ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

<   2017年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

a0265223_17175585.jpg
今日は「東海道どまん中ふくろい宿場まつり2017」をやりましたので、それに参加しました(去年やった「袋井宿開設四〇〇年記念事業」を活かしたものらしい)。
太田隆文監督の「明日にかける橋」を、PRする為です。


a0265223_17192477.jpg
同じく自分も参加した、池田千尋監督の「Magic Town ~ 映画をつくろう」のすぐ近くでやる事になりましたが、何だか運命を感じました。
いつもお祭りで一緒になる、近所の方と2人会えたのも嬉しかったです♪


a0265223_17283082.jpg
ヒーローズアカデミーの山本さんも来まして、ビラを配ったりしていました(ただし雨が降ったり止んだりしたので、どうも安定しませんでした)。
総踊りをやっていましたが、基本は同じ所を行ったり来たりしていました。
また弓道をやる事もありました。


a0265223_18411801.jpg
午後になると、再び総踊りをしましたが、天気の影響で3時に終わるはずが、2時に終わる事になりました。
最初こそお客さんがいましたが、段々関係者の方々しかいなくなりました。


a0265223_19010898.jpg
まつりが終わった後、ヒーローズアカデミーと縁があって同じく「明日にかける橋」にも出演していた方(どうやらヒーローズ関連のブログでよくコメントしている、MSZ−006Zガンダムさんらしくて、そういえば袋井夏祭り2017にもいたような気がします)と、岡野橋に行きました。
「明日にかける橋」のポスターにも写っており、撮影でも使用されていてどんな所なのか興味がありました。
てっきり遠いと思ったら、この会場から歩いていける距離だったので、正直驚きました。
こんな誰も知らないような橋、よく見つけたなと思いましたが、独特の雰囲気があったので見て良かったです。



詳しくは、こちら↓
東海道どまん中ふくろい宿場まつり ※本日実施いたします/袋井市ホームページ.html
今、きみはヒーローになれ!.html
浜松アイドルユニット H&A._◇直虎!.html
歌い続けるよ、想いをのせて.html
10月28日に袋井宿と理工科大学で映画PR☆│ふくろい映画撮影にっき+・`ω・´)b.html
東海道ど真ん中宿場まつりPR隊│『明日にかける橋』製作実行委員会.html
倉布人さんのツイート_ _「袋井宿場まつり!開催しますよ! みんな、踊りに、食べに、来てくださいます!今のところ、雨があがってます! #袋井宿場まつり #総踊り #美味しいもの #物産展 #ハロウィン #ミニ電車 #クイ… https___t.co_o2PsFOAV6G_.html
倉布人さんのツイート_ _「袋井宿場まつり!開催しますよ! みんな、踊りに、食べに、来てくださいます!今のところ、雨があがってます! #袋井宿場まつり #総踊り #美味しいもの #物産展 #ハロウィン #ミニ電車 #クイズラリー_.html
倉布人さんのツイート_ _ミニ新幹線を運んできた軽トラが、Dr.yellow!( _´艸`) #袋井宿場まつり #ミニ新幹線 #乗りにおいで #雨あがってます! https___t.co_xB87kE39lY_.html

[PR]
by asabatyou | 2017-10-28 17:29 | 観光、イベント | Comments(0)
昨日で今まで録画して見ていた「涼宮ハルヒの憂鬱」を見終りましたので、その事について書きます(録画に失敗した23話は、YouTubeで見ました)。
今までは一部の話しか見てなかったので、全話見たのはこれが初めてです。


a0265223_20083021.jpg
a0265223_20120441.png
スタッフ
原作、構成協力 : 谷川流
原作イラスト、キャラクター原案 : いとうのいぢ
キャラクターデザイン : 池田晶子
音楽 : 神前暁(monaca)
アニメーション制作 : 京都アニメーション
製作 : SOS団


