ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

<   2017年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今月の24日ですが、以前図書館で借りた「菊次郎の夏」を見ましたので、それを書きます。
夏になったら絶対見たいと思っていた映画なので、やっと見る事が出来ました。
他にも夏を題材にした映画やアニメを色々見たいですが、経済的な理由で難しいかも(図書館にあったり、YouTubeやニコニコ動画で視聴出来れば、話は別ですが)。


a0265223_18575390.jpg
a0265223_19531006.png
スタッフ
監督、脚本 : 北野武
音楽監督 : 久石譲
プロデューサー : 森昌行、吉田多喜男
編集 : 北野武、太田義則


キャスト
菊次郎 : ビートたけし
正男 : 関口雄介
バイクの男(デブのおじちゃん) : グレート義太夫
バイクの男の友人(ハゲのおじちゃん) : 井手らっきょ
あんちゃん(やさしいおじちゃん) : 今村ねずみ


ストーリー
夏休みなのに小学生の正男は、元気がない。
父親を幼い時に亡くし、たった1人の家族のおばあちゃんは仕事が忙しくて、中々相手してくれる人がいないからだ。
そこで遠くで働く母親に会う為に、1枚の写真と住所を手がかりに出かけようと思いつく。
心配した近所のおばさんは、暇をもてあます旦那の菊次郎に送り届ける様、命令する。
2人の旅が始まったが、菊次郎は完全にチンピラで金遣いが荒く、妻からもらった旅費どころか正男の小遣いもろとも使い果たしてしまう。
だがそんな時正男が運悪く少年愛者の変質者に襲われてしまうが、菊次郎は正男を助けて、変態を叩きのめしたのだった。
その後も様々な人々との出会いや別れを繰り返しながら、2人で協力して母親を探していく内に、愛情が芽生え始めていく。
長い冒険の末、菊次郎と正男は正男の母がいる家に到着したが、彼女は既に別の男性と結婚し子供までいて、新しい家庭を築いていたのだった。
菊次郎は正男を気遣って、「どうやら、違う家だったみたいだな」と慰めるが・・・。


レビュー
ビートたけしこと北野武さんが、監督、脚本、編集、主演をこなしたロードムービーで、第52回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式参加作品。
これまでのたけしさんの映画では鋭利なバイオレンス描写があったそうですが、今回はそれを排して、笑いや涙もあるヒューマンタッチの温かい作品となっています。

前半は母親探しの旅をやりつつも、菊次郎の傍若無人な振る舞いに、正男が苦労する様が描かれるのですが、後半では今まで出会った人達との再会が描かれています。
再会した後、みんな童心に返ったかのように、だるまさんがころんだや釣り、ターザンごっこなどをして遊ぶ内に、いつの間にか親しくなり、友情や絆が芽生えていきます。
前半も勿論良かったですが、私としてはこちらの方が面白くて、印象に残りました。
失ったものはあまりにも大きかったけど、代わりに得たものも大きかったというべきでしょう。

スタジオジブリ作品でお馴染みの久石譲さんの音楽も素晴らしく(実は同じくたけしさんの映画である、「あの夏、いちばん静かな海。」から「Dolls」に至る7作品の音楽を手掛けているそうなので、アルフレッド・ヒッチコック監督の映画で例えると、バーナード・ハーマン氏みたいな感じでしょうか)、夏になったら1回は見てほしい映画です(本当にキャッチコピーの、「たくさん遊んで、すこーし泣いて。」の通りの映画です)。

ただ出演者の1人が、AV女優のつかもと友希さんだったのは驚きましたが(笑)。



予告編です↓

ちなみに主人公の菊次郎とは、たけしさんの亡き父親で塗装職人だった、北野菊次郎さん(1899 - 1979)からとったものです。
どうして実父の名前を?と思いますが、たけしさん曰く「小さい頃は「おやじがいると一気に家庭が締まる」存在だったが、「最近になって、孤独だったんだって思うようになった…。自分の思っていることを素直に出せないだけ。」 だからこそ家族で夏休みを楽しく過ごすことはしないし、できない、そんな不器用で照れ屋な男性の代表として名付けた」との事です。
劇中では正男のお供だったはずの菊次郎が、自分の夏休みを楽しんでしまうわけですが、その楽しみ方の半分は、父親と過ごした遠い夏の日の想い出で、残りの半分は望みながら果たせなかった夢の現実として描いているようです。
なので菊次郎と正男は、たけしさんとその父親自身と言えます。

