人気ブログランキング |

ジャイアントロボ

今日で今までずっと見ていた買ったDVDの「ジャイアントロボ」を見終りましたので、その事について書きます。
前にも見た事があるのですが、全話見たのは今回が初めてです。
a0265223_1152742.jpg
a0265223_11562474.jpg

スタッフ
原作:横山光輝
音楽:山下毅雄
編集:大橋四郎
技斗:久地明


キャスト
草間大作(U7):金子光伸
南十郎(U3):伊東昭夫
ジャイアントロボ:土山登志幸
ギロチン帝王:佐藤汎彦
怪獣、ロボット:渡辺孝夫、清川正宏 ほか
ナレーター:千葉耕市


ストーリー
宇宙からやって来たギロチン帝王は、他の宇宙人や地球の悪人を集めてBF(ビッグファイア)団という組織を作り、地球侵略を企んでいた。
そんな奴らが開発した兵器の中に、スフィンクスに似た巨大なロボット、ジャイアントロボがいた。
しかし草間大作少年と出会った事で正義のヒーローとなったジャイアントロボは、BF団の野望に立ち向かっていく。
頑張れ!我らのジャイアントロボ!BF団の魔の手から地球を守れ!!


レビュー
「鉄人28号」で有名な、横山光輝さんの漫画を実写化したもの。
久々に見ましたが、本作は後世に影響を与えまくっている事がよく分かりました。
まずジャイアントロボの設定や、BF団のナチスみたいな敬礼(元々ジャイアントロボですら、ナチスの残党が作ったという設定だったので、胸にはそのマークがデザインされていたんだとか)、第23話のみ登場するBF団の幹部ゲルマのデザインは「仮面ライダー」で、目玉の怪獣ガンモンスは「ウルトラマン」シリーズでお馴染みのガンQ、巨大な手のロボットガンガー(似たようなモンスターは1963年のファンタジー映画「キャプテン・シンドバッド」に登場しているが、それは地面から植物のように生えており、後のキャラとは異なる姿で描かれていた)は、「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズのマスターハンドとクレイジーハンド、顔が2つあるダブリオンは「ウルトラマンレオ」のアシュランとブリザード、GRと大作少年の友情とその結末は「アイアン・ジャイアント」、GRのデザインと独特の掛け声は、アニメ版「アイドルマスター」の劇中劇「無尽合体キサラギ」です。
ミニチュアセットがあまりにも作り物然としている、戦闘シーンがGRの設定やデザイン、着ぐるみの構造上、派手な動きが出来ないせいか動きがグダグダ気味で、あっさり決着がついてしまう(怪獣やロボットの暴れるシーンは問題なし)、よっぽど時間や予算がなかったのか同じモンスターの使い回しが多すぎる(しかも再登場した時、初登場した時の事がなかったかのように語られる事もあったので矛盾している。せっかくストーリーは毎回違うのに勿体ない)など、不満点もいくつかありますが、本作が歴史に残る名作である事に間違いはなく、その後も「ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日」や、「GR-GIANT ROBO-」といったアニメが作られたり、「スーパー特撮大戦2001」や「スーパーロボット大戦」シリーズといったゲームでも活躍しているなどで、今でもその人気は衰えておらず、彼がいかに偉大なキャラクターであるかを証明しています。
最終回で「いつの日か、きっとまた我々の前に姿を現してくれる」みたいなナレーションが出たのですが、あれは本物でした。


OPです↓

私が思うに本作は終わり頃のエピソードの方が、ややシリアスで重々しいストーリーなので、そちらの方が好きです。
最初の明るくてあっさりとしたノリも良いのですが、ちょっと深みに欠けていますから。
だからこそ後半がより際立つといいますか、活きてくる気もしますけどね。
他にも外国へ行って事件を解決するエピソードが妙に多く、国際的なのも印象に残りました。
それと主役のU7こと草間大作を演じた金子光伸さんは、実写版の「悪魔くん」でも主役でしたね。
引退した後「もう一度役者をやりたい」と思ったらしいですが、両親の反対で出来なかったそうです。
また元気な姿を見せてほしいですが、1997年に交通事故で39歳という若さで亡くなられてしまったので、その勇姿を二度と見る事が出来ないのが非常に残念です。



1枚目:懐かしの特撮 半壊矛盾城m(_ _)m…☆α==(・・#)パーンチ - 楽天ブログ.html
2枚目:ももクロ サンテCMとガンモンス ( グループ ) - ビッグ・ボスマンのハード・タイムな日々 - Yahoo!ブログ.html
参考:ジャイアントロボ - Wikipedia.html金子光伸くんForever and Ever.htmlジャイアントロボ 殺人兵器カラミティ - 逆襲のジャミラ.htmlbbhさんのコメントTV ジャイアントロボ - allcinema.htmlジャイアントロボ Vol.2<完>に入っている解説書ジャイアントロボとは- ニコニコ大百科.htmlBF団とは【ピクシブ百科事典】.html

by asabatyou | 2015-02-15 12:07 | 特撮、モンスター | Comments(15)
Commented by asabatyou at 2015-02-28 15:21
いつも使っているスタンドの明かりが、先週の日曜日の夜に消えてしまったので、明るい時でないとパソコンが使用し辛くなりました。

