ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

昨日は「キングコング: 髑髏島の巨神」を見ましたので、その事について書きます。


a0265223_1842887.jpg
a0265223_1974853.jpg

スタッフ
監督 : ジョーダン・ヴォート・ロバーツ
ストーリー : ジョン・ゲイティンズ
製作総指揮 : エリック・マクレオド
音楽 : ヘンリー・ジャックマン


キャスト
ジェームズ・コンラッド : トム・ヒドルストン
メイソン・ウィーバー : ブリー・ラーソン
プレストン・パッカード : サミュエル・L・ジャクソン
キング・コング : テリー・ノタリー、トビー・ケベル


ストーリー
観測衛星によってその存在が明らかになった未知の島、髑髏(ドクロ)島。
アメリカ政府は研究者や兵士からなる調査遠征隊を派遣するが、そこは決して踏み入れてはいけない非常に危険な島だった。
ヘリコプターを次々と叩きのめしていく、この島の巨大なる王者コング。
なすすべなく逃げ惑う隊員達だったが、怪物はコングだけではなかった。
巨大なナナフシのスポア・マンティス、翼竜に似たサイコ・バルチャー、タコやイカに似たリバー・デビル、牛と植物が混ざったかのようなスケル・バッファロー、足が長い巨大蜘蛛のバンブー・スパイダー、骸骨みたいな顔をしたスカル・クローラー(巨大な個体は、スカル・デビルと呼ばれている)・・・。
そう、この島で人類は、虫けらに過ぎない・・・!!


レビュー
キング・コングシリーズ第8作目で、レジェンダリー・ピクチャーズ製作の怪獣映画を同一世界観のクロスオーバー作品として扱うモンスターバースシリーズ(「GODZILLA ゴジラ」(2014年版)など)としては第2作目の映画。

ストーリーは完全オリジナルで過去作品とは何も繋がりはありませんが、基本は未知の島に入り込んでそこに生息している巨大生物に襲われるというものなので、今までとほぼ同じです。
しかし今まで異なり、コングが人間界に連れて来られてそこで暴れるというお約束がなくなり、髑髏島だけで全てが完結しているのが特徴です。

さてキング・コングといいましたら、第1作目以降はどうもただの巨大猿で、同時に恋愛映画の主人公みたいに描かれていて、中々満足出来るものがありませんでした(東宝が作った「キングコング対ゴジラ」と「キングコングの逆襲」は、見た目は正直あれだけど、ちゃんと怪獣になっているから遥かにマシで、後の1976年版や2005年版と比べれば余っ程見応えがあり、本家のイメージや雰囲気を守ってると言える)。
ですが今回のコングは、第1作目の雰囲気を残した、嬉しい出来栄えとなっています。
怒った時の顔が第1作目のコングに似ていましたが(トッド・マクファーレン氏が作った、フィギュアのコングに見えなくもない)、これは作り手側が原点回帰したかったからなんだとか。

オリジナルはヒロインのアン以外の他者には問答無用で捻り潰す荒ぶる神でしたが、今回は島を守る為に戦う守護神なので、敵じゃない者は例えよそ者でも優しく接する穏やかな性格です(お馴染みの美女を助けるシーンもあるが、本当にただの人助けなので、今までのような恋愛感情や男女関係は、まったくない)。
1作目のような荒っぽさはありませんが、その代わりにヒーローキャラとしても見られるので、どちらかといいますと、「コングの復讐」や「キングコングの逆襲」、ガメラシリーズに近いです。

このように原点に戻りつつもヒーローらしさも取り入れているので、久々に満足出来るコングとなりましたから、オリジナルが好きな人なら、きっと楽しめると私は信じています。

リバー・デビルとの戦いは「キングコング対ゴジラ」で、鎖を引きちぎるのは第1作目、大木を武器として使うのは「コングの復讐」を思わせるので、過去作品へのオマージュも見られます。

ずっと2足歩行でナックル・ウォークをしなかったのは、1976年版でリック・ベイカー氏が自作自演した着ぐるみコングみたいですが、今の技術でそれをやってしまうとリアルになり過ぎて、ただ単にデカいだけのゴリラに見えてしまう可能性があったから、わざとやめたのかもしれません。

このコングは体長31.6メートルでありながら、まだ成長期の若者なのは、「Godzilla vs. Kong」でゴジラと再び戦う事が決まっていますから、その準備期間なのでしょうか?
時代設定も、現代ではなくて1973年にしたのも納得出来ます。