一見子供とおっさんの面白冒険物だと思ってしまいがちですが、これは小さい頃両親が離婚し、悪い意味で子供のまま大人になり(だから中年親父なのに、少年と書かれている)、母のような強さを持つ嫁さんの世話になっているダメ人間だった主人公が、自分と似た境遇の正男と出会った事で、それが変わっていく話でもあります。

大人になりきれなかった大人の成長物語といえば、「ジュラシック・パーク」のアラン・グラント博士(演:サム・ニール氏)と共通しています。



出典


参考サイト

[PR]
by asabatyou | 2017-07-26 17:29 | 映画 | Comments(1)
今月の18日ですが、録画した「巨神兵東京に現わる」を見ましたので、その事について書きます。
これは「館長 庵野秀明特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」に行った時に一度見たのですが、途中からだったので、ちゃんと見るのは今回が初めてです。


a0265223_18093615.png
a0265223_18383938.png
スタッフ
製作 : 庵野秀明、鈴木敏夫
巨神兵 : 宮崎駿
監督、画コンテ : 樋口真嗣
製作 : スタジオジブリ


キャスト
ナレーター : 林原めぐみ


ストーリー
東京に1人暮らししている「私」のところに、突然弟がやってきて「明日、この街は滅ぶ」と予言めいた事を言い出す。
いつもそんな事を言わない弟を訝しく思いながらも取り合わない「私」だったが、翌日に突然異形の巨人「巨神兵」達が東京に現れ、街を焼き尽くすのだった・・・。


レビュー
「風の谷のナウシカ」に登場した巨神兵を主役にした、短編特撮映画。
所謂スピンオフ作品ですが、ナウシカとは何も繋がりはなく、完全に独立した話になっています(でもナウシカを知っていた方が、色々と分かりやすいかな)。

CGが普及した世の中で、あえてそれを一切使用せず、ミニチュアと合成にこだわった今時珍しい作品なのも特徴です。

ストーリー自体は巨神兵が東京に来て暴れるだけなので、別にないも同然ですが、ミニチュア模型の完成度が高く、巨神兵も「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」のC-3POみたいに、人間と同じ大きさの人形を後ろにいる人が棒を使って動かす(日本の人形浄瑠璃を、ヒントにしたらしい)という、あまり例のない特撮が使用されています。
さらに効果音も、1950年代から70年代までの東宝や円谷プロの特撮で使われた物なので(一部新しく作ったと思われる物や、「スーパーロボット レッドバロン」の物も流用されていた)、懐かしさだけでなく新鮮味もある作品となっています。

昔の音を使うだけでなく、巨神兵の制御不能な暴れっぷりは間違いなく「シン・ゴジラ」へと受け継がれたと言えますが(実際両者を共演させた動画も、存在する)、ゴジラは1匹で行動し作品によっては人類の味方にもなったりするけど(これは「ジュラシック・パーク」シリーズに登場する、ティラノサウルスのレクシィも同じである)、巨神兵は複数登場しずっと脅威のままなので、絶望感ではこちらの方が上です。

スタジオジブリ作品ではありますが、完全に怪獣映画なので、ある意味異色作と言えるでしょう。



特報と予告編です↓


宮崎駿さんの名前がクレジットされていますが、あくまで巨神兵の作者だからであって、実際は何もかかわっていません(庵野秀明さんの思いつきで始まった映画だが、宮崎さんの許諾を得る為に話してみたら、「いいけど、ナウシカを出すのは駄目だよ」という条件付きだった)。

元々「館長 庵野秀明特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」で公開されましたが、展示会終了後2012年のアニメ映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」と同時上映されました(ただしまったく同じではなく、エンドロールの追加や音声の調整に加え、3DCGを使用している)。



出典


参考サイト

[PR]
by asabatyou | 2017-07-20 17:26 | 特撮、モンスター | Comments(0)
今月の17日ですが、録画した「ハンナ」を見ましたので、それについて書きます。
前から興味がありましたが、やっと見る事が出来ました。


a0265223_18070534.jpg
a0265223_18430620.jpg
スタッフ
監督 : ジョー・ライト
原案 : セス・ロックヘッド
製作総指揮 : バーバラ・A・ホール
音楽 : ケミカル・ブラザーズ


