カテゴリ:ドラマ( 3 )


衝撃スクープSP 30年目の真実 ~東京・埼玉連続幼女誘拐殺人犯・宮崎勤の肉声~

昨日はYouTubeで前から気になっていた、「衝撃スクープSP 30年目の真実 ~東京・埼玉連続幼女誘拐殺人犯・宮崎勤の肉声~」を見ました。


a0265223_19151565.jpg
a0265223_19200630.jpg
スタッフ
企画、プロデュース : 安永英樹(フジテレビ)
編成 : 赤池洋文、門脇寛至、安藤明(フジテレビ)
プロデューサー : 高丸雅隆(共同テレビ)
脚本 : 和田清人
演出 : 松木創(共同テレビ)
制作 : フジテレビ、共同テレビ


キャスト
警視庁捜査一課殺人5係警部補 : 金子ノブアキ
ワイドショーリポーター : 秋元才加
警視庁捜査一課殺人5係係長警部 : 小木茂光
警視庁捜査一課殺人5係巡査部長 : 矢柴俊博
警部補の妻 : 遠藤久美子
ワイドショーディレクター : 桜田通
宮崎勤 : 坂本真
宮崎勤の父親 : ダンカン


ストーリー
かつて昭和の終わり1988年と平成元年の1989年に、とある事件が起こった。
犯人は当時26歳だった、宮崎勤。
埼玉県と東京都で4人の幼女を殺害しただけでなく、その犠牲者に対する惨さから世間に衝撃を与え、2008年に処刑された。
あれから29年、宮崎勤とは何者だったのか?その真相に迫る。


レビュー
宮崎勤事件という別名で有名な東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件を、再現ドラマ化したもの。
それだけでなく当時の映像や、本人の肉声も公開されているので、ドキュメンタリーでもあります(ただし大人の事情で全て完全に再現しているのではなく、リポーターや犠牲者など架空の人物に変更されています)。

内容自体は金子ノブアキさん演じる主人公の刑事(彼は事件が起こった当時、ちょうど犠牲者の人達とほぼ同い年で、「不気味でいびつな事件。当時8歳くらいで怖かったし、忘れられない。まっすぐに記憶してしまったという印象。30年たっているということにも驚きました」や、「僕みたいに事件を知っている人間には忘れてはいけないことがいくつもあると思う。知らない世代にはこういうことが本当にあったということと、それによっていろいろなことが変わったということを知ってほしい。報道ベースでこういったドラマが作られる理由を感じてもらえるように画面で表現できたらいい」と語っています)が、事件を知って宮崎勤元死刑囚と対決する様を描いています。
かつて幼少時代に恐怖心を植え付けた相手と戦う事に、何だか因縁を感じずにはいられません。

実際に起こった殺人事件をドラマ化したものですが、殺人を犯したり残酷な描写はなく、「悪い種子」みたいに犯人の口から語られるだけです。
けど犯人役の坂本真さんの演技力が凄すぎて、見た目だけでなく声や喋り方が本物そっくりで、ゾクッとして怖いです(まるで本物の亡霊が、乗り移っているかのようで・・・)。
感情がなさそうで人とコミュニケーションをとるのが苦手そうに喋るのに、その一方でわいせつ行為をしようとしたところを見られて怒られた時は、「ごめんなさい!!もうしませんから、警察だけは勘弁を!!」と完全に弱気な態度で怯えたりと変に人間臭い一面があったり(幼女には強気だったのに)、殺人を犯したくせに犠牲者の遺族の方々に謝罪せず挑発したりと非人道的な一面もあるので、人間のようで人間ではない別の何かのような得体の知れない恐怖を感じます(実家暮らしで家族もいるのに、こんな事件を起こしていたから悍ましい・・・。さらに子供時代は怪獣博士と言われていたくせに、動物虐待行為をしていたという報告もある)。