この映画で思ったのですが、ゴジラとの再会がコングを本来のキャラクターに戻してくれたのでしょう。



予告編です↓







個人的にこの映画のポスターは、本家より日本公開版の方が断然好きです。
本家ははっきり言って地味で面白みがないのですが、こちらはどういう映画なのかが見れば一発で分かりますし、「これ見たい!!」という好奇心が湧きます。
コングの表情が「キングコング2」に似ており、何だか古風で懐かしい気分を味わえますが、そこが良い!!
実際監督のジョーダン・ヴォート=ロバーツ氏も絶賛していて、SNSで注目を集めたのも頷けます。
これを描いたのは開田裕治さんという方で、「ゴジラ対エヴァンゲリオン」などを担当した、イラストレーターです。
開田さんは「怪獣絵師」と呼ばれていますが、本当に良い仕事をしてくれました。ありがとうございます!!
またこういう映画のポスターを描いてくれましたら、非常に嬉しいです♪

ちなみにコング以外に登場するモンスターで印象に残る、スカル・クローラー。
コングの種族を全滅させた張本人で、島の食物連鎖から外れた存在だから、コングも彼らを目の敵にしているので、まさに最初から戦う事が宿命づけられた、ライバルキャラです(ここが平成シリーズの、ガメラとギャオスの関係に似ている)。
爬虫類系との戦いをやる時点で「分かってるな」と言わざるを得ませんが、何と第1作目に登場した後足のないオオトカゲがモチーフなのが驚きです(「千と千尋の神隠し」のカオナシや、「新世紀エヴァンゲリオン」の使徒サキエルに似てると言われる事も)。
「ウルトラマン」シリーズに登場したガボラを細くした感じにも見えますが、まさかあのトカゲがコングのライバルに出世するとは・・・。世の中何が起こるか分かりません。



出典
画像1:キングコング 髑髏島の巨神 _ 作品情報 - 映画.com.html
画像2:ド迫力!怪獣バトル~『キングコング:髑髏島の巨神』最終予告が公開|週末は映画を観たい!.html


参考サイト
髑髏島の巨神 (どくろとうのきょじん)とは【ピクシブ百科事典】.html
キングコング_ 髑髏島の巨神 - Wikipedia.html
Kingu Kongu_ Dokuroto no kyoshin (2017) - IMDb.html
ヘリコプター握りつぶされとる 「キングコング:髑髏島の巨神」日本版オリジナルポスターの怪獣映画感半端無い - ねとらぼ.html
監督も絶賛!日本版の『キングコング:髑髏島の巨神』のポスターが素晴らしすぎる _ World Action.html
海外『日本人はやっぱり芸術的!』映画「キングコング:髑髏島の巨神」の日本版ポスター公開! _ 映画狂の詩.html
外国人「日本が一番イカしてる!」映画「キングコング:髑髏島の巨神」の日本版ポスターが異様にカッコイイと話題に 海外の反応|海外まとめネット _ 海外の反応まとめブログ.html
『キングコング:髑髏島の巨神』監督が怪獣画師・開田裕治氏の日本版ポスターを絶賛 エヴァや『ワンダと巨像』との関連性にも触れる _ SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス.html
開田裕治氏、作画ビジュアルを公開!|NEWS|映画『シン・ゴジラ』公式サイト.html
開田裕治 - Wikipedia.html


参考文献
この映画のパンフレット
[PR]
# by asabatyou | 2017-03-27 18:14 | 特撮、モンスター | Comments(3)
a0265223_17223873.jpg

今月の19日ですが、私がかつてお世話になっていたヒーローズアカデミーの発表会を見に行って来ました。
今までアクトシティでやっていましたが、今回は浜北文化センターでやりました。
つい最近までウルトラマンや怪獣達が暴れていた所で、今度はヒーローズアカデミーの皆さんが活躍するのは、ちょっと不思議な気分。

「タモリ倶楽部」の空耳アワーで、「拳 べっとり エロ蓮根 便所死」という空耳がある曲として紹介された、アース・ウインド&ファイアーの「宇宙のファンタジー」が使用されていた時には、思わず笑ってしまいました(笑)。

さて一番のお目当てはアクションコースの皆さんだったのですが、何だか私がやめた時よりも人が1人減っていたような・・・。
実際見ての感想ですが、私が去年やったパフォーマンスを再びやっていまして(実は私自身、寝る前の運動として今でもやっていたりする)、正直嬉しくて懐かしかったです。
その後の立ち回りは、完全オリジナルでしたが。