キャスト
ハンナ : シアーシャ・ローナン
エリック・ヘラー : エリック・バナ
マリッサ・ウィーグラー : ケイト・ブランシェット


ストーリー
フィンランドの山奥で、元CIA工作員の父親に格闘に関するテクニックを教え込まれたハンナは、人の痛みを知らず感情を持たないまま16歳になってしまった。
すでに父親の戦闘力を超えていた彼女は、ある任務の為にヨーロッパへ向かうが、父親の同僚だったCIA捜査官のマリッサがしつこく追ってきて・・・。


レビュー
「つぐない」のジョー・ライト監督が、シアーシャ・ローナン嬢と再びタッグを組んだ、アクションスリラー映画。

一見梅津泰臣監督の「A KITE」や「MEZZO FORTE」のように、かわいい女の子が銃をぶっ放して暴れるような映画だと思ってしまいがちですが、実際は敵から逃げてその追っ手達を倒していく逃走劇です。

主人公のハンナは冷たさと影のある美少女といった感じで絵にはなりますが、正直それだけです。
ハンナ自身は改造人間として遺伝子操作されていた事や、マリッサが母の仇である事を知り、ラストで宿命の戦いが描かれますが、全体的にテンポが悪く平板なので、内容空疎な作品となっています(こういう事実を知っても「ふ~ん。あ、そう」としか思わないし、見終った後何も残らない)。

おとぎ話の要素も取り入れているらしいけど、単に劇中でグリム童話や「ヘンゼルとグレーテル」のお菓子の家そっくりの家が登場するだけで、その素材を活かしているとは言えません。

結局ローナン嬢がアクションやったら面白いんじゃねぇ?という、彼女を見せる為に作られたアイドル的映画とも言えますが、それでも本作はオススメ出来ません。



予告編です↓


こちらにも書いてありますが、ハンナの現在と目的が分かるまでの時間が長いです。
この現在の部分では、ハンナがある4人家族と出会い仲良くなるのが描かれているのですが、ここをもう少し短くしてやるべきでした。
アクションもあれば友人との出会いもあるのは「A KITE」と同じですが、 それにある爽快感や迫力はないので見習ってほしいレベルです。



出典
画像1:ハンナ - 作品 - Yahoo!映画.html(参考にも使った)


参考サイト

[PR]
by asabatyou | 2017-07-19 18:02 | 映画 | Comments(0)
昨日は遠州山梨祇園祭を見に行きましたので、それについて書きます。


a0265223_17161372.jpg
最初見た時は中々いなかったので、どうしたんだろうと思いましたが、しばらく進みましたら、行列となって移動していました。
先回りして前から見られるようにと、別の場所に移動しました。


a0265223_17195114.jpg
a0265223_17201798.jpg
先回りしてみたら、やはりすぐに全ての屋台が見られる状態になっていました。
休憩(?)していたのですが、この時ひょっとこやおかめがいたのが、何とも印象に残りました(遠州横須賀三熊野神社大祭や、それと同じ三社祭礼囃子を使用した祭典以外の祭で、ひょっとこやおかめなどを見た事がないので)。


a0265223_17263775.jpg
休憩(?)を終えた全6台の屋台は、再び動き出しました。
屋台の方ばかり注目してしまいがちですが、2日目の夜には打上げ花火をやっているようです。
動画もいくつか撮りましたので、全部投稿し終わったら、またツイッターで紹介するつもりでいます。



詳しくはこちら↓

[PR]
by asabatyou | 2017-07-17 17:28 | | Comments(0)
昨日は療育手帳を作る為の、面接に行ってきました。

こちらでも書きましたが、私は発達障害に近い人である事が分かり、今後仕事や生活しやすくする為に療育手帳があった方が良いと言われたからです(昨日しか、相手の都合の良い日がなかった為)。

最初は少し話し合った後、面接をやりましたが(前回やった物と似た感じだが、やらなかったテスト(?)もあった)、やはり結果は療育手帳があった方が良いレベルだそうです。

幼い頃どんな感じだったか?については両親の助けが必要ですが、学校ではどうだったか?も当時の担任の先生の協力が必要らしいです(主に小学生から、中学生まで)。
なので今後はアルバムや成績表などを集めて、また健康福祉センターに持ってきてほしいようです。
そうすれば、センターの人達が先生達とお話して、療育手帳がより作りやすい状況になるのですが、もうすぐ学校が夏休みになるので、完成するのに9月ぐらいになるみたいです。

