人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王

今月の21日ですが、WOWOWで放送したのを録画した「クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王」を見ましたので、その事について書きます。
久々に見てみたかったので、ちょうど良かったです。


a0265223_11524294.jpg
a0265223_11570546.jpg

スタッフ
監督 : 本郷みつる 
原作 : 臼井儀人
脚本 : もとひら了 
音楽 : 荒川敏行 
製作会社 : シンエイ動画、ASATSU、テレビ朝日


主題歌
Mew「僕は永遠のお子様」


キャスト
野原しんのすけ : 矢島晶子
野原みさえ : ならはしみき
野原ひろし : 藤原啓治
シロ、風間くん : 真柴摩利
アクション仮面 : 玄田哲章  
桜ミミ子、桜リリ子 : 小桜エツ子  
北春日部博士 : 増岡弘
Tバック男爵 : 郷里大輔 
ハラマキレディ : 井上瑤、渡辺久美子、稀代桜子 
ハイグレ魔王 : 野沢那智


ストーリー
郷剛太郎ことアクション仮面は自身が主役の特撮テレビ番組に出演する為に、次元を移動する力の源である「アクションストーン」を使って、2つの地球を行き来する生活を送っていた。
ところがその撮影中に謎の爆発が起こり、アクション仮面も重傷を負っただけでなく、アクションストーンまで地球侵略を企んでいるハイグレ魔王に奪われてしまう。
元の世界に帰れなくなってしまったアクション仮面は、相棒の桜ミミ子と桜リリ子の姉妹と協力して、共に戦う仲間を集める為に行動開始するが、それに選ばれたのが野原一家だった。
果たして野原一家とアクション仮面は、ハイグレ魔王の魔の手から地球を救えるのか!?


レビュー
劇場版「クレヨンしんちゃん」シリーズの、記念すべき第1号。

原作者の臼井儀人さんが最も映画製作に係わった作品で、原作漫画も存在しており、タイトルと悪役の「ハイグレ魔王」も、臼井さんのアイディアです。

さて本作では、第1作目でいきなり「クレヨンしんちゃん」に欠かせないヒーローキャラクター、アクション仮面が登場していますが、その方が映画的で盛り上がると判断したのかもしれません。

映画自体は前半がいつものしんちゃんで、後半にならないと映画的な感じにならないという意外な作りですが、これはおそらくまだ第1作目なので、手探り状態だった可能性があります。
その為か悪役以外は普段通りのキャラクターなので、少し地味な印象があるのも事実です。

けど通常のテレビシリーズにはまずないSFやファンタジー要素、濃すぎるオカマの登場、おバカなアクションはこの頃からあり、クレしん映画のお約束は既に出来ていたと言えます。

しんちゃんの助けを呼ぶ声を聴いてアクション仮面が登場する時、ウルトラマンに似たポーズをしていたり、同時にアクションビームを出すところは「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」を思わせたり、ハイグレ魔王がまた来ると言って地球を去るのは、初代「ウルトラマン」や「ウルトラマンメビウス」に登場した時のメフィラス星人に似ており、若干嬉しくなりましたが、私が一番驚いたのは、野原一家が別の地球へ旅立つ時(つまり、パラレルワールド)が、「千と千尋の神隠し」にそっくりだった事です。

「千と千尋の神隠し」で未知の世界に迷い込む時、森の中を走りますが、本作も海へ行きたいけど(実はアクション仮面達に、導かれた結果である)渋滞しているから近道したくて森へ入って行ったら、パラレルワールドへの入り口に辿り着くという展開となっています(その場所も、どこか異世界的な雰囲気が漂っているのも同じ)。
宮崎駿さんが本作を鑑賞したのかは知りませんが、もしそうだとしたら後世に与えた影響は大きいでしょう。

他にもしんちゃんがパラレルワールドに行く為のチケットとなる、幻と言われているNo.99のカードを手に入れた店も、一見レトロで懐かしい気分が味わえるお菓子屋のようだけど、他に住んでいる人の気配がまったく感じられない幻想的な雰囲気があり、印象に残ります(季節が夏で田舎っぽいから、余計そう見える)。

