ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

昨日で今まで借りて観ていた「となグラ!」を観終わりましたので、その事について書きます(ただし11話からはYouTubeで観た)。


ストーリー
有坂香月は幼い頃、隣近所だった神楽勇治とよく一緒に遊んでいた。勇治に恋に近い感情を抱いていた香月だったが、神楽家は急用で引っ越してしまう。
それから10年後、勇治は再び香月の隣の家に引っ越してきた。再会を楽しみにしていた香月だったが、10年振りに再会した勇治は、とてつもないHな男に変貌していた。Hなことが嫌いな香月だが、勇治のことは嫌いになれない。こうして、また香月と勇治の「隣り暮らし」が始まった。


解説&感想
同名のラブコメ漫画を、テレビアニメ化したもの。
ですが放送当時からそんなに話題になってないみたいですし(アニオタWikiやニコニコ大百科にもページがないし、YouTubeやニコニコ動画にもそんなに動画がない)、どうも地味な印象を与えていたようです。
まぁそれも最もな話で、主人公の愛する人が変態野郎として帰ってきたというありきたりなストーリーで、登場するキャラも典型的なツンデレキャラであるヒロイン、エロ大好き男主人公、綾波レイや長門有希みたいな無口キャラなど、よくありがちな物で、これといった特徴が見られません。言わば「オタク系の作品に登場するキャラって、こんな感じでしょ?」みたいに、あまりにもステレオタイプで描かれているといった所か。
「涼宮ハルヒの憂鬱」や「けいおん!」などみたいに人気が出たりシリーズ化される事なく、一発屋で終わってしまったのは、全体的に新鮮味がなく、インパクトが弱かった事でしょう。
同じオタク系の作品でも、僕は最近観た「苺ましまろ」の方が断然好きです。
しかし男主人公が単なる駄目人間で終わらず、何だかかんだ言いつつもヒロインの事を心配したりするなど、根は良い奴だった所は良かったと思っています。
a0265223_18492535.jpg
a0265223_18591791.jpg

スタッフ
監督、構成:あべたつや
キャラクターデザイン、総作画監督:越智信次
プロップデザイン:渡辺義弘
コンセプトデザインワーク:阿部達也
アドバイザー:西村聡
美術監督:渡辺三千恵
色彩設計:藤川耕輔
撮影監督: 田辺克司
編集:田中恒嗣
音楽:菊谷知樹
音響監督:明田川仁
プロデューサー:崎山貴弘、山中隆弘
アニメーションプロデューサー:安西武、西岡大輔
アニメーション制作:童夢
製作:初恋のベランダ愛好会


主題歌
オープニングテーマ 「DRAMATIC☆GIRLY」
作詞:こだまさおり/作曲、編曲:菊谷知樹/歌:神田朱未、大原さやか、葉月絵理乃、関山美沙紀、辻あゆみ
エンディングテーマ 「逢いたい気持ちから~Placid time~」(第1話~第12話)
作詞:渡邉美佳/作曲:中島大輔/編曲:河合英嗣/歌:神田朱未、大原さやか
「Oh My ダーリン」(第13話)
作詞、作曲:宮島律子/編曲:大久保薫/歌:神田朱未


キャスト
有坂香月:神田朱未
神楽勇治:吉野裕行
有坂初音:大原さやか
神楽まりえ:葉月絵理乃
鈴原ちはや:関山美沙紀
磯川ニーナ:辻あゆみ
結城小五郎:谷山紀章
町田洸介:川田紳司
芹沢美宇:伊藤静
獅童ありさ、幼少時代の神楽勇治:佐藤利奈
大河内望巳:江里夏


OPです↓

Decomaster de regreso Todo Anime - YouTubeで、全話観る事が出来ます。
後今思った事ですが、ヒロインのお姉さんがどう見ても高校生に見えないのですが(笑)。あんな高校生いねぇよ(笑)。
実際本編も姉というより何だか母親に近く、実年齢よりかなり大人びて見えましたからね(性格や雰囲気もね)。


1枚目:TonaGura wallpaper TonaGura picture
2枚目:Anime HoLic【アニメ壁紙・画像ギャラリー】
参考:となグラ! - Wikipedia『となグラ!』の感想・評価・レビュー 2chAnimeReviewとなグラ! アニメ情報・評価・レビュー-感想
[PR]
# by asabatyou | 2012-07-16 18:03 | アニメ | Comments(0)
a0265223_19455359.jpg
a0265223_19565449.jpg
a0265223_201208.jpg