キャスト
キョン : 杉田智和
涼宮ハルヒ : 平野綾
長門有希 : 茅原実里
朝比奈みくる : 後藤邑子
古泉一樹 : 小野大輔
鶴屋さん : 松岡由貴
谷口 : 白石稔
国木田 : 松元恵
キョンの妹 : あおきさやか


ストーリー
県立北高校に入学したキョン(本名不明。ちなみに同名の動物が実在するが、無関係)は、同じく新入生である涼宮ハルヒの自己紹介に、驚きを隠せなかった。

「東中出身、涼宮ハルヒ。 ただの人間には興味ありません。 この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者が居たら私の所に来なさい。以上!」

「これ、笑うとこ?えらい美人が、そこにいた」

常に面白い事を追い求めているハルヒは、ひょんな事からキョンを気に入り、それ専門の部活SOS団(「世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団」の略)を作り、長門有希や朝比奈みくる、古泉一樹が仲間に加わったが、この3人は普通の人間ではなかった。

長門は宇宙人でみくるは未来人、古泉は超能力者で、実はハルヒには自分の理想や夢を実現化出来る力を持っている事が明らかになるが、彼女はまったくそれに気づいてなかった・・・。


レビュー
谷川流さんのライトノベル「涼宮ハルヒ」シリーズを、テレビアニメ化したもの。
最初は2006年に放送されまして、その時は14話しか放送されず、話の順番も滅茶苦茶に放送されました。
ですが2009年版では、2006年版を時系列順にしただけでなく、新作エピソードを加えて全28話のアニメとして放送されました。
私が思うに、2009年版さえ見てしまえば、本作は制覇したも同然です。

内容は刺激を求めているハルヒが、SOS団を作るきっかけを作ってくれたキョンや、宇宙人の長門有希、未来人の朝比奈みくる、超能力者の古泉一樹と共に、様々な事に挑戦したり出かけたりする様を描いているので、学園物やSF物でもあります。

正直ハルヒは己の目標達成の為なら手段を選ばないので、賛否両論になるかもしれませんが、人生を楽しむ為に行動をしているので、文句ばかりで何もしようとしない谷口よりは、マシと言えます。
本当色んな事やっていますから、充実した人生を送っているので、何だか羨ましく見えてくるのも事実です。

一見萌えアニメのような印象を受けますが、ハルヒ中心に世界が動いている為、不可思議な出来事が次々と起こるので、幻想的かつスケールがデカくて哲学的です。

また朝倉涼子や喜緑江美里のような得体の知れなさや、主人公側でも「〇〇の言う事は、あまり信用しない方が良い」という話があったり、BGMも妙に気味悪かったりと、どこか混沌とした不気味さを感じさせるアニメでもあります。

とにかく色んな事を考えさせられるアニメなので、見応えたっぷりです。
流石2000年代を、代表するアニメといったところか。
下手に恋愛要素がなかったのも、良かったです。
もしあったら、途端に安っぽくて低俗な作品になってしまい、大衆の心を鷲掴みする事はなかったかもしれません。

最後になりますが、「長門は俺の嫁」という言葉があった理由が納得出来ました(笑)。
はっきり言って本作に登場するキャラの中で、一番頼りがいがあって頼もしいです。
キョンが朝倉に殺されそうになった時でも彼を助けましたし、「エンドレスエイト」(詳しくは、また後で語ります)でもただ1人記憶をなくさなかったり、自主映画を作っている時異変が起こった時でもキョンを守りましたから、最も信頼出来ます。
これは人気者になれて、当然です。
私も長門有希は、好きなので(笑)。


第1話です↓

けど今は忘れられた感じで、その頃の面影はなくなっています。
その結果となったのが、先程書いた「エンドレスエイト」ではないかと。

「エンドレスエイト」とは、ハルヒ達が楽しい夏休みを過ごしたいと思って色々遊ぶのですが、ハルヒ自身悔いが残っていた為、それを何度も繰り返してしまうループ物です。
長門が買うお面が毎回違っていたり、同じセリフでも言い方が違っていたりなど異なる部分はいくつかありますが、基本は同じです(ループしているところは早送りでやった、イブ・メルキオール監督の「タイム・トラベラーズ」や、繰り返している事に気付いて、それぞれ違う事をやった「夏色キセキ」と異なり、殆ど違いがない)。
しかも8回もやったので、何も知らないで見ていた時は、「一体いつまで続くんだろう?」と思ったものです(でも見終った後の、達成感はあった)。