まだテレビシリーズに毛が生えた感じで、より映画らしくなるのは次回作の「ブリブリ王国の秘宝」である事は否めませんが、これはこれで楽しめます。

私が好きなシーンは、そのお菓子屋とパラレルワールドに辿り着くシーンです。



予告編とTVスポットです↓



ちなみにハイグレとは、しんちゃんがハイレグの言い間違いから生まれた言葉で、彼らの手先となったハイグレ人間達のポーズは、ビートたけしさんの持ちネタである「コマネチ」が元ネタです。

スーパーファミコンでは「クレヨンしんちゃん2 大魔王の逆襲」という続編が作られ(実はやった事がある)、その後のしんちゃんゲームにも登場しているそうです。

またアクション仮面役の玄田哲章さんとハイグレ魔王役の野沢那智さんは、よく考えてみたら師弟対決だったりします。
「ダイ・ハード」のテレビ朝日版の吹き替え版では、野沢さんが主役で玄田さんが悪役だったのに、こちらでは立場が逆転しているのが面白いです(野沢さんは劇団薔薇座で多くの俳優や声優を育成しましたが、彼の演技指導は非常に厳しく、「馬鹿」「死ね」などの罵声や、灰皿やチョークを投げつける事もあり、「ナチ収容所」など散々なあだ名が付けられたみたいです。他に彼の教え子に石塚運昇さんや戸田恵子さんなどがいます)。

それとしんちゃんとアクション仮面が協力してハイグレ魔王を倒すのは、ウルトラマンや仮面ライダーなどのヒーローに憧れたある方なら思わずニヤリとするでしょう。
あの夢のようなシーンのしんちゃんは、まさに視聴者の代弁者です。



出典


参考サイト


by asabatyou | 2019-03-26 20:57 | アニメ | Comments(1)

キネマ・ド・チェントロ(仮)の集まり 2019年3月22日

昨日はいつもお世話になっている、袋井市のどまんなかセンターで映画関連の集まりがあり、それに参加してきました。


a0265223_19212827.jpg

最初は作品を撮る時、どうすれば良いか?という事で、スマホでやろうか?映像を編集する時はどうしようか?の話になりました。

そこで私はお祭りの動画の事や、山川純一さんの作品を朗読した時の事を話しましたが、まさかその中の「海から来た男」が知り合い達が見ている目の前で鑑賞する事になるとは思いませんでした(笑)。
Googleで山川純一さんの事を検索すると自分の動画が上に出てくる事もあり、正直恥ずかしいという気持ちもありましたが(元がゲイ漫画だし(笑))、実際は結構楽しんでくれたようですし、参考にもなったとラインでおっしゃってくれたので、良しとしましょう(笑)。

そもそも何故山川さんの作品を朗読しようと思ったのかといいますと、RYOさんはやしやさんの動画を好きでよく見ていまして、自分でもやってみたいと思ったからです。
「徒然チルドレン」や、「5億年ボタン」を朗読してみた動画の影響も受けています。

その後、「やらないか」「バラライカ」を少し見たり、「『袋井物語3143年』FUKUROI STORIES 3143」を見たりした後、メンバーの1人が話を考えてくれた事もあって、色々と話し合いをしました。

一応決まったのはテスト映像で、喫茶店のシーンをやってみて作品の雰囲気をイメージしてみたらという事になりました。
作者曰く、カット割り等々はお互いのアイデアを持ち寄りつつで行うという感じで、喫茶店のシーンは友人同士である主婦にもそれぞれ溝が生まれるシーンです。
これを踏まえて演じてみることで、本だけでは見えてこない部分も見えてくるか??という期待をしつつの撮影との事です。

また我々のチーム名がシネラパン(仮)から、キネマ・ド・チェントロ(仮)になりました。
意味は(映画・ど・まん中)らしいです。


by asabatyou | 2019-03-23 22:24 | 自主制作 | Comments(0)

人形映像 飯塚貴士監督★THE MOVIE講座〈ショートムービーのつくり方〉2018用作品の解説

最近「人形映像 飯塚貴士監督★THE MOVIE講座〈ショートムービーのつくり方〉2018」で作った作品が、やっとYouTubeで視聴可能になったので、その解説をしたいと思います。
ただし「タイムワープ 2018年の袋井へ」以外は、私が一切参加していない為やりようがなく、それらはしないのでご了承ください。





