ドラえもん のび太の魔界大冒険

昨日は録画した「ドラえもん のび太の魔界大冒険」を見ましたので、その事について書きます。
今までちょびちょびと見ただけでしたが、ちゃんと見たのはこれが初めてです。


a0265223_18515616.jpg
a0265223_18580273.jpg
スタッフ
監督、絵コンテ : 芝山努
原作、脚本 : 藤子・F・不二雄(クレジットでは、藤子不二雄)
製作 : シンエイ動画、テレビ朝日、小学館
音楽 : 菊池俊輔


キャスト
ドラえもん : 大山のぶ代
野比のび太 : 小原乃梨子 
ドラミ : 横沢啓子(現 : よこざわけい子)
源静香 : 野村道子
剛田武(ジャイアン) : たてかべ和也
骨川スネ夫 : 肝付兼太
満月美夜子 : 小山茉美
満月博士 : 中村正
大魔王デマオン : 若山弦蔵


ストーリー
のび太は魔法に憧れている事をドラえもんと静香に話すが本気にされず、出木杉にも相談したが既に廃れている事を知る。
しかしそれでも諦められないのび太は、ドラえもんの道具の1つ「もしもボックス」を使って魔法の世界を創造し大喜び。
だがそこは期待していた世界と程遠く、魔法の絨毯は免許がないと操れず、絨毯自体も高額な為自宅にはなく、のび太も基本的な魔法が出来ないと馬鹿にされ、結局こっちの世界でも落ちこぼれである事に、すっかり落胆する。
さらに悪い事に魔界が地球を侵略しつつある事を知り、早く元の世界へ戻そうとするが、もしもボックスはママに捨てられてしまい、回収を試みるが失敗に終わる。
絶望したドラえもんとのび太は対立するがやがて和解し、悪魔に詳しい満月博士の家に行こうとするが、そこにある猫がやってきた。
実はこの猫は博士の娘である美夜子が悪魔によって姿を変えられたもので、月光を浴びた時のみ元の姿に戻れるようになっていた。
美夜子は2人に一緒に魔界に乗り込んでほしいと頼み、さらに水晶玉の占いで魔王を倒す勇者がドラえもん、のび太、静香、ジャイアン、スネ夫の5人である事が判明する。
最初はためらった5人だが、やがて共に戦う事を決意し、大魔王デマオン率いる悪魔軍団に立ち向かう。


レビュー
ドラえもん映画シリーズ第5作目であると同時に生誕5周年記念作品で、もしもボックスが登場する唯一の作品でもあります。

今までのドラえもん映画といいましたら、過去の時代や別の惑星に行ったり、地球にある未知の世界で冒険するパターンでしたが、今回は悪気がなかったとはいえ、のび太が作った魔法の世界が舞台となっています(その代わりに科学が迷信とされており、現実世界では不可能な事が可能である)。
しずかちゃんやジャイアン、スネ夫といったお馴染みのメンバーも登場しますが、あくまで魔法の世界の住人として登場しているのであって、実質的なゲストキャラ的な扱いとなっています。

ファンタジー映画のドラえもんは後の「夢幻三剣士」と同じですが、あくまで夢で冒険する「夢幻三剣士」に対して、こちらはちゃんと現実世界で冒険する違いがあります。
「夢幻三剣士」では完全に西洋ファンタジーものなのに、敵が妖怪やお化けと言われており違和感バリバリでしたが、こちらは純粋に悪魔と言われていたので、不自然さはまったくなかったです(今だったら、魔族と言われそう)。
けどそれでも魔界そのものが別の惑星で、そこにいる悪魔と戦うのは「DOOM」シリーズの元ネタのようにも思えます。

