ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

<   2016年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

a0265223_125556.jpg

今月の28日の話になりますが、2013年に袋井市の月見の里学遊館で行われた映画のワークショップ以来ずっとお世話になっている、映画監督の池田千尋さんを招いた飲み会をやりました。

どうやら袋井市が後援するという形で、ワークショップの様子を中心に撮影したドキュメンタリー映画を作る事になったそうです。

参加した方々は知り合いは何人かいましたが、殆どは初対面の方でした。
ですがミュージカルをやっている方がいたり、演劇をやっている人、ドキュメンタリー映画を作っている人、「踊る大捜査線」を作った方と親交のある方もいるなど、様々な方がいまして楽しかったです。

そこの参加者の方の思い付きで、その演劇をやっている方と寸劇をやる事になり、その人が「みんな、聞いて聞いて!〇〇(私の本名)さんが言いたい事があるんだって!!」と言った後、私が「皆さん、お疲れ様でした!袋井の映画制作頑張りましょう!!よぉ~!!」ポンッと手を叩いて、拍手喝采になりました。

まだどうなるか分からないですが、もし何か分かりましたら、またここでお話します。

ちなみにこの時私は、去年の10月以来、久々にビールを飲みました。
5杯ぐらいは飲んだかな・・・。
[PR]
by asabatyou | 2016-04-30 13:27 | 映画 | Comments(0)
昨日は借りたDVDの「アメリカン・グラフィティ」を見ましたので、その事について書きます。
町山智浩さんが「スター・ウォーズは、ジョージ・ルーカスの心の闇」という動画で触れていましたので、それで興味を持ちました。


a0265223_20242139.jpg
a0265223_2039873.png

スタッフ
監督 : ジョージ・ルーカス
プロデューサー : フランシス・フォード・コッポラ、ゲイリー・カーツ
編集 : ヴァーナ・フィールズ、マーシア・ルーカス、ジョージ・ルーカス(ノンクレジット)


キャスト
カート : リチャード・ドレイファス
スティーヴ : ロニー・ハワード(現 : ロン・ハワード)
ボブ・ファルファ : ハリソン・フォード
DJ : ウルフマン・ジャック


ストーリー
1962年、カリフォルニア北部の小さな田舎町に住むスティーヴとカートは、故郷での最後の夜を楽しく過ごそうと、テリーとビッグ・ジョンを誘い町に繰り出すが・・・。


レビュー
「スター・ウォーズ」シリーズや「インディ・ジョーンズ」シリーズなどで有名な、ジョージ・ルーカス監督の青春映画。
出演者にまだ無名だったリチャード・ドレイファス、ハリソン・フォード、ロン・ハワードといった、大スターや売れっ子監督がいます。
元々ルーカスの映画は、彼の人生が反映されていると言われていますが、これは本当にルーカスの人生そのものだそうです。
物語の舞台がモデストで、主役の若者達がそこを飛び出していくというお話なのですが、ルーカスの故郷がモデストだったりします。
映画を仕事にしたくて文房具店を経営していた父、ジョージ・ウォルトン・ルーカス・シニア(1913 ‐ 1991)にその事を話したのですが、厳格で4人の子供達の中で唯一の男の子だったルーカスに、どうしても自分の店を継いでほしいと思っていたルーカス・シニアは、これに強く反対しました。
ルーカスは家出同然で家を飛び出し、自身の夢を叶えて「スター・ウォーズ」シリーズなどを作るわけですが、まさにリンクしていると言えます。
またこの映画は車がいつも登場しており、競争したり女の子を乗せてドライブしたりするシーンが殆どなのですが、これはルーカスが高校生の頃、カーレースに熱中しており、その経験を活かしたものだそうです(ただし18歳の時に、命を落とす可能性もあった大きな自動車事故に遭ったのでやめたようだ)。
車のシーンが大半であまりストーリー性はありませんが、ルーカスの高校生活を垣間見る事が出来る興味深い内容となっています。


予告編です↓

1979年には「アメリカン・グラフィティ2」という続編が作られましたが、ジョージ・ルーカスは製作総指揮に回り、監督はB・W・L・ノートンがやっているそうです。
本作では1962年の夏という設定ですが、2では1964年、1965年、1966年、1967年の大晦日の出来事を中心に描いた構成となっているみたいです。