「タイムワープ 2018年の袋井へ」は、未来からやってきたワニ人間な若者アリゲル(名前はクロコダイルと、アリゲーターを合わせたもの)が、自然と一体化する事を望んでいる巨人と出会うというものです。

私は殆どのキャラクターの操演(6:30~6:52までは、別人が担当)と、脚本の半分くらいを担当しました。
操演は最初こそ糸で吊って動かしていますが、それ以外はティッシュ箱で足を固定してカタカタと動かしました(それらのシーンでの背景は、写真を撮った後パソコンで表示しています)。

脚本については、これが私が実際に書いたものです。
流石にまったく同じではないですが、赤い「」が付いているのが、採用された部分です↓
a0265223_15355725.jpg
a0265223_15361855.jpg
a0265223_15364377.jpg
a0265223_15370675.jpg
a0265223_15373194.jpg
a0265223_15374964.jpg
他の人が考えた話を基に、この話ならこういう事を言うかなと想像しながら書きました。

そもそも何故このような話になったのかといいますと、「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」や「ゴジラvsキングギドラ」、「ドラえもん のび太のアニマル惑星」を参考にして、今の時代を反映させようと思ったからです。

私は確かに多趣味で知り合いも多く、一見毎日楽しそうに過ごしているような気もしますが、それでも今の時代や未来は暗くて、生きていく事にどうも心の底から希望が持てない不安な気持ちがあり、それを出そうという考えもありました。
まるでいつ爆発するか分からない時限爆弾を体内に植え付けられているような、2回の世界大戦の時よりも酷いといいますか・・・(少子化になっても、無理ないでしょう)。

増加する犯罪というのも、名前はあえて出しませんが、2018年に実際に起こった殺人事件などの事を言っており、それらに対する皮肉です(悪い事に、今でも同じような事が起こっているのも、また事実)。

けど自然が好きで、様々な生き物が暮らしているというのは、私が実際に経験した事を基にしています。
袋井市の川などを見てみますと、カメザリガニカルガモキジニホンイタチらしき生物カニなどの動物達が生息しており、彼らの姿を見ているだけでも、楽しかったりします。

つまり本作の巨人は、ある意味私自身とも言える存在です。
しかし自分で書いていうのもあれですが、ストレートに表現したので露骨過ぎかなという気もしますし、今の世の中や未来に失望して愛想を尽かし、「おれは人間をやめるぞ!」と自然と一体化する道を選び、それを良い事として描いていますから、見方によってはディストピアになってしまうのかもしれません。
飯塚監督は、哲学的だとおっしゃっていましたが。

ちなみにタイトルの元ネタは、1960年の「タイム・マシン 80万年後の世界へ」と、1964年の「タイム・トラベラーズ」といった、昔のSF映画です。
ここは私の趣味を活かそうと思った、結果です(笑)。

エンディングで私の名前が本名で出ましたが、ネットで活躍している時のasabatyou名義でも良かったかなと思う事もあります。
とはいえ、自分の名前が最初に出てきた時は嬉しかったです♪今まで、そんな事なかったですし。



詳しくは、こちら↓


by asabatyou | 2019-03-22 17:52 | ワークショップ | Comments(0)

シネラパン(仮)の集まり 2019年3月9日

実は今月の9日は、いつもお世話になっている袋井市のどまんなかセンターで映画関連の集まりがあり、それに参加してきました。

a0265223_17102387.jpg


袋井を舞台にまた映画を作ろうという話になり、最初は「はままつ映画祭2014」のような自主制作なのか、池田千尋監督の「マジックタウン」や太田隆文監督の「明日にかける橋 1989年の想い出」のような商業作品なのか分かりませんでしたが、どうやら前者が正しいようです。
池田監督の「映画をつくろう!」のワークショップが、2014年を最後に大人専門をやらなくなった事が影響しているみたいです(毎年行われている、袋井市月見の里学遊館で働いていた方の1人が退職した為)。

