遠矢孝信さん、「帰ってきたウルトラマン」の怪獣を語る。その2

今日は遠矢孝信さんが、「帰ってきたウルトラマン」の怪獣や宇宙人を演じた時のお話を紹介したいと思います。



ゴルバゴス
岩のようにゴツゴツとした皮膚が印象に残りますが、遠矢さんはゴルバゴスを演じた時の思い出は、スプレーの匂いだけだそうです。
直接吹き付けられたんで、臭くてしょうがなかったのを覚えているとの事です。


ダンガー

ウルトラマン役のきくち英一さんは当時結婚していたので、健康管理は奥さんの力が大きかったですが、遠矢さんは独身だったので、食事は出前だったようです(それも、いつも2人前は頼んでもらっていたという)。
他にもきくちさんの奥さんが作ってくださったレモンの砂糖漬けや、ニンニクの醤油漬けを食べる事もあり、助けられたみたいです。

ダンガーの頭のコブをほぼ全部もぎ取られるシーンがありますが、あれはきくちさんのアイデアで、2人で立ち回りの打ち合わせしているうちに、そうしようということになりました。


ステゴン

ステゴンは強い印象がなく、四つ足のバランスをとるのに下駄か何かを履いていた、確か柔らかいぬいぐるみだったと思うとしか話していません。
尻尾を引っ張って投げ飛ばすみたいなアクションは、きくちさんのアイデアを特撮監督の高野宏一さんが受けて、演出されているらしいです。


モグネズン

実はこの時、円谷一さん(円谷プロダクションの2代目社長)の息子である円谷浩さんが、現場によく来てくれたのですが、その彼が「宇宙刑事シャイダー」で主役になるとは思わなかったみたいです。

モグネズンのような直立型の怪獣は動きやすかったけど、動きが同じになってしまわないように、「こいつの武器はなんだ?」とか考えるそうです。
そうすると怪獣に個性が出て動きが変わり、刺そうとするから、ウルトラマンもそれをかわそうとするという事です。
怪獣の役作りが分かるエピソードです。


シュガロン

監督はきくちさんを、かなり信頼していたらしいです。
怪獣が複数出て「ジャパン・ファイティング・アクターズ(JFA)」から若手が来る時、当然慣れてなくて下手で監督が何か言いたくても、これ以上はきくちさんに悪いかなと、少し遠慮してたくらいです。
そういう時は、遠矢さんが雰囲気を察してつないだりもしていたとの事です。

シュガロンはツインテールと同じく、目を潰されるシーンがありますが、その傷が妙に生々しいです。



本当はゴルバゴスの後に登場したゴーストロンについても書きたかったのですが、映像が削除されてなかったので、仕方なくなしとなりました。
遠矢さんは自分の匂いも残っているのでアーストロンの改造なのがすぐ分かりましたが、コミカルな動きは監督の指示で「こういうことできる?」と言われてやったものです。
怪獣の着ぐるみは、重くても全体のバランスが良ければ、どんな動きをやっても苦にならないそうです。

他にもその回で使用されたウルトラマンの飛び人形は、撮影終了後にきくちさんがいただいたようですが、彼の息子さんが小さい頃、友達が遊びに来ると飛び人形、面、ブレスレット、手袋、カラータイマーを見せていたとの事です。
バルタン星人の飛び人形もありましたが、残念ながら壊れてしまったみたいです(その友達は、ポケーッとして見ていたという)。



参考文献


# by asabatyou | 2019-01-18 22:12 | 声優、スーツアクター | Comments(0)

砕け散るまで戦え!

昨日はウル魔の最新話を読みましたので、その事について書きます。


a0265223_12350551.jpg
a0265223_12362103.jpg

ストーリー
ひょんな事からメカゴモラを操縦するハメになり、EXゴモラに戦いを挑むルイズ達。
しかし主要兵装の冷却に時間がかかる為、何とか今出来る事で戦わざるを得ない状況であった。
機体も段々限界を迎えただけでなく両腕も失い、いつ破壊されてもおかしくないぐらい追い詰められるが、メカゴモラは近くの炎を吸収し、それで右腕の形を作ると、一気にEXゴモラに向かって叩き込んだ。
2匹のゴモラは完全に跡形もなく消滅し、ルイズ達も無事生還したが、そんな彼女達にトリステイン王宮でおこなわれる、仮装舞踏会への招待状が来て・・・。