昨日はプレイステーション2を買いました。
元々持っていたのですが、弟が大阪に引っ越す時に持って行ってしまったので(笑)。
実はプレイステーション3でプレステ2のゲームが遊べる!?みたいな事を知ったのですが、どうやらダウンロードコンテンツ?みたいな感じで配信されるだけで、ソフトが遊べるわけじゃないみたいですからね…。
傷ありの中古でしたが、そんなに目立つレベルではありませんし、試しに「ウルトラマン Fighting Evolution 3」と「怪獣大激戦 War of the Monsters」でやってみたのですが、別に問題はありませんでした。
それと今月の10日に前から興味関心があった「水夏」と「アマガミ」を買ったのですが、もはやこの2本目当てで買ったようなものです(笑)。
実際やってみたのですが、「水夏」は殆ど静止画で字幕がカタカタと出てくるのがメインだったのに対し、「アマガミ」はプレイヤーを飽きさせないようにする為か、キャラがよく動いたりカメラアングルが変わったりしていました。あの時は「同じギャルゲーなのに、ちゃんと進歩しているんだな」と、つくづく感じました。
まだ殆ど進んでいませんが、中々面白い作品なので(特に「アマガミ」)楽しんでやっていこうと思っております。



雰囲気を出す為に、動画を貼っておきました。
「アマガミ」の方は今までアニメ版のOPしか知らなかったのですが、思ったより地味というか妙に物静かな出来だったので、ちょっと驚きました。個人的には、もっと華やかさがあっても良かったと思います。


1枚目:プレイステーション2の新色はサテン・シルバー!! - ファミ通.com
2枚目:あの名作がPS2で甦る 「水夏A.S.+Eternal Name」 - ゲーマガ速報! - Yahoo!ブログ
3枚目:海に澄まない昆布 アマガミ
[PR]
# by asabatyou | 2012-07-15 19:50 | ゲーム | Comments(0)
今日はレスリングシリーズの主役的存在の人物、兄貴ことビリー・へリントンの誕生日です!!
誕生日おめでとうございます!!
つまらないものではありますが、こんな絵を描きました↓
a0265223_21374160.jpg

レスリングシリーズはいつもお世話になっておりますし(劇中の空耳は、しょっちゅう使ってるし(笑))、そのお礼です。ちなみに元ネタはこれです
ちょっと頭が大きくなっちゃったかな?後体が少し細いような…。まぁ仕方ないね
という事で雰囲気を出す為に、彼の出世作とそのお気に入り動画の一部をどうぞ(実は兄貴も自分のページを持っており、気に入った動画をいくつかマイリストしている)
それとアマガミやウルトラマンとのコラボである最新動画もありましたので、こちらもどうぞ。アマガミの方は相変わらずキャラと声優がごっちゃになっており笑えますが(笑)↓













こんな感じになってしまいましたが、これからもその歪みねぇパワーでみんなを楽しませてください!!
[PR]
# by asabatyou | 2012-07-14 21:37 | 色んな物が混ざっている | Comments(1)
昨日は借りたDVDの1枚「KITE LIBERATOR(カイト リベレイター)」を観ましたので、その事について書きます。
前作の「A KITE(ア カイト)」が気に入った事もあり興味関心がありましたが、レンタル屋でアニメコーナーをブラブラとしていた時に偶然見かけましたので、迷わず手に取りました。


ストーリー
両親の復讐を遂げた砂羽が行方知れずになってから、数年後。都会の闇には、鮮やかな手口でターゲットを抹殺する死の天使が舞うようになっていた。それは、ごく普通の高校生活を送る少女・野口百南花に隠された一面…彼女のもう一つの顔だった。百南花はかつての砂羽の如く、淡々と裏仕事を遂行していく。その知られざる過去と、今は亡き赤井との因果とは? 運命の皮肉に翻弄されながらも、決して絶望しない百南花の強さと繊細な心、そして眼差しの先に見える未来は?


解説&感想
大ヒットした「A KITE(ア カイト)」の続編。前作は18禁のアダルトアニメでしたが、今回は全年齢対象の一般向け作品となっています。
しかし前作との繋がりはあやふやで、まるで「エイリアン」のようなスペースホラーやモンスターパニック的要素、今時のアニメでよくありがちな可愛い女の子達がキャッキャしている所が組み込まれた、もはや別物となっています。
ですが主人公野口百南花とその仕事仲間の向井万夏の顔が、前作の主人公だった砂羽に似ている事、控えめではあったけど出血などの暴力表現があった事、主人公が使う銃が砂羽がかつて使っていた銃に似ていた事、雨津都呂九郎の顔が前作の悪役だった赤井を思わせる事、少しだけではあったがおっぱいぷるんぷるんなシーンがあった事、前作の事を言っているのでは?と思われるセリフがあった事は、「あぁ確かに同じカイトかな?」と思いました。
ただ前作は愛する両親を赤井に殺され、彼に引き取られてアサシン=暗殺者として活躍しながらも、赤井に対する復讐心はメラメラと燃えているという、ちゃんと筋の通ったストーリーであったの対し、本作は「とりあえず受けそうで、人気が出そうな要素を入れようぜ」と言わんばかりに色々と詰め込んでしまい、何がしたいのかが分からず統一性がありませんでした。
また百南花の父親が変身してしまったと思われるモンスターとの対決でも、結局決着がつかずにいきなりブチッと切ってしまったかのように終わっているのもいただけません。エンターテインメントなのにちゃんと完結せずに終わってしまうのは、いくら何でもそれはやってはいけない事ではないでしょうか?おまけに続編もまだないみたいですし、良いのか?これって…。
本作の主役である百南花も凄く可愛くて好みのタイプでしたが(笑)、砂羽と比べるといかんせん迫力不足気味かな…。可愛いけどね(笑)。
最後になりますが、万夏は人には言えない辛い過去を持っているとの事ですが、もしかして砂羽と同一人物なのではないでしょうか?
顔がよく似ていますし、滅茶苦茶強いですし、性格や雰囲気も何となく砂羽を思わせますし。まぁ前作と本作でどれくらい時間が経っているかは知りませんが、数年しか経っていない事を考えると、やっぱり…。
a0265223_20154613.png
a0265223_2117531.jpg

