねぇし…。
あえて風景メインにしたのは、風景を見たり撮ったりするのが好きだからです(多分「スーパードンキーコング」シリーズの影響)。
今後も色々撮って、こんな形で紹介したいと思っています。
[PR]
by asabatyou | 2013-08-10 12:17 | 観光、イベント | Comments(13)