まぁそれはともかく、このジャイアントロボの不満を言うのであれば、GR3が一切出てこなかった事でしょうか。
GR2を再登場させるのであれば、GR3を出してほしかったです。
けどアニメの「GR -GIANT ROBO-」には、現代風にアレンジされた状態ではありますが登場していますので、結果オーライって奴でしょう。
ちなみにこの「GR -GIANT ROBO-」には、カラミティをモデルにしたGR‐4というロボットも登場しているそうです→http://static.flickr.com/116/271205744_4bd11bca73_o.jpg
Commented by asabatyou at 2015-02-28 15:38
他にも突っ込み所が何もないかというと嘘になるわけで、いくらジャイアントロボを使用出来る唯一の人間だから、頭が良いからという理由で、子供を軍に入れてしまって良いのか?銃を持たせて、戦場に行かせてしまって良いのか?もし戦士してしまった場合、一体誰が責任を取るの?とか、言い出したらキリがありません。
しかしこれはウルトラマンとの差別化もあったでしょうけど、自分と同じ子供でありながら、悪と戦える正義のヒーローであり、憧れの的になれるようにする為に、わざとそうしたのかもしれません。
Commented by asabatyou at 2015-03-01 19:11
他に思ったのですが、本作は「クレヨンしんちゃん」の劇中劇「カンタムロボ」にも影響を与えたと思っています。
何故なら主役のカンタムが、元は敵の組織の一員だったんだけど、それを裏切ってヒーローになった事、主人公の少年と仲良くなるけど、最後はその別れが描かれているところは、本作にそっくりです。
カンタムは名前こそガンダムで、見た目はマジンガーZを思わせますが、それ以外はジャイアントロボですね。
Commented by asabatyou at 2015-03-01 19:23
悪役にも不満がありました。
幹部の1人ブラックダイヤですが、12話を最後に何故か登場しなくなった事です。
他の敵は戦死したり、任務に失敗したから処刑されたなど、はっきりとした最期が描かれたのに対し、ブラックダイヤのみそれがなかったので、どうもスッキリしません。
レッドコブラは見た目が滑稽なので、どう見てもギャグとしか思えず、悪役としての魅力に欠けるので、もう少しマシなデザインにしてやれよと思いました。
Commented by asabatyou at 2015-03-02 21:42
GR3が登場しなかった事についてですが、これはGR3が空戦用ロボットという事もあって、おそらく当時の技術では色々と難しくて、限界があったのかもしれません。

Commented by asabatyou at 2015-03-02 22:02
本当はこのロボットの名前はGR1であって、ジャイアントロボと言う名前は総称にすぎません。
でも劇中では、「ジャイアントロボ」もしくは「ロボ」としか呼ばれていません。
原作では1から3までのGRシリーズのロボットとダコラー(特撮版に登場した怪獣とは別物)と、エイに似たロボットしか登場しないようですからあれですが、特撮版では原作には出てこない怪獣やロボットがたくさん登場しますから、わざわざGR1という必要がないと思ったのかもしれません。
本当の理由は、一切分かりませんが(笑)。
Commented by asabatyou at 2015-03-04 22:17
GR2(実写版ではよく見ると、色と頭が違うだけで後はGR1と同じだったりする)の全身真っ黒で頭に2本の角があるのは、「鉄人28号」のブラックオックスと同じですね。
まぁ作者も同じ横山さんですから、似ている所があるのは納得出来ます。
Commented by asabatyou at 2015-03-04 22:51
最終回にあるGR1とギロチン帝王の戦いは、よく考えると親子同士の戦いなんですよね。
そもそも「ジャイアントロボ」のストーリー自体、スケールがデカい身内同士の戦いを描いたものなのですが・・・。
ネタバレになって申し訳ないのですが、ラストでGR1は最初で最後の命令違反をし、自分の意思でギロチン帝王を掴んだまま空を飛び、近くの隕石に体当たりして奴と一緒に爆死するのですが、これは今思うと「私が一緒にいてあげるから、もう暴れるのはやめてくれ」とでも言いたい感じに見えなくもなかったです。
実は遊園地で子供たちと遊ぶ余生を送るという結末も検討されたようですが、これはボツにして正解でした。
主人公が我が身を犠牲にして、ラスボスと一緒に死ぬというエンディングにした方が印象に残りますし、身内の同士の戦いである以上、こうなった方がしっくりきます。
カンタムロボも、そんな感じでしたし。
Commented by asabatyou at 2019-07-07 23:44
「ジャイアントロボ」の怪獣やロボットは、低予算の影響なのか同じ者の使い回しが多かったのが残念でしたが、でもユニークで個性的な物が多かったのも事実です。

