ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

今日は借りたDVDの1枚「街の灯」を観ましたので、その事について書きます。
本作は中学生ぐらいの時に初めて観たのですが、ちょうどそれ以来です。


ストーリー
放浪者のチャップリンは、花売りをしている1人の娘に恋をした。
だが彼女は目が見えなかった事もあり、チャップリンが金持ちの人だと勘違いしてしまう。
そんな時チャップリンは自殺しようとしていた金持ちの男性と親友になるが、その人は酔っ払いだった事もあり、普通に戻るとチャップリンの事を忘れてしまうのだった。
チャップリンはその人の助けを得ながら、彼女に食べ物などを与え親しくなっていくが、それは長くは続かなった。
娘は熱を出して倒れ、さらに家賃を滞納していた事もあって立ち退きを迫られていたのだった。
チャップリンは彼女を救う為に色んな仕事をするが、全部失敗に終わり思うとおりにいかなかった。
チャップリンは金持ちの友人に助けを求めるが、泥棒に間違えられ、友人も酔いもすっかり覚めていて記憶がなくなっており、警察達に捕まってしまう。
それから時が流れ、刑務所から出たチャップリンは花売り娘と再会する。
彼の努力もあって娘は、ちゃんと目が見えるようになっていたのだった。
チャップリンは正体がバレたらどうしようと思い、その場から立ち去ろうとするが、娘は哀れみから花と小銭を手渡そうとする。
その瞬間、娘はチャップリンこそが今まで自分を助けていた恩人である事に気付くのだった。


解説&感想
チャップリンが手掛けたサイレントのコメディー映画(ただし音楽や一部の効果音が付いている。冒頭のシーンではセリフもあるが、加工されている為何を言っているのか分からなくなっている。これはすでに普及していたトーキー映画に対する皮肉と思われる)。
改めて観て思ったのですが、これは完全に淀川長治さん好みの作品ですね。
淀川さんはどんな困難があっても自分の責任に生きて、幸福をいつか努力でつかむという主人公の出る映画が好きだったそうですが、これはまさにその通りの作品です。
主人公のチャップリンは惚れた女性を救う為に、ボロボロになりながらも仕事をし、時には強敵を相手にボクシングをしながらも(「チャップリンの拳闘」にもあったが、チャップリン自身がボクシングのシーンがお気に入りだったらしく、それを再びやったという事らしい)絶対に諦めず、最後は彼女を救う事に成功する物語であり、まさにチャップリンの人を愛する気持ちや優しさが純粋に出ていたからこそ、淀川さんは大好きになったんじゃないかと思います。
また前半でチャップリンが自殺しようとしている金持ちの男性を助けるシーンがあるのですが、あれは後の「志村けんのバカ殿様」にあるコントそのものでした。
元々志村さんはチャップリンが好きみたいですから、自分のコントで自分なりのチャップリンをやりたかった、もしくは敬意を払いたかったのではないかと思います。
a0265223_22484416.jpg
a0265223_232830.jpg

スタッフ
製作、監督、脚本、編集、作曲:チャールズ・チャップリン
撮影:ローランド・トザロー
音楽:アルフレッド・ニューマン、チャールズ・チャップリン
美術:チャールズ・D・ホール
助監督:アルバート・オースチン、ヘンリー・バーグマン、ハリー・クロッカー
編曲:アーサー・ジョンソン


キャスト
放浪者:チャールズ・チャップリン
盲目の花売り娘:ヴァージニア・チェリル
花売り娘の祖母:フローレンス・リー
富豪:ハリー・マイヤーズ
富豪の執事:アラン・ガルシア
市長、雑役従事の労働者:ヘンリー・バーグマン
ボクサー:ハンク・マン
清掃夫、押し込み:アルバート・オースチン
レフェリー:エディ・ベイカー
新聞の立ち売り:ロバート・パリッシュ、マーガレット・オリヴァー