実は殺人事件を基にした創作物は他にもありまして、「悪魔のいけにえ」(エド・ゲインがモデル)や「八つ墓村」(津山事件が元ネタ)、「IT」(キラー・クラウンこと、ジョン・ウェイン・ゲイシーがモデル)などがそうですが、こちらはドキュメンタリーとしてやっているので、残酷なシーンがなくても見るのはしんどいです。

内容が内容なので、人によっては完全に拒絶するかもしれませんが(実際、犯人の肉声は流出したものであり、警視庁内では番組内容が大問題になっていたらしい)、これを知らない世代が出てきている今、事件を風化させない為にドラマ化したのは適切のように思えます。



本編です↓

何故この人が、事件を起こすような人物になってしまったのか?
それは家庭環境に、問題があったようです。
裕福な家庭に生まれたけど、両親は共働きで祖父と知的障害を持った30代の男性が面倒をみていたので、両親との時間を多く持てる環境ではありませんでした。
祖父は犯人の男を可愛がっていたけど、昔は女癖が悪くて祖母と揉めており、父親も女性関係で母に暴力を振るう事もあり、家族全員で食卓を囲む事もなかったそうです。
さらに手首を自由に動かせない「両側先天性橈尺骨癒合症(りょうそく せんてんせい とうしゃくこつ ゆごうしょう)」という身体障害者で、周囲から馬鹿にされたり先生も何も対応しなかった為、非常に辛かったと語っていました(これについて両親は、積極的な治療を受けさせなかった)。
お金はあったけど、愛は足りなかったという感じでしょうか。

この事件で4人の幼い命が奪われただけでなく、加害者の家族まで容赦なく巻き込まれ、学校を退学したり結婚も破棄したり、父親が1994年に飛び降り自殺を遂げるという、さらなる不幸や悲劇を生みました。

また大量のVHSテープを所持していた事から、「オタク」とレッテル貼りされ、「オタク=犯罪者予備軍」という差別と迫害の対象となるきっかけとなりました。





出典

参考サイト

参考動画

参考文献

[PR]

by asabatyou | 2018-06-26 17:29 | ドラマ | Comments(2)

逃げるは恥だが役に立つ

昨日は今まで録画して見ていた「逃げるは恥だが役に立つ」を見終りましたので、その事について書きます。
私はドラマを殆ど見ないタイプですが(昔は海外の作品だが「奥さまは魔女」や「刑事コロンボ」、「刑事コジャック」、「コンバット!」、「ローハイド」、「トワイライト・ゾーン(ミステリー・ゾーン)」、「アウター・リミッツ」など印象に残って今でも人気があるけど、2000年代ぐらいになってから本当にただの量産型の使い捨てになってしまったなと感じ、低俗だと見下すようになった)、今時のドラマにしては珍しく大ヒットしブームにもなったので、どんなものかと興味を持ち、見てみる事にしました。


a0265223_21473970.jpg
a0265223_21505832.png
スタッフ
原作 : 海野つなみ 「逃げるは恥だが役に立つ」
脚本 : 野木亜紀子
プロデューサー : 那須田淳、峠田浩、宮﨑真佐子
演出 : 金子文紀、土井裕泰、石井康晴
音楽 : 末廣健一郎、MAYUKO
OP テーマ : チャラン・ポ・ランタン 「進め、たまに逃げても」
主題歌 : 星野源 「恋」
製作著作 : TBS


キャスト
森山みくり : 新垣結衣
津崎平匡 : 星野源
風見涼太 : 大谷亮平
沼田頼綱 : 古田新太
土屋百合 : 石田ゆり子


ストーリー
25歳の森山みくりは、院卒だけど内定はゼロで派遣社員になっても派遣切りという、どん底の人生を歩んでいた。
そんな娘を心配した父親は、独身の会社員である津崎平匡の家事代行として働く事を勧める。
真面目な仕事ぶりが認められて津崎に信頼されるようになり、何も問題ないかのように思われたが、そんな時にみくりの両親が田舎に引っ越す事が決まり、彼女はせっかく得た家事代行の仕事まで失いそうになる。
将来が不安になったみくりに、津崎が「就職という意味で、結婚するのはどうですか?」と提案するが、それは「雇用主=夫」で「従業員=妻」という、契約結婚だった。
前例のないやり方な為、この事は周囲には話さないようにする2人だが、果たしてバレずに新婚生活を送れるのだろうか?