前回やらなかったエンディングテーマの「今、君はヒーローになれ!」は、今回はちゃんとありました。
しかし手拍子だけで、独特の踊りがなかったのは残念でした。理由は不明です。
これがその踊りですが、私も当然この踊りをやりました↓





詳しくはこちら↓
目標を持つって素晴らしい♪│今、きみはヒーローになれ!.html
発表会の感動をもう一度!★H&A.ワンマンライブ☆│今、きみはヒーローになれ!.html
[PR]
# by asabatyou | 2017-03-22 18:07 | ヒーローズアカデミー | Comments(0)
昨日は「君の名は。」(過去にも「君の名は」というラジオドラマがあり、映画やドラマや舞台にもなったが、それとはまったく関係なし)を見ましたので、その事について書きます。
前から興味がありましたが、やっと見る事が出来ました。


a0265223_204874.jpg
a0265223_2084391.png

スタッフ
監督、脚本、原作、絵コンテ : 新海誠
作画監督 : 安藤雅司
キャラクターデザイン : 田中将賀
音楽 : RADWIMPS


キャスト
立花瀧 : 神木隆之介
宮水三葉 : 上白石萌音
宮水一葉 : 市原悦子
奥寺ミキ :長澤まさみ


ストーリー
どこにでもいそうなごく普通の男子高校生の立花瀧は、ある日女子高生の宮水三葉と中身が入れ替わっていて、逆に三葉は瀧になっていた。
お互い会った事もない見知らぬ者同士で、生活環境も異なるので最初は悪戦苦闘して反目し合っていたが、段々親しくなり気にかけるようになる。
だがある日突然その入れ替わりが途絶え、三葉の消息が分からなくなってしまった。
心配になった瀧は三葉が住んでいる所へ行ってみたが、そこで衝撃的な事実を知る事になり・・・。


レビュー
「雲のむこう、約束の場所」や「秒速5センチメートル」などで有名な、新海誠さんの最新作。
公開前はそんなに注目されていませんでしたが、いざ公開されますと、「千と千尋と神隠し」以来となる大ヒットを記録し、「シン・ゴジラ」や「この世界の片隅に」(2016年版)と同様、2016年を代表する名作にまでなりました(2016年の邦画三部作とでも言おうか)。

今まで新海さんの作品はいくつか見た事はありましたが、背景は美しいけど、キャラクターがそれに合わせて物静かに語っているだけであまり面白いとは思いませんでした。
けどこちらは、ストーリー性もあって結構楽しめました。

お互い知らない人と入れ替わってしまうけど、いつの間にか親しくなって恋心も芽生えて、だけど記憶が消えそうになったり巨大隕石の落下で三葉が死んでしまうなど、青春物語をベースに色んな要素が違和感なく溶け込んでいるので、まったく飽きさせません。

恋愛物語ではありますが、よくありがちな最後は結ばれて終わりや、片方が死んでしまったからもう会えないという単純なものではなく、どうしても会いたいのに会えない!!というもどかしさがあるのが、良かったです。

また巨大な隕石が地球に落下するというパニック物の要素があったのも、一見場違いな感じもしますが、これがあったからこそより一層話を盛り上げたと言えます。
この隕石は東日本大震災を踏まれているそうですが、そう思いますと、突然大いなる脅威が迫ってくるのも納得出来てしまいます。
これから地球を守る為に瀧と三葉が命を懸けて立ち向かう様も描かれるので、ある意味冒険物やヒーロー物の要素があるのも確かです。

さて「シン・ゴジラ」や「この世界の片隅に」(2016年版)といった、他のヒット作と共通しているのは、どれも災害がある事です。
「シン・ゴジラ」はゴジラ自身が脅威で、本作は隕石の落下、「この世界の片隅に」(2016年版)は第2次世界大戦です。
おそらくみんな苦しみながらも、挫けずに勇敢に立ち向かっていくのが、人々の心に響いて勇気づけられたからかも。

ちなみに「君の名は」とゴジラには妙な因縁があるようで、かつて1954年に作られた第1作目の「ゴジラ」がこのタイトルの映画に動員ペースと成績で抜かれる事があったらしく、今回も2016年9月上旬の段階で「君の名は。」が観客動員数と興行収入で「シン・ゴジラ」を抜き去るという当時と似たような事態が起こってしまいました。
さらに「シン・ゴジラ」も「君の名は。」も同じ東宝で、話にも共通点があるのですが、もはや何かの因果?
その影響で両者がコラボしたイラストやMADムービーまで作られましたが、歴史は繰り返すって事でしょう。

