ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

<   2013年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

6月の終わり頃から9月まで眠れない日が何回かありましたが、それも問題がないことが分かり、足の痛みも全然ないので全てが終わったかのように思えました。
しかし今月の27日の夜に、またしても異変が起きました。
言葉では上手く言えないのですが、何だか変に乾燥してるというかちょっとガラガラしてるといいますか、とにかく違和感を感じるのです。
今まで同じようなことがあっても、異変に気付いた時点でお茶で何度もうがいして治したことが何回かありましたので、それで何とかなるだろうと思っていたのですが、次の日になっても変わっていなかったので「これはまずいな」と思いました。
今日は眠りの関係でお休みであり時間も余裕がある為、ちょっと診てもらおうと思い、また別の医者へ行きました。
それによりますと、ちょっと風邪気味だそうです。てっきり27日にカラオケで少し無理をしてしまったのが原因では?と思ってしまったのですが、そうではないみたいなので安心しました。
今はまだ酷い状態ではないので、今から4日分の薬を飲んでおけば問題ないらしいです(食事の後に1回飲んで、3日で治ったらもう飲む必要はないらしい)。それで治ることを祈っています。
しかし風邪とは、本当に久しぶりです。2007年ぐらいの時以来そうなったことが全然ないので、風邪?なにそれ?おいしいの?状態だったのですが、油断出来ませんね。
やはり異変に気付いたら、すぐ医者に行くべきだなと改めて思いました。そうすれば手遅れになる前に食い止められるでしょうから。
[PR]
by asabatyou | 2013-10-31 18:31 | 日記 | Comments(3)
昨日は前から観たかった「爆裂天使-INFINITY-」をYouTubeで観ましたので、その事について書きます。


ストーリー
20XX年のニューヨークで、1体のロボットによる連続殺人事件が起こった。
かつてメグと一緒に暮らしていたまだ幼い少女シャーリーは、そのロボットの殺人現場を偶然見てしまった為襲われてしまい、重傷を負ってしまう。
怒りに燃えるジョウとメグはシャーリーの敵討ちをする為に、そのロボットの後を追う。


レビュー
「爆裂天使」の続編であるOVA。
OPだけ観てますと、ジョウの跡を継いで成長したメグが主役のように見えますが、実際はテレビ版より前の出来事を描いています。
このような過去編はテレビ版でも少し描かれていましたが、今回はどうしてジョウが今の髪型になったのか?どうしてニューヨークを離れて東京へ行くことになったのかなど、より細かい部分までやっているのが特徴です。
テレビ版でちょっとやったせいか妙にあっさりとしていた気がするのですが、これなら過去編は全部OVAでやった方が良かった気がします。その方がじっくりと出来たでしょうし、もっと面白く作れたと思います。
悪くはないんですけど物足りない、そんな感じです。
また昨日知ったのですが、本作はマカロニウェスタンの要素を取り入れているんだそうです。
僕はマカロニウェスタンといいましたら、「荒野の用心棒」しか観たことがないので詳しい事は分かりませんが、アメリカ製西部劇と違って正義感のない主人公、残虐性、乾いた作風、激しいガン・ファイトなどを売り物にしていたそうです。
確かにジョウの正義の味方然としていないキャラクターや、「A KITE」や「MEZZO FORTE」程ではありませんが、残酷表現や激しい戦闘シーンがあるところは、なるほどと思います。それに「荒野の用心棒」のクリント・イーストウッドの役名がジョーであることを考えますと、意識してるのかと思ってしまいます。
a0265223_14171577.jpg
a0265223_1420342.jpg

スタッフ
監督:大畑晃一
脚本:経塚丸雄
作画監督:深澤謙二
キャラクターデザイン原案:白亜右月
アニメーションキャラクターデザイン:堀内修
美術監督:小倉宏昌
音楽:西田マサラ
音響監督:鶴岡陽太
アニメーション制作:GONZO
製作:爆天計画


キャスト
ジョウ:渡辺明乃
メグ:豊口めぐみ
サム:小室正幸
シャーリー:吉住梢


本編はこちら↓





個人的に「爆裂天使」は、「デビルメイクライ」とコラボしてほしいです。
もしやったら絶対に似合います!!ジョウがダンテやバージルみたいなポーズをしたら(大体こんな感じです)、文句なしの出来栄えですよきっと!!


