ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

昨日は図書館で借りたDVDの1枚、「真昼の決闘」を見ましたので、その事について書きます。
西部劇で何かないかと思って探していたら、偶然見つけたものです。


a0265223_20041775.jpg
a0265223_20120804.jpg
スタッフ
監督 : フレッド・ジンネマン
脚本 : カール・フォアマン
音楽 : ディミトリ・ティオムキン


キャスト
ウィル・ケイン保安官 : ゲイリー・クーパー
エミー :グレース・ケリー
ヘレン・ラミレス : ケティ・フラド
ハーヴェイ・ベル保安官補 : ロイド・ブリッジス
マーチン元保安官 : ロン・チェイニー・ジュニア(クレジットでは、ロン・チェイニー)


ストーリー
午前10時35分、丘の上に1人のガンマンがいて、途中から仲間が2人加わると、ハドリーヴィルという町に行ってそこにある駅で、誰かが来るのを待っていた。
その頃ハドリーヴィルの保安官ウィル・ケインは、エミーと結婚して退職し町を出る事が決まっていた。
しかしそんな時、かつてケインが逮捕した犯罪者フランク・ミラーが釈放されて、ハドリーヴィルの駅で待っている仲間達と共に復讐しようとしている事を知る。
午前10時55分、みんなやエミーの勧めで逃げようとするが、何処へ逃げたって同じだからここで迎え撃つと言って残り、協力してミラー達と戦おうと町民に話しかける。
だが協力する者は誰1人おらず、仲間が全然集まらないまま、ミラー達が襲撃してくる時間は刻一刻と迫っていた・・・。


レビュー
ゲイリー・クーパーとグレース・ケリーという2大スターが共演した(夫婦役ではあるが、クーパーは当時51歳だったのに対してケリーは23歳だったので、親子ぐらい年が離れている)、西部劇映画。

と言いましても、西部が舞台の人間ドラマといった感じで、所謂ドンパチシーンは最後にあるだけです。
主人公もクーパーが演じているにもかかわらず、ヒーロー然とした頼もしさはなく、誰からも相手にされず仲間が集まらなかったから、死を覚悟して遺書を書いてしまうので、はっきり言って頼りないです。
なので一般的な西部劇のイメージを期待すると、正直ガッカリしてしまうので、西部劇ファンの間では今でも嫌っているそうです。

何故西部劇らしくない西部劇になってしまったのかといいますと、1950年代になって西部劇に対する価値観が変わった事が影響しているみたいです。
西部劇といいましたら主人公は白人で、彼らに歯向かうインディアンを悪役にしたものが多いですが、戦いの原因に触れたものは殆どなかったり、やがて事実と異なる白人に都合の良い内容もあったんだとか。
これらが原因で批判されるようになり、昔のようには出来なかったのでしょう。
ほぼ同じ時期の西部劇に、平和を求めているインディアンを主役にした「折れた矢」、復讐に執念を燃やす男の「捜索者」、農園を取り戻すだけの為に賞金稼ぎとなり人を殺す農園主の「裸の拍車」がありますが、もはやヒーロー像が存在しない内容となっています。

やがてアメリカ製西部劇のアンチとして作られた、イタリア製西部劇=マカロニ・ウェスタンが作られるようになったのは、それから約10年後の1960年代になってからです。



予告編です↓


この映画は85分ですが、本編の時間経過もほぼ同じ「リアルタイム劇」です。
その為舞台がずっと同じで危機が少しずつ迫ってくるのを、リアル且つ緊張感のある作りで描いています。
ですから劇中と同じ10時35分から鑑賞した方が、現実と映画の世界がリンクして、より一層映画が楽しめるでしょう。
またこれが製作された1950年代といいましたら、ちょうど赤狩りの時代で、体制による思想弾圧を黙認するアメリカ人を批判したものと読み取る事も可能ですが、監督自体は「政治的な意味はない」と否定しているようです。



