ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

<   2016年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

昨日で今まで見ていた「プリンセスメゾン」を見終りましたので、その事について書きます。
1話から3話まではテレビで見ましたが、そこから後はYouTubeで見ました。


a0265223_20472071.jpg
a0265223_20474652.jpg

スタッフ
原作 : 池辺葵
脚本 : 髙橋泉
制作統括 : 出水有三、齋藤寛朗
演出 : 池田千尋、大橋祥正


キャスト
沼越幸 : 森川葵
伊達政一 : 高橋一生
要理子 : 陽月華
奥田直人 : 志尊淳
阿久津マリエ : 舞羽美海
中森扶美 : 渡辺真起子
井川流 : 木野花
藤堂紅 : 渡辺美佐子
沼越えつこ : 深川麻衣


ストーリー
持井不動産が販売する大型タワーマンションに、沼越幸が現れる。
年齢も若く、とても高価なマンションを買えそうもない幸を、販売チーフの伊達や派遣の理子は不審に思う。
幸は、居酒屋チェーン店勤務で、年は26で結婚の予定はなかったが、とりあえず自分の“家”を持つ目標を立て、いろいろな物件を見て回っていたのだ。
そんなある日、彼女が勤める居酒屋に理子がやってくる。


レビュー
池辺葵さん原作の同名の漫画を、全8話のテレビドラマとして映像化したものです。

女性が主役のテレビドラマといいますと、恋愛や結婚する事が目的で、ラブコメというイメージがあります(完全に私の偏見で、ステレオタイプですが)。
しかしこちらはまったく違っていて、自分の家が欲しいという目的の為に、ひたすら迷わず突き進むというストーリーです。
その事もあって、そういう描写が出て来る事は基本ないので、新鮮味があります。

自分だけ家を購入をする為に、とにかく行動し続ける主人公ですが、そこで出会った不動産の人達と親しくなっていき、単なるお客さんと社員という関係を越えて、良き友人であり親友とも言える状態になっていくのが見所です。

それは良いのですが、あまりこれといった変化がなく、全体的に淡々としているので、正直単調な印象を受けました。
最初は別に良かったのですが、終わり頃になってもこの感じでしたし、ラストも結局そんなに変わってない状態で終わりますから、イマイチ引き込まれませんでした。
やろうとしている事は、決して悪くないだけに残念です。



本編です。
一部音がおかしかったり、ない部分もあったりしますので、ご注意ください↓















主人公が26歳には見えず、より若く見えるという違和感はありましたが、キャスティングは特に問題はなく、不満はありませんでした。
個人的に一番印象に残ったのは、冷静沈着で物静かだけど水が苦手な伊達を演じた、高橋一生さんです。
私はスタジオジブリの「耳をすませば」で、天沢聖司の声優だったイメージが強いのですが、「ウルトラマンコスモス」や「ウルトラゾーン」といったウルトラマンシリーズ、舞台版「ガス人間第1号」、「シン・ゴジラ」にも出演しているそうです。
さらに「キル・ビル」にも出演していて、ハリウッド進出もしていたみたいです。



出典
画像1と2:ドラマ『プリンセスメゾン』のキャストたちが住むのはどんな部屋?【森川葵・高橋一生】.html


参考サイト
プリンセスメゾン _ NHK プレミアムよるドラマ.html
プリンセスメゾン ドラマの感想(森川葵) - ちゃんねるレビュー.html
プリンセスメゾン - みんなの感想 - Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表].html
「プリンセスメゾン」 第1回 感想~高橋一生はいつも冷静沈着な出来る男だなぁ。:tarotaro(たろたろ)の気になること:So-netブログ.html
プリンセスメゾン - Wikipedia.html
[PR]
by asabatyou | 2016-12-30 18:04 | ドラマ | Comments(0)
今日はウル魔の最新エピソードを読みましたので、その事について書きます。


a0265223_19331719.jpg



ストーリー
ファイターEXの攻撃で巨大天使は消滅し、代わりに醜悪な怪獣クインメザードが現れたが、ウルトラマンコスモスの活躍で秒殺されてしまった。
あまりの出来事にロマリアとガリア軍は茫然自失としたが、教皇のヴィットーリオとジュリオは逆にアンリエッタこそが天使を作り出して、みんなを騙していた魔女だと偽り、再び彼らを洗脳しようとしていた。
焦るアンリエッタだったが、そばに控えたマザリーニの助言も受けて、少しずつ教皇を追い詰めていった。
ヴィットーリオは虚無を使って、トリスタニア全体を滅ぼそうとしていたが、そこへあの2人が帰ってきた!!


