ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

昨日で借りたDVDの1枚「北京原人の逆襲」を観ましたので、その事について書きます。
本当はこの映画は2004年ぐらいに1度観た事があるのですが、偶然レンタル屋で見かけた為、もう1度観たくなりましたので(笑)。


ストーリー
ヒマラヤ奥地に生息しているとされている怪獣ペキンマンを捕まえる為に、冒険家のチェン(日本公開版では、ジョニーという名前)は仲間達と共にそこへ向かった。
途中で猛獣などに襲われて仲間を失いながらも、チェンは遂に目的のペキンマンと、それを親のように慕うアウェイ(日本公開版では、サマンサという名前)と出会う。
アウェイと仲良くなったチェンは、ペキンマンと彼女を香港へ連れて帰る事に成功する。
だがそんなペキンマンを待っていたのは、鎖で自由を奪われ見世物にされるという辛い日々だった。
しかしアウェイがチェンの仲間ルーに暴行されている姿を見たペキンマンは、ついに激怒し鎖を断ち切り大暴れを始めた。


解説&感想
香港版キングコングといった感じの怪獣映画。
ディノ・デ・ラウレンティスが1976年に、キングコングのリメイク版を制作した事は香港でも話題になり、「家でもキングコングを作りたい」と思った結果出来たのが、この映画です。
ストーリー自体はキングコングと殆ど一緒なので、特に言う事はありませんが、本家と違ってセクシーな女ターザンが登場するなど、サービス満点の娯楽大作となっています(このヒロインとペキンマンが最初から仲良しという所は、「猿人ジョー・ヤング」を思わせる)。
ペキンマンの着ぐるみの出来はあまり良いとは言えませんが(初めはコングのリメイクにしようと思ったら、版権の問題があった為、アレンジせざるを得なかった)、ミニチュアセットの出来は中々よく出てきており(一部、本物に見えるシーンがあった)、合成も76年版コングと違って綺麗で自然に仕上がっている為、結構見応えがあります。
これは有川貞昌さんや川北紘一さんといった日本の、しかもゴジラシリーズを手掛けた一流のスタッフが特撮を担当していたからでしょう。
香港を舞台に暴れまくるペキンマンや、ペキンマンと軍隊の戦いも迫力がありますし、個人的には76年版コング以上に怪獣映画らしい作りになっていると思います。
ちなみに「キル・ビル」で有名なクエンティン・タランティーノ監督は、これがお気に入りらしく、アメリカでの公開を自分でやったそうです。
a0265223_20331279.jpg
a0265223_20451890.jpg

スタッフ
製作:ラミー・ショウ
プロデューサー:チャイ・ラン
監督:ホー・メンホア
脚本:ニー・クァン
撮影:ツァオ・ホイチー、ウー・チョーホア
美術:チェン・チンシェン、ジョンソン・ツァオ
編集:チアン・シンロン、チャイ・ラン、村瀬継蔵
音楽:チェン・ユンユー
スタント指導:ユエン・チョンヤン、村瀬継蔵
特技監督:有川貞昌、村瀬継蔵
特技助監督:川北紘一
北京原人造形、スタント:村瀬継蔵
特技撮影:富岡素敬
特技照明:森本正邦
特殊効果:久米攻
特技美術:鈴木儀雄、豊島睦、佐藤保、中村博、鈴木利幸、コスモプロダクション(三上陸男、高橋章)


キャスト
チェン・チェンフォン:ダニー・リー
アウェイ:イヴリン・クラフト
ワン・ツイホア:シャオ・ヤオ
ルー・ティエン:クー・フェン
チャン・シーユー:リン・ウェイツー
アロン:ツイ・シャオキョン
歌手:チェン・ピン
ペキンマン:ユエン・チョンヤン


予告編です↓

1枚目:映画 北京原人の逆襲 - allcinema
2枚目:http://shawn1277.blogspot.jp/2011/10/mighty-peking-man1977.html
参考:北京原人の逆襲 - みんなのシネマレビュー北京原人の逆襲 - Wikipediaモンスターパニック―超空想生物大百科あなたの知らない怪獣マル秘大百科
[PR]
# by asabatyou | 2012-09-19 19:25 | 特撮、モンスター | Comments(4)
さっきの続きです。本当は明日書くつもりでしたが、急遽変更し今日書く事にしました。


a0265223_18123614.jpg
a0265223_18125654.jpg
a0265223_18131057.jpg
a0265223_18154467.jpg
a0265223_18171394.jpg
a0265223_18174972.jpg
a0265223_1819015.jpg