この時期のハルヒは新刊となる「驚愕」の発売が遅れており、人気に陰りを見せ初めていたらしいです。
それだけにこの新アニメは、ハルヒ再起の起爆剤になることが期待されていたのですが、この一件でファンを激怒させ、コンテンツの衰退を急速に加速させてしまいました。
そして翌年の劇場版消失の公開、驚愕の発売をもってしてもコンテンツに勢いは戻らず、2015年の「長門有希ちゃんの消失」のアニメ化まで、ハルヒというコンテンツは、ほぼ完全に停止する事になりました。
この一件で角川と京アニの関係が、悪くなったのではとも言われているみたいです。

しかしコアなファンもいるので、賛否両論というべきでしょう(実際それを題材にした、完成度の高い漫画も作られた)。


出典


参考サイト

[PR]
by asabatyou | 2017-10-25 17:54 | アニメ | Comments(4)
今日は芝八幡神社大祭(祭典の表記もあり)の、千秋楽について書きます。
これで、全てが終わります。


a0265223_10594618.jpg
千秋楽をする為、祢里行列に参加しようとする山栄車です。
前から気付いていましたが、大太鼓の音が前より少し低くなったような・・・。


a0265223_11023395.jpg
a0265223_11030603.jpg
a0265223_11034145.jpg
東栄車、天王車、時和車、新栄車も、この行列に加わり、浅栄社とあ組(1号車と2号車)、と組、み組が来るのを待ちます。


a0265223_11060674.jpg
み組が通った後、山栄車が動き出し、後ろにいる祢里も行動を開始します。


a0265223_11074489.jpg
この祭典の、全ての祢里を撮りました。
上から浅栄車、あ組(1号と2号)、と組、み組、山栄車、馬場車、時和車、東栄車、新栄車、川端組です(天王車のみ満足出来る写真が撮れなかったので、残念ながら無理でした)。
「良かったら、引いたら?」と言われましたが、あまりにも人が多すぎて自分が入り込む余地はないと思ったので、撮影に専念しました。


a0265223_11202186.jpg
全12台祢里が祭典本部に集合し、千秋楽をやります。
千秋楽は映像のみ撮りましたので、写真は1枚も撮っていません。


a0265223_11430228.jpg
千秋楽が終わって、祢里が祭典本部を離れていきます。


a0265223_11471542.jpg
東栄車は祭典本部を出た後近くで休憩し、また動き出しました。


a0265223_11510868.jpg
近くをグルグル回った後、最後は無事自分の会所に帰れました。
今年は天気にちっとも恵まれず、怪我人が1人出てしまいましたが、それ以外は大きな事故や問題もなく終れました。
最近何かと物騒ですが、今後もこのお祭りが末永く出来ますように・・・。

映像については全部投稿し終わったら、こんな感じでツイッターで紹介します。


詳しくはこちら↓

[PR]
by asabatyou | 2017-10-21 11:12 | | Comments(2)
a0265223_17151349.jpg
昨日は太田隆文監督の、「明日にかける橋」の製作実行委員会スタッフ会議に参加しました。

チケットが完成しましたので、チケットぴあや森町観光協会、袋井観光協会で購入する事が可能になりました。
なので知り合いなどに、声をかけてくださいとの事です。

またクリスマスシーズンに試写会が決まったのですが、その時誰がどの役割を担当するかを話し合ったり、今月の28日にPRイベントをやる事が決まったので、そのチラシも貰ったりしました(新しいポスターも、貰いました)。


会議が終わった後実行委員の方の1人が 、何とご自分で仕留めた鹿肉の差し入れを頂きました!!
a0265223_17345956.jpg
鹿の肉は今まで食べた事がなかったのですが、ローストビーフみたいな味で大変美味しかったです!!
正直、結構バクバク食べてしまいました(笑)。
ちなみにこれは、映画撮影中の中打ち上げの時に女優さん達に振舞って大好評だったから、実行委員会の皆さんにも食べてほしいとやったのだそうです。
ありがとうございます!!そしてご馳走様でした!!


