ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

昨日はウル魔の最新エピソードを読みましたので、その事について書きます。


ストーリー
ヤプールは超獣ガランを使って、才人達に襲い掛かって来た。
しかし才人達を護衛するかのように現れた、ヒドラとリドリアスに苦戦していた。
いくら怪獣より強い超獣とはいえ元が魚である事、そして場所が砂漠で相手も魚の天敵とも言える鳥という事もあって、本来の力を発揮できないまま倒されてしまった。
バキシムだけでなくガランまでやられてしまったヤプールは怒り狂ったが、これで危機が去ったわけではなかった。
そう、ヤプールは超獣軍団を使って、エルフ達が暮らすネフテスの首都アディールを襲撃しようとしていたのだった!!


解説&感想
今回はヤプールの頭の悪さといいますか、詰めの甘さが目立っていたような気がします。
いくら超獣とはいえ、元が魚であるガランを砂漠に派遣したり、さっさと東方号を破壊すれば良かったのに、それを長引かせてしまった結果、ヒドラとリドリアスが出てしまい、一方的にやられてしまう事になってしまいましたからね。
てか正直言って、何故ガランにした?あいつ魚だぜ!?あんなクソ暑い砂漠なんかでまともに行動出来ると思ってるのか!?もしマジでそう思っていたら、完璧なアホだ。もっと他にいただろうに、何故そうしなかった…。何だか一番の被害者はガランではないかと思ってしまいます。
また敵だと思っていたファーティマですが、どうやらティファニアと血の繋がった関係らしいです。作中の台詞を見た限りでは、ファーティマはテファの母親の事と何か知ってるようですが…。
それとリドリアスについてですが、どうやら以前登場した個体と同一個体らしいです。同じような立場で登場したゴルメデは、あれ以降殆ど登場していないのに対し、リドリアスは結構活躍おり何かと優遇されているような気がします。
a0265223_19595573.jpg
a0265223_2041663.jpg



それとこのエピソードにあったBGMがありましたので、それを紹介したいと思います。

「ソウルキャリバー3」にある、ソフィーティアのテーマです。
初めはティラの曲が良いかなと思ったのですが、曲の感じからしてソフィーティアの曲の方が、勇者・英雄らしい雰囲気が出ており、こちらを使う事にしました。
僕としてはヒドラやリドリアスのテーマに相応しいと思っており、ガランとの戦闘シーンで使うのが合っていると思います。文章でいいますと、最初から「古代魚から作られた、破壊することのみを生存の目的とする操り人形は、その上空を飛ぶ、己の意思で生きる者たちにはかなわずに敗れさったのだった。」 までです。
余談になりますが、他の曲も色々と聴いてみたのですが、やっぱり「ソウルキャリバー」のBGMは、3までが一番良かった気がします。
改めて思ったのですが、3までの方が壮大さやスケールのデカさが感じられ、雰囲気が出るというか迫力があると思います。それ以降はちょっとイマイチで、何度も聴きたくなるような曲が殆どない気がします。



「鉄拳6」で、風間仁と戦う時に流れるBGMです。
風間仁といいましたら「鉄拳3」からの主役的存在のキャラですが、本作では三島平八や一八のように悪人になってしまっている(!?)事もあり、ラスボス一歩前の対戦相手つまり中ボスとして登場している事もあり、曲の作りが悪役っぽくなっております(なぜそうなったかと言われますと、話せば長くなるのですが…)。
その事もあって、僕としてはヤプールがエルフ達の国へ宣戦布告し、才人達に緊張が走るシーンで使うのが合っていると思います。文章でいいますと「異次元ゲートの奥から、暗黒の中で揺らめく複数の異形の影が覗き見え、すさまじい音量の超獣の声が響き渡る。それはまさしく悪魔の軍勢のうなり声、戦慄と恐怖の中でルイズはつぶやいた。」から、「いくら急いでも無駄……ヤプールの勝ち誇った笑みが浮かぶようだ。時間があるだけに、ヤプールの陰湿さがこの上なく憎らしく感じられてたまらない。」までです。
一応戦闘BGMという事もあって、次回の超獣軍団と戦う時に使用した方が合っているのでは?と思ったのですが、こういう緊張感があるシーンにも合うかなと思って使う事にしました。