1枚目:【楽天レンタル】爆裂天使~インフィニティ~-DVD(参考にも使った)
2枚目:4人の少女が活躍するガン&ロボットアクション『爆裂天使』が、DVD-BOXで復活 - ファミ通.com(参考にも使った)
参考:爆裂天使-INFINITY-マカロニ・ウェスタン - Wikipediaオリジナルビデオ アニメ 爆裂天使 ~インフィニティ~ - allcinema
[PR]
by asabatyou | 2013-10-31 13:41 | アニメ | Comments(0)
昨日はこれで観た「すて猫トラちゃん」の事について書きます。


ストーリー
とある猫の家族が、捨てられている子猫を発見した。
放っておけない母猫はその子猫を拾い、我が子のように大切に育てるが、相手にされない事に嫉妬した一番末っ子の子猫が家出してしまう。
これに気付いた拾われた子猫は責任を感じ、行方不明になった子猫を捜しに出かけたのだった。


レビュー
これはまた古いアニメを観てみたいと前から思っていたので(新しいものばかりじゃ、味気ないし)、何かないかな?と探していた時に、偶然見つけたものです。
絵がどこか「桃太郎 海の神兵」似てるなと思っていたら、実際それに参加していた政岡憲三さんという方が作ったということもあって、これは面白そうだし期待出来ると思って、迷わず観ることにしました。
実際観てみたら、やはり絵と動きが綺麗で流石だと言わざるを得ません。
一応音声はありますが、歌のシーンがメインになっている為、セリフはほんの一部しかありません。
おそらく「くもとちゅうりっぷ」や「桃太郎 海の神兵」との差別化だと思うのですが、出来ればもっとあってほしかったです。
それと本作の生みの親である正岡さんについてですが、「日本のアニメーションの父」と呼ばれている人で、日本初のトーキーアニメを作ったり、ゴジラやウルトラマンで有名な円谷英二さんと組んで、日本初の人形アニメを使用した「かぐや姫」を作るなどの偉業を成し遂げ、さらに映画業界で働いていた時でも助監督、美術スタッフ、カメラマン、さらには「瀬川瑠璃之助」の芸名で俳優までこなすという多才ぶりを見せたそうです。
実際それを活かしたせいか「べんけい対ウシワカ」という作品を作った時では、弁慶の声優として出演までやっているらしいです(主役の牛若丸を演じたのは、彼の奥さんだという)。凄い人だ…!!
a0265223_21222848.png
a0265223_2122083.png

スタッフ
演出:政岡憲三
製作:井関輝雄
脚本:佐々木富美男
撮影:西倉喜代治
作詞:佐伯孝夫
作曲:服部正
音響効果:園田芳竜
演奏:東宝交響楽団
指揮:服部正


本編はこちら↓





この家族に父親がいないのは、戦争が影響しているのではないかと言われているそうですが、そう思うと何だか悲しくなってしまいます。この家族が非常に明るい事と、母猫が母性愛溢れるキャラクターなので余計に…。
この母猫に惹かれた子供が多かったらしいですが、非常に納得出来ます。
あの優しい性格は観ていて、懐かしささえ感じます。


画像:Nishikata Film Review Tora-chan, The Abandoned Kitten (すて猫トラちゃん, 1947)
参考:映画 アニメ すて猫トラちゃん - allcinemaすて猫トラちゃんすて猫トラちゃん(アニメ映画)【あにこれβ】政岡憲三 - Wikipedia政岡憲三とは【ピクシブ百科事典】【つれづれ雑記】
[PR]
by asabatyou | 2013-10-30 19:07 | アニメ | Comments(1)
昨日はYouTubeで前から観たかった「みなみけ べつばら」を観ましたので、その事について書きます。


