ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

昨日はウル魔の最新エピソードを読みましたので、その事について書きます。


ストーリー
才人達は、やっとアディールに到着した。
才人とルイズはサボテンダーを、ヒドラとリドリアスはスフィンクスとアントラー、残ったメンバーはバルキー星人とサメクジラとオイルドリンカーに立ち向かった。
コルベール先生達はバルキー星人を海へ沈め、サメクジラとオイルドリンカーを追い払う事に成功したが、残ったエルフ達を助けようとした時に問題が起こってしまった。
彼らはまだまだ人間に対する差別意識が強く、しかも人間嫌いで有名なエスマーイルが出て来た事によって中々言う通りにしそうになかった。
また運が悪い事に彼らは、サボテンダーと戦っている才人とルイズまで攻撃を仕掛けて来た。
エルフ達と戦う事を望まない才人達は何とか逃げるが、ちょうど彼らの学校が見えて来た時、新しい敵が現れた。
何と大蟻超獣アリブンタが、子供達を飲み込もうとしていたのだった!!
才人とルイズはウルトラマンエースになって奴に立ち向かうが、化け物呼ばわりされてしまう。
そんな時、ティファニアは両者を救う為に勇気を振り絞ろうとしていた。


解説&感想
今回でやっと才人達が、アディールに到着しました。
バルキー星人達を蹴散らしたのは良かったけど、エルフ達を助けようとした時にトラブルが起こってしまいました。どうやら大昔から根付いた価値観というものは、中々消えないようです。
しかも運の悪い事に、大の人間嫌いな奴がリーダーみたいになっていますから、こいつは厄介な事になるかも。
またアリブンタが登場した時は「やはりそういうことか!」と思ったのですが、ギロン人がいる事を考えますと、原作みたいな展開になるんでしょうか?
それと一番気になった事があったのですが、サメクジラを追い払う時、黄色い汁を使っていたのですが、あの汁って本当にあるのでしょうか?
作中によりますと、地球でもサメから身を守る為に使われていたみたいな事が書いてある事を考えますと、事実みたいですが…。
俺は黄色い汁と聞いて、真っ先にエビラを思い出したがな(笑)。
a0265223_2112896.jpg




アリブンタ(スーツアクター:河合徹)
a0265223_21537100.jpg

ヤプールの手下。
エルフ達の学校を襲い、子供達を飲み込もうとするが、それを阻止する為に現れたウルトラマンエースと戦う。
名前はアリと南米の肉食兵隊蟻、マラブンタ(1998年ぐらいに、彼らを主役にした映画が作られた)を合わせたもの。




また最近ニコニコ動画で、前から観たかった「ウルトラゾーン」の「THE LOVE」がありましたので、それを紹介したいと思います。

ある1人の女性が、怪我をしたザラブ星人とバッタリ出会った。
彼を見て今は亡き夫の事を思い出した彼女は、ザラブ星人の怪我を治し、彼自身も助けられた事で恩を感じたせいか居候する事になった。
慣れない地球の生活に悪戦苦闘しながらも、2人の関係は随分親しい関係になっていった。
ザラブ星人は彼女を喜ばせようと、亡き夫の姿に変身したが…。
心優しき老齢の女性と、ザラブ星人の純愛を描いた感動な物語。まさかザラブ星人で、こういう物語が出来るとは…。個人的に最近観た作品の中では、一番印象に残った作品です。
これを見て思ったのですが、何処の国や星の人達と友達になろうとする気持ちを忘れないでほしいという、ウルトラマンシリーズの理想を見事に映像化したものだと思います。
だって今まで悪役で当たり前だったザラブ星人が、地球人と仲良くなる姿が描かれてたのですから。
同じ種族の宇宙人でも善と悪が存在している事を、はっきりと表現したかったのでしょう。ウルトラシリーズの宇宙人は、良くも悪くも種族一括りで描かれ、個人個人がはっきりと描かれる事はまずありませんので、正直新鮮味がありました。
ところで一番気になっている事があるのですが、主人公の亡き夫ってザラブ星人だったって事ですかね(今回登場した者とは別人)?もしそうなら、宇宙人が相手なのに全然怖がる事なく助けたり、さらにザラブ星人の絵に「我が夫」と書いてあるのも納得出来るのですが。
しかし一番驚いたのは、ザラブ星人の声をやった関智一さんが、人間態として素顔でも出演していた事ですね。元々関さんは俳優としても活躍していますし、平成ウルトラセブンシリーズでもガルト星人の声&人間態の役で出演していましたし、それが影響しているのでしょう。
ちなみにスーツアクターの1人である岩田栄慶さんは、関さんが作ったヘロヘロQカムパニーの舞台に出演する事が多いみたいですし、これも何かの縁でしょう。