レビュー
今回も前回と同じように、特撮ネタが多いです。
私の分かる範囲でまとめますと、こんな感じです↓


サブタイトルの「砕け散るまで戦え!」と台詞の「機械の竜だから略して・・・」、メカゴモラがジャイアントスイングでEXゴモラを投げ飛ばすのは、「ゴジラ×メカゴジラ」、

ルイズとメカゴモラでパンチパンチパンチ!は、「ゴジラ対メガロ」の主題歌「ゴジラとジェットジャガーでパンチ・パンチ・パンチ」、

「もう何を言っても無駄よ。ルイズを止めることはできないわ」という台詞は、「ゴジラvsメカゴジラ」の最終決戦にある台詞、

メカゴモラがEXゴモラとの戦いで左腕を失っただけでなく、尻尾で体を刺されて投げ飛ばされるのは、「ゴジラvsスペースゴジラ」にあるモゲラとスペースゴジラの戦い、

炎がメカゴモラに集まるのは、「ガメラ 大怪獣空中決戦」の最終決戦、

炎の鉄拳でEXゴモラを倒すのは、「ガメラ3 邪神覚醒」にあるガメラがイリスを倒すシーンなどが、元ネタである事は間違いないでしょう。


メカゴモラが味方になるのも、「ゴジラ対メカゴジラ」や「メカゴジラの逆襲」では悪役だったメカゴジラが、それ以降の作品では人類が対ゴジラ用の兵器として開発した事に変更されている事を思わせます。

この話は完全に2匹のゴモラを見せたいが為に作られた感じですが、今現在ゴモラといえば「大怪獣バトル」シリーズの影響で主役や味方のイメージが強く、悪役時代も初代ウルトラマンとの戦いに一度勝利したり、見た目のカッコ良さもあって王者の風格や威厳がありました。
ゴモラはスターになるべくしてなったのでしょう。



出典

本編


# by asabatyou | 2019-01-15 13:03 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(0)

遠矢孝信さん、「帰ってきたウルトラマン」の怪獣を語る。その1

今日は遠矢孝信さんが、「帰ってきたウルトラマン」で多くの怪獣や宇宙人を演じた時の思い出を書いていこうと思います。
せっかく書籍で興味深いお話をされていますから、インターネットを使って大勢の人達に知ってほしいと、前から思っていました。
流石に毎日は無理ですが、週1回なら出来るかなと思うので、それでやっていきます(それでも出来ない時が、あるかもしれませんが)。



アーストロン
元々アーストロンは別人が演じていたんですが、監督の本多猪四郎さんが見ていて、どうも満足出来ず、遠矢さんがタッコングと1人2役で演じる事になりました。
そうしたらこりゃ凄いって褒められたようですが、やたら動いた事が評価されたのではと、ご本人は語っています。
ウルトラマン役のきくち英一さん曰く、ウルトラマンのデザインが変更された関係で、この格闘はもう1回やったとの事です。
きくちさんはムッとしたらしいですが、それだけ気合が入っていたんですねと、おっしゃっていました。



タッコング


対戦相手のザザーンはウルトラマンとの戦いがないので、きくちさんがザザーンを演じました(勿論ウルトラマンとは別に、ギャラを貰いました)。
この作品では勝鬨橋が作ってあったのですが、何気なく座ったら怒られたみたいです(でも頑丈に作ってあったのか、壊れずに済んだという)。
きくちさんと共にプールに入って出番を待っている時、照明のコードがプールの水の中にたれていた為に電気が流れて感電した事があったそうです(最初スタッフは、きくちさんと遠矢さんがふざけて踊っているように見えてしまった為、すぐには助けず、必死に「助けてくれーッ」と叫んだという)。
タッコングは丸いので水が入って重く、水から出てくると伸びきっちゃって、背中に遠矢さんの頭の形が出ちゃったらしいです。
形も段々変わってくるし、この怪獣は他と比べて安定が悪かったとおっしゃっていました。



