ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

<   2017年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

昨日はYouTubeで「ドラキュラとせむし女」を見ましたので、その事について書きます。
前から興味がありましたが、やっと見る事が出来ました。


a0265223_15353903.jpg
a0265223_15404962.jpg
スタッフ
監督 : アール・C・ケントン
製作 : ポール・マルヴァーン
脚本 : エドワード・T・ロウ・ジュニア(クレジットでは、エドワード・T・ロウ)
音楽 : ウィリアム・ラバ(ノンクレジット)


キャスト
ドラキュラ伯爵 : ジョン・キャラダイン
狼男/ローレンス・タルボット : ロン・チェイニー・ジュニア(クレジットでは、ロン・チェイニー)
フランケンシュタインの怪物 : グレン・ストレンジ
エーデルマン博士 : オンスロー・スティーブンス
ニーナ : ジェーン・アダムス
ミリザ・モレル : マーサ・オドリスコル


ストーリー
エーデルマン博士の邸宅に、ラトス男爵と名乗っているドラキュラ伯爵がやって来た。
罪なき人々の生血を吸って何百年も生きている彼は、この呪いから解放される為に博士の所に来たという。
彼を治療する事にした博士だったが、そこへローレンス・タルボットも狼男化を防ぐ為に、博士を訪ねてくる。
博士は彼の悩みも引き受けるが、この近くにある洞窟で眠っているフランケンシュタインの怪物が発見された。
こうして三大怪物が一ヶ所に集合する事になったが、ドラキュラは治療を受けている時に自身の血を博士に注入し、博士は徐々に凶暴な殺人鬼となってしまう・・・。


レビュー
ドラキュラ、フランケンシュタインの怪物、狼男といったユニバーサル・モンスターの看板キャラ3名を共演させた、「フランケンシュタインの館」の続編(その為これのエンディングで、フランケンシュタインの怪物と共に底なし沼に沈んだニーマン博士が、白骨死体として登場している)。

このストーリーを読めば分かるように、かつて人類の脅威だったはずの怪物達がただの病人に成り下がり、もはや昔の威厳もへったくれもありません。
ジョン・キャラダイン演じるドラキュラは出番こそ前より増えましたが、血を吸う事はないので、正直普通の人間と変わりません。
狼男も相変わらず悩んでいる事は、自分の意思と関係なく怪物に変身してしまうありきたりなパターンで、新鮮味がありません(前作で死亡したはずなのに、当たり前のように生き返っているので矛盾している)。
フランケンシュタインの怪物については殆ど眠ってばかりで、動き回るのは最後の数分間のみで、ドラキュラや狼男と異なり話に絡んでこないので、正直いなくても問題になりません(本当にただ出てきただけって感じ)。
前作と同じで今回も怪物達の絡むシーンはなく、単体で暴れまわるシーンしかないので、共演させた意味なしです。

ただ患者の面倒を見ようと思ったら、逆にその陰謀によって怪物になってしまう意外(?)な話が展開されるので、思っていたより楽しめました。
けど言い方を変えると、別にユニバーサル・モンスターでなくても良いかなという気もしますが(例えばある医者の邸宅に患者がやって来るが、その正体は地球侵略を企んでいる宇宙人で、まんまとハメられた医者はその手先になってしまう話でも、問題ないはず)。

期待していないで見ましたが、そんなに悪くない映画なので、興味のある方は見て損はないと思います。



予告編と本編です↓


ちなみに日本でDVDが発売された時、邦題が原題を直訳した「ドラキュラの屋敷」となっているのは、せむしが差別用語で今では不適切で使用不可能だからでしょう(ニーナという看護婦がせむし女だが、まだ若くルックスは比較的良い方である)。
またこの映画で一番得したのは、狼男ことローレンス・タルボットでしょう。
やっと普通の人間に戻れたと同時に、最後はヒーローポジションになるので、救いのある結末となっています(「狼男」(1941年版)→「フランケンシュタインと狼男」→「フランケンシュタインの館」と順番に視聴すれば、彼がいかに苦労していたかがはっきりと分かる)。



出典


参考サイト


参考文献

[PR]
by asabatyou | 2017-12-09 12:15 | 特撮、モンスター | Comments(0)
昨日は家族が借りてきた「リトル・マーメイド」を見ましたので(後に同じタイトルでテレビアニメ化されたので、区別する為に1989年版と表記します)、その事について書きます。
名作ですが、ちゃんと見たのは今回が初めてです。


a0265223_22073616.jpg
a0265223_22310862.jpg
スタッフ
監督、脚本 : ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ
製作 : ジョン・マスカー
原作 : ハンス・クリスチャン・アンデルセン
音楽 : アラン・メンケン


