2018年 01月 29日 ( 1 )


ブルー・マックス

昨日は最初から自宅にあるDVDの1枚「ブルー・マックス」を見ましたので、その事について書きます。
久々に見たかった事や、また航空映画を見たい気持ちがあったからです。


a0265223_19123891.jpg
a0265223_19173252.jpg
スタッフ
監督 : ジョン・ギラーミン
製作 : クリスチャン・フェリー
撮影 : ダグラス・スローカム
原作 : ジャック・D・ハンター
音楽 : ジェリー・ゴールドスミス


キャスト
ブルーノ・スタッヘル少尉 : ジョージ・ペパード
フォン・クルーガーマン伯爵 : ジェームズ・メイソン
カエティ伯爵夫人 : ウルスラ・アンドレス
ウィリー・クルーガーマン少尉 : ジェレミー・ケンプ
マンフレート・フォン・リヒトホーフェン男爵 : カール・シェル


ストーリー
第1次世界大戦の終わりが近づいた1918年、庶民出身の歩兵であるブルーノ・スタッヘルは、撃墜王に与えられるドイツ国家最高の勲章ブルー・マックス(「プール・ル・メリット勲章」の、英語での俗称)に魅せられて、パイロットを志願した。
周囲のパイロットが貴族出身な為、対抗意識を燃やすスタッヘルは、最初の空中戦で敵機のSE5を撃墜するが、証拠がなかった為カウントされなかった。
それが分かると、彼は無抵抗の敵機を仲間達が見ている目の前で撃ち落としたり、味方のウィリー・クルーガーマン少尉が不慮の事故で死亡すると、その手柄まで横取りすると、とにかく手段を選ばない。
さらにレッドバロンこと、マンフレート・フォン・リヒトホーフェンのピンチを救うなどの活躍し、遂に念願のブルー・マックスを手に入れたが・・・。


レビュー
ドイツ国家最高勲章である「プール・ル・メリット勲章(ブルー・マックス)」を題材にした、航空映画。
その為当然ドイツが主役ですが、実際はアメリカとイギリスの合作(どっちか片方だけで、製作したという表記もあり。ちなみに会社は、あの20世紀フォックスである)なので、ドイツは一切関わっていません。

監督は「キングコング」(1976年版)や「キングコング2」のジョン・ギラーミンで、主演は「ティファニーで朝食を」でオードリー・ヘプバーンと共演したジョージ・ペパード(本名はジョージ・ペパード・ジュニアらしいが)と、「海底2万哩」のジェームズ・メイソンです。

「つばさ」(1927年版)や「レッド・バロン」(1971年版と2008年版)と同じ、第1次世界大戦を舞台にしていますが、これらと違うのは純粋な空の英雄を描いているのではなく、目的の為なら手段を選ばない欲にまみれたパイロットが主人公だという事です。
なので敵だけでなく味方からも嫌な目で見られるので、他とは異なる印象を受けます。
確かに見終った後味はあまり良くありませんが、2時間を越える長さでありながら無駄なく進んでいきますし、主人公の新鮮さもあって見応えのある作品となっています。

第1次世界大戦の空中戦は騎士道精神があり、弾切れになった相手には攻撃しなかったり、撃墜した敵機に花束を投げたりと美談もありますが、所詮はただの殺し合いなので、勝って勲章を貰えればそれで良いんだよと思っている人が、1人ぐらいいても全然不思議ではありません。
そういう意味では、妙なリアルさがあるのも事実です。

どちらかといえば人間ドラマ中心ですが、実際に飛行機を飛ばした空中戦は非常に迫力があるので、この手の映画が好きな方は是非1回は見てほしいです(昔は空中戦シーン以外は、まったく眼中になかったです(笑))。



予告編です↓

本作で使用された飛行機は当時の物の流用ではなく、一から作った物です(25万ドルでフォッカー Dr.I×2機、フォッカー D.VII×3機、ファルツ D.III×2機、SE5×2機を製作)。
これだけでも十分凄いですが、さらにコレクターから11機を借用したそうです。
しかしよく見ると、イギリスの練習機であるデハビランド・タイガーモスや、スタンプSV.4(ベルギーで開発され、1970年代まで練習機として使用されたらしい)、コードロン・リュシオル(フランスで開発された、スポーツ飛行機らしい)がシーンによって、イギリス機やドイツ機に扮していたりします。
これらの飛行機は第1次世界大戦後に誕生してるので、本来この時代にいては可笑しいのですが、時間や予算の関係もあったのでしょう。 



出典

参考サイト
http://wikiwiki.jp/rof/?%B6%F5%C0%EF%B1%C7%B2%E8

参考文献

[PR]

by asabatyou | 2018-01-29 17:28 | 映画 | Comments(1)
line

タイトルの通り「asabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)」の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。


by asabatyou
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31