本作は「水夏」や「千と千尋の神隠し」、「劇場版 ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH」のように、夏が舞台で不思議な事が起こる話なので、今思えばその時に見れば良かったな・・・。そうすれば、もっと雰囲気が出ただろうに・・・。



予告編です↓



若者2人が巨大な脅威に立ち向かうところは、ディズニーの「ズートピア」と同じです。
「ズートピア」の主役ジュディとニックの、カップリングのイラストがいくつかありますが、「君の名は。」の主人公瀧と三葉にも同じように、ニヤニヤしてしまうイラストがあります。
いいな、いいなぁ~。マジで羨ましい・・・。

それはともかく、ツイッターでも書きましたし、太田隆文さんも苦言していましたが、この頃日本の映画で面白い作品がありませんでした。
話題にもヒットにもならず、あっという間に消えて忘れられてしまう、もしくは存在している事自体初めから知られていない物ばかり(一般の知名度は低いけどオタクの間では有名で、マニアックでカルト的人気がある作品もないし)。
なので「君の名は。」と「シン・ゴジラ」、「この世界の片隅に」(2016年)の歴史に名が残るほどの大ヒットは、今時本当に珍しくて稀なケースで、まさに奇跡としか言いようがありません。



出典
画像1:大ヒットの要因はここにも。「君の名は。」の作画陣が実は凄かった。 - NAVER まとめ.html
画像2:君の名は。キャンペーン|ローソン.html


参考サイト
映画『君の名は。』公式サイト.html
【酷すぎる偶然】映画『ゴジラ』が『君の名は』に62年の時空を超えて2度目の敗北 _ オレ的ゲーム速報@刃.html
偶然ではない?『ゴジラ』と『君の名は。』1954年から繰り返す奇妙な縁と共通点とは _ ORIVERcinema.html
【シン・ゴジラと君の名は。】1954年の大ヒット映画と2016年の大ヒット映画がタイトルが同じだと話題に【画像あり】 _ ボコパン速報.html
【驚愕】今年は1950年代とソックリ!?五輪や安保騒動等が同じ件!1950年の大ヒット:ゴジラ&君の名は⇒2016年も・・・|情報速報ドットコム.html
「君の名は。」興収100億円突破 62年前にも「ゴジラ」に勝っていた.html
君の名は。 - Wikipedia.html
君の名は。 (きみのなは)とは【ピクシブ百科事典】.html
アニメ映画大ヒットの陰で実写が伸びない、内容以前の問題 - 『秘密結社鷹の爪』FROGMAN氏が危惧する映画メディアの不在 _ ニコニコニュース.html
[PR]
# by asabatyou | 2017-03-21 18:30 | アニメ | Comments(0)
昨日は録画した、「アカデミー賞受賞!ウォルト・ディズニー 短編アニメーション傑作選」を見ましたので、その事について書きます。


a0265223_19515417.jpg
a0265223_2041445.jpg

スタッフ
監督 : バート・ジレット(ノンクレジット)、ウィルフレッド・ジャクソン(ノンクレジット)ほか


声の出演
ファイファー・ピッグ : ドロシー・コンプトン(ノンクレジット)
フィドラー・ピッグ : メアリー・モーダー(ノンクレジット)
プラクティカル・ピッグ : ピント・コルヴィッグ(ノンクレジット)
ビッグ・バッド・ウルフ : ビリー・ブレッチャー(ノンクレジット)


ストーリー
ある森ののどかな朝。
多種多様の生き物達が次々と目を覚ましていく中、ある木の男女が互いに恋に落ちるが、醜い木の男が現れてそれを妨害する。
彼女は醜い木の男を拒絶するが、これに怒った奴は森に火をつけて火事を起こしてしまい・・・。


レビュー
ミッキーマウスなどで有名なウォルト・ディズニーが作った短編アニメの中で、アカデミー賞を受賞した8本の作品を放送したものです(シリー・シンフォニーシリーズが、中心らしい)。
一番上に書いたストーリーは最初に放送した「花と木」で、他に放送した作品は以下の通りです。

「三匹の子ぶた」
3匹の子豚がみんなそれぞれ、わらの家・木の家・レンガの家を作るが、凶暴な狼によってわらと木の家が破壊されてしまった。
狼はレンガの家も吹き飛ばそうとするが出来なくて、煙突から侵入しようとするが鍋に落ちてしまい、暑さのあまりに逃走する。