声の出演
アリエル : ジョディ・ベンソン
セバスチャン : サミュエル・E・ライト
フランダー : ジェイソン・マリン
エリック : クリストファー・ダニエル・バーンズ
トリトン : ケネス・マース
アースラ : パット・キャロル
フロットサム、ジェットサム : パディ・エドワーズ
スカットル : バディ・ハケット
マックス : フランク・ウェルカー(ノンクレジット)


ストーリー
16歳の人魚姫アリエルは人間界に憧れていて、沈没船にあった物を取っては秘密の場所にそれを集めていた。
ある日海上を航海していた船に興味を持って覗き込んで見たら、同乗していた王子のエリックに一目惚れしてしまう。
運悪くその船が事故に遭いアリエルはエリックを救出するが、彼もそんなアリエルの可憐な姿や美声に惹かれるのだった。
人間は野蛮で危険な種族だから交流を持つ事は禁止されているのを知りながら、エリックの事で頭が一杯なアリエルに、目を付けた海の魔女アースラだった。
「人間にしてやっても良いが、その代わりにお前の美声をもらう」、「3日の内にエリックとキスをしないと、元の人魚に戻る」という条件で、人間に変身するアリエルだったが・・・。


レビュー
ディズニーがハンス・クリスチャン・アンデルセンの「人魚姫」を、アニメ映画化したもの。
元々ウォルト・ディズニーは戦前「人魚姫」に興味を持ち、第2次世界大戦中だった1940年代から、この作品をアニメ化する構想を練っていたらしいので、本作はそんな彼の願いを叶えたと言えます(ただし本作が作られたのは、ウォルトの死から23年経った1989年であった)。
ちなみに童話を原作とする作品としては、1959年の「眠れる森の美女」以来30年振りとなりました。

内容は至ってシンプルで、人間に恋した人魚が掟に背いたり、凶悪な魔女に利用されながらも人間になる事を選ぶというものです。
よくありがちなパターンではありますが、テンポ良く進んでいき、音楽や絵も綺麗なので(と同時に、印象に残る曲ばかり)、誰が見ても楽しめる作品となっています。

アースラがアリエルとエリックの仲を引き裂く為に、魔法を使ってヴァネッサ(バネッサ)に変身するところは、過去に作った「白雪姫」(1937年版)にある女王が魔女に変身するシーンの逆パターンになっているのが面白く、ヴァネッサの正体に犬だけが気付いているのは、「ターミネーター」シリーズを思わせます。
鏡に正体が映るのは「魔人ドラキュラ」や、「ジャックと悪魔の国」と共通しています。

個人的に一番燃えたのは、「ウルトラマン」シリーズの敵宇宙人みたいに、アースラが巨大化するところです。
下半身が黒いタコなので、どこかクラーケンを連想させますが、結構あっさり倒されちゃっているので、そこが唯一不満でした。
アースラ自身部下思いで、間違って殺害していた時はショックを受けていたので、どこか憎めないキャラでしたが・・・。

実は続編としてOVAが2本が作られましたが、2作目の「リトル・マーメイドII/Return to The Sea」は本作の後日談を描き、3作目の「リトル・マーメイドIII はじまりの物語」は、これの過去を描いた内容となっています。

2008年から舞台化され、日本でも劇団四季により2013年から上演されていたりします。

ウォルトなしでも十分面白かったですが、もし彼が存命中に作られていたら一体どうなっていたのか?それが気になる作品でもありました。



予告編です↓







原作となった「人魚姫」は、王子様に惚れたから人間になると同時に話せなくなるのは同じですが、結局結ばれずに死亡する悲劇的な結末だったりします。
これはアンデルセンが多くの恋愛はしたものの、失恋ばかりで生涯独身だった事が反映されたんだとか。



出典


参考サイト

[PR]
by asabatyou | 2017-12-06 17:53 | アニメ | Comments(2)
11月29日ですが、図書館で借りたDVDの1枚「ダイ・ハード」を見ましたので、その事について書きます。
今まで一部のシーンしか見た事がありませんでしたが、ちゃんと見たのは今回が初めてです。


a0265223_17381145.jpg
a0265223_18135121.jpg
スタッフ
監督 : ジョン・マクティアナン
原作 : ロデリック・ソープ
音楽 : マイケル・ケイメン
撮影 : ヤン・デ・ボン


キャスト
ジョン・マクレーン : ブルース・ウィリス
ハンス : アラン・リックマン
ホリー : ボニー・ベデリア
カール : アレクサンダー・ゴドノフ(アレクサンドル・ゴドゥノフ)
パウエル : レジナルド・ヴェルジョンソン
アーガイル : デヴロー・ホワイト


ストーリー
クリスマス・イブの夜、ロサンゼルスのハイテクビルを最新兵器で武装した、ハンス・グル―バー率いるテロリスト集団が襲撃して来た!!
中にいた人々は全員人質となり、彼らの要求を拒んだ社長も即座に射殺されてしまう。
だがビルの中にはニューヨーク市警察の、ジョン・マクレーンがいた。
周囲が中々信じてくれなかったり、FBIが敵の作戦にまんまと利用されてしまったりと、役に立たない仲間が殆どでありながら、マクレーンはたった1人で凶悪なテロリスト達と戦うハメに!!


