ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

<   2014年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

a0265223_1982073.jpg
a0265223_1984392.jpg

またニコニコに、絵を投稿してみました。
クラゲ男(ゲクラードという名前にするつもり)はこの2枚のいいとこ取りですが、ジェニーはこれを基にして描きました。
クラゲ男はまだしも、ジェニーは顔が少し大きめになってしまい、一番右側の部分が本物と違ってしまいましたので、あまり満足していません。過去に描いた絵の方が、気に入っています。
もう「アクション仮面オリジナル怪人コンテスト」も終わりましたので、また人間キャラを描く日々が続くと思います。


詳しい事はこちら→「アクション仮面オリジナル怪人コンテスト」に出すつもりだった、クラゲ男 その3 - asabatyou さんのイラスト - ニコニコ静画 (イラスト)「コマンドー」のジェニーを描いてみた - asabatyou さんのイラスト - ニコニコ静画 (イラスト)
[PR]
by asabatyou | 2014-02-26 19:09 | マイイラスト、オリジナルキャラ | Comments(5)
昨日は前から観たかった「フクちゃんの潜水艦」をニコニコ動画で観ましたので、その事について書きます。


a0265223_17201942.jpg
a0265223_17203312.jpg

スタッフ
監督:関屋五十二
脚本、原案:横山隆一、滋野辰彦
撮影:持永只仁


キャスト
古川ロッパ(古川緑波)


ストーリー
敵軍の輸送船団が海洋を通過しようとしている。フクちゃん、大学生のアラクマさん、遊び友達のキヨちゃんたちは潜水艦に乗船。みんなで力を合わせて、輸送船団を見事に撃沈するのだった。


レビュー
国民的漫画だった「フクちゃん」という作品をアニメ化したもので、そのシリーズの第3作目。
時代が時代という事もあって戦意高揚アニメとなっていますが、絵や動きは大変綺麗で滑らかで、ほぼ同じ時期に作られた「桃太郎 海の神兵」や、「すて猫トラちゃん」などと肩を並べる程です。
しかし最初こそテンポ良かったのですが、後半は少しダラダラしていたのが残念です。
ちなみに古川緑波(古川ロッパ)さんという人が歌っている挿入歌の「潜水艦の臺所(台所)」は大ヒットしたらしく、「サブマリン707」という人気漫画にも少年水兵が口ずさむ歌として登場したそうです。
他にも古川さんは、アラクマさんの声優もやっているらしいです。


本編です↓





画像:『フクチャンの潜水艦』(1944)懐かしのフクちゃんがアラクマさんと一緒に米軍と交戦!_ 良い映画を褒める会。_ウェブリブログ.html

参考↓
映画 アニメ フクちゃんの潜水艦 - allcinema
映画 フクちゃんの潜水艦 MOVIE-FAN
Fuku-chan no sensuikan (1944) - IMDb
フクちゃんの潜水艦
[PR]
by asabatyou | 2014-02-25 18:07 | アニメ | Comments(2)
2月の22日と23日は、弟の卒業制作品を展示するイベントが行われましたので、大阪に行っていました。
あまり詳しい事は言えませんが、本当にプロが作ったかのような出来栄えでした。「で、これいつアニメ化されるの?ゲーム化されるの?」と言いたくなりました。
何だかラピュタを思わせるファンタジー・アドベンチャー物で、尚且つスケールのデカさが感じられました。
それが終わった後は、「LIMBO」というゲームをやっていました。これをやるのは去年の11月以来です。あの時も、弟のアパートでやりました。
今時珍しい横スクロール型のアクションゲームで操作も簡単なのですが、嫌味なまでに罠が沢山仕掛けられているので、やっていると必ず1回以上は死ぬゲームです。
「どうすれば先を進む事が出来るだろうか?」と頭を使うのは良いのですが、その事で色々考えたり悩んだりしますので、結構神経を使って疲れてしまい、長時間をやるのは正直キツイです。
[PR]
by asabatyou | 2014-02-24 20:05 | 観光、イベント | Comments(3)
今日は前から観たかった「ジュラシック・アイランド」をYouTubeで観ましたので、その事について書きます。