この日はいつもそのワークショップに参加しているお馴染みの仲間達の中のお2人と、「マジックタウン」で私と同じくボランティアスタッフとして参加した方と、私も入れて合計4人のみでしたが、本当は「はままつ映画祭2014」でもお世話になった、劇団水曜日のおべんと箱に所属されている方や演劇集団esに所属されている方など、10人以上の皆様が参加する事が決まっています。

チーム名は「はままつ映画祭2014」用の作品作りをした時のシネラパン(意味は、こちらで書きました)の名前を使っていますが(その時のメンバーがいる為)、差別化を出す為に名前を変える可能性があるそうです。
シネラパン(仮)となっているのは、その為です。


アイデアはウルトラマンを登場させる物や、「人形映像 飯塚貴士監督のワークショップ 「ショートムービーのつくり方」」に参加した時の事を参考にして、人形劇にしてみるのはどうか?というのがありました。

もしウルトラマンを作る場合はゾゾスーツを改造し、中に入るのは私にするとの事です。
本当は敵の怪獣や宇宙人の方が好きだったりしますが、ウルトラマンになれると同時にある意味スーツアクターをやれるのは、魅力的です。

人形劇でやる事になった場合は、オビツドールを使用するか、あえて手作り感溢れる物にする方が良いのでは?という話がありました。
人形劇でしたら声のみの出演になるので、顔出しに抵抗がある方でも大丈夫なのでは?という話もありました(完成した作品をYouTubeに投稿する話もあったが、中には自分の姿を世間に晒されるのは嫌だという人が出てくる可能性があるので、DVDだけで済ます事も考えられる為)。



また話は変わりますが、池田千尋監督の映画のワークショップで、中学生から高校生を対象年齢にしたものをやる事も聴きました。
大人のボランティアスタッフの出番は必要ないらしいですが、何だか青春って感じで絵になります(残念ながら、そのサイトが探しても出てきませんでした)。



参考サイト


by asabatyou | 2019-03-14 21:27 | 自主制作 | Comments(0)

リベンジgirl

昨日はWOWOWで放送したのを録画した「リベンジgirl」を見ましたので、その事について書きます。
以前から興味はありましたが、やっと見る事が出来ました。


a0265223_16202957.png
a0265223_16265835.jpeg

スタッフ
監督 : 三木康一郎
原作 : 清智英、吉田恵里香
脚本 : おかざきさとこ
脚本監修 : 吉田恵里香


キャスト
宝石美輝 : 桐谷美玲
門脇俊也 : 鈴木伸之
斎藤裕雅 : 清原翔
如月凪子 : 斉藤由貴


ストーリー
東大首席でミスキャンパス1位に選ばれるほどの美人でありながら、性格最悪の宝石美輝。
本人はまったくそれに気づかず、イケメンで政治家一家の息子である斎藤裕雅と付き合うが、彼は女癖が悪く大勢の女性にも手を出している事を知ってしまい、フラれてしまう。
美輝は裕雅を見返す為に自分も選挙に出る事を決意するが、そこで昔政治家の秘書として働いていた門脇俊也に弟子入りする。
厳しく指導する俊也に初めは嫌な奴だと感じる美輝だったが、いくつもの失敗を重ねたり、自分を慕ってくれる人々が現れたり、裕雅の凶悪な一面を知ったりして、徐々に本格的に取り組むようになる。


レビュー
同名の小説を映画化した、ラブコメディ。
本作自体は日本のソニー・ピクチャーズ エンターテインメントが配給する日本映画ですが、同じソニーグループであるコロンビア映画のオープニングロゴが使用されています(何だか不思議な光景です)。

内容自体は傲慢な主人公がヤリチン男にフラれたその復讐心から、奴を見下す為に総理大臣を目指すという、とんでもない話となっています。
動機は正直下らないですが、最初は傍若無人に振舞う感じ悪い主人公が、政治家になるに連れて段々それがなくなり、人々の為に尽くすようになる成長物語です。