出典
画像1:「アメリカン・グラフィティ」 ( 映画レビュー ) - 映画と旅とスタジアム - Yahoo!ブログ.html
画像2:Film na oko.html


参考サイト
ジョージ・ルーカスについてあなたの知らない12のこと _ Ciatr[シアター].html
解説・あらすじ - アメリカン・グラフィティ - 作品 - Yahoo!映画.html
preview.pdf
ジョージ・ルーカス(George Lucas)のプロフィール by ハリウッドセレブ★プロフィール集.html
George Walton Lucas, Sr (1913 - 1991) - Genealogy.html
George Walton Lucas, Sr (1913 - 1991) - Find A Grave Memorial.html
この映画が面白い「アメリカングラフィティー」 - NAVER まとめ.html
アメリカン・グラフィティ - Wikipedia.html
American Graffiti (1973) - IMDb.html


参考動画
町山智浩たまむすび:スターウォーズはジョージ・ルーカスの心の闇 - YouTube.html
[PR]
by asabatyou | 2016-04-25 18:45 | 映画 | Comments(0)
昨日は今まで読んでいたウル魔を読み終わりましたので、その事について書きます。


a0265223_1371649.jpg
a0265223_13113389.jpg

ストーリー
東方号を使いこなしたティラとティアの活躍により、キングザウルス三世の片方の角を破壊する事に成功した。
遂に怖気づいたキングザウルス三世は、その場から逃げて行った。
奴を追い払う事に成功したティラとティアは、自分達がパラダイ星から来た宇宙人である事、自分達の星の発展の為に、他の海のある惑星の調査を自分達は望んでいる事。その為に、自分達はアイアンロックスを作ったミミー星人に誘われて、時空を超えてハルケギニアにやって来た事、そしてミミ―星人の裏切りで仲間と船を失い、帰る術を失って、この星で人間として隠れ住んでいた事を話した。
ただならぬ空気が漂ったが、ベアトリスの一言が全てを解決してくれた。
こうして困難を乗り越えた彼女達は、東方号の再建および改造計画に力を入れるが・・・。


レビュー
今回で、キングザウルス三世との戦いに決着がつきました。
かつて「帰ってきたウルトラマン」に登場した時では、角を折られて逃げようとしたところを止めを刺されましたが、これでは追い払うだけで済みました。

「よく疑問に思われることであるが、地球を卑劣な手段で襲う数々の凶悪宇宙人たちの母星をウルトラマンが何故攻撃しないのだろうか?それは、宇宙人たちもその根幹では地球人と大きな差はないからだ。巷では、凶悪宇宙人と呼ばれているマグマ星人やガッツ星人にも、いい奴がいるかもしれないではないか?地球で確認されているのは、それぞれの星に住む中のほんの数人に過ぎないのだから。 」

というのがありましたが、「帰ってきたウルトラマン」のケンタウルス星人やミステラー星人、「ウルトラマンティガ」のスタンデル星人、「ウルトラセブン誕生35周年“EVOLUTION”5部作」のペガッサ星人などみたいに、同じ種族の宇宙人でありながら、考えが違っていて対立するというエピソードがありましたからね。
今現在でも「ウルトラマンX」に、ナックル星人のナクリみたいに、過去作品に悪役として登場した宇宙人と同じ種族ではありますが、人格者がいるようで、個人名が与えられている者も出てきたなど、段々個性が与えられて一括りにされなくなってきています。
初代ウルトラマンでは、20億3千万のバルタン星人が乗った船がウルトラマンに破壊されているのですが、そこを語っていなかったのは、もしかしてタブーとなっているのでしょうか?

他にも「一九七〇年に南太平洋の小島に出現した知的宇宙生物は、アメーバ状の生態をしており、イカやカニやカメなどの生物に寄生することで生きていた。いずれも、存在は他人任せでしかない。 」という、「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦 南海の大怪獣」や、海底軍艦の事が語られていたのですが、ここまでやりますと、もう何でもありです。
本当はウルトラマンシリーズと東宝の特撮映画では、世界観が違うはずですが(笑)。

それとラストに登場した、色が赤くてぴょんぴょん飛び跳ねる動物って、もしかしてピグモンではないでしょうか?