レビュー
このエピソードで、ルイズと才人がやっと現代のハルケギニアへ帰ってきました。
本当に長かったです。こうして2人が一緒に活躍するのは、一体何年ぶりになるのでしょうか?
そう言いたくなるぐらい、月日が経っていた気がします。

それにしても2人を別世界へ追放しておきながら、彼らを元の世界へ帰す原因まで作ってしまうとは、物凄い皮肉です。

さらにハルケギニアでは伝説の人物である、ブリミルとサーシャまで来て、騒ぎを起こしている教皇にお仕置きまでやってくれるのですが、ここまでスッキリする展開はないでしょう。

サーシャが才人にブリミルと付き合う事をばらされた時、完全に動揺して「うるさいうるさいうるさい!」などと照れるのですが、何だか「灼眼のシャナ」を思わせて、良いカップルぷりです(笑)。
まさかルイズと才人の、前世だったりして(笑)。

ラストになってヴィットーリオは、ブリミルの登場により自分の計画が全て失敗した事を認めましたが、まだ諦めずに何かしようとしているみたいです。
才人とルイズも久々にウルトラマンエースになるみたいですし、「歴史に残る大戦争の、そのクライマックスが今、始まる。」と書いてある事を考えますと、最終回が近いのかもしれません。



クインメザード (スーツアクター : 森英二)
a0265223_19382882.png

天使の幻影を投影していた怪獣。
天使が消滅した後に出現したが、すぐにウルトラマンコスモスのネイバスター光線を食らって、あっけなく絶命した。



アラドス (スーツアクター : 横尾和則)
a0265223_19495560.jpg
a0265223_19501626.jpg

自由に過去や未来に行き来する事が出来る怪獣で、才人が元の時代に帰れるきっかけを作ったと同時に、ブリミルとサーシャが現代のハルケギニアに来るきっかけも作った。
成体になると甲羅のような物に棘が生えてくるが、今回はまだ成長しきっていない若い個体が登場した。




出典
画像1:TVアニメ『ゼロの使い魔』シリーズがいよいよ完結!「ゼロの使い魔F」最新情報!! _ EnterJam - エンタジャム - 映画・アニメ・ゲームの総合エンタメサイト.html
画像2:クインメザード -怪獣大逆襲 まとめWiki【ウルトラマンなんて怖くない!怪獣大逆襲】 - Gamerch.html
画像3と4:遥か未来から - 勝手にウルトラ検定.html


参考サイト
ウルトラマンガイアの登場怪獣 - Wikipedia.html
ウルトラマンコスモスの登場怪獣 - Wikipedia.html


本編
あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第三部-51.html
[PR]
by asabatyou | 2016-12-28 19:56 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(5)
今日はシネマイーラで見た、「この世界の片隅に」(2011年にテレビドラマ化しているそうなので、それと区別する為に2016年版と表記します)を見ましたので、その事について書きます。


a0265223_21382267.jpg
a0265223_21444821.jpg

スタッフ
監督、脚本 : 片渕須直
原作 : こうの史代
音楽 : コトリンゴ
監督補、画面構成 : 浦谷千恵


キャスト
北條すず : のん
北條周作 : 細谷佳正
黒村晴美 : 稲葉菜月
水原哲 : 小野大輔
浦野すみ : 潘めぐみ
白木リン : 岩井七世


ストーリー
時は第2次世界大戦中の1944年、絵が得意な少女の浦野すずは、広島市江波から呉の北條周作のもとに嫁ぐ。
一家を支える主婦となったすずは、食糧難を乗り越えて毎日の食卓を作り出す。
しかし戦争は激しくなり、日本海軍の要となっている呉はアメリカ軍によるすさまじい空襲にさらされ、数多くの軍艦が燃え上がり、町並みも破壊されていく。
それでも生きていくすずだったが、ついに1945年の8月を迎える事になる。


レビュー
こうの史代さん原作の同名の漫画を、「BLACK LAGOON」や「アリーテ姫」の片渕須直監督が、劇場アニメ化したもの。
元々片淵さんは本作に興味関心があったようで、こうのさんの許可を得る為に手紙と自作「マイマイ新子と千年の魔法」のDVDを送った事があるそうです。
実際こうのさんも片淵さんが監督した「名犬ラッシー」に憧れて、「こういう人になりたい、こういうものが作りたいと思う前途にともる灯」として捉えていた為、アニメ映画化は「運命」と思ったらしいです。

