ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

<   2014年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今日はウル魔の最新エピソードを読みましたので、その事について書きます。
a0265223_1129625.jpg

ストーリー
異世界に飛ばされてしまったタバサを救うために、キュルケ達はラグドリアン湖に向かっていた。
だがそんな時、また新たな敵が現れて・・・。


レビュー
前回の続きです。
今回のエピソードでハルケギニアにはとんでもない過去があって、宇宙人が何か良からぬ事をやっていたそうですが、一体何なのでしょうか?
またキュルケを救ってくれた謎の声も、正体が分からないままです。
これはきっと、後のエピソードで明らかになるでしょう。


シャドウマン(演:東隆明、竹村暢芳、滝川浩)
a0265223_1134481.jpg

墓地で、キュルケに襲い掛かった幽霊。
なので当然どんな攻撃も通用せず彼女を追い詰めるが、キュルケを救った謎の声の助けにより、最後は消滅した。


1枚目:◆キュルケ(ゼロの使い魔)|夢だけど夢じゃなかった☆.html
2枚目:これを盗み出せ! - 勝手にウルトラ検定.html
参考:シャドウマンとは【ピクシブ百科事典】.htmlウルトラセブンの登場怪獣 - Wikipedia.html着ぐるみの出ないセブン3部作 侵略する死者たち - ニコニコ動画 GINZA.html
本編:あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第三部-24.html
[PR]
by asabatyou | 2014-12-31 12:02 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(6)
昨日は家の人が借りてきた「ダークナイト」を見ましたので、その事について書きます。
a0265223_14325975.jpg
a0265223_14354115.jpg

スタッフ
監督:クリストファー・ノーラン
キャラクター創造:ボブ・ケイン
衣装デザイン:リンディ・ヘミング


キャスト
ブルース・ウェイン/バットマン:クリスチャン・ベール
ジョーカー:ヒース・レジャー
アルフレッド・ペニーワース:マイケル・ケイン
ルーシャス・フォックス:モーガン・フリーマン


ストーリー
ゴッサムシティに「ジョーカー」と名乗る冷酷な犯罪者が現れた。
大胆かつ巧妙な手口でバットマン、ゴードンをあざ笑うかのように悪行を繰り返す彼の前に1人の検事が立ち塞がる。彼の名は「ハービー・デント」。ハービーの揺るぎない正義感を知ったバットマンは自らの役目が終わったことを知り、希望をハービーに委ねるのだった。
一方で人々の良心を嘲笑い、これに挑戦するジョーカーの犯行は次第にエスカレートしていき、やがてバットマン、ハービーだけではなく、ゴッサムシティ全体の脅威となりつつあるのだった・・・。


レビュー
「バットマン ビギンズ」の続編で、実写映画版バットマンシリーズ第6作目。
一応ヒーロー物ですが、主役であるバットマンの名前が一切入っていない珍しい作品でもあります(原題も「The Dark Knight」だったりする)。
少し時間が長すぎるかな?という気がしましたが、どっちか片方しか助けられない、しかもそれで生き残った方が「お前達のせいで、〇〇の方が死んだんだ!!」と怒りの憎しみの塊になるなど、シリアスで重々しいストーリーが展開されます。
ヒース・レジャー演じるジョーカーは、今までのジョーカーと比べますと、随分若い感じがしました。
ですがこのヒース版は単なる狂気じみたキャラではなく、もう一線越えちゃっているようなとてつもなくヤバいオーラが出ており、一番怖いジョーカーでした。
この「ダークナイト」はジョーカーの為の映画と言っても過言ではなく、正直バットマンよりも目立っていて食っちゃっています。
またトゥーフェイスが登場していますが、「バットマン・フォーエヴァー」版よりも化け物じみた外見になっています。
ちなみに「フォーエヴァー」版では傷の付いた面が出るまで何度もコイントスを決める描写があり、原作ファンから大バッシングを受けたらしいですが、この「ダークナイト」版では原作に忠実な正当な裁きを下す怪人となっているそうです。