出典
画像1:ゼロの使い魔 第3話 『聖職者の剣』 ( アニメーション ) - とある課長の現実逃避 - Yahoo!ブログ.html
画像2:新海底軍艦-鋼鉄の鼓動STORY EDITION _ 中古 _ アニメ系CD _ 通販ショップの駿河屋.html


参考サイト
ナックル星人ナクリとは【ピクシブ百科事典】.html
バルタン星人とは【ピクシブ百科事典】.html
ペガッサ星人 - Wikipedia.html
ペガッサ星人とは【ピクシブ百科事典】.html


本編
あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第三部-39a.html
あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第三部-39b.html
[PR]
by asabatyou | 2016-04-23 13:35 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(0)
今日は昨日図書館で借りた「女子医学教育にかけた生涯 ~吉岡彌生物語~」を見ましたので、その事について書きます。
偶然見つけて、興味を持ちました。


a0265223_1944654.jpg
a0265223_1949424.jpg

スタッフ
監督 : 廣川集一
脚本 : 鷲山京子
製作 : ダックスインターナショナル
監修、発行 : 掛川市吉岡彌生記念館


キャスト
ナレーション : 稲垣美穂子
吉岡弥生 : 野崎紘夢


ストーリー
1871年(明治4年)、現在の静岡県掛川市の医者の家に生まれた彌生は正義感に溢れ、多感な少女時代を過ごす。
女性でも医師になれる事を新聞で知った彌生は、自分も医者になろうと決意する。
だが父親は、簡単には許してくれなかった・・・。


レビュー
日本で唯一の女子医科大学である、「東京女子医科大学」を創設した吉岡彌生さん(吉岡弥生という表記もあり)という医者の生涯を描いた、短編アニメ映画。
所謂「チャーリー」や「エド・ウッド」などと同じ伝記映画というべきかもしれませんが、基本はナレーターが全部説明している為、ドラマ部分はそんなにありません(殆ど再現ドラマ状態)。
吉岡さんがどんな人生を歩んできたのかを、13分という時間でやらなくてはいけない為、駆け足で紹介していますが、一切知らない人が見ても分かりやすく出来ています。
市内の学校に配布されていたり、県内の公立図書館で視聴可能である事から、学校教材用ビデオやDVD然としており娯楽性はありませんが、吉岡さんを知る為の入門に相応しい作品である事は確かです。


本編です↓

ちなみに同じく吉岡さんの生涯を映像化した作品に、「さくらさくら」があるそうです。
1977年3月19日から同年9月17日まで、フジテレビ系列の「土曜劇場」で放送されたテレビドラマで、明治時代と大正時代を舞台に、吉岡さんの17歳(1888年 = 明治21年)から56歳(1927年 = 昭和2年)までを描いたみたいです。



出典
画像1:女子医学教育にかけた生涯~吉岡彌生物語~.html
画像2:女子医学教育にかけた生涯~吉岡彌生物語~ - YouTube.html

参考サイト
掛川市の郷土偉人『吉岡彌生』とは?  _ しずふぁん.html
+-- REMAX --+.html
Amazon.co.jp_ 吉岡 弥生_作品一覧、著者略歴.html
野 崎 紘 夢のプロフィール|Ameba (アメーバ).html
吉岡彌生 - Wikipedia.html
[PR]
by asabatyou | 2016-04-18 18:15 | アニメ | Comments(0)
昨日は、掛川花鳥園に行って来ました。
テレビのCMやこの動画を見た時興味を持ちまして、前から行ってみたいと思っていました。