予告編です。考えてみたらサイレント映画の予告編を観るのは、「ロスト・ワールド」の時以来です↓

1枚目:カフェ・ローエル--パーシヴァル・ローエルも冥王星も、不滅です!
2枚目:映画「街の灯」  喜劇王チャップリンに対する大いなる誤解を解く - シャルル・パナール博士の異常な愛情書いてある事も大変面白くて、是非一度は読んでほしい
参考:志村けんはチャップリンの笑いのツボを勉強しましたか? - Yahoo!知恵袋街の灯 - Wikipediaチャップリンの拳闘 - Wikipedia映画少年・淀川長治
[PR]
# by asabatyou | 2012-07-23 20:07 | 映画 | Comments(0)
今日は借りたDVDの1枚、「劇場版ハートの国のアリス ~Wonderful Wonder World~」を観ましたので、その事について書きます。
本作の事はまったく知らないのですが、レンタル屋で偶然見かけた事をきっかけに興味を持ったのですが、中々タイミングが掴めなかった事もあって、ようやく借りる事が出来ました。


ストーリー
主人公は、現実主義で夢見がちなところが皆無な、アリス=リデル。
特に、恋愛ごとはこりごりだと思っている。
彼女が引っ張り込まれた(自主的にではない)のは、やけに物騒なハートの国。
メルヘン調な世界なのに、ほのぼのしているのは建物や小物だけ。
帽子屋がマフィアだったり遊園地の従業員は銃携帯が標準だったりと危険な世界。
主だった住人は皆危険人物ばかりで、すぐに乱闘騒ぎや殺し合いに発展してしまう。
その上、領地争いまで勃発しており、帽子屋・ハートの女王・ゴーランドが対立する三つ巴状態。
おかしな薬を飲まされて(やっぱり自主的にではない)帰るに帰れなくなった主人公は、早々に「これは、夢オチだ」と決め付け、非日常を楽しむことにする。


解説&感想
「不思議の国のアリス」を基にした乙女ゲーを、劇場アニメ化したもの。
その事もあって主人公のアリスが不思議な世界に迷い込んでしまうというストーリーは確かにそれっぽいですが、元は乙女ゲーという事もあり、いかにも女性向けというか少女漫画的な雰囲気が漂っています(登場する男性キャラはみんなイケメンで尚且つ美声で、声優達も小西克幸さんや福山潤さん、石田彰さんといった方々が演じている)。
一応映画版オリジナルストーリーという事らしいですが、どうも展開が平板でイマイチ面白味がありません(途中で眠くなっちゃった(笑))。
また主役やメインキャラ達以外の顔がはっきりと描かれてないのですが、いくらちゃんとした設定や理由があるとはいえ、何だか単に金をケチったようにしか見えず、劇場版なのにショボくて嫌な感じがしました。
画質もテレビアニメレベルですし、う~んこんなお粗末な出来なら、OVAかテレビ映画の方が良かったんじゃないのか(時間も1時間ぐらいで良かった気がする)?正直そんなにお金をかけて作った作品には見えませんでした。
それと「END」の表記が出た後、「?」マークが出てきたのですが、これは「最後の海底巨獣」か!?(笑)
他にもエンディングに「?」マークが出てくるB級モンスター映画があったような気がしたのですが、思わずそっちを思い出してしまいました。
まぁいずれにせよ、何も知らない人が観てもそんなに楽しめないかと…。期待外れの作品でした…。
a0265223_22231631.jpg
a0265223_22295410.jpg

スタッフ
原作、監修、キャラクター原案:QuinRose
監督、絵コンテ、演出:大庭秀昭
企画、脚本:五月攻
キャラクターデザイン、総作画監督:原修一
コミカライズ、劇場版デザイン:藤丸豆ノ介
作画監督:服部憲知、柴田志朗、野崎麗子、小倉典子、牧内ももこ
美術監督:鈴木路恵
美術設定:平澤晃弘
色彩設計:大塚奈津子
撮影監督:増元由紀大
編集:吉武将人
音楽制作:鞠
音響演出:西村智博
プロデューサー:大橋豊、曽根孝治
アニメーション制作:旭プロダクション
製作:QuinRose、アートムーヴ
配給:クロックワークス