予告編です↓

本作にあるジョーカーの尋問シーンは、どうやら「ジョーカーさんシリーズ」というタイトルで、嘘字幕が付けられてネタにされる事があるようです。
ただし「総統閣下シリーズ」と異なり、いじりがいがないらしいですが(笑)。
これも吹き替え版ではテレビ放送版とソフト版では声優が違うのですが、テレビ放送版でジョーカーを演じた大塚芳忠さんは、本作を見た時からこのジョーカーを演じたかったみたいです。


1枚目:ダークナイト【ジョーカー研究】 映画のあらすじと詳しい解説、批評.html
2枚目:ダークナイト(ブルーレイ) DSこらむ.html
参考:ダークナイト - Wikipedia.htmlダークナイトとは - ニコニコ大百科.html映画 ダークナイト - allcinema.htmlDâku naito (2008) - IMDb.html
[PR]
by asabatyou | 2014-12-30 14:37 | 特撮、モンスター | Comments(1)
「鉄拳」と同じバンダイナムコゲームスの格闘ゲーム「ソウルキャリバー」ですが、2になってからスポーンや三島平八、リンクといった他作品のキャラがゲスト出演するようになり、それがお約束になりつつあります。
私は以前プレデター出してほしいと言いましたが、他にもゲストキャラ出すとしたら、誰が良いでしょうか?
私が思うに「13日の金曜日」のジェイソンや、「エルム街の悪夢」のフレディはどうでしょうか?
私は両作品の事はよく分からないのですが、両方とも武器を持っていますし、海外のキャラですから結構イケると思います。特にフレディは、「モータルコンバット9」にゲスト出演した事がありますからね。
あえて和のテイストを取り入れて、「妖怪大戦争」(1968年版)のダイモンや、「ウルトラマンメビウス」のザムシャーにするのも面白い気もしますが、やはり無理があるかな?
「ワンピース」のゾロや、「NARUTO ナルト」のキャラがゲスト出演するのも面白いかもしれません。


という事で、今までのゲスト出演したキャラ達をどうぞ↓

















もし実写のキャラを出す事になった場合、元から着ぐるみやCGなどのキャラであれば、著作権の事さえ考えれば良いのでそれで問題ない気がします。
インディ・ジョーンズやハリー・ポッターといった演じた役者の顔が思いっきり出ている場合、肖像権の事も考えてないといけませんから、より難しくて面倒な事になるでしょうから。
後話は変わりますが、平八とタキは「NAMCO x CAPCOM」でも共演してますね。
ちなみに「レジェンズ」にはボスキャラとしてファフナー(ファフニールなどとも言う)が登場していますが、ジークフリートとの戦いは明らかに「ニーベルングの指環」を意識してますね。
このゲームのジークフリートは名前が同じだけの別人ですが、ある意味因縁の対決なのが面白いです。
[PR]
by asabatyou | 2014-12-29 17:15 | ゲーム | Comments(1)
今月の26日の話になりますが15日に買ったDVDの1枚、「透明人間」(1933年版)を見ましたので、その事について書きます。
前にも見た事があるのですが、久しぶりに見たくなりました。
a0265223_10214220.jpg
a0265223_10255817.jpg

スタッフ
監督:ジェームズ・ホエール
原作:H・G・ウェルズ
製作:カール・レムリ・ジュニア


キャスト
透明人間/ジャック・グリフィン博士:クロード・レインズ
フローラ・クランリー:グロリア・スチュアート
アーサー・ケンプ博士:ウィリアム・ハリガン


ストーリー
サセックスのアイピングという村の宿屋に、顔を包帯で覆い、目を黒いサングラスで隠した奇妙な男が泊まりにやって来た。
実はこの男ジャック・グリフィン博士は、自ら発明した薬で透明になったのは良いが、元の姿に戻れなくなってしまったので、それを何とかする為の研究に力を入れていた。
だがそんな事を知る由もない周囲の人々に何度も邪魔されたり、薬の副作用が原因で性格が凶暴化している事もあって、とうとう市民に暴行し騒ぎを起こしてしまう。
何とかその場から逃げ出したグリフィン博士は、元同僚のケンプ博士を脅して、次々と犯罪に手を染めていく・・・。