今日そのアルバムや成績表などの資料集めをしている時、当時私が描いた絵(「クレヨンしんちゃん」や「ウルトラマン」、「ジョーズ」など)、少年時代の私の写真などが出てきて、ほんの少しですが過去に戻る事が出来ました。

そもそも私が、何故これをやる事になったのか?
全ては、仕事に原因がありました。
ここでも書きましたが、私が今まで働いた所は職場環境が酷かったので、嫌気が差してやめました。
その後ここでも書いたように、去年の12月から今年の2月の初めまで派遣社員として、工業薬品やその他の化学薬品の原料投入または補充する仕事の会社で働きましたが、素早さが求められるなど向いていなく長続きしませんでした(しかしそれでも派遣会社側の方が、「今あなたがいる会社の人が、「あの人は素早い動きが苦手であたふたしてるなどがあるけど、彼は彼なりに頑張っているよ」と言ってましたよ」と言ってくれた時は嬉しかった)。
そこでいつもお世話になっているサポステ(地域若者サポートステーション)に相談してみたら、4月に何が苦手かを知れる検査をやる事を教えられてやってみました。
そして5月にその結果が来たら、このようになり6月で療育手帳を作る決意をしたのです。

[PR]
by asabatyou | 2017-07-15 18:30 | 日記 | Comments(6)
今月の9日ですが、法多山の万灯祭に行ってきました。
前から興味があったのですが、やっと行く事が出来ました。


a0265223_17205071.jpg
a0265223_17212531.jpg
a0265223_17214922.jpg
a0265223_17280044.jpg
a0265223_17292168.jpg
既に大勢の人達がいまして、お店もいくつか出ていましたから、ちょっとした夏祭り気分です。
最初は万灯に火が付いてなかったのですが、気が付いた時には付いていて、ちょっと驚きました。


a0265223_17314367.jpg
これは少し暗くなった時に、撮りました。
この状態で撮影するのも、完全に夜になった時とは違った良さがありました。


a0265223_17503656.jpg
夜になって万灯の明かりが、法多山を幻想的で神秘的な世界へと変えて、独特の日本の夏や夏の風物詩の美しさが出ていました。


a0265223_18034539.jpg
これは帰る時に、撮りました。
ケータイでも撮ったのですが、不自然に光ってまともに撮れませんでしたから、ビデオカメラでやりました。


a0265223_18511805.jpg
出入り口にある、様々なお店です。
もう夜遅かったのですが、普通にやっていまして食事をしている人達も大勢いましたから、とにかく賑やかでした。


実は次の7月10日にもやっていたのですが、どうやら法多山では7月10日は一年でもっともご利益のある日と伝えられていて、その日一日お参りすれば、4万6千日分のご利益があると言われてるそうです。
この日に本尊厄除観世音に灯りを献ずれば、そのご利益は倍増するとも言われてるんだとか。



詳しくはこちら↓
7月 法多山万灯祭 _ 袋井市観光協会.html
万灯祭 _ 法多山 尊永寺.html
法多山|祭事案内 季節の催し物.html
7月 法多山万灯祭・厄除けほおずき市/袋井市ホームページ.html

[PR]
by asabatyou | 2017-07-13 18:05 | 観光、イベント | Comments(0)
a0265223_17122869.jpg
今日は時間がありましたので、「新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-」に行ってきました。
今年で新海さんはデビュー15周年なのでそれを記念して作られ、制作に関わったものが展示されていました。

キャラクター設定資料や絵コンテやレイアウト、実写と完成した映像の比較写真、アニメに登場した物を実物で再現した物、CMや短編作品を紹介、一番の売りと言える背景を紹介した映像など、幅広く取り扱っていました。

「君の名は。」の展示物がやけに多かった気がしますが、やはり最も有名で人気があるからでしょうか。
ちなみに巫女の舞をするシーンでは、プロの方々がやった物を参考にして描いたそうです。
  