レビュー
同名の漫画を全11話のテレビドラマとして、映像化したもの(タイトルこそ「僕は友達が少ない」や「この中に1人、妹がいる!」、「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」、「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」などのライトノベルを思わせるが、実際はハンガリーのことわざ「Szégyen a futás, de hasznos.」の和訳で、「恥ずかしい逃げ方だったとしても生き抜くことが大切」の意味らしい)。

このタイトルだけ見ると、どんな話なのかまったく想像出来ませんが、物凄く簡単に言ってしまうと、これは御主人様とそのメイドの話なのです。
結婚はしているけど一般的な結婚とは異なり、あくまで片方が住み込みで働いているだけに過ぎませんので、「まほろまてぃっく」や「これが私の御主人様」、「おしえて Re:メイド」と同じです。
ただストレートにやっておらず形を変えているだけで、実写で表現しても違和感なく見せるようにしてるだけです。

新垣結衣さんがメイドさんとして自宅にやってくるみたいなもので、世の男性の願望を実現したかのような内容ですが、契約結婚がバレないように悪戦苦闘したり、終わり頃になって津崎もリストラされようになるので、どんな困難があってもめげずに生きていく様を描いています。

当然恋愛感情も芽生えてしまうのですが、ぎこちなくハグしたりキスを2回ぐらいする程度でそんなに露骨ではなく、友達以上恋人未満といったところでしょうか。
運命共同体という言葉が、一番しっくりくるかもしれません。
安易に結婚して終わりというありきたりなパターンにならなかったのも、本作の雰囲気やイメージに合っていて良かったです(「本当に結婚しようがしまいが、こうして一緒にいて生きていけるのであれば、それで良いではないか」という感じ)。

またみくりはよく妄想するので自分の世界に入りがちなところがあるのですが、これが「サザエさん」や「新世紀エヴァンゲリオン」、「開運!なんでも鑑定団」などのパロディとなっています。
普通日本で作られた実写の作品で、アニメ的な演出をやると白ける事がありますが、こちらは比較的自然体でやっているので、そんなに気になりませんでした(流石に「銀魂」ほど、過激ではないが(笑))。

さてこれが制作された2016年といいましたら、「シン・ゴジラ」や「君の名は。」といったヒット作があり、間違いなく2016年の顔と言えるドラマとなりましたが、私はこれらの作品には似た点がある事に気付きました。
「シン・ゴジラ」は突如出現した謎の巨大生物ゴジラの脅威に晒されながらも、ゴジラに立ち向かう人々を描いており、「君の名は。」は巨大な隕石が地球に落ちてくる事が分かったので、主人公達が協力し合ってこれを阻止しようとする話となっています。
「逃げ恥」はあくまでラブコメなのでシリアスではありませんが、どんな状況になっても生きていく事を描いているので、そこが共通しています。
津崎も30代でありながら女性経験がない独身なので、今の時代が反映されたと言えるのではないでしょうか。



ミュージックビデオと特典DVD予告編です↓

話題になり誰もが踊ったであろう、「恋ダンス」。
本当は「恋」という曲名ですが、ダンスのイメージも強かったので、いつの間にかこうなりました。
エンディングでダンスがあるのは、「涼宮ハルヒの憂鬱」の「ハレ晴レユカイ」の影響もあるかもしれません。



出典


参考サイト


参考動画

[PR]

by asabatyou | 2018-01-05 17:44 | ドラマ | Comments(3)