スタッフ
企画:鈴木径男(ハピネット・ピクチャーズ)、鈴木雅人、草野啓二(スタジオ旗艦)、ジョン・シラベラ(メディアブラスターズ)
原作、監督、脚本、絵コンテ、演出、キャラクターデザイン:梅津泰臣
作画監督:梅津泰臣、金子秀一
プロップデザイン:金子秀一
3D制作:デジタル・フロンティア、スタジオトリコ
美術設定:平田秀一
美術監督:佐藤豪志(草薙)、若松栄司(草薙)
色彩設計:中田亮大
撮影監督:菅原徹(スタジオコスモス)
編集:瀬山武司(瀬山編集室)
音楽:石川智久
音楽制作:ランティス
音響監督:清水勝則
音響効果:神保大介
音響制作:ザック・プロモーション
プロデューサー:楠原真理子、越中おさむ、羽山陽子
アニメーション制作:アームス
製作:「KITE LIBERATOR」製作委員会


キャスト
野口百南花:井上麻里奈
野口折外:小山力也
土井光一:佐藤せつじ
野口一象:乃村健次
野口愛月:真堂圭
我賀倫:森田成一
雨津都呂九郎:麦人
向井万夏:岡村明美
追音貴知、追音香衣:ヤスヒロ


予告編です↓

1枚目:アニメ「カイト リベレイター」が「カイト ディレクターズカット完全版」とのカップリング放映へ - GIGAZINE
2枚目:平 生 風 流 ☆ Joyful Life Through the Whole Life Must Have Anime [ 2010.10월 ] -- 로딩 압박
参考:A KITE - WikipediaA KITE-KITE LIBERATOR -アニヲタWiki-KITE LIBERATOR を観た - kujooさんの「という夢を見たんだ。」日記
[PR]
# by asabatyou | 2012-07-12 18:28 | アニメ | Comments(0)
a0265223_18352342.gif

数日前、ポケモンで怪獣映画のパロディがある動画を見つけました。
しかも単なるパロディではなく、「サンダ対ガイラ」で有名なメーサー殺獣光線車が出て来たり、メカバンギラスの声が「ゴジラvsキングギドラ」のキングギドラだったり、光線などの効果音まで本家ゴジラシリーズや、ウルトラマンシリーズなどでお馴染みの物が使用されております!!
いくら何でもやり過ぎだろと言いたくなりましたが、元々ポケモンの元ネタが「ウルトラセブン」のカプセル怪獣なのは有名な話ですから、ある意味里帰りというか原点に戻ったと言えるでしょう。だって今のポケモンの分類には怪獣があるぐらいですし、製作者達も円谷プロのファンらしいですからね(笑)。
そう思いますと、ポケモンはウルトラ怪獣達の子孫と言えるのかもしれません。
さて本編についてですが、メカバンギラスがメインです。
正統派怪獣然としたメカバンギラスが暴れまわる姿を見るだけ思わずニヤリとしてしまうのですが(笑)、出来れば本物のバンギラスと戦う所が見たかったですね。こんな感じのノリでね(笑)。
他にもゴルーグという岩の巨人みたいなポケモンと死闘を繰り広げるのですが、このシーンはゴルーグの外見もあって「ウルトラマン」というより「ジャイアントロボ」(1967年版)に近いです↓

実はこのページによりますと、劇場版ではゴジラやGMK版バラゴンの声まで使用されているそうです。ポケモン歪みねぇな
それとタグにあったポケウッドというのがあったのですが、ポケモンとハリウッドを合わせた物だと思いますが、僕は最初てっきりポケモンとエド・ウッドを合わせたのかと思ってしまいました(笑)。
またさっきポケモンとウルトラ怪獣を合成した、面白い動画を見つけました。
上手く合わせてありますので、ポケモンのファンは勿論、ウルトラ怪獣のファンでも楽しめると思いますよ↓

「エヴァンゲリオン」にも同じ事が言えますが、ウルトラマンが与えた影響って大きいですね。
今後もこんな感じで、後の作品に影響を与えていくかもしれません。


画像:バンギラスとヨーギラス フォアヴェルツ
参考:どらぶろ! ポケモンとウルトラ怪獣の関係ポケットモンスター (ゲーム) - Wikipedia
[PR]
# by asabatyou | 2012-07-11 18:36 | アニメ | Comments(1)