本作はそれまでの作品と比べるとホラー要素が強く、普通に日常生活を送っているのに、石になったドラえもんとのび太が空から落ちてきただけでなく、勝手に動き出したりする(その表情や動きは、明らかに恐ろしい物を見たと思われるもの)、魔界に生息する生物達の奇怪さ、悪魔の中に嗅覚が優れている奴がいるので、透明帽子とも言える石ころぼうし(もしかしたら「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」に登場する、石コロのお面の元ネタかもしれない)が全然通用しなかったりと緊張感があるのも特徴で、ダーク・ファンタジーとも言えます。
大魔王デマオンもディズニーの「ファンタジア」にある、「禿山の一夜」に登場する巨大な悪魔に似ていますが(心臓が別の場所にあるからそれを潰さない限り倒せないのは、「キャプテン・シンドバッド」のエル・カリムや、「クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険」のオカマ魔女と同じ)、ひょっとしたら影響を受けたのかもしれません。

ちなみにドラミちゃんが映画版に初登場する作品でもありますが、後の「ドラミちゃん アララ・少年山賊団!」や「ドラミちゃん ハロー恐竜キッズ!!」などと異なり主役ではなく、ドラえもん達を助ける為に登場します。



劇中にあるシーンの一部(当時の映像)と、主題歌の「風のマジカル」です↓



この「風のマジカル」が本当の主題歌で、1984年のテレビ放送時では劇場公開時に近い形で放送されましたが、ソフト化された時に使用契約期限の関係でエンディングテーマが、「のび太の大魔境」の主題歌「だからみんなで」に変更され、エンディング映像上のスタッフロールや予告編での「風のマジカル」のテロップも削除されました。
本編に2回ある「風のマジカル」をアレンジしたBGMも、「ポケットの中に」をアレンジした曲に変更されました。
DVD化された時も変更されたバージョンを使用しているので(私が初めて見たのは、こちらだった)、長い間劇場公開版は見られる機会がありませんでしたが、YouTubeやニコニコ動画といった動画サイトに、その時のシーンが投稿されたり、Amazonビデオで配信された時も劇場公開時の形で視聴可能となりました。
さらに2017年7月16日に2回、夏休み特別企画としてAbemaTVの家族アニメチャンネルで配信された本作では、本編中BGMとエンディングが劇場公開時の形でそのまま配信され、2018年3月に行われたWOWOWにおける大長編シリーズ全作品一挙放映時の本作は劇場公開時と同じ「風のマジカル」が使われるバージョンが放映されました(私が視聴したのは、5月22日にWOWOWで放送されたものだが、「風のマジカル」が使用されたバージョンだった)。
これにより当時を知らない世代にも知られるようになりましたので、大変嬉しく思います。

話は変わりますが、ゲストキャラの満月美夜子は人間の時より、猫の姿の方が可愛くて魅力的だと思うのは私だけでしょうか(笑)?



出典

参考サイト
http://seesaawiki.jp/w/radioi_34/d/%A5%C9%A5%E9%A4%A8%A4%E2%A4%F3%20%A4%CE%A4%D3%C2%C0%A4%CE%CB%E2%B3%A6%C2%E7%CB%C1%B8%B1
http://www.70percent-komado.com/entry/2016/08/13/000010

参考動画

[PR]

# by asabatyou | 2018-06-06 17:18 | アニメ | Comments(3)

路上演劇祭Japan in 浜松2018

a0265223_16471665.jpg
a0265223_16473858.jpg
昨日は「路上演劇祭Japan in 浜松2018」がありましたので、参加してきました。
この演劇祭は2014年に初めて知りまして(知ったきっかけは、かつてヒーローズアカデミーにお世話になっていた時に、池田千尋監督の映画ワークショップのチラシがあり、そこに参加してみたら後に「遠州WebTV」を作る方がいました。そこへ行ってみたら浜松キッドの方が「路上演劇祭Japan in 浜松2014」の宣伝をしていたと同時に、エキストラを募集しており、面白そうだと思って参加したからです)それ以来の常連でしたが、今までは浜松キッドの作品にエキストラとして参加していました。
しかし今回は「砂山劇場」のメンバーとして参加したので、初のキッド以外の作品に出演しました。