詳しくはこちら↓

[PR]
by asabatyou | 2017-10-20 17:53 | 明日にかける橋 1989年の想い出 | Comments(0)
今日は袋井市浅羽芝八幡神社大祭(祭典)の最終日である、10月15日について書きます。


a0265223_18555338.jpg
a0265223_17301588.jpg
最初東栄車は近くで役太鼓をした後、祭典本部で休憩して自分の会所に帰りました。
その後昼食しましたが、出発前に三社祭礼囃子をしました。


a0265223_18161280.jpg
a0265223_18165060.jpg
a0265223_18171738.jpg
a0265223_18174857.jpg
a0265223_18181277.jpg
a0265223_18195152.jpg
全11台の祢里(川端組も入れると、12台になるが)が、神社に行くところです。
実はこの時祢里にひかれた人が出てしまったようで、救急車に運ばれていました(流石にその時の映像や写真は、被害者に申し訳ないので撮らなかったが)。
私も、今後は気を付けなくては・・・。


a0265223_18314037.jpg
まさかの怪我人が出てしまい、一時的に暗く重々しくなってしまいましたが、すぐにまた元の賑やかさを取り戻しました。


a0265223_18400377.jpg
天気が悪かったので浦安の舞は、神社の中でやりました。
三社祭礼囃子の奉納もそうでしたが、違う所で見ようと思って移動したら、もう人で一杯で見られなかったので仕方なく帰宅しました(お手洗いも、済ませたかったし)。


a0265223_18500672.jpg
再び神社に行った時、ちょうど祢里が動き出していましたが、天気の影響で御神輿や2015年度からやるようになった、流鏑馬童子還しはやりませんでした。


a0265223_19002548.jpg
無事会所に帰れた東栄車は、そのまま夜の準備をします。


本当は千秋楽の事まで書きたかったですが、それだと記事が大きくなりすぎてしまうので、次の機会にやります。


詳しくはこちら↓

[PR]
by asabatyou | 2017-10-18 17:34 | | Comments(0)
今月の14日は袋井市浅羽芝八幡神社大祭(祭典の表記もあり)の2日目で、その事について書きます。


a0265223_17280943.jpg
浅岡八幡神社祭典の、浅圓車(せんえんしゃ)です。
朝5時ぐらいに自宅を出た時、どこも祢里や屋台が出ていなかったので、今年は天気が悪いからやらないのかなと思っていたら、5時半になって動き出しました。
どうやら外出するのが、早すぎたみたいです。


a0265223_17362755.jpg
長溝桑原神社祭典の、長栄車(ちょうえいしゃ)です。
2013年まではパディの集まりに参加していましたが、今ではすっかりやらずに単独行動をしてました。
またいつか出てきてほしいです(色々と、都合が悪いのかもしれない)。


a0265223_17424570.jpg
a0265223_17431142.jpg
a0265223_17433761.jpg
a0265223_17441618.jpg
a0265223_17444283.jpg
パディを目指した浅圓車は、そこで芝八幡神社大祭のみ組と馬場車と合流します。
み組が役太鼓をした後、それぞれ別行動して解散となります。


a0265223_17554072.jpg
a0265223_17561225.jpg
a0265223_17564156.jpg
a0265223_17571019.jpg
a0265223_17575277.jpg
安全祈願の為に神社に行く東栄車ですが、その時川端組と会いました。
去年復活した時は出し人形が米俵でしたが、今年は出世大名家康くんと出世法師直虎ちゃんでした。