ストーリー
第二次世界大戦中に恐竜の生息している島を偶然発見したテッドは、その事実を公表して名声を得たいと願っていた。終戦後、彼は婚約者のキャロルを伴い、シンガポールでタナウスキー船長の船をチャーター。恐竜の島への上陸経験があるフェアバンクスも同船させ、探検航海へと乗り出すが・・・。


レビュー
「黒い蠍」や「大アマゾンの半魚人」などで有名な、リチャード・デニングが出演した恐竜映画。もはや常連さんと言えますね。
さて本作は世界初のカラーの恐竜映画で、画期的な映画だと言いたいところですが、正直それしか自慢出来るところがありません(笑)。
サブの恐竜はミニチュアの人形を使っているのですが、そんなにアラは目立ちません。
しかし着ぐるみメインの恐竜達は、スタイルやバランスが悪いだけでなく、動きもノソノソしているなどで非常に出来が悪く、個人的には着ぐるみ怪獣や恐竜の中で、最も格好悪い部類に入るんじゃないかなと思っています。
ラストではこれとゴリラにしか見えないメガテリウムとの対決シーンがあるのですが、お互い体を密着させてギャーギャー騒いでいるようにしか見えず、カメラアングルも上半身をメインに映すというワンパターンなもので、期待して観てしまうとガッカリしちゃうでしょう。
他にもメガテリウムとディメトロドンがバッタリ会うシーンがあるのですが、戦うわけでもなければ威嚇する事もなく、何処かへ姿を消してしまうだけでどうも物足りないです。どうして戦わせなかった・・・。
う~ん、これならモノクロの方が良かったんじゃないのか(笑)?
またレイ・コリガン(レイ・“クラッシュ”・コリガン)が恐竜や怪獣の中のどれかを演じているそうですが、彼が今まで演じたキャラクターを考えますと、多分メガテリウムじゃないかと思ってます。ジョン・ランディスの本このページにも同じような事が書いてありますし。
a0265223_19233663.jpg
a0265223_19293292.png

スタッフ
監督:ジャック・バーンハード
製作:アルバート・J・コーエン
原案、脚本:ロバート・T・シャノン
撮影:フレッド・ジャックマン・Jr
特殊効果:エリス・バーマン


キャスト
キャロル:ヴァージニア・グレイ
テッド:フィリップ・リード
フェアバンクス:リチャード・デニング
タナウスキー船長:バートン・マクレーン
サンダーソン:リチャード・ウェッセル
エドワーズ:ダニエル・ホワイト
ゴラブ:フィル・ネイチアー
怪獣:レイ・コリガン(ノンクレジット)


上が予告編で、下が本編です。
しかし画面が変にゆらゆらと揺れる時があるので、少し目が疲れます↓



長い間完全な未公開作品だった為、邦題も原題を日本語に訳した「知られざる島」が当たり前だったので、DVD化された時の「ジュラシック・アイランド」というタイトルに、物凄く違和感がありました(笑)。


1枚目:Unknown Island - 1948 - 72 Minutes
2枚目:Unknown Island 1948 - Issue #1 Posters Details Four Color Comics
参考:ジュラシックアイランドSF MOVIE DataBank:知られざる島Unknown Island (1948) - IMDb
[PR]
by asabatyou | 2014-02-23 19:47 | 特撮、モンスター | Comments(2)
今日はウル魔の最新エピソードを読みましたので、その事について書きます。


ストーリー
逃げ遅れた親子を救う為に向かった才人とルイズ。
だがそんな時、とっくに失われていたはずの変身能力が戻り、2人は再びウルトラマンエースになる事が出来た。
エースは問題の巨大クラゲに立ち向かうが、やはり奴にダメージを与える事は出来なかった。
しかしそんな彼を見つめている怪しい者がいた・・・。


レビュー
久々のウルトラ5番目の使い魔です。
今回で巨大クラゲを倒す巨大な天使か女神が登場するのですが、作中のセリフを読んだ限りでは、どうやら味方ではないようです。
何だか「ソウルキャリバー5」のエリュシオンか、「ウルトラQ」のルパーツ星人みたいですな。こういう奴らが、正直一番厄介な気がする。
カルト教団みたいな連中も出てきたのですが、もしかしてまだハルケギニアに残っているキリエル人なのでしょうか?宗教臭い事を言って、人々を自分達の信者にしようとしている所がそっくりです。しかもせっかく和解した人間とエルフの仲を引き裂こうとしているみたいですし、これは下手すりゃヤプール以上に恐ろしい敵かもしれません。
今はまだ分かりませんが、やがて分かるようになるでしょう。
a0265223_1943042.jpg
a0265223_19584093.jpg