他にも劇中の台詞が、天井や壁に吊るされていたり貼られていたり、今までの作品の主題歌が流れていました。

ですが私が最も印象に残ったのは、新海さんが背景の紹介映像で、「アニメなら何気ない日常風景でも、綺麗で美しくなる。実写では不可能な事だ」みたいなコメントがあった事です。
私も初代ブログでも似たような事を書きましたが、それこそがアニメの最大の強みであり魅力だと思います。
実写と違ってアニメの場合、何もかも全部作り物ですから、あらゆる世界を神秘的で幻想的にする事が出来ます(「耳をすませば」や「千と千尋の神隠し」を見た時に、それを感じました)。
私がアニメ好きになったのは、元々怪獣映画やファンタジー映画といった、非現実的なジャンルが好きだからというのもありますが、「自分達が、住んでいる所とは違う世界を見てみたい」という気持ちや欲求をより具体化したのが、アニメではないでしょうか?


a0265223_18113877.jpg
これはアンケートを書き終った後にもらった、ポストカードです。



詳しくはこちら↓

[PR]
by asabatyou | 2017-07-12 17:47 | アニメ | Comments(0)
今日は前から興味があった、「夏のふくろい 遠州三山風鈴まつり 可睡齋」に行ってきましたので、それについて書きます。


a0265223_17523761.jpg
a0265223_17530342.jpg
出入り口です。
既に風鈴がいくつも飾られていたり売られていまして、雰囲気が出ています。


a0265223_17571147.jpg
a0265223_17573841.jpg
a0265223_17580872.jpg
a0265223_17590946.jpg
a0265223_17594153.jpg
a0265223_18002011.jpg
a0265223_18005182.jpg
まっすぐに進むと、風鈴のトンネルが見えてきます。
辺り一面に飾られた風鈴は実に綺麗で、まさに日本の夏や夏の風物詩の美しさが色濃く出ていまして、必見です!!


a0265223_18061335.jpg
a0265223_18070821.jpg
a0265223_18081083.jpg
赤い風鈴で富士山を再現した、その名も赤富士風鈴です。
風鈴のトンネルとは異なり近づく事は出来ず、可睡斎の中に入った状態で、ちょっとした食事をしながら観賞します。


a0265223_18153377.jpg
これが、その食事です。
水無月ぜんざいといいまして、100食しか食べられない限定品だそうです。
ちょうど良い冷たさと甘さで冷茶とセットですから、気軽に美味しく食べられます。


a0265223_18211270.jpg
食後はしばらく赤富士風鈴を見ていまして、これは自分が座った席で撮ったものです。
ここから見る景色も、また比較的近くで見るのとは違った良さや美しさがあります。
本当は久石譲さんの、「oriental wind」が聞こえてきそうな感じで撮りたかったのですが、あまり上手く出来ませんでした。


a0265223_18333583.jpg
その後はここで働いているスタッフの方々のオススメで、可睡齋の内部を歩き回っていました。
ちょっと地下道みたいな所もあり、少し冒険心をくすぐられました。


どちらかといいますと年配の方が多かったですが、家族連れや若いカップル(女性の方は、浴衣を着ていた)、外人の方達もいました。

私はやりませんでしたが、お絵描き風鈴体験も出来ます。
他にも法多山や油山寺でも同じ事をしていまして、風鈴のデザインや食べられるスイーツがそれぞれ違います。
時間や興味のある方は、是非どうぞ♪



参考サイト

[PR]
by asabatyou | 2017-07-08 18:01 | 観光、イベント | Comments(0)
昨日はウル魔の最新話を読みましたので、それについて書きます。

a0265223_17572084.jpg
a0265223_18052117.jpg
ストーリー
ハルケギニア全土を震撼させたトリスタニア攻防戦、そして始祖ブリミルの降臨による戦争終結から早くも数日の時が流れた。
だがその平和は、またしても破られる事になった。
以前倒したはずのサタンモアとアブドラ―ルス、そしてワルドが襲撃してきた。
因縁のあるルイズや才人に宣戦布告するが、一体何が起こったのだろうか?