a0265223_11241682.jpg

出入り口の所です。
すでに様々な種類のフクロウが、展示されていました。


a0265223_11264155.jpg
a0265223_11265985.jpg

ペンギンプールです。
種類はケープペンギンで、暑さに強いらしいので、選ばれたのではないかと思います。


a0265223_11294074.jpg
a0265223_11295922.jpg
a0265223_11302931.jpg

オシドリの池です。
コクチョウといった他の種類の鳥もいたのですが、彼らにエサを与える事が出来ます。


a0265223_11324333.jpg
a0265223_1133312.jpg

バイキング出来る所です。
上が綺麗でした。


a0265223_11351534.jpg

わくわくイベント会場です。
様々な種類のフクロウや、ハヤブサなどがいました。


a0265223_11353063.jpg
a0265223_11355468.jpg
a0265223_11363511.jpg
a0265223_1137361.jpg
a0265223_11374256.jpg
a0265223_1138733.jpg
a0265223_11392380.jpg

インコのスイレンプールと、オオオニバスです。
ピラルクーなどの大型魚も飼育されていたので、驚きました。
一番上の画像の鳥はキンケイですが、かつて私が通っていた幼稚園で飼育されていた鳥は、見た目からしておそらくこれです。


a0265223_11532916.jpg
a0265223_11535436.jpg
a0265223_11544964.jpg
a0265223_11552518.jpg

エボシドリとヘラサギの広場です。
ここでも、エサをあげる事が出来ます。
1羽のみですが、シロクジャクがいました(インドクジャクの突然変異体らしい)。


a0265223_123464.jpg
a0265223_124786.jpg
a0265223_1242795.jpg
a0265223_1245858.jpg
a0265223_1252313.jpg

オオハシとトキの水辺です。
フラミンゴやオオハシなどがいたのですが、ここにいる鳥達が吠えてばかりで、外にいてもその声が聞こえていました。
何かに怯えているのか、機嫌が悪いのか、そういう性質なのかは分かりません。


a0265223_12103664.jpg
a0265223_12105522.jpg
a0265223_12111821.jpg
a0265223_1211391.jpg

ハクチョウの池です。
最近ハクチョウが凶暴で危険な鳥だという事を知ってしまったのですが、ここにいるハクチョウは大人しかったので、近付いても大丈夫でした。
ただ噛む力は強いようで、噛まれた人が痛がっていました。
エサをあげる時は、注意した方が良いでしょう。


a0265223_1322970.jpg
a0265223_13223357.jpg

ペリカンの池と、ツルの丘です。
モモイロペリカンとコシベニペリカンの2種類がいたのですが、寝ていたせいか殆ど動きませんでした。
ホオジロカンムリヅルは3羽ぐらいいまして、草を食べていました。


a0265223_13264555.jpg
a0265223_13271020.jpg
a0265223_13282177.jpg
a0265223_1329140.jpg

エミュー牧場です。
エミューは高校2年生の時、修学旅行でオーストラリアに行った事があるのですが、その時会った以来で今回が2度目です。
低くてブルブルとした鳴き声を出していました。
2枚目の画像は写真を撮ろうとした時、こっちに向かってどんどん近づいてきた時のものです。
正直、あれはちょっと怖かったです。
何だかこの動画の人の気持ちが分かりました。


a0265223_13361251.jpg
a0265223_13362862.jpg

昼食です。
バイキングだけでなく、ラーメンも食べられるようです。


a0265223_13373545.jpg

売店です。
ここにもフクロウ達が展示されているとは、思ってもいませんでした。
これを最後に、帰宅しました。


檻や柵の中の動物を見る従来の動物園のやり方に味気なさを感じていた事もあって、この完全な放し飼いで鳥達と触れ合う事が出来るのは新鮮味がありました。
フラミンゴやエミューなどを、あんなに近くで見たのは初めてです。
室内で飼育されているものも良いですが、私は室外で飼育されている方が好きです。
やはり広くて解放感がありますし、自然の状態に近いですから。
私としては、室外で飼育する場所をもっと増やしてほしいです。
子供達もいましたが、日常生活で見る事がない鳥や明らかに自分よりデカい鳥がいた事もあって、怖がっている子もいました。