ストーリー
もうすぐバレンタインデー。勿論南家も例外ではなく、その為のチョコを作ったり、どうやって相手に渡そうなどと計画を立てていた。
夏奈に惚れている藤岡は彼女のチョコが欲しくて近づくが、どうも上手くいきそうにない。
藤岡はすっかり落ち込んで、ぐったりしてしまうが…。


レビュー
「みなみけ」の単行本第6巻に収録されているOVA。
第3作目の「おかえり」の続編な為、絵はそれと殆ど同じですが、若干クオリティが落ちたように見えるのは気のせいでしょうか…。
ですが今回はバレンタインをテーマにしているせいか比較的ストーリー性があり、ちょっぴりニヤニヤ出来るのが特徴です。
特に夏奈が落ち込んでいる藤岡にチョコをあげる時、本人は「これ食べて元気だしなよ」という気持ちでやったのに、その日はちょうどバレンタインな為藤岡はすっかり大喜びするんだけど、夏奈自身はその事を知らず友人(多分)から話を聴いて驚き、赤面するところが可愛かったです!!
なので、僕は結構楽しめました。
また本作はパンチラシーンがあるのですが、はっきり言って小さくちょこっと映るだけなので大したことないです。
a0265223_21332057.jpg
a0265223_2143776.jpg

スタッフ
原作:桜場コハル
監督:及川啓
キャラクターデザイン:田中誠輝
アニメーション制作:アスリード
製作:「みなみけ べつばら」製作委員会


キャスト
南春香:佐藤利奈
南夏奈:井上麻里奈
南千秋:茅原実里
南冬馬:水樹奈々
内田:喜多村英梨
マコト:森永理科
吉野:豊崎愛生
藤岡:柿原徹也
ケイコ:後藤沙緒里
保坂先輩:小野大輔
マキ:高木礼子
アツコ:小野涼子
速水先輩:千葉紗子
南ナツキ:吉野裕行


本編はこちら↓

1枚目:Minami-ke Betsubara (2009-OVA) - AnimeRate
2枚目:Crunchyroll - フォーラム - Minami-ke OAD
参考:みなみけ - Wikipediaみなみけ べつばら スタッフ・キャスト - アニメちゃんねるみなみけ べつばら(OVA)の声優・監督・スタッフ一覧【あにこれβ】みなみけ べつばら #1~4【みなみけ6巻(コミック)初回限定版DVD】 - アニメを見て感想を書くよ! - Yahoo!ブログ
[PR]
by asabatyou | 2013-10-29 19:46 | アニメ | Comments(0)
今日は前から観たかった「復讐のゴリラ男」を、YouTubeで観ましたのでその事について書きます。


ストーリー
主人公は真犯人の陰謀により殺人の罪を擦り付けられ、処刑されてしまう。
1匹のゴリラに脳みそを移植されて復活した主人公は、自分を殺した犯罪者達に復讐しようとする。


レビュー
マッドサイエンティスト、脳移植、ギャング、カルトSF映画という異色の組み合わせで知られているゴリラ映画。
同じような映画に「獣人ゴリラ男」や、サイレント映画の「鳥人獣人」がありますが、「獣人ゴリラ男」はゴリラの脳みそを移植された人間なのに対して、こっちは「鳥人獣人」と同じで人間の脳みそを移植されたゴリラなのが特徴です。どっちにせよ、マッドである事に変わりないですが(笑)。
こんな感じの作品ですが、ストーリーは大変分かりやすく(字幕はないけど、映像を観ていれば大体分かる)、チャールズ・ジェモラ演じる着ぐるみのゴリラも出来が良く、中々楽しめる映画でした。
個人的に主人公のペットであるワンちゃんが良かったです。御主人様がゴリラになってもまったく気にする事なく、彼の身を案じてずっと一緒に行動していたのに好感が持てました。
ちなみに本作はジョン・ランディス監督のお気に入りだそうですが、何だか分かったような気がしました。
ただゴリラの出番が、少し少なめだったのが不満かな…。もっと出番増やしてほしかったです。これではちょっと物足りないです。
後今思ったのですが、今こういう物語を作るとしたら「ロボコップ」みたいになるんですかね?あるいは「こち亀」や「ハヤテのごとく!」みたいに、ギャグ路線になる可能性も高いです。
a0265223_19233033.jpg
a0265223_14571314.jpg

