2013年 05月 26日 ( 1 )


アクション仮面が、リアルヒーローに!?

昨日の話ですが、「クレヨンしんちゃん」の劇中劇であるアクション仮面を主役にした漫画が作られた事を知りました。
何だか作者が亡くなられたからと言って、やりたい放題って感じですな。これが良いのか悪いのかは知りませんが…。
これが作られた事を考えますと、もう「クレヨンしんちゃん」だけでやっていくのは不可能だからではないでしょうか?はっきり言いますと塩沢兼人さんが亡くなった後のしんちゃんは、ネタ切れなのか規制の関係なのかは知りませんが、全盛期の頃にあった面白味がなくなってしまい、すっかり興味関心が失せてしまい、全然観なくなりました。
実は昨日、本屋で偶然見かけましたので読んでみました。
内容は「クレヨンしんちゃん」とは何も繋がりはなく、完全に独立した物になっており、世界観や雰囲気も原作のような昭和特撮ヒーロー物みたいなノリではなく、現代風にアレンジしたシリアスなアニメのような作りになっています。なのでアクション仮面も、バットマンやアイアンマンの要素を取り入れたかのようなゴツイ外見になっており、絵も漫画版の「Fate/stay night」で知られている西脇だっとさんという方が担当しているので、殆ど別物で原作の面影はありません。
僕は別にこれもありかなと思ったのですが、僕はカンタムロボの方が好きなので、そっちで1本作ってほしいなと思っています。今の世の中を考えますと、「不思議魔女っ子マリーちゃん」や「ま・ほー少女もえP」に目を付けるのもありかも(笑)。
しかしここまで優遇されている劇中劇のキャラって、珍しいですよね。
殆どの劇中劇のキャラは、デザインが酷くて偽物臭さやパチモン臭さプンプンで、所詮ウルトラマンや仮面ライダーなどの足元にも及ばない出来だったりするのですが、しんちゃんの場合はみんなキャラデザが良く、細かい設定までちゃんとあって、しかも主題歌や単発でシリーズが作られる程の扱いの良さです。ここまでやったのは、しんちゃんだけですよ。


こちらで途中までですが、本編を見る事が出来ますので、興味のある方はどうぞ→アクション仮面 第1話 不闘の拳 - 西脇だっと - ニコニコ静画 (マンガ)


何だかこの時点で、しんちゃんとアクション仮面の世代交代を感じてしまったのですが(笑)。
動画もありますので、もし良ければどうぞ↓





もしもアニメ化したら、一体どうなるんでしょう?
もう声が、玄田哲章さんじゃなくなりそうな気がする(笑)。
[PR]

by asabatyou | 2013-05-26 19:53 | 漫画 | Comments(4)
line

タイトルの通り「asabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)」の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。


by asabatyou
line
カレンダー