レビュー
H・G・ウェルズ原作の「透明人間」を、初めて映像化したもの。
ストーリーはシンプルですが、凶悪な透明人間が猛威を振るい、警官達が奴を捕まえる為に悪戦苦闘する様を無駄なくテンポ良く描いているので、非常に面白かったです。
特撮も素晴らしく、見応えありです。
ラストシーンが「ジキル博士とハイド氏」(1931年版と1941年版)に似ていましたが、両方とも主人公の博士が自ら実験台にして異形の者に変身してしまう様を描いた作品ですから、基本は同じですからね。ただ変身する者が違うだけで。「ハエ男の恐怖」も、このタイプの映画です。
また透明人間は素顔がはっきり見えるシーンはほんの少ししかなく、包帯姿か声のみの登場がメインなので、着ぐるみやアニメのキャラを演じているのと殆ど同じでした。
ですが、そこが得体の知れない者の雰囲気があり、まさに怪人というべき魅力がありました。
実は原作と違う所が結構あるらしいですが、まったく気になる事なく楽しめました。


予告編です↓

透明人間役のクロード・レインズは、「オペラの怪人」(1943年版)で主役の怪人を演じた人で、監督のジェームズ・ホエールは、1931年版の「フランケンシュタイン」(あの有名なデザインが誕生した、記念すべき第1号)を手がけた人でもあります。


1枚目:The Invisible Man (film) - Wikipedia, the free encyclopedia.html
2枚目:The Invisible Man 1933 - Viewing Gallery.html
参考:透明人間 (1933年の映画) - Wikipedia.htmlモンスターパニック―超空想生物大百科The Invisible Man (1933) - IMDb.html
[PR]
by asabatyou | 2014-12-28 10:01 | 特撮、モンスター | Comments(0)
前回と同じく、今回もクリスマス関連の物を色々集めてみました。
私はいつもと同じように家族と過ごしたのですが、ツリーは出しませんでした。だって、めんどいし。



















一応古い順に並べてみました。
「大魔神逆襲」ですが、今の季節にぴったりだなと思って入れただけなので、はっきり言ってクリスマス関係ないです(笑)。
いさじさんの動画も、あまり関係ないかな(笑)?


テロリスト星人についてですが、これ今じゃ出すのは難しいでしょうね・・・。
名前からしてヤバいですし、見た目もアラブ人みたいですし・・・。
実際「ウルトラマンメビウス」にも出る予定があったのですが、ボツになったそうですから(その代わりに、バルキー星人が登場する事になったようだ)。


茅原実里さんの隣にいる酒井香奈子さんは、「REC」で恩田赤を演じた人ですね。
声優のイメージがありますが女優としても活躍しているらしく、「キサラギ」という映画で小栗旬さんやユースケ・サンタマリアさんと共演しているそうです。
それにしても秘密の夜が何なのかが、物凄く気になるなぁ(笑)。出来れば、俺も参加したい!!←おい。


そうそう、実は今日注文していた「イレイザー」の「吹替の力」版が来ました。
まさにクリスマスプレゼントですね。
「イレイザー」の吹き替え版といいましたら、今までは屋良有作さんがシュワちゃんを演じたソフト版しか見られなかったのですが、こちらは玄田哲章さんが演じたテレビ放送版も見られるのが嬉しいです。
a0265223_1924304.jpg