1枚目:元日の過ごし方 ~アンリエッタ・ティファニア編~|真剣でつよきす
2枚目:HEROブログ~風と光の戦士たちリドリアス
本編:あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第二部-84
[PR]
# by asabatyou | 2012-04-25 20:00 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(8)
今日は「ソウルキャリバー5」の、キャラクタークリエーションで作ったキャラを紹介したいと思います。
今回は全部、僕が作ったキャラです。
a0265223_18452831.png
a0265223_18454811.png

ピュラのスタイルを作りたいという理由で作った、トニー・ムーアです。
こんな外見ですが女性ではなく男性です。その方が意外性があるかな?と思ったからです。
最初は紫色だったのですが、エア本さんと被る事もあって、カスタードクリームみたいな色に変えたのですが、トム・ゲイシーの色を悪役のライトセーバーを意識して赤にした事もあって、それに合わせる形で緑色にしました。
ちなみに弟曰く、彼の声は「ベン・トー」の主人公に似ているそうです。


a0265223_1858855.png
a0265223_18582316.png

トニー・ムーアのライバルキャラという事で作った悪役キャラ、トム・ゲイシーです。
色が何度か変わったトニーと違って、彼は上にも書いたように悪役が使うライトセーバーを意識したいという思いがあった為、最初から赤でした。
格闘スタイルも似ているけど違うという感じにしたかったので、ピュラΩにしました(ピュラと同じように、一度もスタイルを使用した事がなかった為、使いたかったというのが理由ですが)。
名前は「ハリー・ポッター」シリーズのラスボス、ヴォルデモートの若き日の名前であるトム・リドルと、キラー・クラウンとして有名なジョン・ウェイン・ゲイシーを合わせたものです。
声もトニーのものをアレンジしたもので、身長もトニーより大きくしました。
またトムは衣装が破壊されてもミイラ男の姿になるだけで、素顔が一切見られないようになっているのですが、これは不気味さを出す為です(後に弟が、目玉模様を追加した)。


a0265223_19334768.png
a0265223_1934381.png

ミイラ男のカリスです。正確にいいますと僕の注文で(今回はミイラスーツがある事もあって、絶対にミイラ男が欲しいと思っていたから)弟が作った為、僕が作ったものではありません。
勿論スタイルは、ヴォルドの流用です。今回はエフェクト付きの声も作れる事もあって(こんな声も作れるようになったけど(笑))、中々の怪物声となり結構気にいっております。
名前はロン・チェイニー・ジュニアがミイラ男を演じた時、カリスという名前だった為、それを意識したものです。
ちなみに仮面については、最初はまったく違うものだったのですが、その仮面に満足出来ず、ちゃんと顔に見えるものが良いという理由で、後で僕が編集して今現在に至っております。


今日で「ソウルキャリバー」のキャラクリを紹介するのはおしまいです。
一応自分のセーブデータでもキャラを沢山作った事もあり(ニコニコオールスターが多いけど(笑))、それも出来れば紹介していこうかなと思います。


また最近知った事なのですが、「エルム街の悪夢」のフレディですが、アニヲタWikiによりますと、どうやら「モータルコンバット」にゲスト出演しているらしいです。
フレディといいましたら、「13日の金曜日」のジェイソンとコラボしたのは有名ですが、まさか格ゲーに出ていたとは…。
ただし「ソウル」シリーズのゲストキャラと異なり最初から使用出来るわけではなく、ダウンロードコンテンツしないと駄目みたいです。
映像もありましたので、もし良ければどうぞ。
※この動画にはショッキングなシーンがありますので、鑑賞する時は注意してください↓