最初は変にアニメや漫画を思わせる演出があり、また「クローバー」の悪夢が繰り返されるのかと若干不安でしたが、特にそういう事はなく至って自然体で見る事が出来ました。

例のヤリチン男もただの女癖が悪いだけでなく、己の目標達成の為なら手段を選ばず、それで何も関係ない一般市民が巻き込まれて傷ついても罪悪感を感じないどころか、「騙される方が悪いんだよ!!ヒャッハー!!」と言い放ったり、そんな自分に怒る主人公に対しても「女のお前に、何が出来るんだ?ヒャッハー!!」と実は女性を差別してるのでは?と思われる発言をしたりと、吐き気を催す邪悪と言いたくなるような、救いようのないクズっぷりが印象的でした(これで主人公は、さらにこんな奴に日本を任せられないと改めて思い知る)。
見た目は好青年なのに、性格は冷酷無慈悲でまさに外道と言いたくなるような、完全な悪人です。
奴の事務所もやけに薄暗いので、もう悪の組織にしか見えません。
何だか主役よりも、そちらの方が印象に残ってしまいます。

若干ダラッとしていてご都合主義的で、主人公との秘書との恋愛は蛇足な気もしましたが(周囲で見ている人達は女性陣は「おぉ…♥」だったのに、男性陣は「何これ?」という反応だったのが印象的でした)、個人的には楽しめました。
しかし肝心の映画自体は、興行収入ランキングでも初登場トップ10圏外という大コケをし、レビューも辛辣なコメントが多いという最悪な結果となってしまいました(皆さんが酷評している理由も納得出来るし、ツッコミどころがあるのは紛れもない事実)。
これは2017年の映画ですが、当時は「カメラを止めるな!」以外の邦画は全然話題にならず、相手にされてなかった感じですが。



特報と予告編です↓






実は私、エキストラとして本作に出演していまして、それが見たかった一番の理由です(ただし出演シーンはないので、当然ノンクレジット)。
けどいつもエキストラで、一緒になる知り合いの方はばっちり映っていまして(太田隆文監督の「明日にかける橋 1989年の想い出」にも出演しています)、知っている方のお顔を見る事が出来ただけでも嬉しかったです♪



出典


参考サイト


by asabatyou | 2019-03-13 21:45 | 映画 | Comments(0)

隠された娘

昨日はウル魔の最新話を読みましたので、その事について書きます。


a0265223_12343191.jpg
a0265223_12424818.jpg

ストーリー
ルビティアの商人ギルドに突入して、ケムール人達と対峙する事になったミシェルとタバサ。
2人は敵の狙いを知る為にわざと捕まる道を選び、敵を消滅させる事が出来る液体を浴びた。

タバサとミシェルはケムール人の工場を案内されるが、その近くで働いている者に以前彼女達に喧嘩を売ったならず者どもや、指名手配されている凶悪犯や逃亡犯といった犯罪者どもがいた。
ボス格のケムール人は2人の正体を探る為に尋問を始めようとするが、彼女達は隙を見て脱出をはかる。

タバサ達はルビティア公爵家の所有するルビー鉱山の内部そのものに出るが、そこへケムール人の手下であるヒュプナスが襲いかかった。

奴を始末した後、ルビティア公爵邸に何かがあると確信した2人はそこを目指すが、無数のケムール人やヒュプナスが襲撃してくる。
連中を蹴散らした後、2人が見たのは図書館のような場所で、そこに仕えているバーモントという執事と出会う。
彼から話を聴かされてトリステインを目指すが、新たな刺客が現れて・・・。


レビュー
前回の続きで、ルビアナが怪しいという事が分かりました。
ケムール人も叶えてほしいという願いがあるから彼女の手下になっており、ヒュプナスも以前登場した者と別人ですが、それでも何らかの繋がりがあるようです。
しかし、まだ全てが明らかになったわけではありませんが・・・。

終わり頃に金色の人型ロボットが登場しますが、これは明らかに「ウルトラセブン」で初登場したキングジョーです。
キングジョーは元々ペダン星人が開発したロボットですが、今回はペダン星人はまったく登場していないので、ケムール人かグラシエと思われるバット星人の、どちらかが所有している可能性があります。

またタバサが使用したガーゴイルの一種で、フェンリルという狼があり、ケムール人達を蹴散らしましたが、元ネタは間違いなく北欧神話に登場する同名の怪物でしょう。
こちらも同じく狼で、神々を手こずらせたという共通点があります(元々「神々に災いをもたらす」と予言されていたので、拘束される事になったという)。



