人気ブログランキング |

世紀末覇王誕生

昨日はウル魔の最新話を読みましたので、その事について書きます。


a0265223_12143781.jpg

ストーリー
トリスタニアで買い物していたルイズ達は、その帰りにEXゴモラに襲われた。
才人がいないのでウルトラマンエースに変身出来ず、ティファニアがウルトラマンコスモスとなって、これに立ち向かうが、そこへゴモラが加勢しに現れる。
だがゴモラは味方の筈のコスモスまで攻撃して、倒してしまう。
驚くルイズ達だったが、ゴモラの正体はメカゴモラが化けた偽物であった。

2種類のゴモラの戦いにトリスタニア崩壊の危機が迫るが、メカゴモラは光線のフル出力を続けた事が原因でオーバーヒートし、活動停止状態になる。
EXゴモラは再びルイズ達を狙い、ルイズは自分を囮にして仲間を逃がそうとしたが、既に手遅れで奴の攻撃で逃げ道をなくしてしまう。
もう駄目だと思った時、敵だと思っていたメカゴモラが自分を盾にして、ルイズ達を守った。

助かったと思ったルイズ達だが、ふと目が覚めたら、何とメカゴモラのコックピットに取り込まれてしまった事に気付く。
逃げ出したくても杖を落としてしまったから魔法が使えず、EXゴモラも標的がメカゴモラの内部にいる事を知っているので、攻撃をやめる気配がない。
メカゴモラももう自力では動けず、ルイズ達はこのままなぶり殺されるかと思った時、キュルケが取り扱い説明書を見つけて、何とか攻撃を防いだ。
全員は覚悟を決めてメカゴモラを操縦し、EXゴモラを倒す事を決意する。


レビュー
前回の続きです。
今回もネタがいくつかありまして、

「勝ったほうがわたしたちの敵になるだけよ」は、「ゴジラvsビオランテ」、

サブタイトルの「世紀末覇王誕生」は、「ゴジラvsメカゴジラ」のキャッチコピー「世紀末覇王誕生 誰もがこの戦いを待っていた。」、

「次からは合体できる飛行ロボットか、吊り下げられる飛行機でも用意しておくことですね」は、前者は「ゴジラvsスペースゴジラ」のモゲラで、後者は「ゴジラ×メカゴジラ」の機龍、

メガバスターを発射するのは、「ゴジラvsメカゴジラ」のメカゴジラ、

メカゴモラが一般市民を乗せるのは、「新世紀エヴァンゲリオン」の第3話、

「説明書を読んだのよ」は、「コマンドー」といった感じでしょうか。

それにしてもメカゴモラが味方になるとは予想外でしたが、その作者がルイズの仲間達に親しい人がいる事や、あくまでこの星の人間たちの自由と幸福を守りたいだけと語っています。

ルイズ達がメカゴモラを操縦するハメになり、ロボットアニメのような展開になりそうです。
終わり頃のメカゴモラとEXゴモラの戦いが開始されるところでは、「ゴジラvsメカゴジラ」の戦闘シーンの曲が聞こえてきそうです↓




メカゴモラ
a0265223_12212524.jpg
謎の存在がゴモラをモデルにして開発した、巨大戦闘用ロボット。
性能は本物と互角で、とある宇宙人の配下であるEXゴモラと死闘を繰り広げるが、光線のフル出力を続けた事が原因でオーバーヒートし(他にも色んな技をやれるようにしたかったが、容量の関係で断念した事が語られている)、活動不能状態に陥る。
その後、EXゴモラの超振動波からルイズ達を守る為に、無理して動いたのを最後に自力で動けなくなるが、ルイズ達を特殊な光線で自身の体に収納し、全ての運命を彼女達に託す。

鳴き声は通常のゴモラの声をこもらせたもので、本物とほぼ同じ。
とある怪獣をモデルに開発されたロボットで、本物と戦うところがメカゴジラを思わせるが、実際そのオマージュである。



出典

参考サイト
https://seesaawiki.jp/w/ebatan/d/%A5%E1%A5%AB%A5%B4%A5%E2%A5%E9

参考文献

本編


by asabatyou | 2018-12-23 19:34 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(4)
Commented by カーメン at 2018-12-26 18:28 x
この話はほんとにゴジラへのオマージュのお祭りでしたね。ほかの東宝ネタだと、冒頭の「パーティーをしましょうか」が、ガンヘッドだったりするとこでしょうか。
かなりマニアックなところも拾ってますが、これなら次回はいったいどうなっちゃうんでしょうね(°▽°)
Commented by asabatyou at 2018-12-26 21:47
「ガンヘッド」のネタもあったのですか。

私は「ガンヘッド」は存在だけ知っていますが、見た事は一度もないので分かりませんでした。

ちょっと気になって調べてみましたが、「ガンヘッド」は東宝と「機動戦士ガンダム」などで有名なアニメ制作会社、サンライズとの合作で、世界初の実写巨大ロボットアクション映画だそうです。

しかし「話が分からない」、「退屈」などと評価され、失敗に終わったようですが…。


詳しくは、こちら↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89、

https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89、

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AFReturns-%E2%80%95%E6%80%AA%E7%8D%A3%E7%84%A1%E6%B3%95%E5%9C%B0%E5%B8%AF-Million-mook%E2%80%95%E6%96%B0%E6%98%A0%E7%94%BB%E5%AE%9D%E5%BA%AB/dp/4813007619
Commented by カーメン at 2018-12-28 10:08 x
ガンヘッドは確かに傑作という評価には届きませんでしたが、それでもミニチュア特撮の極致ともいえる描写や、濃いキャラクター性で印象的な映画だったと自分は思います。
泥臭い男とメカに対するロマンなら、後のVSスペゴジに通じるところがありますね。万人受けはしないけど、はまる人にはとことんはまる映画です。かくいう私がはまった人間なので(笑
Commented by asabatyou at 2018-12-28 22:02
つまり人を選ぶというか、好き嫌いが分かれるという事ですか。
ニコニコ大百科でも、熱い言葉を吐くガンヘッド507のキャラクター性から熱狂的なファンもいて、マニア向け映画と言われています↓

https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89
line

タイトルの通り「asabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)」の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。


by asabatyou
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31