関係者は8時半に集合して準備をしていましたが、実際はそんなに手伝う事はなかったので、始まるまで練習と発声や準備運動的な事をしました。
昨日もそうでしたが、全員が集まれる日や時間が殆どなかったので、空いている時間を使ってひたすら練習するしかなかったです。

私は本番になるとついテンションが上がってノリノリになり、アドリブで台本にない台詞を言う時がありますが、今回でもそれが発揮されており、車掌を演じた時では「皆さん、こんにちは!砂山劇場です!最後まで楽しんでください!」を最初に言ったり、電車を演じた時では「天才バカボン」のレレレのおじさんの台詞を言ったりしました(観客の1人が、反応してくれたのが嬉しかった♪)。
爆弾の音をやる時は「ドリフ大爆笑」の「御存知母ちゃんと悪ガキだよ!全員集合」にある、長さんこといかりや長介さんが手榴弾のマネした時の物を意識してやりました。
黒子(黒衣)の役目も果たす事もありましたが、楽しんでやれました。
お客さんの中に昔同じく砂山を題材にした演劇をやった事がある方がいましたが、これを見て自分が知らなかった事も分かったとおっしゃっていました。

自分の作品が終わった後は、チラシ配りしたり誘導係をしていました。
昼食は同じ砂山劇場メンバーの方からもらったおにぎりや、コンビニで買った弁当やポカリスエットですが、出番が終わった後にしました。
この時はNHKの取材があり、変なところを見せるわけにはいかなったので、食べる場所に困りました。

こうして大きな事故や問題なく終れましたが、やって良かったですし、企画当初からずっと参加していましたから、一番印象に残っています。



話は変わりますが知人と再会した時に、私がピクシブで書いた「桃太郎 単眼鬼を倒せ!」を気に入ったらしく、ラジオドラマ風にするのもどうかという話がきたので、今後も忙しくなりそうです。



詳しくは、こちら↓
砂山劇場をつくろう.html(http://sunageki2018.hamazo.tv/)
路上演劇祭Japan in 浜松_ 2018.html(http://rojo-hamamatsu.blogspot.com/2018/)
路上演劇祭1年の集大成 6月3日、浜松・砂山銀座商店街舞台に|静岡新聞アットエス.html(http://www.at-s.com/news/article/culture/shizuoka/493716.html?news=497824)
商店街が劇場に、歴史や営みを表現 浜松で路上演劇祭|静岡新聞アットエス.html(http://www.at-s.com/news/article/local/west/497824.html?news=493716)
路上演劇祭Japan in 浜松│浜松百撰 ☆Editor's Room☆.html(http://blog100sen.hamazo.tv/e8031252.html)
本日12時から路上演劇祭!!│テトラポッドな日々.html(http://ji24.hamazo.tv/e8029523.html)

[PR]

# by asabatyou | 2018-06-04 17:42 | 舞台、演劇 | Comments(0)

モスラ(1961年版)

昨日は録画した「モスラ」(1961年版)を見ましたので、その事について書きます。
本作は1990年代の時に初めて見て、2回目が「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」の公開時(だったかな?)だったので、今回が3回目になります。


a0265223_18531254.jpg
a0265223_19092660.jpg
スタッフ
監督 : 本多猪四郎(本編)、円谷英二(特技)
脚本 : 関沢新一
製作 : 田中友幸
原作 : 中村真一郎、福永武彦、堀田善衛
音楽 : 古関裕而


キャスト
福田善一郎 : フランキー堺
中條信一 : 小泉博
花村ミチ : 香川京子
小美人 : ザ・ピーナッツ(伊藤エミ、伊藤ユミ) 
クラーク・ネルソン : ジェリー伊藤
モスラの幼虫 : 中島春雄、手塚勝巳 ほか