カメレオンとタコが合体したかのようなダコラー、
パイプウニの棘の本数を減らしたかのようなグローバー、
ライオンに似た顔の獣人といった感じのライゴン、
トビトカゲ、あるいはトカゲとムササビが合体した感じのドロゴン、
巨大な目玉に足をつけたガンモンス、
イカのような皮膚で覆われたエイといった感じのイカゲラスなど・・・。

流石に全部紹介するのは無理ですが、怪獣=恐竜や爬虫類系といったステレオタイプな者はそんなにおらず、一度見たら忘れられない魅力的な者達でした。

私が好きな怪獣やロボットは、ダコラー、ドロゴン、アンバラン、イカゲラス、アイスラー、GR2です。
Commented by asabatyou at 2019-07-08 18:10
「ジャイアントロボ」に登場した怪獣の中でもライゴンは、一見生物のように見えるロボットなので、「アイアンキング」の怪獣ロボットの原点かもしれません(それでも所々、機械的な部分がありますが)。

またアンバランは恐竜やトカゲみたいな姿ですが、体の一部がサンゴ礁みたいな所があるので、「ウルトラマンエース」」のベロクロンの元ネタのような印象もあります。
Commented by エースロボット改 at 2019-07-11 23:43 x
この作品の不幸は後年のアニメ版ジャイアントロボのインパクトが大きすぎてそっちに人気をまとめてもってかれちゃったことでしょうね。
なにせあっちは敵も味方も異様にキャラが濃くて豊富にいる上に、作画や音楽は当時の最高レベル。おまけに超人バトル大好きな今川監督のおかげで人間のアクションがド派手ですし、ジャイアントロボも非常にマッシブにかっこよくリデザインされてます。
こっちも悪くは、ないんですけどね。アニメ版がすごすぎました。
Commented by asabatyou at 2019-07-13 22:52
確かにジャイアントロボってネットで調べても出てくるのは、「ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日」の方が殆どで、特撮版はあまり見る機会がないような気がします。
「スーパーロボット大戦」シリーズに登場するジャイアントロボも、そちららしいです。

でも私にとってジャイアントロボと言ったら、今でもこの特撮版なのです。
それしか見た事がないというのもありますが、初めて知ったジャイアントロボがこれなのです。

あれは、私がまだ小学生の時でした。
「ゴジラvsモスラ」を劇場で見てすっかり怪獣の虜になった私は、過去のゴジラ映画やそれ以外の怪獣映画、さらに海外の作品まで好んで見るようになりましたが、ある日今はないレンタルビデオで偶然見かけたのが、最初でした。
スフィンクスに似た顔で屈強な体格をした青いロボットなのは、はっきりとした特徴があった事、名前はあまりにもストレートでしたが、このロボットのイメージや雰囲気に合っており、一発で覚えました。
その時は見る事はなかったですが、今はないおもちゃ屋でダコラーのソフビ人形(マーミットが、製作したものでした)があったのは、今でもはっきりと覚えています。
幼い頃よく行っていた模型屋や、同じく今はないおもちゃ屋で、カラミティやGR2のソフビ、あるいはプラモデルを見た記憶があります。
実際見たのは、高校2年生か3年生ぐらいの時でしたが、ジャイアントロボだけでなく、他の作品ではあまり見られない個性的な怪獣やロボットに、すっかり魅せられました。
Commented by asabatyou at 2019-07-13 22:53
今でも「ジャイアントロボ」の怪獣やロボットは商品化されており(http://sofvi.tokyo/tag/%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%9c/)、これはこれで味があって好きですが、S.H.MonsterArts(モンスターアーツ)のように関節可動なフィギュアが出たら、絶対欲しいです。

デイリーモーションで、いくつか映像が見られます↓

https://www.dailymotion.com/video/x20pl2z、

https://www.dailymotion.com/video/x20pm1g、

https://www.dailymotion.com/video/x20ph42
Commented by エースロボット改 at 2019-07-24 12:59 x
最初に見た作品というインパクトは大きいですよね。最初にそれを見た後で、いくら評判がよくても別のシリーズを見ると「これじゃない」って反応をしてしまうのはよくわかります。
ガンダムファンが世代ごとに派閥を作っているのもそんなところなんでしょうね。
Commented by asabatyou at 2019-07-26 22:42
でもシリーズが違っていても、「ゴジラvsモスラ」をきっかけにゴジラにハマって、過去のゴジラ映画を見た時では「これじゃない」という気にはならなかったです。
昔の映画ならではのクラシックな感じや、独特の雰囲気や世界観に惹かれたのかもしれません。

しかしウルトラマンは初期のシリーズのイメージが強烈だったので、ティガやダイナなどの1990年代のシリーズを見た時は、「これじゃない」という気持ちになってしまいました(笑)。
グレートやパワードは見慣れていたせいか、特にそうは思わなかったのに(笑)。
ネオスは当時は写真しか見なかったせいか、同じく別に何とも思わなかったです。
line

タイトルの通り「asabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)」の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。


by asabatyou
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31