出典


参考サイト


参考動画

[PR]
# by asabatyou | 2017-09-12 17:40 | 映画 | Comments(0)
a0265223_17345276.jpg
昨日はワークピア磐田で、浜松にある演劇ユニット FOX WORKSの作品、「姫が愛したダニ小僧」を見に行きました。

これの出演者である浜松キッドの方が私の知り合いで、メールで送られて来たのでそれで知りました。

内容は自分は不思議な世界のお姫様であると思い込んでいる老婆が、昔会ったダニ小僧に会いに行く話です。
現代の日本が舞台で老婆と出会った2人の男女は、最初は「頭がイカレているのでは?」と思い込むのですが(女性はあっさり老婆を信用したのに、男性は中々受け入れようとしなかった)、老婆の言った事が全部現実化してかつての仲間達がわんさか出てきて、ダニ小僧を見つける旅をしたり、老人ホームで働いてる人達がいつの間にか悪の組織然としてきて、一体どれが嘘で現実なのか分からなくなってしまう、ファンタジーアドベンチャー要素が強い不思議な作品となっていました。

また他の演劇と異なるのは、着ぐるみ(?)のキャラクターが登場していた事です。
1人は仮面をつけた「スター・ウォーズ」のダース・シディアスみたいな格好をした白い悪魔(?)で、もう1人は主人公達の味方である馬(デカい顔だけの存在だが)です↓
a0265223_17583880.jpg
最初見た時は「何これ!?」と思いましたが、マスコットキャラ的な魅力があり、女の子に人気がありました(「可愛い」と言われてましたし)。
キャラクターショー以外で着ぐるみ(?)が登場するのは見た事がないので、非常に新鮮味がありました。

他にもドラえもんや「ポケットモンスター」のピカチュウ、アンパンマン、「サザエさん」の波平を節分の鬼のようにアレンジしたイラストが登場したり、「武井咲と結婚したい!TAKAHIRO許さん!」と言ったり、お客さんをその場の勢いとノリで強引に出演させたりと、遊び心満載でした。

主題歌が「メンフィス・ベル」(1990年版)や「BioShock(バイオショック)」でも使用された、「ダニー・ボーイ」だったのに驚きましたが、これをみんなで踊って歌うというエンディングが、「路上演劇祭japan in 浜松」に参加した時の事を思い出し、何だか嬉しくなりました。

出演者も先程浜松キッドの方だけでなく、FOX WORKSの方や、絡繰機械's [カラクリ・マシーンズ]、今年の「はままつ演劇・人形劇フェスティバル2016「浜松ゲキトツ」」の、ファイナルイベントで共演した方といった知り合いがいましたから、それだけでも嬉しかったです(お客さんにも、同じくそのファイナルイベントで共演した方や、ヒーローズアカデミーで俳優コースの先生だった方もいました)。

私が思うに今までにないタイプの演劇だったので、出来ればまたこれと同じような作品を作ってくれましたら嬉しいです。



詳しくはこちら↓

[PR]
# by asabatyou | 2017-09-11 17:54 | 舞台、演劇 | Comments(0)
静岡県磐田市福田の太田川河口付近で、サメが現れた事を知りまして、現場に行ってみました。
地図やYouTubeに投稿されている動画を参考にしましたから、ここで間違いないはずです。
a0265223_17071626.jpg
a0265223_17081057.jpg
a0265223_17083952.jpg
a0265223_17090047.jpg
今までこんな事なかったですし、野生のサメを見られるのでは思ったのですが(実際、サメ注意の看板を見かけた)、そんな事はありませんでした(笑)。
正直言って、そんな都合良く現れるわけないと思ってましたが(笑)。
釣りをしている人は何人かいましたが、流石にサーフィンしている人はいませんでした。
やはり事件が起こった後ですから、こんな目に遭いたくないでしょうし。