スタッフ
監督:スチュアート・ヘイスラー
製作:ジャック・モス(ノンクレジット)
脚本:スチュアート・アンソニー
撮影:ヴィクター・ミルナー
音楽:ジグムンド・クラムゴールド


キャスト
エレン・ドリュー
ロバート・ペイジ
ポール・ルーカス
ジョセフ・カレイア
ジョージ・ザッコ
ロッド・キャメロン
チャールズ・ジェモラ(ノンクレジット)


本編はこちら↓




1枚目:The Monster and the Girl - Wikipedia, the free encyclopedia.html
2枚目:El Desván del Abuelito 2012-01
参考:映画 復讐のゴリラ男 - allcinema映画 復讐のゴリラ男 - The Monster and the Girl MOVIE-FANThe Monster and the Girl (1941) - IMDb世界怪獣映画入門!モンスター大図鑑
[PR]
by asabatyou | 2013-10-26 14:08 | 特撮、モンスター | Comments(1)
ウルトラマンの声と聞いたら勿論「シュワッチ!!」であり、もはや知らぬ人がいない程有名です。
しかしウルトラマンを演じた役者といいましたら、人間体を演じた黒部進さんやスーツアクターの古谷敏さんばかりスポットが当てられ、声を担当した人については触れられる事がまったくと言って良い程ありません。
この理由はもしかして、その声の主である中曽根雅夫さんが全然知られていないからでしょうか?
ウルトラマンを作る上でとても重要な役を担った人なのに、これはいくら何でもあんまりでは?
彼の声はその後帰ってきたウルトラマンやエース、そして日本語吹き替え版のみではありますが、グレートやパワードにも使われましたし、まさに中曽根さんあってこそのキャラクターだと思っています。
今はネットの普及によって今まで分からなかった事が分かるようになってきましたし、さらに本来裏方であった声優も人気職業へと成長した事ですし、もうそろそろ中曽根さんにスポットを当てても良い頃だと思います。
中曽根さんは最後の最後まで俳優として成功する事なく、色んな仕事を転々とし1993年に孤独死してしまうなど、その生涯は決して恵まれているとは言えませんでした。
ですが中曽根さんは、もう報われても良いはずです。
何故なら、彼こそが永遠のウルトラマンだから。







ところで前からずっと気になっていたのですが、ケムール人やバルタン星人やダダの声って誰なんですかね?バルタンとダダはセリフのみ誰がやっているのか分かっているのですが、「フォッフォッフォッフォッフォ」や「ダ~ダ~」といったSEの部分は、何処にも書いてありませんので未だに分かりません。ダダについては、もしかしたらSEもセリフと同じ人がやっているかもしれません。
後ガッツ星人も思いっきり喋っているにも関わらず、声優が全然分からないのも気になります(実際ここでも言われてますし)。
せっかくヤプールの声が誰なのか明らかになったのですから(高田裕史さんという方が演じたらしい)、ガッツ星人の方も明らかになってほしいです。







参考:中曽根雅夫とは - ニコニコ大百科ヤプール人 - Wikipedia巨大ヤプールとは【ピクシブ百科事典】ヤプール人 - 怪獣wiki特撮大百科事典 - Seesaa Wiki(ウィキ)
[PR]
by asabatyou | 2013-10-25 19:30 | 声優、スーツアクター | Comments(4)
昨日は前から観たかった「THE CHIMP」をYouTubeで観ましたので、その事について書きます。
チャールズ・ジェモラ演じるゴリラ(劇中ではチンパンジーと言っているが、無理あり過ぎ)目当てです(笑)。