ストーリー
台風で日本の貨物船第二玄洋丸が座礁沈没したが、インファント島の住人に助けれて生存していた。
インファント島はロリシカ国の水爆実験場で無人島とされていたが、船の乗組員達に放射能障害が何故か見られなかった。
改めて調査する必要があるという事で、日東新聞記者の福田善一郎と言語学者の中條信一は調査隊に加わり、インファント島へ向かう。
その島には小美人という双子の妖精が原住民達と共に平和に暮らしていたが、同じく調査に参加していたクラーク・ネルソンは島に再訪した時小美人を拉致しただけでなく、彼女達を助けようとした原住民達まで皆殺しにする。
ネルソン達が去った後、何とか生き延びた老人が助けを求めるように「モスラ・・・」とつぶやくと、洞窟の奥が崩れ落ち、巨大な虹色の卵が出現。
その頃ネルソンはショーで小美人を見世物にしていたが、その時彼女達が歌っていたのはモスラに助けを呼ぶ曲だった。
孵化したモスラは小美人救出の為に日本へ向かうが、ネルソン達は再び小美人をさらってロリシカ国へ逃亡。
成虫になったモスラは、ネルソン達を追ってロリシカ国へ飛んだ。


レビュー
東宝が生んだゴジラに続くもう1匹の怪獣スター、モスラの記念すべきデビュー作。
制作の半年ほど前から「怪獣が暴れまわる映画も結構だけど、女性も見られる怪獣映画というのはどうだろう。すごく可愛らしい美人も出すんだよ」という話があり、そこから生まれたのがこちらです。
その為モスラも他の怪獣にありがちな敵・脅威・怖いというイメージではなく、穏やかさや美しさや神々しさがあり、一線を画しています。
モスラがチョウではなくガなのは意外ですが、モスラという名前自体、ガの英名であるモス(Moth)と母を意味する英単語のマザー(Mother)を掛け合わせたもので、ガの怪獣というだけでなく母性を象徴する怪獣として、この名前になったんだとか。
その為モスラがどこか女性的で怪獣というより女神に近く、悪役になった事が一度もないのも納得出来ます。
神として崇められている怪獣は「キング・コング」(1933年版)や「大怪獣バラン」が既にいて、仲間を救出に向かうのも「怪獣ゴルゴ」と同じですが、より親しみやすくしたのがモスラです。

映画自体も三枚目風だけどやる時はやる主人公や分かりやすい悪役、古関裕而さんが作曲した音楽も、和風でありながらどこか「オズの魔法使」(1939年版)や「バグダッドの盗賊」(1940年版)のような、洋画のファンタジー映画を思わせる壮大さもあり(「桃太郎 海の神兵」の音楽もこの人だったが、言われてみれば何となく似ている。実はアメリカのコロンビア映画との合作であり、その事も影響しているのかもしれない)、非常に娯楽性の高い作品となっています。

本作に出演しているジェリー伊藤さんですが、私は「英語であそぼ」で知ったので、これを初めて見た時は「若いな!」と思いつつも悪役だったので、ショックを受けた事を今でも覚えています(笑)。正直モスラより、そっちの方が印象に残ってしまったぐらい(笑)。
他にも伊藤さんは「双頭の殺人鬼」や「マイティジャック」といった、特撮物にも出演しています。

若干モスラの暴れているシーンをもう少し短くても良かったかなという気もしますが、小美人や「モスラの歌」は既に存在し、害がないという基本的な設定は出来上がっており、火の海になりながらも泳ぎ続けるところや空港でお別れするのは「ゴジラvsモスラ」で、ダムを破壊するのは「モスラ」(1996年版)を思わせます。
ただ後の作品と違ってモスラ以外に怪獣が一切登場しないので(いたとしても、吸血植物がチョイ役で登場するだけ)、今となっては貴重であり珍しい作品とも言えます。

特撮も勿論良いけど、人間ドラマも見世物にされている小美人をただ単純に面白がって見ていただけなのに、いざモスラが来て取り返しのつかない状態になると、「可愛そうだ!!」「ちゃんと帰すべきだ!!」と手のひら返したように批判する人々の身勝手さも描かれているので、どちらも楽しめます。



