磐田市池田 熊野の長藤まつり2018 4月29日

4月29日ですが、磐田市池田 熊野(「くまの」と読んでしまいがちだが、「ゆや」が正しい)の長藤まつりを見に行ってきました。
祢里が出る事を知って前から興味がありましたが、ツイッターでも書いたように今年はそれが出る日が分かりましたので、やっと見る事が出来ました。


a0265223_17193637.jpg
a0265223_17200634.jpg
a0265223_17212444.jpg
私が着いた時は、既にもう出ていました。
その中の1台は池田天白神社祭典の屋台と同じデザインで動くところが見たかったですが、残念ながら最後の最後まで動かずお昼の1時ぐらいには、完全に屋台小屋を閉めてしまいました。
本当はもっと見たかったですが、コンビニで買ったおにぎり3つとポカリスエットが悪くなった事も考えて、仕方なくそばを離れました。


a0265223_17355500.jpg
ここが出入り口です。
ちょうど座る所があったのでそこで昼食しましたが、周りにも他の祭と同じように様々なお店が出ていました。
フランクフルトソーセージや焼きそばなどがありましたが、結構高かったので諦めました。


a0265223_17423331.jpg
昼食し終わった後、もう1つの目当てである行興寺を見ました。
ここに幻想的で神秘的なフジの花が植えられていますが、アイスクリームを売っていたり、この祭りの由来となった熊野御前という方の生涯を、紙芝居で紹介したりしていました。

ネットやチラシによりますと、彼女は平安時代末期に池田荘の庄司の藤原重徳の娘として生まれ育ち、教養豊かな美しい女性で、和歌の道にも通じ、親孝行であったことから、当時の人々に「女性の手本」とされていたようです。
このフジの花は熊野が愛した花で、彼女が植えたとされるフジは樹齢800年を超えているそうです。
国と県の天然記念物指定のフジが合わせて6本あるみたいですが、残念ながら枯れ気味で緑が殆どになっていました。

実は路上演劇祭Japan in 浜松の、砂山劇場の参加者の1人と再会しました。
娘さんと一緒でしたが、まさかここで会えるとは思いませんでした。


a0265223_18074524.jpg
奥にある豊田熊野記念公園にも行ってみましたが、こちらでは太鼓や音楽の演奏があり、行興寺とは違った印象がありました。
お祭りの格好をしている人も大勢いたのでお花見状態でしたが、1時ぐらいまでこの辺りをウロウロしていました。


a0265223_20073642.jpg
1時になるまでの間三社祭礼囃子が聞こえてきたので、そちらの方に行ってみたら別の祢里が休憩していました。
大人は補助としていただけといった感じですし。


a0265223_19042902.jpg
a0265223_19081290.jpg
1時になってちょっと移動してみましたが、そしたら最初に会った祢里と再会しました。
この動画で見た場所に行きまして役太鼓をしましたが、おかめはなかったです。
近くに天竜川がありましたが、一部の地面が砂になっているのが印象的でした。
その後は出入り口の所まで移動しましたが、何故か途中で消えてしまい、他の祢里や屋台との絡みは残念ながらありませんでした。


a0265223_20494092.jpg
出入り口の近くで休憩していた子供専用と思われる祢里が、活動開始していました。
しかし豊田熊野記念公園の辺りで再び休憩しましたが、ちっとも動く気配がなかったです。
本当はもっと動いてほしかったですが、流石に疲れていたのでこれを最後に帰宅しました。


映像もいくつか撮りましたので、また投稿し終わったらこんな感じで紹介します。



詳しくは、こちら↓

[PR]

by asabatyou | 2018-05-01 17:36 | | Comments(0)
line

タイトルの通り「asabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)」の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。


by asabatyou
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31