1枚目:ゼロの使い魔 -双月の騎士- 第2話 「風と水の誓い」 ふろむ かーねぎー-ウェブリブログ
2枚目:怪獣・怪人SPIRITS~風と光の戦士たち アリブンタ
参考:「ウルトラマンA」 第5話 ”大蟻超獣対ウルトラ兄弟”ウルトラマンAの登場怪獣 - Wikipedia
本編:あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第二部-87
[PR]
# by asabatyou | 2012-05-17 19:01 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(10)
昨日は借りたDVD「苺ましまろ Original Video Animation」を観ましたので、その事について書きます。前回観たencoreが気に入りましたので(笑)。


ストーリー
桜の花びらが散る春先。
伸恵はバイトの面接の電話をする。そこに美羽がやってきて電話口に向かって「フンガーッ」。
学校へ行こうとする千佳の額には“発射”の一言がマジックで。
授業中に居眠りをするアナ、起こそうとする先生に「起こさないで!」と茉莉。
いつものメンバーの、いつもながらの日常です。


解説&感想
「苺ましまろ」をOVA化したもの。
基本は可愛い女の子達のほのぼのとした日常を描くもので、そんなに大きな変化はありませんが、絵が前回観た物と違っています(元々本作の絵がメインで、現時点での最新作であるencoreの絵はファンの間で賛否両論になったとか)。
ストーリーについてもencoreがあの世の世界で冒険したり、主人公達が中学生になったらなど、比較的ぶっ飛んだ内容だったの対し、こちらはそのような事もありませんでしたので、絵の関係もあってファンならこちらの方が馴染みやすいかもしれません。
また苺ましまろといいましたら、OPは主人公達が歌う非常に明るいノリですが、EDでは松岡美羽役の折笠富美子さんが歌う、綺麗で物静かで上品な作りとなっているのですが、これは本作のお約束なのでしょうか?もしそうだったとしても良い意味でギャップがあり、それにこの平和でほのぼのとした生活がいつまでも続きますようにという願いが込められているような気がして、僕は凄く好きです。
それと伊藤伸恵の桜木茉莉の可愛がりっぷりが、ちょっと異常に見えたのですが、もしかしてそっちの気があるんですかね(笑)?まあ彼女を演じた生天目仁美さんは、大の女好きで有名ですが(笑)。それに共演者の1人が、生天目さんの大好物の能登麻美子さんですし(笑)。
a0265223_20485669.jpg
a0265223_10315192.jpg

スタッフ
原作:ばらスィー(「月刊コミック電撃大王」連載)
監督、構成:佐藤卓哉
キャラクターデザイン:坂井久太
脚本:花田十輝、平見 瞠、佐藤卓哉
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
音楽:渡辺剛
音楽制作:ミュージックブレインズ
アニメーション制作:童夢
製作:苺ましまろOVAパートナーズ


主題歌
オープニングテーマ「あっかん berry berry」
作詞:くまのきよみ/作曲、編曲:渡辺剛
歌:伸恵(生天目仁美)、千佳(千葉紗子)、美羽(折笠富美子)、茉莉(川澄綾子)、アナ(能登麻美子)
エンディングテーマ「夕待ちの風」
作詞:くまのきよみ/作曲、編曲:上野洋子/歌:折笠富美子


キャスト
伊藤伸恵:生天目仁美
伊藤千佳:千葉紗子
松岡美羽:折笠富美子
桜木茉莉:川澄綾子
アナ・コッポラ:能登麻美子


OPです↓




そうそう、以前本作のキャラが「このロリコンどもめ!」を言っているのを見ましたが、今思えば美羽だったんですね。何だか彼女の性格を考えますと、普通に言いそうな感じがしますが(笑)↓
a0265223_22182058.jpg



他にも「アイドルマスター」とコラボさせたMADがあり、美羽がアイマスキャラのプロデューサーになる!?というストーリーなのですが、余計な発言が多くてアイマスキャラとは上手くいかないという所が、美羽の性格を生かした作りとなっています。特に2本目はそれが原因でボコられるという、さらに笑える内容になっており、僕は2本目の方が好きです(笑)↓



1枚目:割と比較的に
2枚目:苺ましまろ 壁紙 - アニメ壁紙 たくさん&アニソンの歌詞ちょびっとMathilde - Yahoo!ブログ
3枚目:万事屋あんごるも このロリコンどもめ!
参考:苺ましまろ Original Video Animation苺ましまろ - Wikipedia
[PR]
# by asabatyou | 2012-05-13 23:02 | アニメ | Comments(3)
今日は9日に描き終えた、完全オリジナルデザインの吉光を紹介したいと思います。
前からやってみたいと思っていましたので↓
a0265223_21213744.jpg
a0265223_2122266.jpg