「うさぎとかめ」
かけっこで勝負する事になった、ウサギとカメ。
ウサギは当然余裕で突っ走って行くが、すっかり油断してテニスや野球などの他のスポーツをして遊んでしまう。
その間にカメは諦めずに走り続けた結果、見事ゴールしたのであった。

「三匹の親なし子ねこ」
親のいない3匹の子猫が、とある家にやって来た。
テーブルの料理を食べたりおもちゃで遊んだりするが、お手伝いさんの女性に見つかって追い出されそうになる。
しかし運良く帰ってきたその家の少女が、子猫達を気に入って飼うのだった。

「田舎のネズミ」
田舎に住んでいるネズミが、都会にやって来た。
紳士的なネズミと共に料理を食べたりするが、騒ぎを起こしてしまい猫にまで襲われて、結局逃げ帰ってしまった。

「風車小屋のシンフォニー」
少し古びた風車に、小鳥やフクロウなどが暮らしていた。
嵐が起こって壊れかけたが、それでも動物達は何事もなかったように生き続けるのであった。

「牡牛のフェルディナンド」
スペインにある牧場に、花が大好きなフェルディナンドという牛が住んでいた。
だがある時クマンバチにお尻を刺されて暴走したところを、闘牛に相応しい牛を探していた人々に気に入られて、闘牛に参戦するハメに!!
しかし元々勘違いで選ばれただけに過ぎないフェルディナンドは、当然戦う気は一切なく、そのまま故郷へ帰されたのだった。

「みにくいあひるの子」(1939年版)
あるアヒルの家族に、明らかに他と異なる姿をしたヒナが生まれた。
それが理由でそのヒナは何処に言っても受け入れられず、嫌われているばかりだったが、そこにハクチョウの家族がやって来た。
自分と同じ姿をした彼らを見て、ヒナは自分がハクチョウであった事に気付き、彼らに付いて行ったのだった。



本編です↓















誰もが一度は聞いた事があるであろう「狼なんかこわくない」という曲は、このディズニー版で誕生した曲だそうです。
さらに単純な「善玉」と「悪玉」ではない個性を備えた複数のキャラクターを描き分けた、最初のアニメーション作品と考えられているので、この「三匹の子ぶた」は非常に見る価値があります。

「三匹の親なし子ねこ」は黒人の少女のぬいぐるみが出てくるシーンがありましたが、時代が時代なせいか妙にステレオタイプなデザインだったのが、気になってしまいました。

「みにくいあひるの子」は1931年にも、同じくディズニーが作った事があるらしいので、リメイクともいえます。
主役のハクチョウの子供は、「フィリックスと金の鵞鳥」に登場した金の鵞鳥の鳴き声を少し低めにしたものです。



出典
画像1:1932 love story starring trees is the sweetest thing (video) _ TreeHugger.html
画像2:Three Little Pigs (1933) _ Pretty Clever Films.html


参考サイト
アカデミー賞受賞!ウォルト・ディズニー 短編アニメーション傑作選 _ WOWOWオンライン.html
Flowers and Trees (1932) - IMDb.html
三匹の子ぶた (1933年の映画) - Wikipedia.html
Three Little Pigs (1933) - IMDb.html
Three Orphan Kittens (1935) - IMDb.html
The Country Cousin (1936) - IMDb.html
風車小屋のシンフォニー - Wikipedia.html
The Old Mill (1937) - IMDb.html
牡牛のフェルディナンド - Wikipedia.html
Ferdinand the Bull (1938) - IMDb.html
みにくいあひるの子 (1939年の映画) - Wikipedia.html
Ugly Duckling (1939) - IMDb.html
[PR]
# by asabatyou | 2017-03-17 18:09 | アニメ | Comments(0)
今月の13日ですが、録画した「塔の上のラプンツェル」を見ましたので、その事について書きます。
以前から見てみたいと思っていましたから、ちょうど良かったです。


a0265223_1935569.jpg
a0265223_19452173.jpg

スタッフ
監督 : バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ
脚本 : ダン・フォーゲルマン
製作 : ロイ・コンリ
音楽 : アラン・メンケン


声の出演
ラプンツェル : マンディ・ムーア、デラニー・ローズ・ステイン(幼少時)
フリン・ライダー(ユージーン・フィッツハーバート) : ザッカリー・リーヴァイ
ゴーテル : ドナ・マーフィ