俺が思うにさ、その内プレデターもゲスト出演するんじゃないかな?って、マジで思えてきた(笑)。だってよ「ゴッド・オブ・ウォー」のクレイトスだけじゃなくて、フレディも参戦するようになったんだぜ(笑)!?もう次のゲストは見えてるようなもんだろ(笑)。ひょっとしたらジェイソンが登場する可能性もあるかもしれないが(笑)。
[PR]
# by asabatyou | 2012-04-23 20:48 | ゲーム | Comments(0)
今日は「ソウルキャリバー5」の、キャラクタークリエーションで作ったキャラ達を紹介していきたいと思います。タイトルの通り、前回のブログで作った物の続編です。


a0265223_19475274.png
a0265223_19482078.png

前作でも作った、弟の完全オリジナルキャラ・凛です。
しかしパーツの関係もあって、色々と変更せざるを得なくなり、台詞の1つである「美人も楽じゃないわね」も、「凛はこんな事言わないんだが…」と不満を述べていました。仕方ないね。


a0265223_19554217.png
a0265223_19555535.png

凛の親友、もしくはライバルという事で作られたキンシコウです。
前作でも作ったキャラの1人ではありますが(ブログでは紹介していない)、今回は凛と同様弟のシナリオに登場させる予定のキャラが複数登場している事、そして濃いキャラが増えた事もあって、若干影が薄い気がしました。
また姉御系のキャラなのに、動きがレイシャという事もあって妙にキャピキャピしており、ちょっと声と動きが合っていないアンバランスな感じがありました。
これがギャグキャラなら、別に良いのですが(笑)。


a0265223_2053487.png
a0265223_2054990.png

これは僕の完全オリジナルキャラである、石川左京です。
弟と僕が作ったキャラ達も入れて、男性のベテラン騎士の声は1度も使った事がなかった為、「じゃ、使ってみよう」と思って作る事にしました。
名前は石川五右衛門と、「サムライスピリッツ」シリーズの橘右京を合わせた物です。「そっちが右京なら、こっちは左京だ!!」という実に単純な理由です(笑)。
また天狗の仮面で顔を隠していますが、仮面を取ると歌舞伎メイクだったりします。これは日本的なキャラが欲しかった事もあって、そのようにしました。



それと今までずっと思っていた事ですが、5の時のナイトメアの正体はラファエルではないかと思っています。
新しい体を得たナイトメアはデュマ伯爵と名乗っていますが、デュマという名前は偽名みたいな物ですし、そのデュマの外見はラファエルに似ており、声もラファエルと同じ増谷康紀さん、身長も同じ178cm、さらに公式の設定によりますと5のラファエルのストーリーは、かつてナイトメアとなってしまったジークフリートの状況に似ているそうです。
う~ん、これはもうナイトメア=ラファエルというのは確定ではないでしょうか?
a0265223_2156421.jpg
a0265223_2158411.jpg

何かと共通点が多い、今回のナイトメアとラファエル。果たして2人は同一人物なのか!?


ナイトメアとラファエルの画像は『ソウルキャリバーV』の新キャラ、ラファエルやナイトメアらが明らかに - ファミ通.comからで、参考はラファエル・ソレル - 格ゲー.com 格ゲー用語事典ナイトメア - 格ゲー.com 格ゲー用語事典。
[PR]
# by asabatyou | 2012-04-22 20:07 | ゲーム | Comments(2)
今日は初めてという事もありまして、動画や画像がちゃんと貼れるかどうか、色々とテストしてみたいと思います。

「ガメラ対大魔獣ジャイガー」にある、ガメラとジャイガーの戦いです。個人的に対バルゴンやギャオス以降に作られた作品の中では、一番よく出来ていたのではないかと思います。




ガチムチパンツレスリングの空耳を集めた動画です。
空耳というより、名場面集といった感じです。



a0265223_17331697.jpg

「豪勇ペルシウス大反撃」の、スチール写真の1枚です。
前から気に入っていた事もあり、貼ってみました。




今プロフィール用に使っている画像です。僕の趣味という事もあって、キーボードクラッシャーにしました。
a0265223_171838.jpg

まだ慣れていない事もあって分からない事の方が多いですが、少しずつやって慣れていきたいと思います。本当はカテゴリーを複数付けたかったのですが、どうやらここでは1つしか付けられないみたいです。


1枚目:Persée l'invincible (Perseo L'invincibile)
2枚目:Angry German Kid - Television Tropes & Idioms
[PR]
# by asabatyou | 2012-04-21 17:44 | 色んな物が混ざっている | Comments(24)