私としてはサメが出現した例の海に行く前の方が、印象に残りました。
途中でトイレに行きたくなったので、そこに行ったのですが、その時小学生ぐらいの眼鏡をかけた男の子に話しかけられました(知り合いではなく、初対面です)。
どうやら家族で釣りをしていたようで、時間の関係でそんなに魚はいなかったらしいですが、それでも楽しい時間を過ごしたようです。

サメは見られませんでしたが、久々に海を見たいと思ってましたし、釣り好きな子供との会話(ほんのちょっとだけですが、「釣りした事ある?」などと言われました)や、帰りにウを見かけましたし(見た目や場所からして、カワウかもしれない)、これはこれで良かったです。

[PR]
# by asabatyou | 2017-09-09 17:23 | 観光、イベント | Comments(0)
昨日は図書館で借りたDVDの1枚「桃色のクレヨン」を見ましたので、その事について書きます。
偶然見かけて知って以来、興味がありました。


a0265223_19034359.jpg
a0265223_19054517.jpg
スタッフ
原作 : 松島恵利子
監修 : 油井久仁子
制作 : 株式会社電通テック、日本アニメーション株式会社


キャスト
美奈子 : 雪野五月(現 : ゆきのさつき)
雪 : 木村亜希子
圭祐 : 白石涼子
沙希 : 氷上恭子
夏子 : 水田わさび


ストーリー
いとこの雪と、8年ぶりに会える事を楽しみに待っていた美奈子。
だが実際再会してみると、雪は知的障害者であり、自分が想像していたよりも幼く見えた。
雪は美奈子の弟である圭祐とすぐに仲良くなったが、美奈子はそんな雪にとまどい、友人達に嘘をついて事実を隠してしまう。
しかしその嘘がばれて美奈子は友人達の怒りを買い、クラスで孤立してしまうが、そんな時雪の優しさに触れて、美奈子は様々な事に気付かされるようになる。


レビュー
知的障害を持つ少女と主人公の友情を描いた、人権啓発ビデオとして制作されたOVA。

本作は「仲間のはずれなどのいじめ」や「保護者による児童虐待」、「いじめを見て見ぬふりをする」といった問題が数多く発生しており、他人に対する思いやりやいたわりといった人権尊重意識の希薄化が危惧されていたので、「かけがえのない命」の大切さを感じ、「思いやりの心」を大事にする為に作られました。

28分というテレビアニメ1話ぐらいの作品ですが、最初は障害者に対して差別的な感情を抱いていた美奈子が、雪の優しさに触れて成長し(美奈子が思わず八つ当たりで女の子の人形を壊してしまったが、その時雪はわざわざ薬と包帯を用意して、人形を直した)、障害者であろうと健常者であろうと関係なく、同じ人間だから手を取り合って共に生きていける事を描いた、完成度の高い内容になっています。

シンプルですけど奥が深く、声優もゆきのさつきさんや白石涼子さん、水田わさびさんなど、有名で人気のある方々が出演していますので、子供や大人だけでなく、アニメや声優好きにも楽しめる内容になっています。



YouTubeでも、本編が見られます↓

雪が自分が求めているクレヨンが見つからなくて泣き出すところを見て、近くの人達が「障害者の子がいるのは、大変だな」と憐れんだ目で見たので、美奈子が「家は楽しくやってるのに、何故そう決めつけるの?」と思うシーンがありますが、それがこのアニメの狙いでしょう。

ここで何度か書いていますが、私も発達障害に近い存在なので、種類は違っても雪と同じです。
なので素早い動きが苦手だったり、空気が読めないなどのハンデはありますが、知り合いが多くて趣味もいくつかあって、かつて浜松にあるヒーローズアカデミーに所属していた縁で、映画に出演したり参加する機会も何度かあるので、何だかんだで楽しい人生を送っています。