サドラ

この時遠矢さんはサドラを演じまして、デットンはきくちさんが主催していた「ジャパン・ファイティング・アクターズ(JFA)」に所属している、関国麿さんという方が演じました。
当時遠矢さんは「宇宙猿人ゴリ」でゴリ博士を演じていたので、時にはウルトラマンとスケジュールがかちあう事もありました。
その為きくちさんの自転車を借りて往復したり、ゴリを制作したピー・プロダクションのスタッフが迎えに来てくれたりと大変だったみたいです。
遠矢さんが帰ってくるまでは、まだ助監督だった東條昭平さんが怪獣や宇宙人を演じる事があり、サドラの出現シーンのみ東條さんが演じていたとされています。



キングザウルス三世

「帰ってきたウルトラマン」初の四足歩行の怪獣ですが、遠矢さんはよくありがちな膝を地面につける芝居を一切やらず、ちゃんと四足歩行で演じています。
入り方はきつかったですが、そんなに辛くはなかったらしいです。
でも重いし、頭もピアノ線で吊っているので、アクションは随分工夫したとの事です。



グドン


遠矢さんはグドン役で、ツインテールはきくちさんの大学時代の後輩である森平さん(フルネーム不明)が演じています(カットによって、人が前と後ろ逆に入ったりして撮影し、人が入ってると思えない効果を生んだとの事)。
本作の怪獣は基本遠矢さんのサイズに合うように作られていますが、グドンもツインテールも何故か小さく、無理して入らなくてはならず、動きにくかったみたいです。
そのせいかこの時のグドンは、首根っこが不自然に出っ張っています。



こんな感じで5匹ずつ紹介していきますが、遠矢さんが自分が演じた怪獣や宇宙人について全部触れているわけではないので、紹介出来ない者がいる事をご了承ください。



参考文献


参考サイト
https://seesaawiki.jp/w/ebatan/d/%B4%D8%D4%A2%CB%FB


# by asabatyou | 2019-01-11 20:04 | 声優、スーツアクター | Comments(0)

もののけ姫

昨日は弟のたけマルが持っているDVDの1枚、「もののけ姫」を見ましたので、その事について書きます。
久々に見たかった事や、初代ブログでレビューした時、その内容に不満があった事もありますが、今年は亥年なので見るなら今だと感じました。


a0265223_19325814.jpg
a0265223_19475332.jpg

スタッフ
製作総指揮 : 徳間康快 
原作、脚本、監督 : 宮崎駿 
音楽 : 久石譲 
制作会社 : スタジオジブリ


主題歌
米良美一「もののけ姫」


キャスト
アシタカ : 松田洋治 
サン、カヤ : 石田ゆり子 
エボシ御前 : 田中裕子 
ジコ坊 : 小林薫 
モロの君 : 美輪明宏 
乙事主 : 森繁久彌


ストーリー
室町時代の日本。
エミシの村に住む少年アシタカは、村を襲った巨大な醜い怪物タタリ神を死闘の末倒したが、その時に右腕を負傷しただけでなく、死の呪いまで受けてしまう。
奴の正体は何者かによって、鉄のつぶてを撃ち込まれて、人間への憎悪からタタリ神と化してしまった巨大イノシシ、ナゴの守だった。

その鉄つぶては西の地から来た事が判明し、そこへ行けば何か分かるかもと判断されたアシタカは村を後にするが、その途中でジコ坊に出会い、神が住むと言われている深い森の存在を教えられる。
森を目指して進むアシタカは倒れている2人の男性を救出し、彼らの村へ連れて帰るが、そこはタタラ場という鉄を作る村だった。

タタラ場を案内されていく内に、村を治めているエボシ御前がナゴの守をタタリ神に変え、自分が呪われる原因を作った全ての元凶である事を知ってしまうが、彼女は戦争で人狩りにあって売られた女性達や、差別や偏見の対象だったハンセン病患者とされる病人達に、生きる希望を与えてくれる人物でもあった。

そんな時、エボシの命を狙ってもののけ姫と呼ばれている娘が、タタラ場を襲撃する。
彼女はかつて山を汚した人間達によって生贄として差し出されたところを、山犬達に助けられ育てられたサンだった。
アシタカはエボシとサンの死闘を止めるが、同時に瀕死の重傷を負ってしまう。
サンは自分の邪魔をしたアシタカに怒り殺そうとするが、「そなたは美しい」と言われた事で動揺し思いとどまる。