詳しくはこちら↓
掛川花鳥園 - Wikipedia.html
[掛川花鳥園]花と鳥とのふれあいが楽しめるテーマパーク.html
[PR]
by asabatyou | 2016-04-17 12:18 | 動物 | Comments(2)
今月の11日の話になりますが、元から家にあったDVDの「クレヨンしんちゃん ぶりぶりざえもん ほぼこんぷりーと」を全部見終りましたので、その事について書きます。
前にも見た事はありますが、久々に見たくなりました。


a0265223_20244618.jpg
a0265223_20285196.jpg

スタッフ
原作 : 臼井儀人(らくだ社)
監督 : 本郷みつる、原恵一
制作 : テレビ朝日、ADK、シンエイ動画


キャスト
ぶりぶりざえもん : 塩沢兼人
野原しんのすけ : 矢島晶子
野原みさえ : ならはしみき
野原ひろし : 藤原啓治
野原ひまわり : こおろぎさとみ
シロ : 真柴摩利


ストーリー
昔ある所に、しんのすけという流れ者がいた。
彼はある日、悪ガキにいじめられていた老豚を助けた事により、救いのヒーローが出てくるという不思議なマラカスを貰った。
旅を続けるしんのすけだったが、そんな時借金取りに襲われているある一家と出会う。
一家を助けたしんのすけだが、再び奴らが襲い掛かって来た。
しんのすけは早速不思議なマラカスを使い、救いのヒーローを呼んだ。その名はぶりぶりざえもん!!


レビュー
テレビアニメ「クレヨンしんちゃん」20周年記念作品であり、人気キャラクターのぶりぶりざえもんがセリフ付きで登場したエピソードが全て収録されているDVDです。
ぶりぶりざえもんといいましたら、主人公の野原しんのすけが発案したキャラクターという事もあって、番外編(「スター・ウォーズ」のパロディである「クレヨンウォーズ」や、「ぶりぶりざえもんの冒険」シリーズなど)しか登場しないレアなキャラです。
なので通常のエピソードでは、夢オチやしんのすけが描いた絵として登場するだけです。
救いのヒーローと言われていますが、生みの親であるしんちゃんに似ているせいか女好きで、何もしてないくせにデカい態度をとって多額の救い料を請求したり、すぐに仲間を裏切って敵側についたりなど、お世辞にもヒーローとは言えない振る舞いが目立ちます。
その事から敵味方構わずボコボコにされたり、しんちゃんにも呆れられてしまうのは、もはやお約束となっています。
一見いいとこなしの頼りない弱いキャラクターのように思えますが、何だかんだ言いつつもしんちゃん達と協力して敵を倒したり、敵を倒すきっかけを作ったりなど、どこか憎めないのも確かです。
実際「西遊記」を基にした「オラは孫悟空だゾ」では、敵の妖怪の特徴や能力を教えるなど、随分役に立っていました。
よく「何もしてない」と言われるぶりぶりざえもんですが、彼がいたからこそ勝利出来たり、困難を乗り越えられたという事が多いですから、本当に役立たずなのかどうかは正直疑問です。
そこがぶりぶりざえもんの、魅力と言えます。
今現在では彼を演じた塩沢兼人さんが不慮の事故で亡くなった事と、ファンや遺族の申し出の為、彼が喋ったり声を出す事は一切なくなった為(しかし2004年4月16日に発売されたゲームボーイアドバンス用ソフト「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ シネマランドの大冒険!」と、2008年3月20日に発売されたリメイク版のニンテンドーDS用ソフト「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ シネマランド カチンコガチンコ大活劇!」ではライブラリ出演として、ゲーム内という形で久しぶりに喋るぶりぶりざえもんが登場したらしい)、すっかり貴重な作品となってしまいました。
このDVDが作られた事によって、いつでもぶりぶりざえもんに会えるようになったのは非常に嬉しいです。


本編に収録されているエピソードの1つです↓

ぶりぶりざえもんのテーマ曲は全部で3曲あるのですが、個人的に一番好きなのは2曲目の方です。
お世辞にもカッコいいキャラとは言えないのに、無駄にテーマ曲がカッコいいそのギャップが笑えます(上の動画で使用されている1曲目では、基本は似たような作りだが、少し物足りなさがある)。
3曲目はいかにもギャグキャラ然としており、却って面白味がありません。