1枚目:ゼロの使い魔F 01話 1クールらしいけど、果たしてどこまで消化するのか。 ブログ名なんて無かった
2枚目:ウルトラマンエース DVD第1巻 - よし、虚無ろう
本編:あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第三部-17
[PR]
by asabatyou | 2014-02-20 18:05 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(3)
今日は2月16日にやった、映画のワークショップの最終日の事について書きます。
内容はドリフのコントにある、警官がサイフを拾おうかそのままにしておくかで迷うものを基にしたコメディ物で、以前作った「ウルトラファイト」風の作品みたいに、短く済むようにしました。
ですが自分で書いた脚本について「もっと、あーした方が良いよ、こうした方が良いよ」とアドバイスをもらったのは良かったのですが、それを基にしてどう作ったら良いのかが分からず、グダグダになってしまった事、ミニSDカードがなかった為何も映像や写真を撮る事が出来ず、他のメンバーを待たせてしまい、仕方なく他の人の物を借りてやらざるを得ない状況になってしまった為、全然満足にやる事が出来ませんでした。
カードがなかった事についてですが、初日の時点でない事は分かっていました。ですがてっきり今まで撮った物が見られないだけで、普通に撮る事が出来ると思っていました。甘かったですね・・・本当・・・。
後は時間に全然余裕がなかったので、バタバタしちゃいましたし・・・。
周りは「結構面白かったよ」とか「出ている人が即興という事もあるせいか、前よりイキイキしている」などと評価を得たのですが、自分はやっていて観ていて辛かっただけです。相変わらずほぼ一発撮りですし・・・。
[PR]
by asabatyou | 2014-02-19 18:10 | ワークショップ | Comments(12)
a0265223_2014999.jpg

今日は2月15日にあった事を、色々と語ろうかと思います。
その日はちょうど「楽×学(ラクガク)inはままつ~気楽に学ぼう~」というイベントがありまして、その中の「セリフを作ってみよう」というワークショップに参加しましたので、いつもお世話になっている映画ワークショップはお休みにしました。
やった事は「桃太郎」をベースにして、自分なりにセリフを考えて書いてみようというもので、中々面白くやりがいがありました。
本当は最初から最後まで、セリフを全部書くというところまでやりたかったそうですが、時間の関係でそこまで出来なかったのが非常に残念です。
次やる時は、是非そこまでやってみたいです。
実は「桃太郎」のような昔話は著作権がなく、おまけにストーリーもシンプルで細かい設定もない事からいじりがいがあり、自分でストーリーやシナリオを作ってみたいという人にはオススメらしいです。
その後は映像関連の講座をやったのですが、講座という事もあって基本はこっちが話を聞いているだけで終わってしまい、どうも性に合わなかったです。
僕は講座より、ワークショップの方が好きです。
それが終わった後は、お馴染みの映画ワークショップの仲間達と一緒に、飲み会をやりました。
その時僕と同じ、サイレント映画や古き良き時代のSF映画などが好きな人と出会って、楽しい日々を過ごしました。いや~本当人生って、何が起こるか分からないですね。


画像:唐津匠が講師を勤めます! 絡繰機械's[カラクリマシーンズ]Official site
[PR]
by asabatyou | 2014-02-17 18:22 | 観光、イベント | Comments(8)
a0265223_18293942.jpg