彼女はアシタカを生と死を司る神、シシ神の前に連れて行き、彼がアシタカの傷を癒したのを見て、アシタカを生かす事を決意する。
サンは介抱していく内にアシタカに心を開き、アシタカも森と人が争わずに済む方法はないかと思い悩むが、その頃タタラ場が不老不死がの力があるシシ神の首を狙って、行動開始していた・・・。


レビュー
宮崎駿監督による、スタジオジブリ長編のアニメ映画。
1980年にも同名の作品が、宮崎監督のアニメ企画案として存在しており、絵本にもなりましたが、このアニメ映画との直接の関連性はありません。

内容は村を守ろうと必死に戦ったのに呪われてしまい、それを解く為に旅をする事になったけど、そこで様々な人々や動物達と交流する様を描いています。

昔はただ単に人間=悪で動物=善としか見てなかったですが、今見てみますと、そんな単純な話ではない事が分かります。

動物達が自分の森を荒らすタタラ場の人間を恨む理由は分かりますが、その動物達は考えの違いから対立してしまいがちです。
ではタタラ場の人々が悪かというとそんな事はなく、元を辿れば人身売買された女性やハンセン病患者らしき病人といった、社会的弱者の人達が生活しやすくする為に作られたので、一方的に悪とは言えません。
動物達と同じく、人間達の間でもタタラ場の鉄を狙ったり水を汚した事が原因で、侍達が襲撃する様が描かれています。

主人公のアシタカも呪われて差別される対象になってしまったから、結果的に故郷の村を追放されるハメになり(控えめに表現しているから、冒険の旅に出たと思ってしまいがちだが)、サンも己可愛さ故に人間に捨てられて、人間にも動物にもなれない中途半端な存在になったのですから、完全に被害者です(モロの君がアシタカに言った「黙れ小僧!」も、サンを今現在の境遇に追いやった身勝手な人間達に対する怒りが込められている)。

なので全員が何らかの恨みや怒りを持っており、もはやマイナスエネルギーの塊状態なので、ストレートに表現されてはいないものの、実は結構ドロドロとしています。

何故このような話になったのかといいますと、若者へのメッセージらしいです。
現在の若者は、理不尽な現実世界の中で生きる動機を見失いつつあるけど、それでも足掻いて生きろと告げているんだとか。
劇中の人々や動物達は、自分達の未来や繁栄を願って必死に戦いますから。

他にもエボシが何故社会的弱者に優しいのかは、本人がかつてそうだったみたいです。
本編では語らえていませんが、エボシ自身、昔は人身売買されていて倭寇(13世紀~16世紀にかけて、中国や朝鮮などの沿岸を襲った海賊)の頭目に買い取られて妻となるけど、やがて頭目を殺害して日本に帰ってきたという壮絶な過去があったようです。
エボシがアシタカに「賢しらに僅かな不運を見せびらかすな!その右腕切り落としてやる!」と言うシーンがありますが、「賢(さか)しら」とは「物知りぶる事」や「利口そうに振舞う」という意味です。
不幸な生い立ちのエボシにとって、アシタカの死の呪いは所詮ちっぽけなものでしかなく、その程度で知ったような口を利くアシタカの未熟さに腹が立ったと言われています。
そう思うと、エボシが同じ境遇の女性達に救いの手を差し伸べるのは、当然の流れでしょう。

善も悪もない複雑な人間関係で進んでいく重たい話ではありますが、それが見所で映画をより盛り上げています。



特報と予告編です↓


実は本作にも興味深い話がありまして、アシタカが呪いが原因で村を離れなければならなくなった時、カヤという娘が来て黒曜石で出来たナイフを彼に渡すのですが、どうやらこの2人できていたそうです。
はっきりと描いていませんが、本当はアシタカとカヤは人目を偲んでヤッていまして♂♀、あのナイフは「自分は生涯、恋をしない」=「貞操の印」という意味が込められているんだとか。