a0265223_19122835.jpg
神社を離れた東栄車は祭典本部に行って休憩した後、自分の会所に帰りました。
昼食をした後12時5分に出発し、他の祢里と共に会所廻りをします。


a0265223_19195264.jpg
a0265223_20342102.jpg
浅栄社、天王車、馬場車、時和車、東栄車、新栄車の5台が神社が集まり、会所廻りが始まりました。
一番驚いたのは、新栄車の万灯の後ろに書いてある字が、「このハゲー」だった事です(笑)。
最近「秘密結社 鷹の爪」で豊田真由子ネタがあるのを見ましたが、まさかここでもおもちゃにされるとは(笑)。
正直野々村竜太郎元県議以来のMAD議員なので、こうなるのは当然かも(笑)。


a0265223_20410229.jpg
a0265223_20421955.jpg
a0265223_20430416.jpg
馬場車の会所です。
新栄車の「このハゲ―」を撮影した事でそこの人達に気に入られて、家の所だけ撮ってYouTubeに投稿してほしいと言われましたが、他にも撮りたい祢里があったので、残念ながらそれは出来ませんでした。


a0265223_21225102.jpg
馬場車の会所を離れた後、天王車の会所に行きました。
この時今年の池田千尋監督の、映画ワークショップの参加者と思われる人がいました。


a0265223_21270597.jpg
a0265223_21275876.jpg
a0265223_21284378.jpg
a0265223_21341297.jpg
東栄車の会所です。
ここに着くまでの間ですが、私が撮影している時に浅栄社の方達が「イエ~イ」とやって来たり、新栄車の人達が「家の美人達を撮ってほしい」、「「このハゲ―」と書いてある所を映した後、禿げ頭(実際はスキンヘッドだったが)の人達を映してほしい」とリクエストされました(笑)。
この時池田監督の映画ワークショップの常連である女の子と再会しましたが、山口淳太監督の「私の袋井物語★THE MOVIE講座〈ショートムービーのつくり方〉」を既に知っていました。


a0265223_22084342.jpg
a0265223_22091072.jpg
時和車の会所です。
この後新栄車の会所に行く事になるのですが、私は映画のエキストラに参加する事が決まっていたので、参加したのはここまでです。

実は映画に出演したり参加した事があると話しますと、「凄い」や「いいな」と言われますが、私の場合はヒーローズアカデミーのエキストラ登録しているので、正直やろうと思えば誰にでも出来るチャンスはあります。
勿論今これを読んでいる、あなたにもです。
映画に出演する事は、決して特別な事ではありません。
ただ私の経験を考えますと、いくら登録してもヒーローズアカデミーに所属している人達が優遇されますし、現場の状況も作品によって異なります。
株式会社ウェイクアップでもエキストラのバイトがありますが、やった事がないのでどんな感じなのかは不明です。


a0265223_23040677.jpg
新栄車の会所を後にして、浅栄社、天王車、馬場車、時和車、東栄車、新栄車の5台が祭典本部に行くところです。
出かける途中だったので、ケータイで撮りました。



詳しくはこちら↓
ヒーローズアカデミー|エキストラ募集.html
エキストラスタッフ募集!! - 株式会社ウェイクアップ.html
ここいらへんのお祭り.html

[PR]
by asabatyou | 2017-10-17 17:44 | | Comments(1)
a0265223_17064199.jpg
今月の13日から15日は、芝八幡神社大祭(祭典の表記もあり)や袋井の祭りをしていましたので、その事について書きます。
今回は前夜祭である、13日の事を書きます。


a0265223_17110607.jpg
芝八幡神社大祭の祭典本部で、全てはここから始まります。
12日の時点で殆ど準備が終わっていたのですが、去年と同じくあ組1号車が午前に近くまで来るので、その為だったかもしれません。