2月11日の話ですが、いつもお世話になっているヒーローズアカデミーのパーティに参加しました。
一応内容は参加者のみのお楽しみと書いてあったのですが、実際は何も決まっていない状態だったらしく、「もし良ければ、歌ってほしい」と頼まれて、それで自分の趣味全開ではありますが(笑)、アイアンキングや仮面ライダー、北斗の拳、ルパン三世の曲を歌いました。
他にもピエロの格好をした人が、風船を使って色んな芸をやって、人々を楽しませていました。
ちなみに画像のお菓子は、もらい物です。「結構余っちゃったし、勿体ないからどうぞ」みたいな感じで(笑)。
そういえばパーティが始まる前、けいおん!のEDやグレンラガンの空色デイズが流れていたのが、妙に印象に残りました(笑)。
まだまだ書きたい事が一杯あるのですが、それはまた別の日にします。
[PR]
by asabatyou | 2014-02-16 18:29 | ヒーローズアカデミー | Comments(2)
2月8日ですが、映画のイベントの関係で「東南角部屋二階の女」を観ましたので、その事について書きます。


ストーリー
野上孝の父親が死んだ。父親が残した多額の借金を返済しなければならない彼は、祖父の野上友次郎の土地を売ろうと思いつくが、なかなか祖父を説得することができない。やがて、その土地に建つアパートで、恋人に去られたばかりで会社の後輩だった三崎哲と、見合い相手の豊島涼子との三人での共同生活が始まる。


レビュー
静岡県袋井市出身の、池田千尋監督初の長編映画。
ですがこれといった大きな変化がなく展開がダラダラとしていて、正直そんなに面白いとは思いませんでした。
もっと短くした方が、良かったような気がします。
観ていて、あまり引き込まれる感じがなかったですし…。
a0265223_18514595.jpg
a0265223_18565720.jpg

スタッフ
監督:池田千尋
脚本:大石三知子
製作:石毛栄典、磯見俊裕
音楽:長嶌寛幸
撮影:たむらまさき
編集:大重裕二


キャスト
野上孝:西島秀俊
三崎哲:加瀬亮
豊島涼子:竹花梓


予告編です↓



1枚目:東南角部屋二階の女 ★草楽房くさがくぼう
2枚目:東南角部屋二階の女 - 映画好き! - Yahoo!ブログ
参考:東南角部屋二階の女 - Wikipedia映画 東南角部屋二階の女 - allcinema東南角部屋二階の女 (プレミアム・エディション) [DVD]
[PR]
by asabatyou | 2014-02-12 18:04 | 映画 | Comments(3)
2月8日と9日ですが、映画のワークショップをやりましたので、そちらに参加しました。
場所は同じく袋井にある月見の里学遊館で、所謂このワークショップの続編と言えるものですが、前回参加した人が思ったより少なくてびっくりしました。都合が悪いのか、それとも単純に興味がないのかどうかは分かりません。
8日は「さよなら」をテーマにし、撮りっぱなしの状態で1分間撮るようにという状態でやりました。
自分がやったのは、「西暦20XX年。地球はミュータントの猛威にさらされていた。防衛軍の活躍によりミュータントは撃破されたが、それでも奴らの進撃はとどまる事を知らない。兵士の数が必要になった事から、親に心配されながらも主人公は自ら軍に入る事を決意し、「必ず戻ってくるぞ!!」と言って、その場を去る」という、完全に自分の趣味全開のものでした(笑)。勿論本当にミュータントが登場したわけではなく、名前のみの登場でしたが(笑)。
ちなみに僕はナレーターとして、自分の作品に出演しました。
他の人の作品にも出演したのですが、ストーリーは2011年に起こった地震や津波の影響で、離れ離れにならなくなってしまった男女が、電車の中でシリアスに話し合っていたら、1人の男が「弁当買ったぁ~?東京超楽しみぃ~」と馬鹿丸出しで現れて、主人公2人がドン引きするというもので、僕がそのギャグ担当キャラを演じました(笑)。
こういうキャラを演じた時、「熱きライダーたち」のモジャモジャ頭の男をイメージしてやりました。 
RYOさんの声や演技が好きだからというのもありますが、自分の中では「これしか考えられない」と思っていたからです(笑)。
この後「東南角部屋二階の女」の上映をやったのですが、それはまた別の日に書きます。
今月の15日と16日に、映画作りをやる事になったのですが(9日にその為の話し合いをやった)、今現在それに向けてネタを考えているところです。
といいましても15日は他のワークショップに参加する予定がありますので、次は16日しか出られませんが…。
[PR]
by asabatyou | 2014-02-11 10:58 | ワークショップ | Comments(2)