「もののけ姫」の性的な描写は他にもありまして、アシタカとサンはもう繋がっている♂♀という話もあります。
サンが暮らしている岩屋のシーンが、そうです。
プロデューサーの鈴木敏夫さんがその事を聞いてみたのですが、宮崎さんは一切答えようとしなかったようです。
宮崎さんは人一倍恥ずかしがり屋だから、分かるようにやらないのですが、鈴木さんに問い詰められたら「そんなの、わざわざ描かなくてもわかりきっているじゃないですか!」と言ったみたいです(笑)。

カヤの話に戻りますが、アシタカは追放される形になったけど、カヤには彼の子供が宿っており、やがて2人の子孫がオープニングで映される土面の紋様として”アシタカ王の伝説”を語り伝えていくという話になっているらしいです。

ちなみにアシタカが旅立つ時、音楽や背景が非常に綺麗で印象に残りますが、あれは宮崎さんからのプレゼントだったりします。
アシタカは真面目だから「出ていけ」と言われても嫌な顔しないし、カヤと離れ離れになる時も明るい笑顔で心配させないようにしているけど、本当は「どうして、自分がこんな目に遭わなきゃいけないんだ!?せっかく村を守って、人助けもしたのに!」という気持ちでいっぱいだと。
例え辛くて絶望の真っ只中でも、美しいものがあるという事を見せてあげたいと言って、結果出来たのがあのシーンなんだとか。




出典

参考サイト


# by asabatyou | 2019-01-08 23:44 | アニメ | Comments(3)

SSSS.GRIDMAN

昨日は今までWOWOWで放送していた「SSSS.GRIDMAN」を見終りましたので、その事について書きます。


a0265223_16474684.jpg
a0265223_16552713.jpg

スタッフ
原作 : 「電光超人グリッドマン」
監督 : 雨宮哲
脚本 : 長谷川圭一
キャラクターデザイン : 坂本勝
音楽 : 鷺巣詩郎
アニメーション制作 : TRIGGER


キャスト
グリッドマン : 緑川光 
響裕太 : 広瀬裕也 
内海将 : 斉藤壮馬 
宝多六花 : 宮本侑芽
サムライ・キャリバー : 高橋良輔 
マックス : 小西克幸 
ボラー : 悠木碧 
ヴィット : 松風雅也
新条アカネ : 上田麗奈 
アレクシス・ケリヴ : 稲田徹 
アンチ/グリッドナイト : 鈴村健一


ストーリー
何処にでもいそうなごく普通の男子高校生、響裕太は目覚めたら全ての記憶がなくなっていた。
そこへ彼を呼ぶ声が響き、導かれるがままに進んでいくと、年季の入った古いパソコンからその声の主が姿を現した。
彼はハイパーワールドから使命を帯びてやってきたハイパーエージェント、グリッドマン!!
祐太はクラスメイトの内海将や宝多六花と協力して、次々と出現する怪獣達を相手に戦っていくが・・・。


レビュー
「ウルトラマン」シリーズで有名な円谷プロダクションが、かつて1993年に作った巨大ヒーロー物「電光超人グリッドマン」を、テレビアニメ化したもの。

元々「ウルトラマン」をアニメ化したかったらしいですが、難しいと判断され、「グリッドマン」か「アンドロメロス」なら可能と言われたので、本作が作られる事になりました。

昔のグリッドマンは、当時まったく普及していなかったパソコンやインターネットを題材にした内容で、怪獣が生物ではなくコンピュータウイルスで、ありとあらゆる機械に入り込んでは事件を起こし、ウイルス対策ソフトと言えるグリッドマンがそれを倒す内容となっています。
けどこちらの場合は、主人公と敵役が少年少女という原作のフォーマットを継承しつつも、グリッドマンのデザインや登場人物が一新されており、さらに「ウルトラマン」シリーズネタも取り入れるなど、昔のグリッドマンなどの特撮を知る入口となる作品にする事が、企画当初より重要視されています。
その為グリッドマンや怪獣だけでなく、人間キャラクターも出番が多かったりと、アニメファンにも見やすい作りとなっています。

早すぎた名作とも言われるグリッドマンを、パソコンやインターネットが普及した現代に復活させた事もあって、最初は期待していましたが、実際に見てみたら正直ちょっと残念な印象を受けました。