a0265223_17174486.jpg
a0265223_17181089.jpg
a0265223_17183934.jpg
あ組1号車が神社に向かって、移動しているところです。
去年は2011年と同じく土蜘蛛でしたが、今年は1999年と同じ吉原雀でした(見た目からして、おそらく新造)。
幼馴染とも再会して交通係をしていましたが(この時と同一人物)、同世代で祭りに参加する人が中々いないとの事です。
途中で幼稚園児だと思うのですが(浅羽北幼稚園だろうか?)、子供達が加わってより一層賑やかになりました。


a0265223_17294366.jpg
a0265223_17302968.jpg
a0265223_17311139.jpg
a0265223_17314838.jpg
途中から浅栄社や馬場車が加わり、安全祈願をしたり(み組の人達も同じ事をしていた)記念写真を撮ったりしていました。
あ組1号車が役太鼓をした後、神社を後にしていきました。
この時幼馴染の女子がいましたが、こちらに気づいている様子はありませんでした。
また池田千尋監督の映画ワークショップで、いつも一緒になる三ヶ尻光孝(ミカジリソラという表記もあり)さんや、9番馬さんもいました。


a0265223_17492244.jpg
馬場車のみ別行動でしたが、浅栄社とあ組1号車はそのまま祭典本部に行き、あ組がまた役太鼓をしました。


a0265223_17551324.jpg
他のお祭りも見てみたいと思って外出しましたが、結局見られたのは袋井の祭りだけでした(これら以外にも後1台見かけたが、撮影する暇はなかった)。
誠柳車と諸井の祭典の諸井車が何故か一緒にいましたが、それ以上に驚いたのが誠柳車がいつも袋井駅の近くでやっている、お馴染みの祭りのメンバーではなかった事です。
調べてみたら赤尾渋垂郡辺神社の屋台だそうですが、同じ赤尾渋垂郡辺神社の屋台でも睦美車や高稜車、飛龍車などの名前はあるのにどうもよく分かりません。
けどそのパンフレットには赤尾渋垂郡辺神社の名前があり、二十町屋台連合曳き廻しと書いてありますが、それに誠柳車も含まれているのでしょうか?


a0265223_19041670.jpg
祭典本部に馬場車が休憩していたり、東栄車がその近くにいたりしました。
ちなみに私が祢里を引いたのはこの時だけで、後は後ろから押していたり撮影したり、後をつけたりしていました。


a0265223_19545609.jpg
浅栄社、馬場車、東栄車、新栄車の4台でしばらく行動を共にしましたが、浅栄社は途中で自分の会所に帰り、天王車が加わりました。
2015年度のこの祭典で共に山車係だった人や、池田千尋監督の映画ワークショップに参加している常連の女の子といった、知り合いとも再会出来たので嬉しかったです♪
お祭りのもう1つの魅力と言ったら、やはりそこではないでしょうか?
天気は最悪でしたが、前夜祭はこんな感じで終了しました。


詳しくはこちら↓

[PR]
by asabatyou | 2017-10-16 17:18 | | Comments(1)
今月の3日ですが、ニコニコ動画で「にょろーん☆ちゅるやさん」を見ましたので、その事について書きます。
今まで一部しか見た事がありませんでしたが、全話見たのはこれが初めてです。


a0265223_19045750.jpeg
a0265223_19094485.jpg
スタッフ
監督 : 武本康弘
原作 : 谷川流、いとうのいぢ、えれっと
キャラクターデザイン : 西屋太志
アニメーション制作 : 京都アニメーション


キャスト
ちゅるやさん : 松岡由貴
キョン : 杉田智和
涼宮ハルヒ : 平野綾
長門有希 : 茅原実里
朝比奈みくる : 後藤邑子
古泉一樹 : 小野大輔
あしゃくらりょうこ : 桑谷夏子
谷口 : 白石稔


ストーリー
スモークチーズが大好きな小さい女の子ちゅるやさんは、キョンや涼宮ハルヒといったお馴染みの仲間達に、スモークチーズについて色々話すが、ちっとも相手にされない。
そんな周囲の冷たい反応に、ちゅるやさんは「にょろーん」とつぶやくしかなかった。