出典
画像1:クレヨンしんちゃん ぶりぶりざえもん ほぼこんぷりーと [DVD](参考にも使った)
画像2:asahi.com(朝日新聞社):いとしのぶりぶりざえもん - 小原篤のアニマゲ丼 - 映画・音楽・芸能.html

参考サイト
クレヨンしんちゃん ぶりぶりざえもん ほぼこんぷりーと _ 商品詳細 _ バンダイビジュアル.html
クレヨンしんちゃん★商品情報★バンダイビジュアル.html
ぶりぶりざえもん - Wikipedia.html
ぶりぶりざえもん とは【ピクシブ百科事典】.html

参考文献
クレヨンしんちゃん ぶりぶりざえもん ほぼこんぷりーとに入っている解説書
[PR]
by asabatyou | 2016-04-14 20:19 | アニメ | Comments(1)
今月の11日ですが、借りたDVDの「ジュラシック・ワールド」を見ましたので、その事について書きます。
前から興味がありましたので、やっと見る事が出来ました。


a0265223_22351571.jpg
a0265223_22544514.jpg

スタッフ
監督 : コリン・トレボロウ
キャラクター原案 : マイケル・クライトン
製作総指揮 : スティーヴン・スピルバーグ、トーマス・タル
「ジュラシック・パーク」のテーマ : ジョン・ウィリアムズ


キャスト
オーウェン : クリス・プラット
クレア : ブライス・ダラス・ハワード
グレイ : タイ・シンプキンス
ザック : ニック・ロビンソン


ストーリー
恐竜を現代に復活させたテーマパーク、「ジュラシック・パーク」で起こった事件から22年の歳月が経った。
インジェン社と、パークのあったヌブラル島は、サイモン・マスラニ率いるマスラニ社によって買収され、遂に夢の恐竜テーマパーク「ジュラシック・ワールド」として生まれ変わっていた。
今は亡きジョン・ハモンドの夢を実現させたこのテーマパークは、今や世界中から毎日2万人の旅行者が訪れる人気の観光施設として成功を収めていた。
だがパークをビジネスとして成功させるには、毎年新しい種を創り出さなくてはならないという事で、完全オリジナルの新しい恐竜インドミナス・レックス(ティラノサウルスのDNAをベースに、ヴェロキラプトルやギガノトサウルスなどといった他の恐竜は勿論、コウイカやアマガエルなどの様々な現生動物のDNAを組み合わせた遺伝子操作により誕生したキメラ生物で、名前はラテン語で「獰猛かつ制御不能な王」という意味)を生み出した。
だがインドミナスは脱走し、人間や他の恐竜を次々と殺害し始め、「ジュラシック・ワールド」を恐怖のどん底に叩き落とした・・・。


レビュー
前作の「ジュラシック・パークⅢ」から実に14年ぶりに作られた人気シリーズ第4作目で、原作者のマイケル・クライトン没後に作られた最初の作品でもあります。
長い年月と技術の発展を得て、ついに本物の恐竜と出会えるテーマパークが無事開園した現代が舞台となっており、サバイバルパニックであった前2作と比べますと、どちらかといいますと第1作目に近い作りとなっています。
過去作品を知らない人でも問題なく見られるようになっていますが、第1作目に登場した建物や車などがボロボロになった状態で登場しているなど、知っている人が見たらニヤリとするシーンがあったりします。
さてこの映画の顔といいましたら、やはりインドミナス・レックスでしょう。
今までのシリーズはかつて実在した恐竜や翼竜などが登場していましたが、インドミナスのように実在しない完全オリジナルの架空の恐竜が登場するのは、今回が初めてです。
「新たな恐竜創ってアトラクションの目玉にして儲けよう」という人間のエゴの極みで作られ、卵の傍には誰1人居ない状況で生まれ、生き餌ではない肉の塊だけを与えられ、他者との関わりを脱走の瞬間まで持たぬままインドミナス自身も結局自分が何者なのかすらも分からないという、身勝手な人類の犠牲者でもあります。
しかし他の生物を楽しんで虐殺したり、他の恐竜や翼竜を利用して人間に襲わせるなど、これまでのシリーズに登場した恐竜と比較しても遥かに悪辣な存在として描かれている、異色な恐竜でもあります。
そこは良いのですが、彼女(実はメスなのだ)の冷酷非道さが殆ど主人公達が口で説明しているだけであって、実際で映像でやる事は思ったより少なく、どうもそれが伝わってきません(精々逃げ遅れた1匹のアンキロサウルスと戦った末その首をへし折ったり、主人公に懐いているヴェロキラプトル4姉妹を操って、人間達を襲ったりするぐらい)。
「楽しんで他の生物を虐殺する」、「恐竜ではなく怪物と称されている」ぐらいですから、もっとこれでもかとばかりにやってほしかったです。
でないと「こいつは絶対に止めないとヤバい!!」という危機感を持てませんし、ラストのレクシィ(第1作目に登場したティラノサウルスと同一個体)とブルー(ヴェロキラプトル四姉妹の長女でリーダー)が協力して、インドミナスと戦うシーンもイマイチ燃えません。
せっかくやっている事は悪くないのに、物足りなくて残念です。
またエンディングがギャレス・エドワーズ版ゴジラに似ているのは、気のせいでしょうか?
実際こういう動画もあるのですが、似た者同士なので違和感ありません。


