アナタはアナタ(後編)

今月の7日ですが、ウル魔の最新話を読みましたので、その事について書きます。


a0265223_19533287.jpg
a0265223_20023377.jpg

ストーリー
タバサとイザベラはフック星人に捕まってしまい、彼らの基地に連行されていた。
隙を見て奪われた杖を取り返す事に成功した2人は、フック星人達が自分の隊長や今の仕事に不満があり、早く故郷に帰りたがっている事を知ると、言葉巧みに彼らを味方に引き込む事に成功する。
フック星人達のおかげで武器の製造工場を破壊したタバサとイザベラだったが、帰れると意気込んでいたフック星人達は、全員何者かによって始末される。
タバサはまだ次の戦いがある事を確信し、その準備に取り掛かろうとするが・・・。


レビュー
前回の続きです。

フック星人達がまさか味方になるとは思いませんでしたが、上司に不満があって反乱するのは「戦艦ポチョムキン」で、若い娘に先導されてやるのは「メトロポリス」(1927年版)のようでした。

フック星人軍団の隊長が部下達と共にタバサを襲う時、アクロバットのような動きをしていますが、これは彼らの初登場作品である「ウルトラセブン」へのオマージュでしょう(実は動くフック星人は「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY」で少し見て、2度目が「ウルトラマンライブPeace of the Earth 2017」だったので、セブン版を見たのはつい最近だったりします。鳴き声が初代「ウルトラマン」に登場した、ドラコのアレンジでした)。

さらにタバサが体を鍛えていたおかげで、フック星人達の戦いに勝利出来ましたが、いつどこで何が役に立つか分からないものです。

結局誰が一体フック星人達に武器を作らせていたのか分からないまま終わりましたが、どうやらバット星人らしき宇宙人は、一切関与していないみたいです。


出典

本編

[PR]

by asabatyou | 2018-11-09 19:04 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(5)
Commented by カーメン at 2018-11-13 17:15 x
古い映画に例えての感想がasabatyouさんらしいですね。最近は現実でもブラック企業への関心が高まっていますが、上司に温情があるかないかで仕事って全然違ってきますものね。
フック星人たちの末路は残念でしたが、彼らを襲った「四機の金色の宇宙船」で、あの宇宙人が黒幕で確定に近そうです。

ところで最近話題のアニメ版グリッドマンは見ておられますか?旧作ファンからの評判も上々で、自分もピクシブに何枚かグリッドマン関係のイラストを上げ始めました。
最近は旧作との世界観の繋がりも見えてきて、大いに盛り上がっています。最高にカッコいいです。
Commented by asabatyou at 2018-11-14 13:56
「古い映画に例えての感想がasabatyouさんらしいですね。」
ありがとうございます。改めて私にとって、昔の映画はなくてはならない事を感じます。
もう人生ですね、これは。

「最近は現実でもブラック企業への関心が高まっていますが、上司に温情があるかないかで仕事って全然違ってきますものね。」
ニュースを見ていて思うのですが、ブラック企業は勿論、パワハラも話題になっています。
アメフトやボクシング、体操といったスポーツ業界がその事で注目されてしまいましたし。

グリッドマンについてですが、WOWOWで放送しているので、それでいつも見ています。
最初は何かテンポが悪かったり説明不足のところがあって、「何だかな・・・」と思いましたが、やっとそれが少しずつ分かってきて面白くなってきています。
あのグリッドマンに言える事は、昔のグリッドマンと世界観が同じで、続編である事です。
有名なテーマ曲の「夢のヒーロー」が少しだけ使われた時、思わずニヤけましたし、嬉しかったです。

Commented by asabatyou at 2018-11-14 14:17
グリッドマンの絵、いくつか見てみました(https://www.pixiv.net/member.php?id=5387594)。

第1話に登場したグールギラスを機械化するというのは、昔のグリッドマンではよくあるパターンでした(ギラルス→メカギラルス、フレムラー→メカフレムラ―など)。

けどあれは予算の関係で、着ぐるみを改造して使い回しせざるを得なかったらしいです。

詳しくは、こちら↓
https://dic.pixiv.net/a/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%B3%E6%80%AA%E7%8D%A3、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E5%85%89%E8%B6%85%E4%BA%BA%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E6%80%AA%E7%8D%A3、

https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/8936.html
Commented by カーメン at 2018-11-15 11:24 x
イラスト見てくれてありがとうございます。
最近はデジタル塗りの前にアナログで上手になっておこうと、色鉛筆塗りでイラストを描きながらいろいろ試しているところです。
グリッドマンの怪獣が低予算で使い回しがきつかったのは知っていましたが、子供はロボやメカが大好きなものなので、メカ怪獣というアイデアは改造の手間も少なくて済んで、見事だったと思っています。
アニメ版グリッドマンのほうは、対象年齢が上がったおかげで重厚なドラマが面白いですね。旧作の続編というのはほぼ確定みたいですが、どうしてカーンデジファーの怪獣であるベノラがいるのかなど、まだ謎が多くて目が離せません。
Commented by asabatyou at 2018-11-15 21:21
いえいえ、こちらこそ。

「デジタル塗りの前にアナログで上手になっておこうと、色鉛筆塗りでイラストを描きながらいろいろ試しているところです。」

それ良いですね。私もデジタルで絵を描いた事が何度かありましたが、どうも向いていなくて結局すぐにやめてしまいました。
それに絵の基本は、時代が変わっても紙と筆記用具だと思いますから。
また絵を描く時は、他の絵や写真などを見てやるのも大事です。
自分だけで考えて描こうとしますと、どうしても限界がありますので。

グリッドマンの怪獣の使い回しが多かった事についてですが、作り手達の努力のおかげで、まったくその事が気になりませんでした。

アニメ版のグリッドマンについては確かに話が進んで面白くなってはいますが、私はやはり何だかんだで昔の方が好きです。
ネットが普及した今となっては、こちらの方が話が分かりやすくて、登場人物達の行動も納得出来ますから。
line

タイトルの通り「asabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)」の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。


by asabatyou
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31