予告編です↓

本作ではモスラしか登場しない事もあって、全長10メートルもある超大型の着ぐるみも作られ、それを中島春雄さんや手塚勝巳さんといったお馴染みの怪獣役者や、彼らも入れた7、8人の人々が中に入って動かしていたみたいです。
その為後の作品に登場するモスラと比べると、とにかくデカくて重量感と迫力が一番あります。

実は1998年にドラマCD化された事があり、関智一さんや山寺宏一さんや野沢那智さんといった豪華声優陣が出演しています。
ストーリーは主人公の1人だった福田善一郎が記者生活最後の日に、自分の体験談を若手記者に聞かせる形式で描かれているようですが、音楽や効果音は当時のままだそうです。
映画版にはないシーンも含まれるけど、小美人の台詞だけは完全に映画と同じであり、声優ファンだけでなく特撮ファンも楽しめるのではないでしょうか。



出典

参考サイト

参考文献

[PR]

# by asabatyou | 2018-05-31 17:10 | 特撮、モンスター | Comments(0)

ドラえもん のび太の大魔境

昨日は録画した「ドラえもん のび太の大魔境」を見ましたので、その事を書きます。
今まで所々見ていただけでしたが、まともに見たのはこれが初めてです。


a0265223_17440593.jpg
a0265223_18531301.jpg
スタッフ
監督、絵コンテ : 西牧秀夫
原作、脚本 : 藤子・F・不二雄
製作 : シンエイ動画、テレビ朝日、小学館
音楽 : 菊池俊輔
動画 : 千葉朝美、中村久子、寺田千久紗 ほか


キャスト
ドラえもん : 大山のぶ代  
野比のび太 : 小原乃梨子  
源静香 : 野村道子 
剛田武(ジャイアン) : たてかべ和也  
骨川スネ夫 : 肝付兼太
ペコ(クンタック王子) : 清水マリ
チッポ : 杉山佳寿子
ブルスス : 村瀬正彦
ダブランダー大臣 : 滝口順平
サベール隊長 : 柴田秀勝
コス博士 : 永井一郎


ストーリー
春休み。大冒険を求めたのび太達は、偶然拾った白い犬ペコを引き連れて、謎の巨神像があるというアフリカ中央部のヘビー・スモーカーズ・フォレストにやって来た。
ジャイアンの希望により、便利な道具は全て空き地に置いていく危険な状態で進んで行った末に彼らが見つけたのは、外界から閉ざされた環境で進化した犬の国バウワンコ王国。そしてペコはそこの王子、クンタックであった。

しかし王国は凶悪なダブランダー大臣に支配されており、禁断の古代兵器を用いて世界征服を企んでいた。
クンタックとドラえもんは、偽王子とおたずね者として指名手配され、似顔絵まで貼り出されてしまう。
クンタックの亡き父王の親衛隊長だったブルススによれば、王家には「王国が危機に陥った時、10人の外国人が巨神像の力をもって国を救う」という救世主伝説があるという。
外国人はドラえもん達5人しかいないが、王国を救う為に巨神像の所へ向かうが、ダブランダー達もこれを脅威と見なし先回りするが・・・。


レビュー
劇場版ドラえもんシリーズの第3作目で、オープニングテーマが「ドラえもんのうた」になった最初の作品です(出木杉君が登場するのもこれが初だが、チョイ役で共に冒険はしない)。

話自体は誰も知らない謎の世界を見つけてそこ行く典型的な冒険物ですが(このパターンを最初にやったのが、本作だったりする)、そこに着いた後は凶悪な王に支配されている国があり、巨神像を動かして悪を倒すという大映の「大魔神」シリーズに似た展開となっています。