「「イレイザー」の吹替の力版が死ぬほど欲しかったんだよ!もう半年もまともなブルーレイ買ってねぇ、やってられっか!」


画像:イレイザー 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ
「吹替の力」公式サイト:吹替の力.html
[PR]
by asabatyou | 2014-12-25 17:56 | 色んな物が混ざっている | Comments(0)
a0265223_189589.png

今回は今月あった事を、色々語りたいと思います。
アクションについてですが、相変わらず発表会に向けての練習をやっているのですが、9日から基礎をやってから練習をやるという感じになりました。
なので、いつものレッスンに戻った感じです。


ボイストレーニングですが、体験入学する方がやけに多かったです。
6日は女性の方で、13日は男性の方でした。
今のところは1回来ただけで、それ以降は姿を見せていません。
また13日は、「千と千尋の神隠し」の「いのちの名前」を歌いました。
元から歌いたいと思って探してみたのですが、以前は見つからなくて仕方なく諦めたのですが、もう一度挑戦してみたらありました。やはり自分の探し方が、悪かったようです。
kainさんが歌ったバージョンを基にして+3キーでやったのですが、今まで歌った事がなかったので、ちょっと間違えちゃいました。
これはもし機会があれば、また歌いたいです。
好きな曲ですし、「千と千尋の神隠し」自体好きですから。
もしあれば一番お気に入りの、「白い竜」も歌いたいです。


そうそう、20日のレッスンをやった時の話によりますと、袋井駅が新しくなった記念でイベントみたいな事をやって、同じヒーローズのメンバーが何人か参加したそうです。
ただし天気が悪かったので、用意されたステージが滑りやすくなっていて危険だったので、お客さんがいる大きなテントに入って、歌ったりしたそうです。
きっと大変な事だらけだったと思うのですが、参加したメンバーの方々、見に来てくださったお客様方、イベントを支えてくださったスタッフの皆様方、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。


画像:協賛店一覧 - 遠州・浜松での大規模合コン ≪浜松コン公式HP≫.html
[PR]
by asabatyou | 2014-12-24 18:15 | ヒーローズアカデミー | Comments(1)
昨日は15日に買ったDVDの1枚、「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」を見ましたので、その事について書きます。
a0265223_19261687.jpg
a0265223_1932454.jpg

スタッフ
監督:ロッキー・モートン、アナベル・ヤンケン
音楽:アラン・シルヴェストリ
撮影:ディーン・セムラー


キャスト
マリオ:ボブ・ホスキンス
ルイージ:ジョン・レグイザモ
クッパ:デニス・ホッパー
デイジー:サマンサ・マシス


ストーリー
遥か太古の昔、地球に巨大な隕石が落下し、恐竜界と人間界が2つに引き裂かれてしまった。
絶滅したと思われた恐竜は密かに進化し、独自の帝国を地下に作りあげ、そこを支配する魔王クッパは、人間界に逃亡したプリンセス・デイジーと、彼女が持っている奇跡の石を狙っていた。
その石には人間界と恐竜界を融合する力があり、クッパはそれを使って人間界を征服しようと企んでいた。
一方デイジーは、ブルックリンで配管工を営むマリオとルイージの兄弟と出会い仲良くなるが、クッパの手下によって恐竜界へと連れて行かれてしまった。
マリオとルイージは、デイジーを救うために恐竜界へ向かった。