本作は浜松でも宣伝をやっていて、片渕須直さん自身そこでトークショーもやりましたから、印象に残っています。

所謂戦争を題材にした物語ですが、よくありがちな悲惨や重々しさはそんなに描かれておらず、どちらかといえば、ほのぼのとした日常系です。
主人公のすずが、ふわふわでのほほんとしたマイペースな性格ですから、癒しのシーンと言えます。
後半になりますと、戦争が激しくなって来るのですが、残酷描写はなくても毎回敵機による空襲が当たり前のように起こりますし、すずにも大きな不幸が訪れますので、ここからシリアスになっていきます。
辛くて苦しい事は色々ありましたけど、戦争はちゃんと終わって生き残った人達もいて、さらにすずに新しい家族が出来て(両親を亡くした子供と出会って、その子を養子にする)、これからも生きていくという希望に溢れたラストになっています。
若干長すぎて、もう少し短くても良かったかなという気もしましたが、良作である事には間違いありませんので、見て損はありません。

片淵さんご本人にお会いした時(「はままつ映画祭2015」にも、参加していました)、トークショーで「今生きている我々は、戦争を知っている世代から直接色んな話を聞いたり、調べたりする事が出来る最後の世代」とおっしゃっていましたが、今は長い月日が経って世代交代が進み、戦争を知っている人達が少数派になり、知らない人達が多数派になりつつあります。
こういう世の中で、当時の状況を徹底的に調べて、映像化した本作はそれだけでも十分存在価値がありますし、作られて本当に良かったと思っています。

片淵さん自身飛行機マニアであると同時にこだわって作るタイプだからこそ(当時の状況を調べただけでなく、知っている方達にもインタビューしてやったとの事)、出来たと言えるでしょう。


予告編(上)と、特報(下)です↓



戦争は決して辛い事ばかりではなく、楽しく日常生活を送っていた人達がいたんだよという事を知る良いきっかけになるので、一度は見る事をオススメします。
この楽しそうに生活する事についてですが、食べる物もろくにないし、敵国による空襲が日常化して、いつ死んでもおかしくない過酷な状況だからこそ、そうせざるを得なかったのが現実みたいです。
戦争だからという理由で、不安と絶望的な気持ちになってしまったら、とてもやっていけないようなので・・・。



出典
画像1:のん主演「この世界の片隅に」感想|日常と戦争の相克を描いた歴史的傑作.html
画像2:「この世界の片隅に」公開直前!片渕監督SPインタビュー【前編】 _ WebNewtype.html


参考サイト
この世界の片隅に - Wikipedia.html
この世界の片隅に - 作品 - Yahoo!映画.html
全国拡大上映中! 劇場用長編アニメ「この世界の片隅に」公式サイト.html


参考動画
【必見】町山智浩 映画「この世界の片隅に」 ネタバレ無しでご紹介 - YouTube.html
【絶賛】宇多丸 映画「この世界の片隅に」シネマハスラー - YouTube.html
[PR]
by asabatyou | 2016-12-24 16:33 | アニメ | Comments(0)
a0265223_17592363.jpg

今月の18日ですが、いつもお世話になっているどまんなかセンターで、忘年会をやりました。

「とと姉ちゃん」に出演した事や、その時の様子を再現してほしいと言われてやりましたので、最初からクライマックス状態でした。
その後は、乾杯の合図もやってくださいと言われて、そこも担当する事になりました。

映画ワークショップで知り合った仲間達だけでなく、初対面の方もいました。

話が変わりますが、実は私YouTubeやニコニコ動画にある、漫画に声・音楽・効果音を付けた動画が好きで、自分でも作ってみたいと思っています(今年から映像を編集したりするようになったのも、それが理由です)。

バッグス・バニーなどの声優であるメル・ブランク氏や、山川純一さんの朗読をしているRYOさんや、はやしやさんみたいに、1人でいくつもキャラを演じたいと思っていますが、女性キャラは女性の方が演じる方が良いかなと思ったりしています。
私は声が高くて女性みたいな声が出せますが、やはり限界があるかと思うので・・・。

実は演劇集団esの方もそこにいたのですが、メンバーの中にアニメや声優大好きで、将来そういう世界を目指している人がいるそうです。
私としては女性キャラをそこの方に頼むだけでなく、あえて作る方のみ担当して、出演者を全員esのメンバーにしてみるのも面白いかもしれません。

終わり頃に「5億年ボタン」を朗読したのですが、シアーミュージックでやった時と同じく、短縮した状態で読みました。
声が通ると褒められたのが、嬉しかったです。
もうツイッターで、その時の様子が見られるようになっていて、ちょっと驚きました。
啓史(ひろふみ)くんというのが、私の本名です。
ネットで調べてみると、案外書いてあったりするので、もう隠す必要ないかなと思いました(笑)↓


NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」始まりましたね。早速あの子が出てるんだに~(^^)_│今、きみはヒーローになれ!.html

本日のNHKドラマ「とと姉ちゃん」に出演しました│今、きみはヒーローになれ!.html

すずやさんのツイート_ _これこれ、ヒロくん。 RT @asabatyou_ https___t.co_QbJymEITDkとhttps___t.co_MYxRsVVw5Iですが、私の姿が完全に写っていて驚きました(一番前にいて、左にいる小柄な男性が私です)。 これは「とと姉ちゃん」に、出演した時のもの…_.html

『エルの秘密の部屋』 ※鈴木啓文と誤記

遠州WebTV第3回、14回~16回と18回


朗読をやっている時、赤ん坊が寄って来たのですが、どうやら図書館(だったかな?)の読み聞かせに行ってるらしく、その影響だそうです。

歌を歌っている人がいたりピザを食べたりなど、色々ありましたが、楽しい時間を過ごす事が出来ました。
皆様、本当にありがとうございました。
[PR]
by asabatyou | 2016-12-20 18:31 | 日記 | Comments(4)
a0265223_18174779.jpg

昨日は「はままつ演劇・人形劇フェスティバル2016」の、ファイナルイベントの関係で劇団からっかぜの稽古場へ行きました。

演技ワークショップの時にもやった、「役者とは何か?」をより詳しく話していました。
特に印象に残ったのは、「やがて、「うまい棒を1本選んだ女の子は、「これをください」と言って、店番のおばあさんに、握っていたお金を差し出した。うまい棒・・1979年発売の棒状のスナック菓子(1本10円)」というのがあった場合、


他にもほしい物や食べたい物があって、迷ったり困ったりしてしまった。

お金の都合で買えそうにない。

女の子の年齢は、いくつぐらい?年齢が違えば、行動や動きなども変わってくるはずだ。

おばあさんのキャラはどうだろう?優しい?それとも怖い?お客さんの女の子をどう思っているんだろう?
嬉しく思っているのか、面倒に思っているのか?女の子は初めて来たのか?いつも来ているのか?気に入っている子なのか、気に入らない子なのか?
女の子が迷っているのを見て、速く決めろと思っているのか、万引きするのではと思っているのか、応援しているのか?
どうイメージするかによって、おばあさんの目線や演技が変わるという事です。


これらの話が終わった後、来年の2月5日にやるファイナルイベントに向けて打ち合わせをしたのですが、まだ役が決まってない人がいましたので、それを決めました。

私は少年と中年男性と、若い男の3人役をやる事になりましたが、衣装を全部自分で用意して、最初の役が終わったら急いで着替えなくてはなりません。
一目で「これは〇〇だ」と分かるようにしないといけないから、ステレオタイプな外見にしてほしいとの事です。
1月の初め頃に集まる予定がありますので、それまでに衣装を考えたり用意しないと・・・。


詳しくはこちら↓
ファイナルイベント|はままつ演劇・人形劇フェスティバル2016「浜松ゲキトツ」|はまかるNEO(公益財団法人浜松市文化振興財団).html
[PR]
by asabatyou | 2016-12-19 18:24 | 舞台、演劇 | Comments(0)
今月の12日に借りたDVDの「ミリオンドール」を見ましたので、それについて書きます。
前から興味があったのですが、やっと見る事が出来ました。


a0265223_17295132.jpg
a0265223_17365491.jpg

スタッフ
原作 : 藍
監督 : 川口敬一郎(クレジットでは、川口K一郎)、山内東生雄
シリーズ構成、脚本 : 村上桃子
キャラクターデザイン : 山根理宏


キャスト
すう子 : 楠田亜衣奈
リュウサン : 梅原裕一郎
もも菜 : 渡部優衣
ゆりの : 松井恵理子
りな : 飯塚麻結
マリ子 : 伊藤美来


ストーリー
ひきこもりのアイドルオタクのすう子は、1つだけ特技があった。
それはブログを使って、女性アイドルの人気に火をつける事だった。
すう子はライブをしていた、福岡県糸島市の地方アイドル「イトリオ」に夢中になり、自分のブログ「すうブログ」で自分なりのやり方で売り出そうとする。
だがアイドルライブの現場で、カリスマ王子として有名なオタクのリュウサンと、彼が応援している地下アイドルのマリ子の存在が立ちはだかる!!