レビュー
「涼宮ハルヒ」シリーズに登場する鶴屋さん(フルネーム不明)をモデルにしたちびキャラ、ちゅるやさんを主役にした4コマ漫画を、アニメ化したもの。
元々えれっとさんという方のサイト、「うつらうららか」で連載していた同人作品で、「涼宮ハルヒ」シリーズの作者である谷川流さんの作品ではありません。

「涼宮ハルヒ」といいますと、テレビアニメになった「涼宮ハルヒの憂鬱」があり、そこでは面白い物を常に追い求めているハルヒが、キョン(本名不明の一般人だが、ハルヒがSOS団というそれ専門の部活を作るきっかけを作った)や宇宙人である長門有希、未来人の朝比奈みくる、超能力者の古泉一樹と共に、様々な事に挑戦したり出かけたりする様を描いています。

しかしこちらでは、そのような学園物やSF物の要素はまったくなく、ほのぼのとした日常系となっています。
キャラクターにも本家と異なる描写があり、ほぼ全員が無気力でちゅるやさんに対して冷たい態度をとります(唯一そんなに変わっていないのは長門有希だが、やはり冷たい)。
特に一番変わっているのは、朝比奈みくるでしょうか。
本家ではおどおどでおっとりとしているのですが、こちらではドスの利いた姉御肌を思わせる声になっています(みくる役の後藤邑子さんの地声まんまらしいが、それでOKになったという。ゴットゥーザ様というべきか(笑))。

このようになっていますが、純粋にエンターテインメントとして楽しめるので、「トムとジェリー」や「ベティ・ブープ」などと同じ短編アニメだから、気軽に見られます。
ちゅるやさんも、カワイイですし♪



本編です↓


本作のキョンですが、「五百年後の世界」に出てくる兵隊ロボットみたいな顔してるのに、声は今は亡き塩沢兼人さんみたいなイケメンボイス且つ妙にエロく喋っているので、却って笑えて印象に残ります(笑)。
他にえれっとさんの作品で「らき☆すた」の二次創作、「ぶーぶーかがぶー」がありますが、こちらも同じく公式公認となっています。



出典


参考サイト

[PR]
by asabatyou | 2017-10-12 17:55 | アニメ | Comments(0)
10月8日は大須賀秋祭りの山崎や大渕の祭典や、笠原地区の祭典を見ましたので、その事について書きます。


a0265223_17242727.jpg
a0265223_17245123.jpg
山崎地区にある、石津のい組です。
本当は笠原地区の祭典を最初に見ようかと思っていたら、すでに休憩状態だったので、急遽変更する事にしました。
今までは偶然見かけただけだったので、まともに見たのは今年が初めてとなりました。


a0265223_17350927.jpg
次は大渕の祭典を見ましたが、着いた時はもう祢里達が帰っている途中でした。


a0265223_17512210.jpg
10台近くいた祢里の中の4台は野中に移動し、祭典本部に入って、三社祭礼囃子をやりました。


a0265223_17574258.jpg
帰りに芝八幡神社大祭(祭典という表記もあり)でお馴染みの新栄車が、祢里小屋の準備をしていました。
毎年見る光景ではありますが、こんなに早いのは今年が初めてでは?


a0265223_18021733.jpg
夜は笠原地区の祭典を見ました。
ヤクルトと書かれた建物の駐車場が比較的広いので、そこに集まって千秋楽をやっていました。
しかし三沢地区のみ組とか組が来る気配がまったくないので、どうなっているのかと近くにいる人に聴いてみましたが、昼間はふれあい広場に全員集合するけど、千秋楽では近くにいる祢里達だけで集まってやるそうです(その時の写真がありました)。
なのでこれに参加したのは、か組、み組、に組、ひ組、志茂久の5台だけです。
千秋楽のやり方ですが、祢里の名前を言ったりしたり話があるわけでもなく、いつの間にか終ってしまったので、ちゃんと撮れませんでした。