吉光といいましたら、「鉄拳」シリーズや「ソウル」シリーズでお馴染みのキャラですが、これは鉄拳の吉光を描きました。
ソウルシリーズの吉光も良いですが、鉄拳でのあの化け物染みた外見が好きなので(笑)。
個人的に吉光って、全然違う作品なのに当たり前のように登場していますから(世界観は一緒だが)、他の格ゲーキャラとは別格な雰囲気があり、そこが魅力で好きな理由の1つです。
吉光をデザインする事について、彼は作品毎に外見がコロコロ変わっていますが、それでも般若か骸骨、もしくはそれに似た顔をしている、侍や忍者に似た格好をしている事は共通していますので、この2つだけはちゃんと守りました。
本家吉光を参考にしつつも(ファンの間では3の姿が一番人気がある為、そっちをメインにした。「ストリートファイター X 鉄拳」でも3の時の姿で登場したのも、それが理由と思われる)顔は般若・骸骨・歌舞伎の連獅子(髪も参考にした)と暫、体は織田信長の甲冑を基にしました。
初めは忍者に似た外見で、頭もイカ頭巾にしようかと思ったのですが、お試しでやってみた所、あまり満足出来なかったので結局やめました。 
一応1Pカラーを意識したつもりですが、何だか2Pカラーともいえない代物になってしまった気が…。う~ん、やっぱり俺はこういう人工的な物を描いたり考えたりするのは、どうも苦手だ…。



それとオマケになりますが、「ソウルキャリバー5」や「鉄拳タッグトーナメント2」で気になる動画がありましたので、それを紹介したいと思います↓



「ソウルキャリバー5」で戦隊キャラの再現、そして仮面ライダーのキャラと対決させたものです。
前回紹介したものと同じ人が作ったそうですが、相変わらず完成度が高いです。
正直この出来で、ゲーム1本作っても良いような気がします。



「鉄拳タッグトーナメント2」で、デビル仁とデビルカズヤでプレイしたものです。
この動画を観た時一番驚いたのは、最近作られたCGアニメ版の鉄拳に登場したバージョンのデビル仁と、カズヤが登場した事です。てっきりアニメ版のみの登場だと思っていましたので、正直びっくりです(ここにも書いてあるみたいに、デザインは「仮面ライダー」シリーズを手掛けている人らしい)。
それと通常のデビルカズヤですが、今回は白い長ズボンを穿いた状態で登場していますが、何だか色が合っておらず、そこだけ浮いてます。個人的には赤や赤紫の方が良かった気が…。
[PR]
# by asabatyou | 2012-05-12 00:27 | 色んな物が混ざっている | Comments(2)
昨日でゴールデンウィークが終わりましたが、皆さんはどう過ごしたでしょうか?
家は殆どバイトがありましたし、その終了後は家族と一緒に弟がいる大阪に行ってましたので、結局まともに休んだのは5・6だけですね(笑)。けど弟に会えたのは嬉しかったですが(笑)。
まあそれはともかく、昨日はウル魔の最新エピソードを読みましたので、その事について書きます。


ストーリー
ヤプールが才人達に言ったように、エルフの国ネフテスの首都アディールは、奴が率いる超獣軍団によってメチャクチャに荒らされていた。
空軍が駆け付けるがアントラーによって全滅し、生き残った者達は海へ逃げようとするが、そこへバルキー星人率いるサメクジラ、オイルドリンカーが襲い掛かった!!
完全に逃げ場を失ったエルフ達は、このままヤプール達によって滅ぼされてしまうのだろうか…!?


解説&感想
前回の続きです。登場する怪獣・超獣の数が増えただけで、そんなに大きな変化はありません。
またヤプールの部下の1人ですが、やはりバルキー星人でした。やっぱりな
多分今後の事を考えますと、才人達が到着してさらにギロン人が参戦するという展開になるかと思います。何だかギロン人がいるという事を考えますと、アリブンタも参戦するような気がするのですが、今の所はまだ何も分からない状態です。仕方ないね
a0265223_19203210.jpg




アントラー
a0265223_19262864.jpg

スーツアクター
荒垣輝雄(「ウルトラマン」)
泉梅之助(「ウルトラマン前夜祭 ウルトラマン誕生」)※前後逆に着ていた事は有名な話。
末永博志(「ウルトラマンマックス」、「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY」)

カブトムシやクワガタを合わせたかのような怪獣。
ヤプールの手下で他の怪獣と共に、アディールを襲撃する。
鳴き声はラドンを甲高くしたもので、名前はアリジゴクの英名アントライオンから。




サメクジラ
a0265223_1954270.jpg

バルキー星人のペットで、バルキー星の海の生態系の頂点に君臨する王者。
名前こそサメクジラだが、実際はノコギリザメやノコギリエイを思わせ、一般的なサメやクジラの外見とは大きく異なっている。
個人的にはブルーソーシャーク(ソーシャークとは、ノコギリザメの英名)、もしくはブルーソーフィッシュ(ソーフィッシュは、ノコギリエイの英名)にした方が良い気がするんだが…。
鳴き声はカメーバを少し低くしたもの。



