芝八幡神社祭典 2012 2日目

今日は前回の続きなので、自分達のお祭りの事について書きます。
a0265223_18105875.jpg
a0265223_1812058.jpg

東栄車が神社で役太鼓をしている時、他の祢里はその場で待機していました。


a0265223_18152992.jpg
a0265223_18161298.jpg

役太鼓が終わると東栄車は神社に入り、他の祢里もそれに続いて入りました。
しばらく休憩した後は、全員で馬場車の会所に行きました。


a0265223_1820168.jpg
a0265223_1821106.jpg
a0265223_18222041.jpg

馬場車の会所です。それと例の祢里に注意の看板が今回もありました(何故か今までと場所が違っている)。
「面白いな、これ」と思いつつも、今までは写真を撮る事がなかったので、今年は撮ってみたいと思って撮りました。
ちなみにこの看板、祭の時でないとないらしく、以前普通の日にこの看板があるかどうかを確かめる為に、馬場車の会所に行った事があるのですが、どこにもありませんでした。


a0265223_18554530.jpg
a0265223_18564058.jpg

天王車の会所です。
そこで休んだ後は、東栄車の会所に行きました。


a0265223_1913113.jpg
a0265223_1923741.jpg

東栄車の会所です。ちょうどこの時フライドポテトを配っている人がいて、「もし良かったらどうぞ」と言われ、1つもらいました。


a0265223_1965171.jpg
a0265223_1975430.jpg
a0265223_1993052.jpg

時和車の会所にはみ組がいて、役太鼓をしていました。
休憩が終わるとみ組は別の場所へ行きましたが、それ以外の祢里は新栄車の会所へ行きました。


a0265223_19163868.jpg

新栄車の会所です。これで近くの祢里の会所を回り終りましたので、この後は全員で祭典本部へ行きました。


a0265223_19261182.jpg
a0265223_19273041.jpg
a0265223_19284318.jpg

祭典本部に集まった祢里達です。千秋楽の時程ではありませんが人が沢山いて、物凄く盛り上がってやっていました。
この後は三社祭礼囃子をやって、ひょっとこ・おかめ・カラス天狗が踊っていました。
実はこの時ここいらへんのお祭りの管理人さんらしき人物を見かけたのですが、車に乗ってどこかへ行ってしまい、忙しそうだったので話する事はありませんでした。


a0265223_19392753.jpg

今回もいつものように、浅名へ行ってきました。
しかし今年は少し家を出るのが遅れてしまい、僕が着いた時にはもうと組が近くの大きな駐車場に入っていました。


a0265223_19545949.jpg
a0265223_19562911.jpg
a0265223_19581965.jpg

他の祢里達も入り、しばらく盛り上がっていました。何だかプチ千秋楽といった感じです。


a0265223_2151719.jpg
a0265223_216541.jpg
a0265223_218141.jpg

お囃子が止むとナレーションが入り、それが終わると祢里達は駐車場を離れ、それぞれの道を歩んでいきました。


a0265223_21144827.jpg
a0265223_2117476.jpg
a0265223_21181216.jpg

浅栄社が帰ってくると、東栄車達が待っていました。
しばらく一緒に行動しましたが、祭典本部で休憩した後は、それぞれの会所へ帰っていきました。
家に帰る時ですが、ジュースやお菓子をもらいました。「あまったら、もらっていきなよ」って感じで(笑)。こんな事少年時代以来の出来事だから、何だか懐かしかったです。



それとこの日偶然ですが、このような動画を見つけました。
浅羽のどこなのかは知りませんが、外人が祭りを紹介していました。
そういえば祭を見たり参加している人に、白人やアラブ系の人もいましたので、おそらくそういう人がアップしたのではないかと思います。
初めて観る物ですが、本家に近いせいか祢里の出来は中々良いです。夜の姿も本家と一緒なので好感が持てます↓






最後になりますが、お祭りになるといつも会う子供達と今回もあったのですが、年齢の影響があるせいか声が前より低くなっていました。本当は昨日書きたかったのですが、忘れてしまったので今日書く事にしました。
明日は最終日の事について書きますので、最終回となります。
[PR]