レビュー
ロデリック・ソープ原作の同名小説を映像化したもので、「ダイ・ハード」シリーズの記念すべき第1号。
監督は「プレデター」や「ラスト・アクション・ヒーロー」のジョン・マクティアナン氏で、撮影は後に「スピード」の監督に抜擢されるヤン・デ・ボン氏、主演は本作でトップスターとなったブルース・ウィリス氏です。

ストーリーは至ってシンプルで、冷酷非道なテロリスト達がハイテクビルを乗っ取り、それを主人公が倒す勧善懲悪ものです。
ただ今までのアクション映画が、肉体派の俳優が正面から巨悪と戦うイメージが強かったのに対し、こちらでは決して強くはないけど頭を使って困難を乗り越え、少しずつ敵を追い詰めていくという、新しいタイプのアクション映画を生み出したとされています(その結果、従来型のアクション映画やその手の俳優は、人気が下火になりつつあった)。
その為ほぼ同じ時期に作られた「コマンドー」と比べますとハチャメチャ要素はなく、リアルさや人間味らしさではこちらの方が断然上です(「コマンドー」はシュワちゃんが、とにかくひたすら筋肉でごり押しする内容なので、普通ではありえない漫画的な部分が多く、殆どコントです)。
後主人公が基本孤独なので、それが緊張感を高めています。

本作が与えた影響は大きく、「クレヨンしんちゃん」にある「野原刑事の事件簿」の第1話は、これと話が殆ど同じで(主人公は刑事だけど嫁さんとは関係が良くない→そこへテロリストが襲来し、建物の中の人々が全員人質となる→死闘の末ラスボスが転落死する)、「これが私の御主人様」の第4話にも似たシーンがあったりしました。

原作では映画版とは比べ物にならないほど暗い展開で、結末もハッピーエンドとは言い難いものだそうですが、監督がより明るい内容にしたかった為、変更したとの事です。
確かにこの作りの方が、万人受けする気はしますし、後世に名を残す名作になった事を考えますと、その判断は正しかったと言えます。

またこの映画のもう1つの魅力は、数少ない味方キャラが実に頼もしい事でしょう。
警察官のアル・パウエルは少年を誤射してしまい、そのトラウマから銃を使えなくなってしまった辛い過去がありますが、孤独なマクレーンの心の支えとなり、最後はトラウマを克服して彼のピンチを救います。
運転手のアーガイルも陽気でお喋りな性格ですが、異変に気付いた後は迷わずマクレーン救出に向かい、敵の1人を倒しています。
それ以外もタカギ社長が、他の人質を守る為に我が身を犠牲にして散っていき、悪役のハンスも気品やダークヒーロー的な雰囲気があり、お互い顔を知らないのを良い事にマクレーンと会った時は人質のフリをしたり、言葉巧みにFBIをあっさり騙したりと、頭の良さでマクレーンを追い詰めます。

2時間以上の映画ですが、見所たっぷりなので一度は鑑賞する事をオススメします。



「日曜洋画劇場」でやった淀川長治さんの、解説映像です↓

ちなみに「ダイ・ハード」には「頑固者」、「保守主義者」、「最後まで抵抗する者」、「なかなか死なない者(不死身)」といった意味がありますが、本当にその通りの映画です(笑)。
階段から落ちたり爆発に巻き込まれそうになったり、傷だらけになってもしぶとく生き残りますからね(笑)。

それとマクレーンの決め台詞「イピカイエ―」とは、ウルドゥ語で「これでも食らいやがれ」という意味らしいです。

悪役だったアラン・リックマン氏は、「ハリー・ポッター」シリーズのセブルス・スネイプ先生としても有名ですが、「ダイ・ハード」が映画初主演作品だったりします。
実は蜷川幸雄さんが演出する舞台の「タンゴ・冬の終わりに」の1991年版で(こちらのみ、出演者が全員イギリス人である)、主役をやっていた事を知った時は驚きました。



出典


参考サイト


参考文献

[PR]
by asabatyou | 2017-12-02 12:21 | 映画 | Comments(1)