出典


参考サイト


参考文献


本編


by asabatyou | 2019-03-07 17:27 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(2)

「東海道どまん中ふくろい宿場まつり」と「ふくろい夜宵シネマナイト「光の森の映画館」」2019年3月2日

今月の2日は、「東海道どまん中ふくろい宿場まつり」と「ふくろい夜宵シネマナイト「光の森の映画館」」に行ってきましたので、その事について書きます。


a0265223_17414317.jpg
a0265223_17420101.jpg
a0265223_17422716.jpg
a0265223_17425410.jpg
a0265223_17431796.jpg
a0265223_17434097.jpg
a0265223_17440529.jpg
こちらが、「東海道どまん中ふくろい宿場まつり」に行った時の物です。
人が乗れるくらいのミニチュアの新幹線が走っていたり、ジオラマやお雛様の展示など、様々な物がありました。


a0265223_17473922.jpg
太田隆文監督の「明日にかける橋 1989年の想い出」のグッズもありましたので、製作実行委員会の皆さんやMSZ006-Zガンダムさん、尚@スイフト界隈 静岡方面隊 袋井車両さん、2016年以降の池田千尋監督の「映画をつくろう!」のワークショップで、一緒になる方とiいった知り合いの皆さんと再会しました。
さらに「明日にかける橋」のDVDをやっと買いましたが、よく考えてみたら自分が出演した映画のDVDを購入したのは今回が初めてです(他の作品は、予算の関係で正直厳しいです)。


a0265223_17590698.jpg
a0265223_17595594.jpg
a0265223_18012016.jpg
a0265223_18014111.jpg
途中から歩行者天国で総踊りや、パフォーマンスなどが行われましたが、その中の1人である大道芸人しゅんさんという方が14歳だった事にびっくりです!!
ツイッターなどもやっているので見てみたら、静岡県西部中心に活躍されているそうです。



a0265223_18092576.jpg
夕方5時以降は、「ふくろい夜宵シネマナイト「光の森の映画館」」の方に行きました。

「明日にかける橋 1989年の想い出」の製作実行委員会の皆さんやMSZ006-Zガンダムさん、尚@スイフト界隈 静岡方面隊 袋井車両さん、いつも池田千尋監督の「映画をつくろう!」のワークショップで一緒になる方と再会しました(私の幼稚園~中学時代の同級生の母親もいました)。

「明日にかける橋」のメイキング映像や「マジックタウン」の上映をしましたが、「マジックタウン」の関係者が殆どいなかったのが残念でした。
久々に「マジックタウン」を見ましたが、上手くいかなくて対立するチームはあっても、それを乗り越えてちゃんと作品を完成させましたから、本当によく頑張ったと思います。
後常連の子供達も出演しているわけですが、今と比べますと見た目が若干若い事に、時代の流れを感じてしまいました。

「明日にかける橋」については、どうやらこれを紹介する為の映像も撮っていたようで、カメラマンやスタッフの方々がいました。



こうして袋井を舞台にした映画が2本も作られたわけですが、私としてはまだまだ物足りない気分です。
これで終わりではなく、ここから全てが始める事を私は祈っています。
「ジャズ・シンガー」(1927年版)のセリフを引用しますと「お楽しみはこれからだ!」で、ミス・モノクロームで例えますと、「もっと前に出たい!」です。
以前映画を作る会社か組織を作るのもどうか?という話もありましたし、映画のワークショップにいつも参加しているお馴染みの方々や(その中には、将来映画監督になる事を夢見ている子もいる)、製作実行委員会の皆さんもいますし、全員巻き込んでまた何かやりたいです。
勿論、自分が楽しみたいからという気持ちもありますが。

実際2014年もそのワークショップの参加者に、演劇集団esに所属されている方がいた縁で、さらに劇団どあのぶの方やテトラポッドさんも仲間に加わって、「はままつ映画祭2014」用の作品を作った事もあります
a0265223_21564800.jpg


詳しくは、こちら↓


by asabatyou | 2019-03-04 21:42 | 観光、イベント | Comments(2)
line

タイトルの通り「asabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)」の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。


by asabatyou
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31