キャスト
アリス:釘宮理恵
ブラッド:小西克幸
エリオット:最上嗣生
ディー&ダム:福山潤
ビバルディ:甲斐田裕子
ペーター:宮田幸季
エース:平川大輔
ゴーランド:堀内賢雄
ボリス:杉山紀彰
ユリウス:子安武人
ナイトメア:杉田智和
ジョーカー:石田彰
ロリーナ:神田みか


予告編です↓

1枚目:劇場版・ハートの国のアリス Wonderful Wonder World 場面カット - 映画.com
2枚目:劇場版 ハートの国のアリス~ Wonderful Wonder World ~ 5-5 フォト(写真)ギャラリー MOVIE Collection [ムビコレ]
参考:ハートの国のアリス 〜Wonderful Wonder World〜 - WikipediaQuinRose
[PR]
# by asabatyou | 2012-07-22 20:07 | アニメ | Comments(2)
今日は「東京ジャングル」の追加キャラについて、色々と書こうかと思います。



シルキーテリアについてですが、体が小さい為動きは早い方です。
しかし戦闘力はないも同然な為、他の肉食動物との戦いでは不利になる事が多く、あんまりサクサクと進めません。
正直キャラ性能は、ポメラニアンとそんなに変わらない気がします。


サーベルタイガーについてですが、体がデカいせいか動きが非常に遅いです(ワニ以上に動きが鈍い気が…)。
しかし攻撃力はありますので、戦闘や狩りでは有利に進める事が出来ます。
その事もあってワニの次に進んでいるキャラです。


ERC-Xはかつてブームになったアイボにそっくりな、犬型ロボットです。
スピードも攻撃力もあり、比較的バランスのとれた扱いやすいキャラです。
流石に世代交代は出来ませんが、ロボットですからね(笑)。
こいつと普通の犬の戦いは、「ゴジラ対メカゴジラ」シリーズの犬バージョンといった感じで、中々面白くて見応えがありました。
しかしロボットのくせに充電ではなくて、動物を食うなんてどういうことなの…
まぁそれを言ってしまったら、おしまいか(笑)。


北京原人についてですが、ERC-Xと同じように扱いやすいキャラです。
しかしその姿は原人というより猿人に近く、動きや声も動物然としており、あまり人間に見えませんでした。
動画がありましたので、もし良ければどうぞ↓

登場キャラに色んな格好をさせる事が出来るのですが、これは「鉄拳」シリーズや「ソウルキャリバー」シリーズを思わせます。
けど僕はどうも興味が持てませんので、まったくやっておりません(笑)。


サラリーマンについてですが、おそらく一番のお笑い担当キャラではないかと思います(笑)。
攻撃している時の動きは北京原人に似ておりますが、基本は妙に女々しくてオカマ臭いです(一瞬ではありますが、内股になっている時があるような(笑))。
一応男口調で喋りますが(今の所唯一喋るキャラ)、その声に力強さはなくて弱々しいです。
北京原人との差別化を出す為か植物を食べるようになっているのですが、いわゆる草食系男子を意識しているのでしょうか(笑)?
こんな奴ではありますが、操作しやすくて妙に強いのがちょっとムカつく(笑)。
動画がありましたので、もし良ければどうぞ↓

ていうか、人類は全て姿を消したという設定のはずなのに、思いっきり人間がいるなんて矛盾してるだろ(笑)。



それとここによりますと、漫画も作られたようです。
これがその一部なのですが、ポメラニアンイケメン過ぎだろ(笑)
一応主役的存在の動物ですから、主人公補正って奴ですかね?↓
a0265223_20421599.jpg

画像:チャンピオンREDいちご 編集ブログ チャンピオンREDいちごの編集ブログ
[PR]
# by asabatyou | 2012-07-21 19:46 | ゲーム | Comments(4)
今日は前からずっとやりたいと思っていたネタがありますので、それを書きたいと思います。あまり大したものではありませんが(笑)。
a0265223_1942050.jpg