最終日の16日は午前中から行きました。着いた時は10時半ぐらいでしたが、その時はもう祢里達が神社のそばを通っていました。
最終日という事もあって、昨日より人が多かった気がします。


a0265223_18244422.jpg
a0265223_18245776.jpg

この時は親戚の人達に迷惑をかけたくないと思っていた為、そちらに行こうとはせず、昼食は近くの上手いラーメン屋で済ませ、その後はデザート代わりという事で、またしても近くにあったちょっとした飲食店で、苺シャーベットを食べました。
この写真は、その飲食店の2階で撮ったものです。


a0265223_1853996.jpg
a0265223_18532696.jpg
a0265223_18534515.jpg
a0265223_1854459.jpg

その後は神社に戻るように、まだ撮っていない祢里達を撮っていました。
それが終わると、新屋町の後を追ったのですが、雨の心配がなくなったせいか、このようにビニール袋を取っていました。


a0265223_1934254.jpg
a0265223_1935718.jpg
a0265223_1941597.jpg

気が付いたら、4時ぐらいになっていました。
実は3時ぐらいにずっと歩きっぱなしだった事や暑さで疲れてしまい、親戚の方々のお世話になっていました。
疲れが取れると、また祢里達の後を追いました。


a0265223_19155716.jpg
a0265223_19161340.jpg

休憩している祢里達です。
この時に食事をしたり、夜の準備をしたりします。


a0265223_19204371.jpg
a0265223_1921125.jpg
a0265223_19221680.jpg
a0265223_19223277.jpg
a0265223_19224711.jpg

神社に向かう祢里達です。
この時急に雨が降ってきましたので、いつも持っている置き傘を差して、何とか祢里達を見ていました。


a0265223_19314590.jpg
a0265223_1932862.jpg
a0265223_1932179.jpg
a0265223_19331678.jpg
a0265223_19332678.jpg
a0265223_19333747.jpg

次々と神社に入る祢里達です。
この時はもう雨が止んでいましたので、助かりました。
本当は最後まで見たかったのですが、バスの時間もあって、途中で帰りました。仕方ないね。
しかしちいねりは体が小さいですから、神社に入る時でもお店を片付ける必要がありませんから、輝きや勢いが消えてないまま千秋楽をやる感じで良いですね。4月にやる本家では祢里がデカい事もあって、それが出来ませんから。


さてこうして無事終わったちいねりですが、途中で天気が悪くなったものの、大きな事故やトラブルもなかったので、本当に良かったと思っています。
次回もこんな感じで、楽しい祭が出来ると良いですね。
[PR]
# by asabatyou | 2012-09-17 18:13 | | Comments(0)
15日と16日は横須賀のちいねりに行って来ましたので、その事について書きます。
本当は午前10時からやっていたそうですが、その時僕は部屋の掃除をしたかった事もあって、そちらを優先し、午後の3時ぐらいから行きました。


a0265223_11132444.jpg
a0265223_11134878.jpg
a0265223_1114427.jpg
a0265223_1115519.jpg
a0265223_1116478.jpg
a0265223_11171553.jpg
a0265223_1118090.jpg
a0265223_11181341.jpg
a0265223_11191365.jpg
a0265223_11193539.jpg
a0265223_11195189.jpg

もう着いた時は、すでに沢山の祢里が出ていました。
最初は色んな祢里を見ては写真を撮っていましたが、新屋町を見つけた後はずっと彼と行動を共にしました。
やはり長い間、ずっとお世話になっていましたので(笑)。


a0265223_1131599.jpg
a0265223_11312166.jpg
a0265223_11313497.jpg

神社にあるお店です。今年はちょっと数が少なかったような気がするのですが、多分気のせい?
でもそれはともかく、祢里も良いけどこのようなお店も祭の雰囲気を出す重要な要素なので、思わず写真を撮っちゃいました。
夜になりますと、明かりを点けるに必要なバッテリーの音が、何とも良い味を出していました。


a0265223_11514792.jpg
a0265223_1152096.jpg
a0265223_11525516.jpg
a0265223_1153731.jpg
a0265223_11532018.jpg
a0265223_11555918.jpg
a0265223_11561235.jpg
a0265223_11584886.jpg
a0265223_1159270.jpg
a0265223_121437.jpg
a0265223_1211618.jpg
a0265223_1212689.jpg