レビュー
現場系アイドルヲタクでもある漫画家の藍さんという方の、同名の漫画をテレビアニメ化したもの。
藍さんは出演声優のイベントやライブにも一般人に混じって参加しているそうなので、彼女の好みが反映された作品と言えます。
本作の登場人物で例えると、すう子よりはリュウサンに近いです。

お気に入りのアイドルの為に、2人のオタクの対立や確執を描いたものですが、実際はローカルアイドルや地下アイドル(差別的な意味があるようで、ライブアイドルという事もあるらしい)がこのままで良いのか、それともメジャーデビューしようか迷ったり葛藤する様が目立っていて、オタクの影が若干薄いです。
リュウサンはアイドルと積極的に交流を持っていますからまだしも、すう子はひきこもりでそれがないので、尚更です。

またアイドル達のデザインですが、何も華やスター性、カリスマ性がなく、殆どそこらの美少女キャラに毛の生えた程度の印象しかありません。

アニメ自体の出来も中途半端の状態で、OPやEDを入れてくるので、これなら1時間のアニメとして作った方が良かったです。
展開もやたらにたるくて話にちっとも引き込まれず、全話合わせると1時間であるにもかかわらず、それが長く感じてしまう程の、テンポの悪さです。

同じ1話が数分で終わる短編のアイドルアニメといいましたら、堀江由衣さんが主演とキャラクター原案を担当した「ミス・モノクローム」シリーズがありますけど、あちらは毎回ちゃんとした状態で終わりますし、無駄もなく、何がしたいかもはっきりと分かりますし、主役のミス・モノクロームにもオーラがあります。
なので、こちらの方が断然面白いです。

基本いいとこなしで、まるで「アイドルマスター」シリーズが、いかに素晴らしくて完成度が高かったかを再確認させる為に、作られたアニメにも思えてしまいます(「ラブライブ!」シリーズは、3話ぐらいまで見ただけなので、詳しい事は分かりません)。

劇中では人気者という設定でも、実際ではそうもいかないようです。
現実と言うのは、常に残酷であり厳しいものなのです。



OPです↓

絵も薄っぺらいですが、それ以上にCGがあまりにもひどくて唖然とします。
見るからに低予算に苦しんだのが目に見えてきますが、原作者が無期休載したり、監督の川口敬一郎さんも何故か1話のみの参加となってしまったといった、トラブルがあったようです。
低予算でも最初の「ターミネーター」みたいに面白い作品もあったりしますが、これは作り手側のセンスがないのでしょう。
原作も評判良いとは言えないみたいですし、最初から問題しかなかったような・・・。
自分が今まで見てきたアニメの中では、間違いなく最悪の部類に入ります。
そう言いたくなるぐらい、ひどい。



出典
画像1:ミリオンドール [Blu-ray]
画像2:信じられるか?これが2015年に地上波で放送されているアニメなんだぜ? _ アニメ実況しようぜ!.html


参考サイト
夏の新アニメ『ミリオンドール』のCG酷すぎワロタwwww 現場アイドルオタvs在宅アイドルオタアニメか _ やらおん!.html
『ミリオンドール』アニメが放送中なのに原作が無期限休載に!!  作者「この数ヶ月心身を追い詰めすぎてしまい休養を頂くことになりました」 _ やらおん!.html
【なにがあったの…】アニメ『ミリオンドール』スタッフページから川口敬一郎監督の名前が消滅 _ オレ的ゲーム速報@刃.html
ミリオンドール - Wikipedia.html
ミリオンドールとは (ミリオンドールとは) [単語記事] - ニコニコ大百科.html
TVアニメ「ミリオンドール」公式サイト.html
[PR]
by asabatyou | 2016-12-14 12:07 | アニメ | Comments(0)
a0265223_10463522.jpg
a0265223_1046508.jpg

昨日は「はままつ演劇・人形劇フェスティバル2016」の、演技ワークショップをやりに行って来ました。
去年で初めて参加しましたから、今回が2回目です。

最初は準備運動をしましたが、その後は各班に分かれて活動しました。
40人いたらしいので、6つのグループが出来ました。
絡繰機械's[カラクリ・マシーンズ]や、ヒーローズアカデミーの俳優コースで先生をやっている人(本当はムナポケの方らしい)といった、前回も講師として参加していた方がいましたが、今回は劇団からっかぜのグループに入る事になりました。
どうやら同じ人の所でずっとやるというのは、基本なしにしているそうです。

グループが決まった後、役者とは何か?が書いてある紙を読んだりその説明をしたり、エチュードをしました。
そのエチュードとは前回やった物の使い回しらしく、ラブホテルの近くに来た男女が「ちょっと寄っていこう」と「ばか」という、アダルトなノリです。
この2つさえ守れば、後は何をしても良いという自由度が高かったです。