ただいくら障害者でも、演技性人格障害とされている野々村竜太郎元議員や、サディスティックパーソナリティ障害ではないかとされている豊田真由子様(笑)みたいに、すぐにキレて迷惑行為をしていた奴らがいるのも事実ですが・・・(前者はそれが理由で、中学時代のあだ名が、「発作マン」だった)。



出典


参考サイト


参考文献
本作のDVDに入っている解説書

[PR]
# by asabatyou | 2017-09-08 17:43 | アニメ | Comments(1)
a0265223_17354882.jpg
今月の2日ですが、池田千尋監督が毎年袋井市にある月見の里学遊館でやっている、「映画をつくろう2017」のワークショップで作った作品の上映会をやりました。

今回は学校を舞台にしてやるようにという条件付きでしたが、次々と色んな部屋にワープしたり、喧嘩してしまったけど仲直りする、幽霊やゾンビや人狼が友達、もしくは敵として登場する、新しい先生が来た事でクラスのみんなが一致団結するようになる、夏休みが終わった後のテストが嫌だから答案用紙を盗もうとする、病になった姉(だったかな?)を救う為にアリスが冒険する、写真部のメンバーがコンクールに参加する為に活動するという、ホラーやファンタジー物を中心に、学園物があるといった感じになっていました。

私が一番驚いたのは、A-3チームの作った作品が私が担当したA-4チームの作品に似ていた事です。
普通の人間がゾンビ化するという違いはありましたが、ラストのゾンビのボスと子供達の対決シーンが、殆ど一緒でした。
勿論お互い自分達の事で頭が一杯だったから、似てしまったのは偶然ですけど。

他にもどっちかが先に帰ってしまった事で喧嘩してしまったけど、最後は仲直りするA-2の作品は、明らかに出演者がカンペを見ているのが丸分かりでしたが、そこが却って面白かったです。
撮影中では、どのチームかは覚えてませんが、「棒読みだな」とサラッと言っている子がいましたが(笑)。

B-3では1人だけ隠れながら、仲間の1人を尾行するシーンがあったのですが、その時の演技が良くて素晴らしい役者でした。
その子は大人しくて、基本しゃべらないタイプの男の子だったのですが、これからも出来れば続けてほしいです。

以前ラブストーリーをやっているチームがいると書きましたが、実際は写真に青春をかける学生を描いた内容になっていました。
最初に言った人の勘違いなのか、そういうシーンはあったけどカットされたのかどうかは不明です。

またげんらくで仲間達と食事した時、B-1の作品ではカットされたシーンがある事を教えられましたが、私が同じく担当したB-2ではオマケ映像も撮ったのですが(私は不参加)、それは上映されませんでした。
A-4の作品に参加した時、アドリブで「こいつも、大分傷んできたな。寿命が近い!」と言いましたが(自分が使用している武器が、本当に痛んできた為)、そこもカットされてました(笑)。
DVD化されますが、未公開映像集として収録されていたら良いな(笑)。

A-4チームの作品で幽霊軍団のボスを演じた時ですが、今思えばバットマンや「ウルトラマンレオ」のマグマ星人みたいに、中の人の目や口が露出している被り物を使いたかったです。

この映画のワークショップは、今までは子供と大人に別れてまして、場所も月見の里のみでした。
けど2014年度を最後に今までいたスタッフの1人が、月見の里をやめたのをきっかけに大人版をやらなくなり(だから2015年度は、不参加だった)、さらに2016年ではその作っている様子を映画化したドキュメンタリー、「Magic Town(マジック・タウン)-映画をつくろう」が作られてから、このワークショップは変わりました。
場所が月見の里以外でもやるようになり、子供中心ではあるものの大人もボランティアスタッフとして参加可能となり、子供達に認められれば出演も出来るので、却って世界ややれる事が広がって、前よりずっと良くなったと私は思っています。



詳しくはこちら↓

[PR]
# by asabatyou | 2017-09-07 17:45 | ワークショップ | Comments(2)