レビュー
もはや知らない人はいないゲーム界のスーパースター、マリオを実写で映画化したもの。
しかし生みの親である任天堂は製作に関与しておらず、原作とは世界観や雰囲気がまるで違います。
一応マリオとルイージは面影がありますが、それ以外のキャラは原作とは似ても似つかない姿で、名前も英語版なので(例:キノピオ=トード、クリボー=グンバ)殆ど別物化しており、何も知らなかったら絶対映画オリジナルキャラだと誤解してしまいます。
その事から「これはマリオじゃない」などの理由で、国内外構わず大コケしてしまいました。
マリオ役のボブ・ホスキンスもこの映画について、「今までで最悪の仕事。マリオを演じなかった事にしたい」とコメントしており、クッパ役のデニス・ホッパーも、当時まだ幼かった自分の息子に「なんであんなひどい役引き受けたの?」と言われてしまったんだとか・・・。
確かにそう言いたくなる気持ちは分からなくもないですが、囚われの身となったヒロインを救うために、主人公が異世界へ行って大冒険するという、実にファンタジーアドベンチャーらしい正統派な作りとなっていますので、映画としては結構面白かったりします。
またネットや観察力のある人の話などを参考にしますと、意外とマリオの要素を沢山入れている事が分かります。
ジャンプブーツはマリオの動きに絶対欠かせないジャンプを活かすためのアイテムですし、ブーツを動かすのに必要なカートリッジが、顔のあるミサイルのキラーに似ていたり、それが作動した時の最後の音が「スーパーマリオブラザーズ」でマリオがやられた時と同じ音などと、言い出したらキリがありません。
今思えば物語のテーマが恐竜になっているのは、ヨッシーのデビュー作である「スーパーマリオワールド」で、クッパが火炎放射器みたいな銃を使うのも、原作でクッパが火をはくのを意識したように思えます。
アラン・シルヴェストリ(「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や、「プレデター」の音楽を担当した人)の音楽も良いですし、見所は沢山あるかと思います。
そう考えると、色々と勿体ない映画です。
ただマリオのフルネームが、マリオ・マリオというのは流石に「そりゃ、ねぇだろ」と思いましたが(笑)。


Nostalgia Criticのレビュー動画です↓

Nostalgia CriticはAngry Video Game Nerdと批評のスタンスが似ているなどの理由で喧嘩になったようですが、今は和解して良き親友となったそうです(その縁か、日本のアニメに本人役で出演した事もある)。
話は変わりますが、私は吹き替えで見たのですが、幼い頃よく見ていたテレビ放送版と声優が違っていたので、何だか違う映画を見ているような気分でした。
唯一同じなのはマリオ役の富田耕生さんですが、一部のセリフが違っていたり、同じセリフでもテレビ放送版と言い方が違っていたので意外でした。
それとYouTubeで本作の一部を原語版で見たのですが、ホスキンスの声が吹き替えと似ており(特に笑い声)、富田さんにしたのは正解でぴったりなキャスティングだと、改めて感じました。
ちなみにこの映画でルイージとデイジーは恋仲になるのですが、この影響なのか後に原作でも2人がカップリングされる事が多くなったそうです。きっと好評だったのでしょう。


1枚目:スーパーマリオ 魔界帝国の女神 [DVD](DVDに入っている解説書も参考にした)
2枚目:【黒歴史】マリオ実写映画 『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』 初DVD化 ゲーハー黙示録.html
参考:スーパーマリオ 魔界帝国の女神 - Wikipedia.htmlスーパーマリオ 魔界帝国の女神とは - ニコニコ大百科.html祝20周年! ルイージを演じたジョン・レグイザモが映画版『スーパーマリオ』を語る | コタク・ジャパン.htmlSuper Mario Bros. (1993) - IMDb.html
[PR]
by asabatyou | 2014-12-23 17:56 | 特撮、モンスター | Comments(1)
今日は15日に買ったDVDの1枚「暴君ネロ」を見ましたので、その事について書きます。
この映画の事はジョン・ランディスの「モンスター大図鑑」で知り、興味を持ちました。
a0265223_18313369.jpg
a0265223_18394454.jpg

スタッフ
監督:セシル・B・デミル
撮影:カール・ストラス
音楽:ルドルフ・G・コップ ほか(全てノンクレジット)


キャスト
マーカス:フレデリック・マーチ
マーシア:エリッサ・ランディ
ネロ:チャールズ・ロートン


ストーリー
西暦60年代のローマは古代ローマ史上の変人ネロの治世であった。ネロは詩人と自任している自称大芸術家でキリスト教徒を心底憎んでいた。64年ローマは大火災に見舞われ、人々はネロの命令で焼かれたと噂した。ネロはローマを焼いたのはキリスト教徒であると言って、教徒殺害の口実とし・・・。