ストーリー
勤め先のサーカス団が閉鎖してしまい、仕事を失ったスタン・ローレルとオリヴァー・ハーディは、最後の給料代わりにノミのサーカス団とエセルというゴリラを譲り受ける。
何とか宿を見つけそこに泊まろうとするが、そこの主人は妻のエセルが中々帰ってこないからピリピリとしており、そんな状態でゴリラも一緒に泊めたいと言われた為にすっかり激怒してしまい、どうも上手くいきそうにない。
そこで2人はバレないように、こっそりとエセルを飼いながら宿で生活しようとするが…。


レビュー
ローレル&ハーディという往年の人気お笑いコンビ主演の、短編コメディ映画。
まぁそんなに笑える作品ではありませんが、主人公2人とゴリラの凸凹トリオっぷりは観ていて楽しめました。
しかしちょっと物足りないような…。
約30分の映画ですが、そこが駄目というわけではありません。テレビアニメや特撮を観ていれば分かりますが、その30分という時間の中でまったく無駄なくテンポ良く進んでいき、視聴者を飽きさせない作りになっていますから。
僕が思うにこの映画は最初のサーカスの部分は全部なしにして、サーカス団が閉鎖してしまったところから始めて、宿での悪戦苦闘のみ描いた方が良かったと思います。元々それをメインに描きたい作品のような気がしますし、その方が色々やれてじっくり出来たでしょうから。僕がもしこの映画を作る立場でしたら、絶対そうします。
はっきり言って残念な作品です。やろうとしている事は全然悪くないんですけどね。
a0265223_1940182.jpg
a0265223_19531695.jpg

スタッフ
監督:ジェームズ・パロット
プロデューサー:ハル・ローチ(ノンクレジット)


キャスト
ミスター・ローレル:スタン・ローレル
ミスター・ハーディ:オリヴァー・ハーディ
エセル:チャールズ・ジェモラ(ノンクレジット)


本編はこちらです。YouTubeで観られる洋画にしては珍しく、日本語字幕付きです↓

1枚目:Laurel & Hardy - The Chimp (1932) DVDRip x264 Skot
2枚目:The Sign of the Cross gorilla by Gemora in Golden Age Horror Forum
参考:The Chimp (1932) - IMDbApe Movie 1900-1939モンスター大図鑑ローレル&ハーディ - Wikipedia
[PR]
by asabatyou | 2013-10-23 18:26 | 映画 | Comments(1)
最近これを観ていたら、こんな画像が出てきました↓
a0265223_1945284.jpg

あまりにも可愛かったので、一目で気に入りました!!
元々香苗ちゃんは梅原の事が好きなのでは?とよく言われますので、それを意識したイラストだと思うのですが、初々しさや純情さがあるのが凄く良いです!!
他に気に入った画像はこれです(2枚目の画像は、この身長差が良い!!)↓
a0265223_19534357.jpg
a0265223_1954668.jpg

もしまたアニメ化したら、サブキャラを主役にしたスピンオフにしてほしいです。
メインキャラを主役にした作品はもう散々やりましたし、物語も完結しちゃっていますから作りようがないですし、それに「アマガミ」のサブキャラはみんな人気がありますので、彼女達にスポットを当てるのは絶対ありです。
もしそうなった場合、梅原と香苗ちゃんを主役にした作品は、何が何でもやってほしいです!!
ちなみにこの噂が出るようになったのは、これがきっかけだそうです↓

実際観てみたのですが、確かに香苗ちゃんは梅原の事が気になっているように見えます。アニメ版ではそういう描写が、まったくなかったのでちょっぴり不満です(笑)。


画像:梅原「伊藤香苗ルート」 アマガミ SS(書いてある事も凄く良いので、もし良ければどうぞ。似たようなものにこれがあります→えすえす 伊藤「私は梅原君のことが…!」
参考:伊藤香苗とは - ニコニコ大百科
[PR]
by asabatyou | 2013-10-22 19:44 | ゲーム | Comments(1)
昨日は借りたDVDの1枚「映画けいおん!」を観ましたので、その事について書きます。
これ観てたら、妙に観たくなりました(笑)。