さて本作で一番印象に残るのは、ジャイアンではないでしょうか?
普段はいじめっこだけど、映画版では頼れる兄貴肌になる彼ですが、こちらでは冒険を楽しみたいから便利な道具は全部置いていけと言った結果、どうにもならない問題が発生して孤立してしまいます。
すっかり責任を感じて悩んでいたジャイアンにペコが「そんなに自分を責めないで」と言うかのように寄り添い、それが終わり頃になってダブランダー一味に1人で立ち向かおうとするペコ(脱出出来るルートを教えた後、これ以上皆さんに迷惑をかけられないと言っている)にジャイアンが助太刀して(ペコへの恩返しや、自分が今までしてきた事に決着をつけたい思いがあったのだろう)、他のみんなも共に戦う決意をします。
過去作品である「のび太の恐竜」や「宇宙開拓使」ではそんなに目立った活躍はせず印象が薄かったので、カッコいいジャイアンはここから始まったと言えます。
トラブルメーカーだったジャイアンが、最後は全員を1つにして国を救うのですから、彼なしに解決は出来なかったでしょう。まさに真の主役です。
その為ゲストキャラのペコも、ジャイアンとの友情が印象的です。

見所はありますが、本作の製作は遅れ気味だったようで、3月初めにヤクルトホールで開催予定だった特別試写会は、開催当日にフィルムが間に合わず、既に観客が会場入りしている時間帯に中止となったんだとか。
さらに藤子さんは「作品の出来はいい」としたものの、「私の作品を理解していない。監督を変えてほしい」と不満があったようで、シンエイ動画の楠部三吉郎さんに指示し、次回作の「海底鬼岩城」から芝山努さんに変更されました(後に芝山さんは、大山のぶ代版ドラえもんの完結編である「ワンニャン時空伝」まで監督をします。芝山さんは「のび太の恐竜」でレイアウトを担当していたので、ひょっとしたら運命だったのかもしれません)。
本作の監督である西牧秀夫さんは、前作の「宇宙開拓使」も担当しており、西部劇的な面白味があったのですが・・・。



主題歌の「だからみんなで」です。
「自分1人では何も出来ないが、みんなと一緒に力を合わせれば強くなれる」といった歌詞であり、「三銃士」にある「1人はみんなの為に、みんなは1人の為に」に相通じるものがあります。
第5作目の「魔界大冒険」では、ソフト版のエンディングテーマとして使用されました(理由は「魔界大冒険」を見た時に書きます)↓

また本作では私の母の友人である千葉朝美さんが動画担当で参加していますが、第1作目の「のび太の恐竜」では製作事務担当だったので、それ以来の参加となりました。
2014年には「ドラえもん 新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~」という、リメイク版が作られました。



出典

参考サイト

[PR]

# by asabatyou | 2018-05-29 17:16 | アニメ | Comments(1)

砂山劇場2018 5月26日

a0265223_10480704.jpg
昨日は「路上演劇祭JAPAN in 浜松2018」でやる、「砂山劇場」の練習をしました。
いつものように砂山銀座サザンクロス商店街に集まってやりましたが、どうやら全員は集合出来なかったようで、私が本来演じる役だけでなく(最初と最後で、少し出てくるだけだが)、メインの役も代役で演じました。

最初は台詞はともかく(私は同じ事を2回言うだけなので)、どう動くかが分からない時もありましたが、小道具を色々置いたりお客さんが見ている位置を設定したりしたら、分かってきました。
今後は参加者全員がある意味黒衣(黒子)の役割も果たすので、全部黒の服に統一してほしいとの事です。
後は台本をより見やすくする為に、1冊の本のようにしたりする事も考えているそうです。

次ほぼ全員集合出来るのが本番の1日前である6月2日(土)ですが、午前中は朝市をやるので練習が出来ず、午後1時ぐらいからやるんだとか。
本番の6月3日(日)はお昼の12時から始まりますが、我々のような関係者は朝の8時ぐらいに集まって練習や打ち合わせがあるみたいです。

それが原因で去年の「路上演劇祭JAPAN in 浜松」では参加者や関係者ではありませんでしたが、見られませんでした。



詳しくは、こちら↓

[PR]

# by asabatyou | 2018-05-27 11:04 | 舞台、演劇 | Comments(0)
line

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。


by asabatyou
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30