昔は完全に現実世界が舞台で、そこに様々な機械に怪獣が侵入して騒ぎを起こすわけですから、スケールは小さくなった代わりに現実味が増して、「もし機械の調子が悪くなったら、怪獣の仕業かも!?」と言いたくなるような身近さがありました。
悪役自体も友達どころか親しい知人すらいない孤独な少年で、何かと反社会的な性格である事から、ちょっと気に入らない事が起こると事件を起こすという、リアルさがありました。
そもそも犯行に手を染めたのは、主人公の1人である女の子に惚れているけど、相手にしてくれなかったからであり、その事で怒っていたら別の世界から来た魔王カーンデジファーと出会い、彼の協力で怪獣を次々と生み出すようになってしまいます(所謂、悪いドラえもんと野比のび太である)。
そして彼女の父が経営する病院を襲い、主人公の弟が体調不良で入院しているのにピンチになってしまった時に、グリッドマンと出会うという納得のできる内容となっています。

けどこちらにはそれがなく、ただ単に巻き込まれただけという印象があります。
悪役の少女とラスボスの出会いも描かれないので、何で彼女を選んだのかな?と言う気がします。
いくら自分が気に入らない奴がいるからと言っても、舞台となっている世界はその少女が作った仮想現実ですから、自分の思う通りに作れるだろうに、わざわざ嫌な奴を作るのも理解出来ませんし、彼女の怪獣に殺された人々も初めからいなかったようになるのも不明です。
人工的に作られたから、自分にとって都合良くやれるって事ですかね?
架空の世界が、駄目だというつもりはありません。
架空の世界が舞台でも、「ドラえもん のび太のブリキの迷宮(ラビリンス)」みたいに、人間と機械の立場が逆転したという他人事とは思えない世界を描いたものもあったりします。
しかしこちらにはそういう深いがテーマがあるわけでもなく、どうも薄っぺらいです。

結論になりますが、素材は良いのにその良さを活かしきれておらず、全体的に説明不足である事は否めません。
テンポや展開も平板で単調な為、イマイチ盛り上がりに欠けます。
前作以上にスケールが小さくなりましたが、心の闇を持った1人の少女を救う為に、みんなが一致団結する話という見方も可能です。
そう思いますと、ありそうでなかった事をしているので、新鮮味があります。

昔の効果音や音楽が使われていたりと、前作と世界観が同じである事が明らかになりますが、これも前作を見ていないと話が分かりにくいでしょう。



予告編、PV、OP、EDです↓









本作のOP「UNION」を、前作のOP「夢のヒーロー」にした物もありました↓


本作に登場する怪獣は、西川伸司さんや丸山浩さんなど、ゴジラシリーズやウルトラマンシリーズで怪獣デザインを担当した事がある方々が担当しているので、何となくそれらの作品に登場する怪獣を思わせます(生物感より、着ぐるみを意識してデザインしたという)。
第1話と11話のグールギラスは「帰ってきたウルトラマン」のフェミゴンに似ており、第2話と11話のデバダダンは「ウルトラマンレオ」のスペクターを思わせますが、顔は実在する深海魚のデメニギスのようです(と思ったら、本当にデメニギスがモチーフだった)。
また何度も登場するアンチは、昔のグリッドマンに登場したシノビラーにそっくりです。
グールギラスが機械化してメカグールギラスになりますが、これは昔のグリッドマンにもありました(例:ギラルス→メカギラルス、フレムラー→メカフレムラーなど)。
グリッドナイトは、見た目や色もあって「強殖装甲ガイバー」のガイバーⅢみたいでした。

ちなみにこれらの怪獣は生物ではなく、人形に特殊な力が与えらて動いているだけです。
なので傷を負っても血は出ませんし、斬られた時断面が肉や骨ではなく電子的なのはその為です。

グリッドマン役の緑川光さんですが、これは昔と同じです。
特撮がアニメ化した時、キャストが同じだったのは「マグマ大使」のゴアを演じた大平透さんや、「仮面ライダー」シリーズの立花藤兵衛を演じた小林昭二さんもそうでした(探せば、他にもあるかもしれません)。



出典

参考サイト


# by asabatyou | 2018-12-28 21:47 | アニメ | Comments(6)
line

タイトルの通り「asabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)」の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。


by asabatyou
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31