レビュー
「十誡」(1923年版、1956年版共に)で有名なセシル・B・デミル監督が、初めて挑んだトーキー史劇の秀作。
ですがこれといった大きな変化がなく、全体的に展開がダラダラしているので、正直思ったよりそんなに面白くありませんでした。
一番の目当てだったライオンやワニなどの猛獣や、着ぐるみのゴリラ(チャールズ・ジェモラのゴリラに見えなくもないが、実際作った人や中の人は誰かは不明)も、ほんの一瞬しか登場しないので、ちょっとガッカリ。まぁそれが売りの映画ではありませんから、仕方ないんですけどね。
またヒロインの1人の入浴シーンがあるのですが、乳首が見えそうになっているシーンがあり(実際少しだけ映っちゃっているシーンがあったような気が・・・)、当時としては結構ギリギリの描写だと思います。


予告編です↓

主役のフレデリック・マーチは、「ジキル博士とハイド氏」(1932年版)でジキルとハイドを演じた人ですが、「名門芸術」という映画ではジョン・バリモアを演じたそうです。
ネロ役のチャールズ・ロートンは、「獣人島」ではモロー博士を演じていて、「情婦」ではウィルフリッド卿役だった人です。


1枚目:映画 暴君ネロ - allcinema.html(参考にも使った)
2枚目:The Sign of the Cross (1932) .html
参考:世界の史劇映画傑作シリーズ 暴君ネロ - 紀伊國屋書店ウェブストア.htmlThe Sign of the Cross gorilla by Gemora in Golden Age Horror Forum.htmlThe Sign of the Cross (1932) - IMDb.htmlモンスター大図鑑
[PR]
by asabatyou | 2014-12-21 17:47 | 映画 | Comments(0)
今日は家に元からあったDVDの、「アナと雪の女王」を見ましたので、その事について書きます。
前から一応興味関心はあり、もし見たら他の映画やアニメと同じようにレビューしたいと思っていました。
しかし作ったのがあのディズニーで、下手に画像や動画を貼って投稿したりしたら、何か面倒な事に巻き込まれるのではと思って、中々やろうとしませんでした。
実際「トリビアの泉」でミッキーマウスにそっくりな物が出てきても、「あのネズミ」というだけで名前が一切出る事はなく、学生時代の漫画研究会のメンバーも「例のアメリカネズミ」というだけで、絶対にミッキーの名前を言おうとしませんでした。
それだけ自分にとってディズニーは、タブーのような気がしました。
ですから、これを書く前に他の方々が書いたブログを何度も見て、参考にしました。


a0265223_13372557.jpg
a0265223_13404314.jpg

スタッフ
監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
原案:ハンス・クリスチャン・アンデルセン
音楽:クリストフ・ベック


キャスト
アナ:クリスティン・ベル
エルサ:イディナ・メンゼル
クリストフ:ジョナサン・グロフ


ストーリー
王家の姉妹エルサとアナ。
しかしエルサは生まれつきあらゆる物を全て凍らせてしまう力を持っており、それが制御できなかったため、王国を冬にしてしまう。
凍りついた世界と姉を救うために、妹のアナは山男のクリストフや雪だるまのオラフと共に、エルサの後を追うが・・・。


レビュー
もはや説明のいらない大ヒット作。
ミュージカルになっているのですが、これはアメリカのアニメのお約束なのでしょうか?フライシャーが作った「ガリバー旅行記」や、「ベティ・ブープ」もそうでしたし。
ストーリーは至ってシンプルで分かりやすく、テンポ良く進んでいくのですが、あの王子様のキャラは意外でした。
あれはおそらく、今までのディズニー作品に対する皮肉でしょう。
アナ自身も、会って間もない男にいきなり結婚したいというのも、どうかと思いましたが・・・。
ヒロインが2人いたり、悪役が悪人然としていないなど、あまり例のディズニー作品で新鮮味がありました。