ストーリー
ある王国の森の奥深くにそびえる高い塔に、ラプンツェルという少女が暮らしていた。
彼女は生まれてから18年間、母親のゴーテルに「外は危ないから駄目だ」という理由で外出を禁止されており、家以外の世界を何も知らないでいた。
それでもラプンツェルは、自分の誕生日の夜に遠くの空に現れる無数の灯りを不思議に思い、外の世界への憧れを強くしていったが、そんな時に城からティアラを盗み出した大泥棒フリン・ライダーと出会う。
ラプンツェルはフリンに"自分を「灯り」が現れる場所まで案内し、それが済んだら塔まで送り届けること。そうすればティアラを返す"という条件を突きつけ、遂に外の世界に足を踏み入れるが・・・。


レビュー
ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ長編作品第50作目であり、ディズニー初のCGアニメ映画。
原作はグリム童話の「ラプンツェル」ですが、元々の話にある王子とラプンツェルの性行為や、王子が身を投げて失明するというブラックなネタはなく、誰が見ても楽しめる作りになっています。

王子が盗賊に変わっていたり、馬のマキシマスが犬並みの嗅覚を持っていたり、非常に人間臭い表情や仕草するなど、変更点やコミカルタッチなところがあったりしますが、そこは別に不満がありません。

私が一番気になったのは、一応勧善懲悪であるにも親子対決で、その母であるゴーテルを完全に抹殺している事です。
ゴーテルのやっている事は、"どんな病気も治す金色の花"の力を受け継いだラプンツェル(彼女の実母が病気になった時、金色の花が摘まれてしまった為、後にその花の力を髪に宿して産まれてきたから)を赤ん坊時代に誘拐して、自分が若いままでいたいからという私利私欲でやっただけに過ぎません。
しかしそれでも彼女の面倒を18年間も見て、ラプンツェルを険悪な関係だったフリンとマキシマスを和解させたり、自分達を襲いに来た酒場の荒くれ者達を説得させて改心させるなどの良い子に育ててくれたのですから、そんな彼女を、単なる悪役で片付けてしまって良いのでしょうか?
ラプンツェルも今まで自分を騙していたゴーテルに激怒する気持ちは分かりますが、もう少し複雑な気持ちになって葛藤があった方が面白かったし、自然な流れになったかな?

基本は面白いのですが、悪役の扱いをもう少し何とかしてほしかったのが、正直な感想です。



予告編です↓





ただあの自己中心的な性格の人が育てた子が、どうしてあんな良い娘になるのかという新たな疑問が湧いてしまったのも確かです。
最初から両者が後に対決する事が暗示されていましたから、仕方なかったのでしょう。

それにしても18年も塔に閉じ込められっぱなしだったラプンツェルは、色んな意味でヤバイでしょう(笑)。
あれでは世間知らずになりますし、ストレスでどうかなりそうです。
それでも正気で楽しそうに毎日を過ごしていたラプンツェルは、ある意味凄い(笑)。

ちなみに続編の「ラプンツェルのウェディング」では、パスカル(ラプンツェルの親友であるカメレオン)とマキシマスが、ラプンツェルとフリンの結婚式用の指輪をなくしてしまったので、それを見つける為に悪戦苦闘する話だそうです。

後の「アナと雪の女王」には、ラプンツェルが髪を切った姿で、フリンと共に登場しているシーンがあるようです(両者とも後姿のみ)。



出典
画像1:塔の上のラプンツェル - 作品 - Yahoo!映画.html
画像2:Disney Animated Marathon_ Tangled (2010) _ Bill's Movie Emporium.html


参考サイト
塔の上のラプンツェル - Wikipedia.html
Tô no ue no Rapuntseru (2010) - IMDb.html
ラプンツェルが一番かわいい?髪の長いプリンセスについての事実13選 _ Ciatr[シアター].html
ラプンツェルのあらすじ:グリム原作初版は何がヤバかったの? _ 笑いと文学的感性で起死回生を!@サイ象.html
ラプンツェルが野菜!?本当のグリム童話原作がかなり怖くて残酷! - NAVER まとめ.html
【原作は怖い】グリム童話でのラプンツェルのあらすじがなかなか過激.html
塔の上のラプンツェル グリム童話の原作が怖くて面白い _ ギャザリー.html
アナと雪の女王にラプンツェルがゲスト出演?!隠れミッキーやシュガー・ラッシュまで!【隠しネタ】 - NAVER まとめ.html
アナと雪の女王を百倍楽しむために知っておくべき15の秘密 - 映画で英語ドットコム.html
[PR]
# by asabatyou | 2017-03-15 18:24 | アニメ | Comments(0)