夜では昼間の時より人が多く、みんなテンションが高かったです。
特に祢里が4台ぐらい集まって、馬鹿囃子をやっていた時は最高でした。
それと昼間と同じように、同じ所で働いている人が交通係(?)という事で参加していてちょっと驚きだったのですが、向こうも「何でここにいるの?」と思っていた感じです。


日曜日の事は、また明日ぐらいに書くつもりでいます。
[PR]
# by asabatyou | 2012-09-17 11:01 | | Comments(0)
a0265223_22403285.jpg

今日でカンフーマンを描き終えましたので(ただしまったく一緒ではなく、自分なりにアレンジしている)、その事について書きます。
カンフーマンとはMUGENに登場するキャラで、見た目が「ストリートファイター」のリュウや(実際ポーズも、これが元ネタ)、「バーチャファイター」のアキラに似ているのが特徴です。
前から描いてみたいと思っていましたので、描く事にしました。
これを描いている時はちょうど遠州横須賀がちいねりをやっている事もあって、そちらを見に行っていたのですが、いつものようにお世話になっている親戚の家で、休憩時間を使って続きを描いて完成しました。
子供や叔母が「おぉ、すげぇ!!」や「上手いじゃん」などと言っており、ちょっと嬉しかったです♪
初めは今まで描いた事がないポーズだった為、上手く出来るかどうか分からなかったのですが、いざやってみたらそんなに悪くはなかったかな?と(笑)。ただ右手を描くのは難しく、いかにも作り物然としているというか、後から取って付けた感じがしないでもないです。
さて明日もちいねりを見に行くつもりでいますので、多分明日は殆ど家にいません。
本当はちいねりの事も書きたいのですが、それはまた別の機会にします。
[PR]
# by asabatyou | 2012-09-15 22:43 | マイイラスト、オリジナルキャラ | Comments(0)
a0265223_21264422.jpg

昨日の話になりますが、今月の9日に買った「それが声優!2」を読みました。
前作ではまだ初めてだった事もあるせいか、絵がいかにも同人誌といった作り物臭さがあったり、コマも同じ絵の使い回しなどがありましたが、今回はそのような部分は殆ど見られませんでした。段々慣れてコツが掴めたという事でしょう。
ストーリーも前はあまりない感じでしたが、今回は主人公達がラジオ番組が出演する事になった為、それに向かって努力をするなど、結構ボリュームアップしています。
主人公が初めて名前がちゃんとある役を手に入れて喜んだのは良いけど、アニメ化した時に自分が演じた役を他の人に取られてしまう。声優の時は輝いているけど、それだけでは生活出来ないからバイトがメインになっているなど(そのバイトが、かつて自分がお弁当製造会社でバイトしていた頃の内容にそっくりなのだ。まるでチャップリンの「モダン・タイムス」のように流れ作業で、パンの中にソーセージを入れていくというものだった)、実際声優として活躍している浅野真澄さんが作っている為、妙に説得力があり見応えがあります。
ただ疑問もあり、アニメに出演するよりもドラマCDの方が自由度があって好きと書いてあったのですが、何もない状態から作っていかなきゃいけませんから、逆に大変ではないかと思うのですが…。まぁ想像力をフルに働かせなきゃならない事は確かです。
他にもラジオ番組に出演する時、声優はキャラづけが大事というのがあったのですが、別に芸人でもないのにありなんですかね?ああいうの…。中には白石稔さんや、日笠陽子さんみたいな方もいますが(笑)。
まぁそれはともかく、次回作は今年の冬に出るらしいですが、勿論買うつもりでいます(笑)。
それと製作者の1人である畑健二郎さんが、アニメ化を本気で考えているらしく、制作会社を募集しているとの事ですが、これは実現する事を祈るしかありません!


画像:ツイッターで漫画の描き手を募集したら 〈あさのますみ×畑健二郎 「それが声優!」1〉 - Ameba News [アメーバニュース]
[PR]
# by asabatyou | 2012-09-14 21:27 | 同人誌 | Comments(1)