ストーリー
平沢唯、秋山澪、田井中律、琴吹紬の4人は、高校3年生という事もあって卒業する日が近づいていた。
せっかくの思い出に卒業旅行したいという理由で、イギリスの首都ロンドンに行く事になったが、その一方で後輩の中野梓に対して、自分達は一体何が出来るだろうか?と思うようになる。
唯達は旅行を楽しみつつも、梓へのプレゼントを考える事にしたが…。


レビュー
大ヒットした「けいおん!」を、劇場アニメ化したもの。
いつものゆるゆるでほのぼのとした雰囲気を残しつつも、初めて日本国外を舞台にしており、それを最大の売りにしているそうですが、実際は唯達が「自分達はあずにゃんにとって、頼りがいのある先輩だったのだろうか?ひょっとして、先輩の威厳がないまま卒業してしまうのでは?」と考え、それを何とかする為に行動する事がメインに描かれていて、ロンドンを舞台にした意味があまり感じられませんでした。
てっきり「あずにゃんの為に、ロンドンに連れてってやるか!!」みたいになるのかと思ったら、自分達が卒業旅行したいだけであって、別にあずにゃんの為じゃないみたいですし、う~ん…。
しかも途中から帰国したから、ロンドンが全然出てこないので、余計そう思ってしまいました。結局単なる話題作りに過ぎなかったのでしょうか?これなら最初から海外旅行するところは全部なしにして、あずにゃんの為に頑張る唯達のみ描いた方が良かった気がします。これでは何だか中途半端です。
話は変わりますけど、唯達がロンドン旅行を楽しんでいるところで知り合いから、日本を題材にしたイベントに出演してほしいと頼まれた時、ピンク色の怪獣のロボット(?)が出てきたのですが、鳴き声が84ゴジラだったので驚きました(笑)。
そういえばイギリスも特撮やモンスター映画とは縁のある国の1つで、「怪獣ゴルゴ」や「サンダーバード」や「ドクター・フー」など人気のある作品がいくつかありますし、ハマー・フィルムみたいにそういうジャンルで人気があった会社がありましたから狙っているんでしょうか(笑)?まぁ単なる偶然かもしれませんが(笑)。
a0265223_2384958.jpg
a0265223_23212915.jpg

スタッフ
原作:かきふらい(芳文社 「まんがタイムきらら」連載)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:堀口悠紀子
アニメーション制作:京都アニメーション
配給:松竹


キャスト
平沢唯:豊崎愛生
秋山澪:日笠陽子
田井中律:佐藤聡美
琴吹紬:寿美菜子
中野梓:竹達彩奈
山中さわ子:真田アサミ
平沢憂:米澤円
真鍋和:藤東知夏
鈴木純:永田依子


予告編です↓

1枚目:株式会社ビバリー - 映画「けいおん!」 放課後ティータイム in ロンドン!
2枚目:株式会社ビバリー - 映画「けいおん!」 だいじな仲間
参考:映画けいおん!公式ホームページ|TBSテレビけいおん! - Wikipedia
[PR]
by asabatyou | 2013-10-18 20:01 | アニメ | Comments(0)
今日は医者に行ってきました。
実は僕今年の6月の終わり頃から、土曜日と日曜日になりますと眠れない状態が続いていたのです。
過去にも眠れない日はありましたがほんの1・2回であって、アニオタWikiにも以前は休日は疲れていないから、中々眠れないみたいな事が書いてあるのを見ましたので、そんなに気にしてはいませんでした。
しかしいつまで経ってもこの状態が続いたり、普通の日でも眠れない時があって、流石にこれは変だと思うようになりましたので、医者に行く事にしました。
眠る為に必要な機械と、状態を調べる為の日誌をもらいましたので(機械の方はレンタルであり、19日には返さなくてはならなくなっている)、しばらくそれで様子を見るつもりでいます。
次は31日に行く予定になっているのですが、何も異常がない事を祈っています。
今現在は10月に入ってから眠れない日はないのですが、出来ればずっとそのままの方がありがたいです。
[PR]
by asabatyou | 2013-10-17 16:24 | 日記 | Comments(5)