レビュー
今回で、何とワルドが再登場していました。
ワルドは以前エボリュウ細胞をラ・ロシュールにばら撒いて、そこの住人達を怪物に変えようと企み、自身もそれでゾンボーグになり、ルイズや才人が変身したウルトラマンエースと戦いました。
でも結局失敗して死闘の末に成敗されて死亡したはずですが、当たり前のように登場しています(サタンモアとアブドラ―ルスは、別個体がいたのかという見方が出来ますが)。

ワルドがサタンモアの背中に乗っているのですが、もしビジュアル化したら「児雷也豪傑譚」で児雷也が、大蝦蟇に乗っている感じになりそうです。

チャリジャの知り合いとされる宇宙人が登場していますが、彼が絡んでいる可能性大です。



出典


本編

[PR]
by asabatyou | 2017-07-07 18:07 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(2)
昨日は録画した「欲しがる女」を見ましたので、その事について書きます。
以前から興味がありましたが、やっと見る事が出来ました。


a0265223_19003572.jpg
a0265223_19033926.jpg
スタッフ
監督 : セバスチャン・マルニエ
製作 : キャロリーヌ・ボンマルシャン
撮影 : ロラン・ブリュネ


キャスト
コンスタンス・ボーヴォ : マリナ・フォイス
オ―ドリー・パイユロン : ジョセフィーヌ・ジャピ
フィリップ・フェラン : ジェレミー・エルカイム
ジル・ランキャン : バンジャマン・ビオレ
アラン : ジャン=リュック・ヴァンサン


ストーリー
職を解雇され生活に困った、中年女のコンスタンス。
若い頃勤めていた不動産会社の求人情報を見て、パリを離れ地元へ戻る。
しかし、元の勤務先の社長は彼女を雇う意思は毛頭なく、採用されたのはオードリーという20歳の女性だった。
コンスタンスは「あの若い女さえいなければ、私が採用される。」と思い込み、彼女に近づき、あの手この手で退職させようと頑張る。


レビュー
フランスで作られた、官能サスペンス映画。
簡単に言ってしまえば、若さに嫉妬するオバハン(実年齢以上に、老けて見える)がどんどんエスカレートして、そして遂にはムッコロしてしまうひでぇ話であります。
確かに若い子が羨ましくて、目の敵にしたくなってしまう気持ちは、よく分かります(お肌ツルツルでスベスベで瑞々しいし、それで色が白い人もいる)。
でもこの主人公はその娘のフェイスブックを調べたり、彼女をストーカーしたり覗き見するなど、やっている事は完全に犯罪で変態そのものです。
「サンセット大通り」のグロリア・スワンソンや、「愛と憎しみの伝説」のジョーン・クロフォード(演:フェイ・ダナウェイ)と同類です。

所謂悪が勝利するパターンの作品ですが、「帰ってきたヒトラー」は世界は再びヒトラーの脅威にさらされるのだろうか?という恐ろしげな結末でしたが、こちらはまったく成敗される事なく終わってしまうので、胸糞悪いだけです。

殺人を犯しておきながら何事もなかったように平然と振る舞い、オードリーのデスクを乗っ取りのうのうとする吐き気を催す邪悪ですが、ここで彼女は痛恨のミスを犯してしまいます。
すっかり油断していた為、元同僚の男性にその様子をばっちり見られてしまったのです(「何でこいつ、亡くなった子のデスク知っているんだ?・・・まさか」と、怪訝な表情で見ている)。
納得出来ない状態で終わった映画ですが、悪事をすればいつか必ずばれる日が来ますし、いずれにせよこの主人公に明るい未来や希望はありません。自業自得とはいえね。
もしも「名探偵コナン」の登場人物だったら、最後は当然逮捕されて、これらのBGMが聞こえてきそうです(笑)。
そして「全部あの女が、悪いのよ!!私から全てを奪ったあいつが、どうしても許せなかったのよぉぉぉぉぉぉぉぉ~!!」と逆恨みと逆ギレしながら、号泣すると(笑)。
もう先の展開が読めちゃったよ、おい(笑)。



予告編です↓
こちらにも書いてありますが、コンスタンスは何らかの人格障害かもしれません。
いくらオードリーが気に入らないとはいえ、自己中心的でやる事が度が過ぎていますし、普通ではありません。

また一応エッチシーンが3回ぐらいありましたが、別にあってもなくても良いかな。
確かにいやらしい体をしてるけど、そんなに重要なシーンでもないし。

サスペンス映画という事になっているものの、淡々と進んでいき緊張感もないので(あるのは、オードリーに後ろからゆっくり近付くシーンぐらい)、アルフレッド・ヒッチコックの「サイコ」(1960年版)のようなノリを期待すると、肩透かしを食らいます。



出典


参考サイト

[PR]
by asabatyou | 2017-07-06 17:54 | 映画 | Comments(0)