予告編です↓





レクシィがスピノサウルスの全身骨格標本を粉砕するシーンがありますが、あれは明らかに前作への意趣返しになっています(スピノサウルスが主役の映画で、今までの主役だったティラノサウルスを倒すシーンがある為)。
どうしてレクシィが再登場するようになったのかといいますと、監督が「僕にとってあの映画(第1作)でのヒーロー」と語っており、1作目と同様のヒーロー的な存在感を与えるべきだと思っていたからとの事です。
他にもウィリス・オブライエンとレイ・ハリーハウゼンが特撮を担当した「動物の世界」の写真や、「禁断の惑星」のロビー・ザ・ロボットのおもちゃらしき物が登場していました。



出典
画像1:ジュラシック・ワールド - 作品 - Yahoo!映画.html
画像2:Velociraptor (movie canon) - Jurassic Park wiki - Wikia.html

参考文献
この映画のパンフレット

参考サイト
ジュラシック・ワールドとは【ピクシブ百科事典】.html
ジュラシック・ワールド - Wikipedia.html
Jurassic World (2015) - IMDb.html
インドミナス最低だなとは【ピクシブ百科事典】.html
[PR]
by asabatyou | 2016-04-13 20:01 | 特撮、モンスター | Comments(1)
今日はウル魔の最新エピソードを読みましたので、その事について書きます。
a0265223_19504317.jpg
a0265223_19535222.jpg

ストーリー
東方号に迫りつつあるキングザウルス三世。
暗殺者の魔の手から逃れる事に成功した生みの親のコルベールが無事帰って来て、もう安心かと思われた。
東方号は水に逃げたのは良かったが、キングザウルス三世はまるでワニのように泳いで、再び東方号を狙って来たではないか。
コルベールはベアトリス達を救う為に先に逃げるよう指示して、東方号を爆破しようとしていたが、ベアトリスは「ここで東方号を失ったら、ヤプールとの決戦に絶対勝てない」とこれに反対。
両者は対立しつつあるが、そのピンチを救ったのはティアとティラだった。
2人はキングザウルス三世が、何らかの原因でかなりの空腹状態に陥り、東方号の中で眠っているとんでもない威力を持った爆弾を欲しがっている事を、みんなに教えた。
ティアとティラの世間知らずとは言い切れないほどの言動や態度などに、ベアトリス達は2人に不信感を抱くが、ティア達もその事を承知の上で、東方号を操作していく。
その時ちょうどキュルケ達が、シルフィードに乗って急行してきていた。
これはただ事ではない。急がねば・・・。