午後は台本を渡されて、練習しました。
グループの人数が多かったので、登場人物をみんなで交代しながら演じる事になりました。
やっている時は「動きがない」、「意味ない動きをしている」、「長いセリフの時、早口になっているから、ゆっくりやるように」とダメ出しされましたが(他にも息を吸うと同時に、感情表現するようにとも言われました)、いざ本番になったら特に問題なくノリノリでやれました。
前から思っていましたが、私は本番に強いタイプみたいです。

映画ワークショップで知り合った仲間や、元ヒーローズアカデミーのメンバーで、雪解カンガルーの「リリカ」に出演する方、前回も参加していた浜松キッドの方、見学のみではありましたがテトラさんといった知り合いもいましたので嬉しかったです。

前回と同じで寒い季節にやりましたから、皆様最後までやってくれました。
お疲れ様です。そしてありがとうございました。


詳しくはこちら↓
はままつ演劇・人形劇フェスティバル2016「浜松ゲキトツ」|はまかるNEO(公益財団法人浜松市文化振興財団).html
はままつ演劇・人形劇フェスティバル「浜松ゲキトツ」 _ Facebook.html
[PR]
by asabatyou | 2016-12-12 11:09 | ワークショップ | Comments(3)
昨日は自宅にあるDVDの「魔法にかけられて」を見ましたので、その事について書きます。
今まではチョビチョビと見ただけだったので、ちゃんと見たのは今回が初めてです。
前からちゃんと見たかったので、やっと見る事が出来ました。


a0265223_11301530.jpg
a0265223_11401185.jpg

スタッフ
監督 : ケヴィン・リマ
脚本 : ビル・ケリー
音楽 : アラン・メンケン
撮影 : ドン・バージェス


キャスト
ジゼル : エイミー・アダムス
ロバート・フィリップ : パトリック・デンプシー
エドワード王子 : ジェームズ・マースデン
ナリッサ女王 : スーザン・サランドン
ナザニエル : ティモシー・スポール
ナンシー・トレメイン : イディナ・メンゼル
モーガン・フィリップ : レイチェル・コヴィー
ピップの声 : ケヴィン・リマ(実写)、ジェフ・ベネット(アニメ)
ナレーション : ジュリー・アンドリュース


ストーリー
おとぎ話の世界アンダレーシアに住むジゼル姫は、エドワード王子と出会ってその日のうちに婚約する。
しかし王子の継母である悪の魔女ナリッサは、自分が女王の座を奪われることを危惧し、ジゼル姫を「永遠の幸せなど存在しない世界」現代都市のニューヨークに追放してしまう。
見知らぬ世界に困惑するジゼル姫だったが、そこを仕事帰りの弁護士ロバートと娘のモーガンに助けられる。
最初は浮世離れしたジゼルに、ロバートとモーガンは困惑したが、やがて天真爛漫な彼女の人柄に惹かれて、段々家族のように親しい関係になっていく。
一方エドワード王子と勇敢なリスのピップは、ジゼル姫を救う為に現実世界へ行くが、女王の手先ナサニエルの妨害によってなかなかジゼル姫を見つけることができない。
やがてジゼル姫は現実の世界での恋愛の仕方と魔法の国での“永遠の愛”との違いを知り、また次第にロバートに惹かれつつある自分に気づき、戸惑いを隠せなくなっていくのであった・・・。


レビュー
ディズニーが作った、実写とアニメが融合したミュージカル映画。
過去にこのパターンの映画ですと、同じディズニーでは「ロジャー・ラビット」や「南部の唄」(今現在は人種差別の関係で、表舞台に出られない状態)、「メリー・ポピンズ」があり、それ以外ではワーナー・ブラザーズの「スペース・ジャム」や、「ルーニー・テューンズ バック・イン・アクション」があります。
しかしこちらはおとぎの世界のアンダレーシアはアニメですが、現実世界のニューヨークは完全に実写で描かれています。
なのでおとぎの世界の住人は現実世界に出てきた時は、思いっきり生身の人間になるのですが、逆に現実世界の住人がおとぎの世界へ行くと、完全にアニメのキャラになっているのが面白いです。

どちらかといえば、昔「天才てれびくん」でやっていた「恐竜惑星」や、「ジーンダイバー」、「救命戦士ナノセイバー」に近いです。

このアニメの部分は伝統的なアナログアニメの手法をやったのですが、制作当時既に多くがデジタルアニメとなっており、手描きで制作しているアニメはほとんどなかった為、話題になったようです。