a0265223_19055528.jpg
千秋楽の終了後三沢地区祭典を見に行きましたが、いたのはみ組だけでした。
前日は夜になると下の花のみ巻く、本家遠州横須賀三熊野神社大祭と同じだったのに、こちらは昼間と同じ姿だったので、違和感がありました。
撮っている時に近くにいた人から、「どこから来たのですか?」「綺麗な娘がたくさんいるから、インタビューしなよ」と冗談交じりで言われたりしました(笑)。
そこの人は自分のお祭りが大好きですが、他の祭りを見る事はないようで、地元の人々の数が多いのか少ないのかは不明みたいです。


a0265223_21094514.jpg
その後は志茂久の後をつけたり、に組やみ組を見て帰りました。



詳しくは、こちら↓

[PR]
by asabatyou | 2017-10-11 17:40 | | Comments(2)
10月6日から8日までは多くの地域で祭典をやっていましたので、それを見に行きました。
6日は天気が悪かったので無理でしたが、7日からは晴れてくれたので助かりました。
今回は7日について、書きます。


a0265223_17183050.jpg
a0265223_17192641.jpg
最初は大坂五地区(矢柄神社)祭典を見ました。
着いた時祭りをしている気配が何も感じられませんでしたが、しばらく進んだら三社祭礼囃子が聞こえてきたので、近付いたら3台いました。


a0265223_17255242.jpg
a0265223_17310010.jpg
祭りを見る前に買ったおにぎりを食べたのは良かったですが、どうも足りなかったので、少し買おうと思って歩き出した時に見た祢里です。
一番上の祢里は、2015年の10月30日にやった掛川市の市制10周年記念をした、祝賀まつりに出ていたような気がします(似ているだけの、別の祢里の可能性もある)。


a0265223_18183263.jpg
サンドイッチを買って食べた後、ちょうど満腹になったので移動したのですが、もう午後1時ぐらいだったので休憩していた祢里達は動き出していました。
ただ祢里を見かける回数は、日曜日と比べると随分少なかったです。


a0265223_18264225.jpg
矢柄神社祭典を見終った後、大須賀秋祭りの1つを見ました。
場所は大渕の野中という所だそうですが、私が幼少時代からお世話になっている遠州横須賀三熊野神社大祭をやっている、横須賀のすぐ隣なので結構簡単に行けます。
本当は10台近く祢里がいるのですが、今回はの組しか見ませんでした。
今まで殆ど見た事なかったですが、まともに見たのは今年が初めてになりました。


a0265223_18421347.jpg
夜は袋井市にある、笠原地区の祭典を見ました。
この祭りも今までちゃんと見た事がなかったので、まともに見たのはこれが初めてです。
ひ組の方からコーヒーをもらいましたが、ありがとうございます!!↓
a0265223_19243046.jpg
弟が飲まないだろうと思って飲んでしまったのですが、私も以前弟のパンを間違えて食べてしまった事があったので、お互い様です。


a0265223_19264187.jpg
同じく笠原地区にある、三沢の祭典です。
か組とみ組がいまして、向き合った状態で非常に楽しくやっていました(大体こんな感じ)。


a0265223_20113701.jpg
その後再び笠原の祭典を見たのですが、山し人形が井伊直虎であるみ組(三沢のみ組とは別物。昔は上の花が、掛川市の八坂神社祇園祭に似た感じだったらしい)の方に、「どこから来たのですか?」「熱心に撮っていましたが、お祭りが好きなのですか?」と質問されたりしました。


笠原の祢里は、み組やか組といった同じ名前がやけに多く、それで今と昔で姿が違っていたりするので、非常にややこしいです。
正直どれが何なのか、分かりにくかった・・・。


詳しくはこちら↓
三沢のお祭り│袋井笠原 高橋モータース.html
笠原地区.html
ここいらへんのお祭り.html
お隣 大坂五地区祭典│生まれ変わってもここ横須賀に….html

[PR]
by asabatyou | 2017-10-10 17:28 | | Comments(0)