レビュー
前回の続きです。
暗殺者の魔の手から逃れる事が出来たコルベールではありますが、キングザウルスが普通に泳げる事を知って、再び追われる身になるという、まさに一難去ってまた一難という言葉がぴったりでした。
キングザウルス三世が水の中でも十分活動出来て、かつてジュラ紀の海に生息していたイクチオサウルスと同じ、魚竜が先祖ではないかと言われていますが(オフタルモサウルスなどといった実在していた種類ではなく、キングザウルスと骨格が非常に類似点がある化石が発掘されている事を考えると、おそらく架空の存在)、これは「ウルトラマンSTORY 0」という漫画に登場した時、元は首長竜のような姿をしていたという設定らしいので、それが元ネタではないでしょうか?
「帰ってきたウルトラマン」に登場した時では、そういう描写はありませんでしたから。
他にも「よく似た体つきをしていて地底怪獣という共通点を持つパゴス、ガボラ、ネロンガなどは、ほとんど同じ体つきをしていたバラナスドラゴンという古代爬虫類を共通の先祖としていたという説がある」と書かれている事についてですが、これはパゴスやガボラなどがバラゴンの着ぐるみを改造した怪獣である事を活かした設定でしょう(バラナスドラゴンとはバラゴンの事だが、「正式名称」ではなく、またそれが書かれた1992年の「ゴジラ大百科 新モスラ編」以前の資料には、「バラナスドラゴン」という名称は確認できないため公式設定かどうかも不明とのこと)。
実際これらの殆どの怪獣を演じたのも、バラゴンと同じ中島春雄さんですから。
架空の存在でありながら、生物感溢れる設定や実在する(今は絶滅してしまったものも入れて)何らかの生物との関連が語られているリアルな設定は大好きです。
なので今回はそういう意味で、非常に楽しんで読む事が出来ました。


出典
画像1:ゼロ魔ってアニメ脇役にも良キャラ多かったよな_わんこーる速報!.html
画像2:このバリアーさえ破れれば! - 勝手にウルトラ検定.html

参考サイト
魚竜 - Wikipedia.html
魚竜とは【ピクシブ百科事典】.html
キングザウルス三世とは【ピクシブ百科事典】.html
キングザウルス三世とは - ニコニコ大百科.html
帰ってきたウルトラマンの登場怪獣 - Wikipedia.html
バラゴン - Wikipedia.html
バラゴンとは【ピクシブ百科事典】.html
ウルトラマンSTORY 0 - Wikipedia.html
アニヲタWiki(仮) - ウルトラマンSTORY 0.html

本編
あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第三部-38.html
[PR]
by asabatyou | 2016-04-10 18:04 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(0)
3日の話になりますが、遠州横須賀 三熊野神社大祭に行って来ましたので、その事について書きます。


a0265223_194544.jpg
a0265223_1951478.jpg
a0265223_1954433.jpg

神社です。
今年は、今まで以上に人が多かった気がします。
殆どお花見状態です。
お面に「アナと雪の女王」があったのが、ちょっと驚きました(去年はアイアンマンや、「リロ・アンド・スティッチ」があった)。


a0265223_19112352.jpg

今年は、河原町が先頭でした。
どうやら話によりますと、予定の時間より遅れていたようです。


a0265223_19114922.jpg
a0265223_19122677.jpg
a0265223_19130100.jpg
a0265223_1915037.jpg
a0265223_19153723.jpg
a0265223_19161523.jpg
a0265223_19164931.jpg
a0265223_19173621.jpg
a0265223_19182935.jpg
a0265223_19192484.jpg
a0265223_19195574.jpg
a0265223_19202116.jpg

祢里行列です。
同じ場所で見ていては面白くないので、色んな所で見たり撮ったりしました。


a0265223_1937148.jpg

御輿が神社に帰ってきたそうなので、全ての祢里がその場に止まって休憩状態でした。


お昼はコンビニでおにぎり3つと、サンドイッチ(2つセット)、チーズバーガー、オランジーナのグミ、オレンジジュースを買って、神社で食べました。
時間が午後3時で遅かったのですが、人が沢山いましたのでお花見みたいでした。


a0265223_1957295.jpg
a0265223_19575296.jpg

昼食後は再び祢里の後を追って見ていましたが、ずっと歩き回って疲れましたから、午後5時半に帰宅しました。
今回も幼い頃からの知り合いである、母の友人と再会しました。
途中から曇りになりましたが、何とか持ってくれました。
[PR]
by asabatyou | 2016-04-08 19:13 | | Comments(0)