# by asabatyou | 2012-10-16 18:11 | | Comments(2)

芝八幡神社祭典 2012 前夜祭

今日は昨日で終わった、自分達のお祭りについて話そうと思います。
a0265223_1814987.jpg

いつものように、あ組の会所に行ってきました。どうやら出発10分前だったようです(6時に出る予定だったと思われる)。
1号車の出し人形はやはり前回と変わっていましたが、今年は新選組のようでした(しかし何故か”せん”の字が違っている)。
2号車についてですが、太陽の周りに付いている金色の線がなかったのは残念だった…。


a0265223_18195750.jpg

食事も終えて東栄車を捜しますと、やはりいつもの所をウロウロとしていました。
それと去年新しくした下の部分ですが、今年はちゃんと色が付いていました。


a0265223_18565030.jpg
a0265223_18575141.jpg
a0265223_18585440.jpg
a0265223_191787.jpg
a0265223_192395.jpg
a0265223_193477.jpg

ここで他の祢里達と合流しました。
色々と変わった事があり、浅栄社の夜になった時の色が緑から赤になり、天王車の大太鼓がまた甲高い音になり、馬場車の出し人形が新しい物になって上の花がなくなっていました。本家なら上に花がない物がいても珍しくないのですが、僕らのお祭りにはまったくいなかったので新鮮味がありました(何となく拾六軒町に似てると思ったのは俺だけ?)。出し人形を変えたのも、元々米俵はデビューした時や祢里を新しくした時のみ使う物ですから、当然の結果でしょう。万度が変わったのも、今までの物では小さ過ぎたという事でしょうか?


a0265223_19224855.jpg
a0265223_19241734.jpg
a0265223_19261694.jpg

途中で殆どの祢里と別れましたが、東栄車と新栄車はそのまま祭典本部へ行き休憩しました。
この時に気づいたのですが、東栄車の人形の一部が変わっていました。前使われていた人形はどうなったかといいますと、飲み物やお菓子が入っている荷車の飾りとして使われていました。


a0265223_1935511.jpg

その後は、無事会所に戻る事が出来ました。
こうして前夜祭は終わりましたが、お楽しみはこれからだ!


という事で、矢柄神社の時と同じように例の新しいカメラで撮りましたが、今回は貼りたかった画像をちゃんと貼る事が出来ました。どうやら一遍に貼ろうとするから駄目であって、1枚ずつ貼るなら問題ないようです。
明日もこの続きをやりますので、お楽しみください。
[PR]

# by asabatyou | 2012-10-15 18:14 | | Comments(1)

袋井と浅羽の祭開始!!

明日から袋井と浅羽のお祭りがスタートします。
先週で殆どの祭が終わってしまった事もあって少し寂しかったのですが、まだ僕達の分がありますし、お楽しみはこれからだって奴ですね。
という事で、動画をどうぞ↓









それと祭の準備が行われていましたので、撮っておきました。
毎年撮っていますが、これを撮らないと始まらない気がしますので(笑)↓
a0265223_21243416.jpg



最後になりますが、祭を盛り上げる為のオマケとして、これらもどうぞ↓



今年も何も問題なく、楽しい祭が出来ると良いですね。
浅羽はともかく袋井の方は袋井駅を降りますと、もう一気に祭が楽しめるようになっていますので(そういう所は、先週やった磐田の府八幡宮大祭と共通している)、興味関心のある方は是非遊びに来てください。
[PR]

# by asabatyou | 2012-10-11 21:24 | | Comments(1)

YouTubeに初めて動画をアップしてみた

今日は初めてYouTubeに動画をアップしてみました。
この3本がそうです↓





この前やった、矢柄神社のお祭りです。
これらの映像は、全部最近買った新しいビデオカメラで撮ったものです。
上手く出来るかどうかは分からなかったのですが、意外と簡単でした。ひょっとしたらこんな感じで、また動画をアップするかもしれません。
祭の動画は、前からアップしたいと思っていた所なので(笑)。
どうやら僕以外にも、アップしている人がいるようです↓







それとここいらへんのお祭りに、笠原のお祭りの画像がありました。
僕は日曜日の昼と夜に少し見かけたのですが、どうやら土曜日の夜でも出し人形を付けた状態で出るみたいですね。良かったぁ~。中には出し人形のみ取って上の花などが付いたままという、大変中途半端な姿で出る物もいたりしますから…。まぁ本家みたいに出し人形だけでなく、上の飾りを全て取った状態で出るなら、別に問題ないのですが…。
a0265223_2321891.jpg
a0265223_2325069.jpg
a0265223_2324826.jpg