内容は「白雪姫」に似た感じで、敵の女王に恨まれて故郷を逃げたヒロインが、別の世界の住人と仲良くなるけど、そこを敵が逃す事なく襲撃して来るというものです。
ラストになって敵がドラゴンに変身するのは「眠れる森の美女」を思わせますが、主人公の恋人をさらって高い建物に登るのはキング・コングそっくりです。
建物までエンパイア・ステート・ビルに似ていましたが、ドラゴンがさらったのがヒロインではなくその恋人で、乙女が勇敢に立ち向かうのが、意外で新鮮味があります。
穏やかだけど芯は強いのは、スタジオジブリ作品のヒロインに通じるものがあり、後の「ズートピア」の主人公ジュディ・ポップスにも受け継がれたと言えるでしょう。

勧善懲悪のシンプルなストーリーですが、本当に気軽に楽しめる作りになっていますので、一度は見る事をオススメします。
アニメキャラが現実世界に来た時、行動やセリフがあまりにもまんま過ぎて、正直滑稽に見えてしまいますが(特にエドワード王子は、ほとんどギャグキャラかトラブルメーカーである)、彼ら自身は至って真面目で悪気はちっともありませんから、見ていてつい許せてしまいますし、憎めません。
ジゼルも、かわいいですし♪


予告編です↓

この周りのおかしな連中に振り回されて困惑するロバートは、何だか「涼宮ハルヒ」シリーズのキョンを思わせました。
実際過去作品に対するパロディがあるのも特徴で、歌を歌おうとしたら「歌は良いから」とツッコまれたり、自転車に乗っている人達とぶつかったりなど、ほとんどコント状態です(笑)。
それも、この作品の魅力や売りの1つです。



出典
画像1:魔法にかけられて<映画 試写会>ディズニー映画 - OZmall.html
画像2:【実況・感想】魔法にかけられて _ ガールズちゃんねる - Girls Channel -.html


参考サイト
魔法にかけられて - Wikipedia.html
映画 魔法にかけられて - allcinema.html
Mahô ni kakerarete (2007) - IMDb.html
[PR]
by asabatyou | 2016-12-08 10:42 | 映画 | Comments(0)
今日は借りたDVDの「異次元へのパスポート」(テレビ放送版のタイトルは、「異次元への誘い」であった)を見ましたので、その事について書きます。
前から興味はありましたが、やっと見る事が出来ました。


a0265223_18474399.jpg
a0265223_1850285.jpg

スタッフ
監督 : ジョン・"バッド"・カードス
製作総指揮 : チャールズ・バンド
音楽 : リチャード・バンド
マットアーティスト : ジム・ダンフォース(ノンクレジット)
特撮 : デヴィッド・アレン


キャスト
グラント :ジム・デイヴィス
アナ : ドロシー・マローン
ジェニー : ナターシャ・ライアン
ベス : マーシー・ラファティ
スティーブ : スコット・C・コールデン
リチャード : クリストファー・ミッチャム
ガソリンスタンド店員 : ロベルト・コントレラス


ストーリー
人里離れた荒野に住んでいる、とある一家。
200年前の超新星の影響が各地に見られるとラジオが告げ始めた頃、グラント一家の孫娘であるジェニーは、緑色に発光するピラミッドのような物体を目撃する。
その物体はすぐに姿を消してしまったが、夜になって次々と異変が起こるようになり・・・。


レビュー
本当は宇宙のスピードレーサー達を主役にしたSFアクションものになるはずだったのですが、予算の関係で砂漠に住んでいる一家が、異次元からやって来た怪獣や宇宙人と遭遇する内容に変えられてしまった作品。

何故予算の関係で話が別物になってしまうんだ!?とツッコミたくなりますが、もし予定通りになっていたら後の「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」にある、スピーダー・バイクのシーンがわんさかある映画になっていたかもしれません。

基本一家に不思議な出来事が次々と起こる様を淡々と描いているので、正直ストーリー性はそんなにありません。
ピラミッドに似た緑色に発光する謎の存在や、小さい宇宙船のような飛行物体などが登場したりしますが、本当にただそういう現象を見せらているだけです。
しかもこれらを主人公一家のみの視点で語られているので、説明不足である事が否めず、「どうして、こうなるの?何故こいつらは出てくるの?一体何が目的なの?」とツッコミどころだらけです。

こんな感じではありますが、特撮は中々良く出来ていますので、ここだけでも見る価値ありです。

さて本作の一番の見所といえば、後に「ウィロー」や「ミクロキッズ」といった名作に参加する、デヴィッド・アレン(デイビッド・アレンという表記もあり)のストップモーション・アニメによる怪獣や宇宙人でしょう。