予告編です↓

ちなみに日本語吹き替え版でアナを演じた神田沙也加さん(松田聖子さんの娘)は、声優ではないものの2010年頃から声優の専門学校に通っていたせいか、まったく違和感なく見る事が出来ました。他のキャストも同じです。
また神田さんは、「貧乏神が!」というテレビアニメで艶光路撫子役で出演しているそうです。
正直、今後の活躍が楽しみです。


画像:Frozen (2013) Desktop Wallpaper HD Wallpapers Pictures.html
参考:アナと雪の女王 - Wikipedia.html映画 アニメ アナと雪の女王 - allcinema.htmlAna to Yuki no Joou (2013) - IMDb.htmlアナと雪の女王とは【ピクシブ百科事典】.htmlアナと雪の女王とは - ニコニコ大百科.html【貴重映像】神田沙也加のアナと雪の女王アフレコ秘蔵映像を公開 - YouTube.html
[PR]
by asabatyou | 2014-12-20 12:56 | アニメ | Comments(0)

もうすぐ、「鉄拳」シリーズの最新作が作られるようです。
どうやら平八の嫁さんであり、一八から見れば母親である三島一美が登場し、平八と一八のスケールのデカ過ぎる親子喧嘩の結末が語られるらしいのですが、これは「鉄拳」が完結するという事なのでしょうか?
まだどんなゲームになるのかは不明ですが、どうなるかが気になります。
平八が元の姿に戻っており、そこは嬉しいのですが(「タッグトーナメント2」で若返ったが、あれは一時的なものに過ぎなかったようだ)、声はどうなるのでしょうか?
本当なら郷里大輔さんがやってほしいのですが、彼が亡くなられた今となってはそれは絶対に出来ませんし、かと言って今更別人が演じても違和感がありますし・・・。
引き続き石塚運昇さんがやるのか、最初に平八を演じた銀河万丈さんになるのか、まだ分かりません。




「デビルメイクライ4」ですが、何と日本語吹き替え版が作られるらしいです。
今まで「デビルメイクライ」のキャラが日本語で喋るといいましたら、アニメ版と「MARVEL VS. CAPCOM 3」、「プロジェクトクロスゾーン」のみだったのですが、とうとうメインの方でもやるようになるとは・・・。
ダンテの声はいつも同じ森川智之さんだと思うのですが、後は誰が演じているのでしょうか?




配信中のプレイステーション3用ダウンロードソフト、「ソウルキャリバー ロストソーズ」にカサンドラが登場するみたいです。
何だかこの「ロストソーズ」には、最新作の5には登場しなかったキャラが結構登場しているような気がするのですが、やはりお馴染みのキャラ達が恋しいのでしょうか?
一応5で今までの時代の17年後という設定になり、それで女性陣の殆どが消える原因になったと思うのですが、今の状態ですと今後の作品が一体どうなるのやら・・・。
またこれを書いている時に知ったのですが、エイミも出ていたのですね↓



キャッチコピーに「沈黙」という単語がありますが、てっきりスティーヴン・セガールかと思いました(笑)。
特に3のキャッチコピーは「沈黙の瞳」で、「の」が入っているから余計に(笑)。


参考:平八はなぜ一八を崖から突き落としたのか。すべての因縁に決着をつける最新作「鉄拳7」について,EVO会場で原田Pに話を聞いてみた - 4Gamer.net.html日本語吹き替え版「DEVIL MAY CRY 4 Special Edition」が2015年に発売決定!.html『ソウルキャリバー ロストソーズ』人気キャラクター“カサンドラ”が本日12月17日より開放【動画あり】 - ファミ通.com.html
[PR]
by asabatyou | 2014-12-19 17:51 | ゲーム | Comments(0)