バルキー星人
a0265223_2016717.jpg

声の出演
鹿島信哉(「ウルトラマンタロウ」)
神谷誠(「ウルトラマンメビウス」)

ヤプールの手下の1人で、超獣達の指揮を執っている。
ペットのサメクジラと共に、海へ逃げようとしたエルフ達に襲い掛かる。
デザインはウルトラマンレオの没デザインの流用なので、外見がウルトラ戦士に似ているのはそれが理由。



オイルドリンカー
a0265223_20345160.jpg

ヤプールの手下の1人が、エルフに手こずるバルキー星人をサポートする為に送り込んだ超獣。
かつて地球に現れた個体は、アストロモンスに襲われて捕食されてしまう、あんまりな扱いだったが、今回は戦力の1つとして活躍している。
名前はオイルが好物だから、オイルドリンカーという名前にしたと思うが、あまりにもストレートなネーミングだ。
着ぐるみは、「ミラーマン」に登場したゴルゴザウルスの改造。




1枚目:「 201112」のアーカイブ ゲーム魔人
2枚目:磁力怪獣 アントラー 【特撮】初代ウルトラマン怪獣まとめ【画像・設定】 - NAVER まとめ
3枚目:サメクジラ - 怪獣wiki特撮大百科事典 - livedoor Wiki(ウィキ)
4枚目:「ウルトラマンメビウス」第16話「宇宙の剣豪」 あしたはきっとやってくるさ!-ウェブリブログ
5枚目:Ceronキーワード - [画像差し替えページ]オイルドリンカー

参考
アントラー (ウルトラ怪獣) - Wikipedia
ウルトラマンメビウス第10話「GUYSの誇り」ツルギがメビウスの仲間になった!|レジェンド オブ ウルトラマン(^-^)ゞドラマレジェンド(o`・ω・)ゞ
ウルトラマンマックス・第11話「バラージの預言」
【空想特撮シリーズ】 ウルトラマン 【その12】- [2chブラウザ]av
ノコギリエイ - Wikipedia
ノコギリザメ - Wikipedia
バルキー星人 - Wikipedia
バルキー星人とは- ニコニコ大百科
ウルトラマンタロウの登場怪獣 - Wikipedia
オイルドリンカーとは- ニコニコ大百科

本編:あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第二部-86
[PR]
# by asabatyou | 2012-05-07 22:15 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(8)
今日は借りたDVDの1枚「宝島」(1950年版)を観ましたので、その事について書きます。


ストーリー
母と2人で宿屋を開いていたジム少年は、宿泊していたボーンズ船長がかつての仲間に襲われたことから、一枚の地図を託される。その地図を見た地主のトレロニーは、有名な海賊フリントが孤島に隠した財宝の地図だと知って、船を買い、船長を雇い、ジム少年や医者のリブシーを伴なって冒険に出ることにする。そして、集めた船員の中に一本足のシルヴァーという男がいて、実はこの男が・・・。


解説&感想
ロバート・ルイス・スティーヴンソンという人が手掛けた同名の小説を、ディズニーが実写で映画化したもの。
ディズニーの実写映画といいましたら、「海底2万マイル」が有名ですが(魚のようなデザインのノーチラス号が有名で、人気がある)、どうやらこれが初の実写映画のようです。
ファミリー向けに作られたせいか、出血のような暴力表現が一切なく、テンポ良く進んでいく為、そういう所はディズニーらしいかなと思いました。
ただオチがイマイチというか、あまり盛り上がりがなかった感じはありましたが、何より人間キャラ達がイキイキしており、そこを見るだけでも面白いかなと思います。
a0265223_12404173.png
a0265223_12443089.jpg

スタッフ
監督:バイロン・ハスキン
製作:パース・ピアース
原作:ロバート・ルイス・スティーヴンソン
脚本:ローレンス・エドワード・ワトキン
撮影:F・A・ヤング
音楽:クリフトン・パーカー
音楽指揮:ミュア・マシースン


キャスト
ジム・ホーキンス:ボビー・ドリスコル
シルヴァー:ロバート・ニュートン
トレロニー:ウォルター・フィッツジェラルド


予告編です↓

1枚目:Treasure Island (1950 film) - Wikipedia, the free encyclopedia
2枚目:BLACK HOLE REVIEWS TREASURE ISLAND (1950) - it be pirate gold!
参考:宝島 (1950) - 銀幕日記 ~今宵の肴~映画 宝島 - allcinema宝島(1950) - goo 映画
[PR]
# by asabatyou | 2012-05-06 13:25 | 映画 | Comments(1)