プリンセスメゾン

昨日で今まで見ていた「プリンセスメゾン」を見終りましたので、その事について書きます。
1話から3話まではテレビで見ましたが、そこから後はYouTubeで見ました。


a0265223_20472071.jpg
a0265223_20474652.jpg

スタッフ
原作 : 池辺葵
脚本 : 髙橋泉
制作統括 : 出水有三、齋藤寛朗
演出 : 池田千尋、大橋祥正


キャスト
沼越幸 : 森川葵
伊達政一 : 高橋一生
要理子 : 陽月華
奥田直人 : 志尊淳
阿久津マリエ : 舞羽美海
中森扶美 : 渡辺真起子
井川流 : 木野花
藤堂紅 : 渡辺美佐子
沼越えつこ : 深川麻衣


ストーリー
持井不動産が販売する大型タワーマンションに、沼越幸が現れる。
年齢も若く、とても高価なマンションを買えそうもない幸を、販売チーフの伊達や派遣の理子は不審に思う。
幸は、居酒屋チェーン店勤務で、年は26で結婚の予定はなかったが、とりあえず自分の“家”を持つ目標を立て、いろいろな物件を見て回っていたのだ。
そんなある日、彼女が勤める居酒屋に理子がやってくる。


レビュー
池辺葵さん原作の同名の漫画を、全8話のテレビドラマとして映像化したものです。

女性が主役のテレビドラマといいますと、恋愛や結婚する事が目的で、ラブコメというイメージがあります(完全に私の偏見で、ステレオタイプですが)。
しかしこちらはまったく違っていて、自分の家が欲しいという目的の為に、ひたすら迷わず突き進むというストーリーです。
その事もあって、そういう描写が出て来る事は基本ないので、新鮮味があります。

自分だけ家を購入をする為に、とにかく行動し続ける主人公ですが、そこで出会った不動産の人達と親しくなっていき、単なるお客さんと社員という関係を越えて、良き友人であり親友とも言える状態になっていくのが見所です。

それは良いのですが、あまりこれといった変化がなく、全体的に淡々としているので、正直単調な印象を受けました。
最初は別に良かったのですが、終わり頃になってもこの感じでしたし、ラストも結局そんなに変わってない状態で終わりますから、イマイチ引き込まれませんでした。
やろうとしている事は、決して悪くないだけに残念です。



本編です。
一部音がおかしかったり、ない部分もあったりしますので、ご注意ください↓















主人公が26歳には見えず、より若く見えるという違和感はありましたが、キャスティングは特に問題はなく、不満はありませんでした。
個人的に一番印象に残ったのは、冷静沈着で物静かだけど水が苦手な伊達を演じた、高橋一生さんです。
私はスタジオジブリの「耳をすませば」で、天沢聖司の声優だったイメージが強いのですが、「ウルトラマンコスモス」や「ウルトラゾーン」といったウルトラマンシリーズ、舞台版「ガス人間第1号」、「シン・ゴジラ」にも出演しているそうです。
さらに「キル・ビル」にも出演していて、ハリウッド進出もしていたみたいです。



出典
画像1と2:ドラマ『プリンセスメゾン』のキャストたちが住むのはどんな部屋?【森川葵・高橋一生】.html


参考サイト
プリンセスメゾン _ NHK プレミアムよるドラマ.html
プリンセスメゾン ドラマの感想(森川葵) - ちゃんねるレビュー.html
プリンセスメゾン - みんなの感想 - Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表].html
「プリンセスメゾン」 第1回 感想~高橋一生はいつも冷静沈着な出来る男だなぁ。:tarotaro(たろたろ)の気になること:So-netブログ.html
プリンセスメゾン - Wikipedia.html
[PR]

by asabatyou | 2016-12-30 18:04 | ドラマ | Comments(0)
line

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。


by asabatyou
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31