宇宙人は一部合成然としている所があり、そこは残念ですが、デザインや造形は宇宙人らしさを残しつつも神秘的な雰囲気があります。
怪獣の方はトカゲ人間みたいなウルフ・リザードと、カバ女的なトロール・レディが登場します。
比較的人間に近い体型で(獣人系というべきか)、両者が噛みつき合いながら戦う姿は、何となく「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」にあるモンスター・チェスを思わせました。
ただいくら夜だからとはいえ、暗くて見づらいところがあったのは残念でした。


劇中にあるシーンの、一部です↓

この映画、様々なトラブルに見舞われていたようで、「デビルズ・ゾーン」の完成が遅れた為撮影開始がずれ込み、監督のジョン・“バッド”・カードスと、製作総指揮のチャールズ・バンドが対立した事もあったようです。
さらにバンドは「The Primevals」に回す予算まで使い切ってしまい、その作品は中止になってしまいました。



出典
画像1:8 films on Sale for the first time, New Film of the Week, Plus New covers! in General Discussions Forum.html
画像2:Stop-motion creatures from The Day Time Ended. ....html


参考サイト
Blog - 異次元へのパスポート.html
映画 異次元へのパスポート - allcinema.html
SF MOVIE DataBank:異次元へのパスポート.html
The Day Time Ended (1979) - IMDb.html
Andrew Glazebrook @glazyuk Instagram profile - Mulpix.html


参考文献
モンスターパニックReturns!―怪獣無法地帯 (Million mook―新映画宝庫)
別冊映画秘宝世界怪獣映画入門! (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)
あなたの知らない怪獣マル秘大百科 (映画秘宝COLLECTION)
モンスターメイカーズ―ハリウッド怪獣特撮史 (映画秘宝COLLECTION (12)) _ Studio28 _本 _ 通販 _ Amazon.html
[PR]
by asabatyou | 2016-12-05 17:42 | 特撮、モンスター | Comments(0)
今日はウル魔の最新エピソードを読み終わりましたので、その事について書きます。


a0265223_17273481.jpg
a0265223_17372049.jpg



ストーリー
タバサはウルトラマンガイアとアグルの協力を得て、故郷のハルケギニアへと帰ろうとしていた。
東方号を見つけてかつての仲間達と再会したが、そこへディプラスが再び襲い掛かって来た。
アグルのおかげでディプラスは倒されたが、ラグドリアン湖の湖畔で猛威を振るっているアークボガールを止める為に、タバサ達は先を急いだ。
ウルトラマンヒカリとジャスティスのピンチを救ったガイアとアグルは、アークボガールと戦うと同時にXIGの戦闘機ファイターEX(PALという人工知能プログラムが入っている)を放った。
アークボガールはガイアとアグルによって倒されたが、まだあの巨大天使が残っている。
トリスタニアを襲う巨大天使から人々を守る為に、ウルトラマンコスモスは立ち向かっていたが、カラータイマーが鳴り始めていた。
もう駄目かと思ったその時、ファイターEXが現れた。
ファイターEXはすぐに天使を調べ、ガイアにその事を報告し、攻撃を開始しようとしていた。
それを見ていたヴィットーリオとジュリオが、初めて焦り始めた。
本来この場に存在しないはずなのに、何故・・・!?


レビュー
今回でアークボガールが倒され、タバサがやっと生まれ故郷のハルケギニアに帰る事が出来ました。
しかしタバサはガイアやアグルがいる世界へ飛ばされてしまったばかりの頃、言葉が通じなくて困っていたはずですが、いつの間にか解決していました。
そこが気になりますが、後になって分かるでしょう。
またセブンはこの時、ガイアやアグルとは初対面ですが、「頭のどこかで懐かしいという思いを感じている。」や、「別の世界の、もうひとつの兄弟たちだ」と書いてある事を考えますと、おそらく「大決戦!超ウルトラ8兄弟」を意識したのかもしれません。
ラストになってファイターEXを見て、ヴィットーリオとジュリオが焦りますが、何だかディズニー版の「白雪姫」や「バグダッドの盗賊」(1940年版)の、エンディングを思わせました。



出典
画像1:「青髪キャラ」を一人思い浮かべて開いてくださいwwwwwwww - にゃんこびより - アニメ系ブログ.html
画像2:今日も1日頑張るぞ!_ ウルトラマンフェスティバル2008 (その3)_ So-netブログ.html

本編
あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第三部-50.html
[PR]
by asabatyou | 2016-12-03 17:46 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(2)