怪獣映画や巨大ヒーロー物では、必ずと言って良い程人型(もしくはそれに似た巨大生物やロボットなど)の巨大生物と、爬虫類や恐竜を思わせる怪獣・モンスターの戦いがあったりします。
まったく似てない者同士ではありますが、両者の絡みや組み合わせは驚く程絵になります。
どうしてそうなのかずっと気になっていたのですが、僕が思うにそれは神話や伝説の世界まで遡ると思います。
これらの昔話では人間とドラゴンの戦いが描かれる事が多いですが、ひょっとしたらこれが影響しているのではないでしょうか?特に西洋ではドラゴンは悪の象徴ですから、人類との戦いは避けられませんでしたし。
あるいは「キング・コング」にある、コングと恐竜との戦いが印象に残った事も影響しているかもしれません。
そこに人間的要素を加えた事によって「フランケンシュタイン対地底怪獣」が誕生し、さらにヒーロー性やキャラクター性などを加えた事によって、「ウルトラマン」シリーズが誕生したようなものですから。
近年では「ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発」で、これらの要素が描かれましたし、今後もこのような作品が作られていくかもしれません。
という事で一部ではありますが、人型と爬虫類系のバトルをシーンを古い順に貼っていきます↓














オマケになりますが、セブン上司ってウルトラ戦士の中では数少ない消息不明のキャラではないでしょうか?
おそらくウルトラマンでいう、ゾフィーのポジションで誕生したのではないかと思われますが、ゾフィーはその後の作品にも登場し、やがてネタキャラになる程の愛されキャラになりますが(笑)、セブン上司はウルトラセブン以外の作品には一切登場せず、本家円谷プロですらその存在を忘れていたそうです。
う~ん、個人的には久しぶりに出しても良いような気もしますが、外見がセブンとまったく同じで差別化が出来ないでしょうから、中々難しいかも…。
a0265223_2102260.png



1枚目:怪獣ストップゴン 怪獣爆裂地帯!!
2枚目:201108 - 新・夜をぶっとばせ
参考:セブン上司 - 怪獣wiki特撮大百科事典 - livedoor Wiki(ウィキ)ウルトラセブン (架空のキャラクター) - Wikipedia
[PR]
# by asabatyou | 2012-07-19 19:03 | 特撮、モンスター | Comments(3)
今日は前からウルトラマンのアクションについて書きたい事がありましたので、それをやりたいと思います。
a0265223_20164051.jpg

ウルトラマンといいましたら、怪獣と戦うシーンが一番の売りですが、その戦闘シーンは進むにつれて変わりつつあります。
初期の頃はまだ慣れていないせいか、あまり派手な動きがなく比較的地味でしたが、「帰ってきたウルトラマン」になってからはウルトラマン役の菊池英一さんと、怪獣役の遠矢孝信さんが打ち合わせてほぼ全面的に殺陣を担当している事もあって、動きが派手になっています。
それ以降のウルトラマンシリーズを観ていますと、バック転などの動きが取り入れられていますが、そう考えますと「帰ってきたウルトラマン」で、今現在のウルトラマンのスタイルが完成したような気がします。
では、その変化をどうぞお楽しみください↓













改めて見て思ったのですが、初期のシリーズは動きが地味というよりは「こんなデカい奴らが、スイスイと動けるわけないだろ」って感じで、わざとゆっくりとした動きにしたような感じがします。
そう思いますと、何かと評判が良くないウルトラマンパワードのアクションは、何だか原点に戻ったと言えるのではないでしょうか?
またヒデアキさんが紹介してくれた、ウルトラマンフェスティバルの動画がいくつかありましたので、それを紹介したいと思います↓





怪獣の着ぐるみの出来がちょっと残念な感じですが、それをカバーする為かアクションは中々凄くて見応えがあります。
それとモロボシ・ダンこと森次浩司さんの登場では、どう考えても放送当時に子供時代を過ごした方々の方が喜んでいると思いますよ(笑)。
う~ん、こうして観ると楽しそうですし出来れば行ってみたいですが、そこまでお金と時間があるかどうかが問題だ…。


画像:Reveling in Absurdity The Monsters of Ultraman Monster Awareness Month
参考:帰ってきたウルトラマン - Wikipedia
[PR]
# by asabatyou | 2012-07-18 18:17 | 声優、スーツアクター | Comments(2)