他にも新しい写真が追加されていましたので、興味のある方はどうぞ。
[PR]

# by asabatyou | 2012-10-10 22:11 | | Comments(17)

巨大猿怪獣コンガ

今日は前から観たかった「巨大猿怪獣コンガ(単に巨大猿怪獣というだけの表記もあり)」をYouTubeで観ましたので、その事について書きます。


ストーリー
デッカー博士はアフリカで見つけた植物から取った薬を、チンパンジーのコンガに与え、凶暴なゴリラへと変身させた。
博士は催眠術でコンガを操り、邪魔する者を次々と殺害していった。
ある時、博士が若い女子学生と浮気しているのを目撃し、嫉妬した助手のマーガレットはコンガに例の薬を大量に与え、博士を懲らしめようとするが、コンガは巨大化し博士を掴んで街へ飛び出した!!


解説&感想
「キング・コング」の亜流として作られた怪獣映画。第一コンガという名前からして(見た目が「ゴリラの復讐」や「ブルーバ」のゴリラと一緒なんだが、多分同じ着ぐるみの流用、もしくは同じ型を使って作った可能性がある)、明らかにコングを意識しているのが分かります。
見所はコンガの大暴れ!!と言いたい所ですが、そうではありません。まずタイトルの割にはコンガは殆ど登場せず、出てきたとしても等身大で殺人をするという殆ど「モルグ街の殺人」状態です。
巨大化するのもラストのみで、しかもノソノソと歩くだけで(時々手で威嚇する程度)ロクに暴れもせず、ビック・ベンの目の前で軍隊にあっという間に取り囲まれて、あっさり倒されてしまう情けなさです。だらしねぇ…。
まぁ元々評判が悪い作品でそんなに期待していませんでしたが、確かにそんなに面白くありませんでした。
また博士の温室にいる巨大食虫植物の1匹が、どう見てもおち〇ち〇にしか見えないのですが(笑)。オマケにハエトリソウみたいな奴で女性との絡みがあるから、製作者達は狙ってやったとしか思えません(笑)。
ちなみにレイ・ハリーハウゼンは76年のリメイク版キングコングを観た時、「あれはコンガのリメイクだろ?」と言ったそうですが、何となく分かったような気がしました。怪獣が出ているのにイマイチ盛り上がらなくて、人間ドラマがグダグダしている所とかね(笑)。
a0265223_19335288.jpg
a0265223_19392531.jpg

スタッフ
監督:ジョン・レモント
製作:ネイサン・コーエン、スチュアート・レヴィ(ノンクレジット)
製作総指揮:ハーマン・コーエン
脚本:ハーマン・コーエン、アベン・カンデル
撮影:デスモンド・ディッキンソン
編集:ジャック・スレイド
音楽:ジェラルド・シュアマン
共同製作:ジム・オコノリー
美術:C・ウィルフレッド・アーノルド
衣装デザイン:ブリジット・セラーズ
メイクアップ:ジャック・クレイグ


キャスト
チャールズ・デッカー博士:マイケル・ゴフ
マーガレット:マルゴ・ジョンズ
ボブ・ケントン:ジェス・コンラッド
サンドラ・バンクス:クレア・ゴードン
ディーン・フォスター:オースチン・トレバー
ブラウン警視総監:ジャック・ワトソン
タゴーレ教授:ジョージ・パステル
ボブの母:バンダ・ゴッドセル
ローソン警視:スタンリー・モーガン
コンガ:ポール・ストックマン(ノンクレジット)※別人が演じたという表記もあり


上が本編で、下が予告編です↓




1枚目:http://www.sci-fimovieposters.co.uk/movie-posters-k/konga-original-british-quad-movie-poster.htm
2枚目:Herman Cohen « THE URANIUM CAFE
参考:SF MOVIE DataBank:巨大猿怪獣コンガKonga (1961) - IMDb映画 巨大猿怪獣 - Konga MOVIE-FANレレレ 第106回「巨大猿怪獣」Club Blog-Gamo Bazil's Blog of B せんせいのお気に入り─『巨大猿怪獣』MONSTRULA.de - KONGA図説 モンスター―映画の空想生物たち モンスターパニック―超空想生物大百科モンスターパニックReturns!―怪獣無法地帯
[PR]

# by asabatyou | 2012-10-08 18:26 | 特撮、モンスター | Comments(3)
line

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。


by asabatyou
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30